もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理から建設CALSまで現場の実情を記事にします!!

トータルステーションを用いた出来形管理

今週もよく雨が降りまして、気温が下がってきました。夏が終わって工事現場も”本調子”になる時期ではあるのですが、この雨が災いになっているところも多くありますので、土木って本当に『自然』と直結しているな〜と感じています。


そんな現場がドタバタしているところですが、先週は予定通り現場で”プチ講習会”をやってきました。 お題は『トータルステーションを用いた出来形管理』の講習です。


工事が始まり施工計画書や工事の準備を現場職員でやっていますと、TS(トータルステーション)の設計データを作るまで手が回らない時など、うちの会社で発注データを受け取って設計データを作る仕事もしていますが、今回は

「TS自動追尾やTS出来形管理などから逃げていましたが、もうこの業務から逃げきれそうにないのでもぐらさん、設計データの作成方法から教えていただけますか?」と。

いやー、勉強されるといわれれば応援するしかないでしょう。ということで行ってきました。


image 

この『トータルステーションを用いた出来形管理』と題してありますが、レベルや巻き尺で計測している管理をこのTSでやってしまおうというものですが、当初設計断面の設計データを作ってその数値と対比して、最後は管理図が作れるもの。

でもこの設計データの取り扱いは、工事に入る前の現況横断図も職員の手で計測できるようになりますし、丁張りをかけるところから使えますので、いち早く設計データを作っておくに限ります。 

(データの作り方も工事の測量ができるように作らないといけません)


今回の講習現場はこの方法をよく知られていなくて、単純に舗装の出来形管理だけに使われることになっていましたので、水路や構造物をもう作られていました。

そこで現場でTS自動追尾で計測をしていると・・・

「このシステムってこんなに便利なものなんですね。」と体感されて感じられていました。


システムの中にはいろんな使い方ができるので、一応余すことなく説明はしましたが、あとは自分たちで練習・使用してもっと素早くできるようになられれば、工事現場でこのシステムを手放すことができなくなるでしょうね。


オイラはこのスステムを手に入れて、そろそろ7年が経ちますが、最近どんどん安くTS自動追尾が発売されており、機械の熟成がとれていまして、土木会社さんもそろそろ購入した方が良いかと。でも便利な使い方を学んでおかないと無駄銭になりますので。

でも測量方法・図面の取り扱いがどんどん変化していますので、一度この技術を学ばれた土木会社さんは強いでしょうね。

未来の土木人に?!

難関の仕事予定だった1週間が終わりほっとした週明けです。
仕事内容は・・工事の基本測量・現況3D測量×3か所・写真屋でした。

どれもこれも「オイラがこんな仕事をしても良いのか?」というものばかりですが、基本的に楽しんでやっていますのでOKでいうことで。


週中の「写真屋さん」のお仕事は、「未来の土木屋さんを求める」ため?、除雪などの道路の維持メンテをしている機械を保育所の子供たちに体験してもらうイベントの写真を撮りに行っていました。


image image
オイラが頼まれるような腕はないのですが、現場の人は段取などで忙しく「写真枚数ば必要」ということでいつもお世話になっている会社さんに行ってきました。

image

始めにお役所さんから子供たちへの話の中で

「土木の仕事を未来にしてくれる子供たちに・・・」
とありまして、土木技術者が減っているこの時期に、子供たちに少しでも「大切な仕事なんだよ〜」とか「かっこいい仕事なんだよ〜」と知ってもらうにはこれからは大切だと思いますね。


重機や除雪機などに乗ってみる体験会は良くありますが、今回のイベントの中で目玉はこれかな。


image

現場オリジナルの除雪をしているビデオ。
以前にこのビデオを見せていただいていましたが、いゃ〜、夜間仕事ながら迫力のあるビデオで、勢いよく雪をはねていくシーンなんて、「かっこいい仕事〜」と子供も見ていたのじゃないですかね。

音楽や漫画キャラクターなど巧みに使って編集されており、子供うけのする仕上がりとなっていましたが、全部現場の人が作成されたとか。 いいですね。


image  image


image    image   

写真を撮りながら子供たちに

「ヘルメット姿、かっこい〜!!」と声をかけて

「大きくなったらこんな車に乗るような土木の仕事をするかい?」

と聞くと男の子は 「いやだ〜」と言っていましたが隣の女の子は

「私、やる!」と。

今や土木の現場には女の人も活躍されていますので、この子の言葉に期待をしてみたいですね。(笑)

image  image

ネット上ですので大きく載せることはできませんが、このぐらいに拡大しても大丈夫な写真で撮影しています。


デジタルカメラ時代になり、写真枚数もたくさん撮れる時代となりましたが、だからこそ工事写真もこだわりの写真を撮りたいものですよね。

宮島

昨日はカープがリーグ優勝をして余韻が残っている広島市内に、息子が遠方に行くにあたり、広島=宮島 の、お土産を買うにあたり、久々に宮島に渡ってみました。


image


以前「建設ブロガーの会」で行ってから来ていませんでしたね。

フェリーは片道180円。ちょっと散歩というぐらいで渡れます。


宮島と言えば”鹿”。

image
昨年年末からうちの車とぶつかるわ、工事現場でウロチョロするわで、あまり良い印象はないのですが、こうやって近くで触ったりしますとかわいいものです。


この地でもカープ優勝の余韻と言いますか、セールをやっており、宮島での買い物、昼食をしますと割引やこんなものをいただきました。

image

1000以上お買い上げの方にと。いい記念になりました。

息子は怪しい小物や怪しいお菓子ばかり買って、宮島をあとにしました。

カープリーグ優勝

ここのブログを書き始めて10年が過ぎましたが、なんとこんな見出しでブログを書くことができました。(笑)


image


もっぱら「テレビ観戦応援」なのですが、応援していれば”ファン”と言わせていただきます。


image


25年ってよくぞここまで出来ていなかったな。という状態ですが、3年前までは”優勝”という文字は全く見えていませんでしたので、「なんとか3位に入ってくれればいいな〜」という程度でしか応援はしていませんでしたね。

どうしても「カープはいい選手はいないから仕方がない・・・」と思っていましたが、

「環境は人を変えてしまう」

としか言いようがないですね。黒田氏、新井氏が帰って選手もファンも変わりましたね。


なんにしてもめでたいことです。


マジック4になったときに、地元の”カープおじさん”が玄関にやってきて、

「カープが優勝した時に飲んでくれ!」

と地元お酒にオリジナルラベル貼って、持ってきてくださいました。


image  image image

同級生のお父さんなのですが、車もすごいですからね〜。カープ一色ですから。(笑)


昨夜はしっかりと開けて飲ませていただきました。


今度はクライマックスと日本シリーズと、この勢いで勝ち上がってもらいたいですね。




最後にどうでも良いお話ですが、息子2号3号はなぜかPSPのパワフロ(野球ゲーム)で、広島対巨人戦をやっては騒いでいました。


image

容量不足

空の色が秋色になり、「20日前はお盆だったのに〜」と夏を懐かしむようになってしまいました。でも外の仕事はやりやすくなったのですが・・・・・昨日は暑かった! 

紫外線が体に突き刺さるような感じの中で蛇が出てくること恐れず(笑)草をかき分けて測量をやってきました。


ということで、自宅に帰ったらもう仕事をする気力がなくなり、最近スマホの調子が悪いので、”初期化”してみました。


-DSC00579


携帯電話というものは、基本的にパソコンと同じなのでしょうから、ずっと電源を入れたままにしていると調子がおかしくなることは当たり前で、1日に1回は再起動をかける方が調子が良くなりますね。


このスマホに替えてもう少しで2年になりますが、以前から画面が真っ黒のままになり、何を触っっても動かなくなる症状が時たま起こります。ここ最近多くなっていましたので、昨夜は

「ご飯の時にスマホばかりいじっているんじゃないよ!」

状態で直していました。


お財布携帯のデータを移動したり、バックアップをとったりと、機種更換するときには行うことなのですが、自分でやるのはめんどくさいですね。


夜9時ごろには、アプリ関係を入れなおせましたが、スマホの動きが悪くなっていた原因が少し見えてきました。

このスマホの容量は  RAM/ROM   :   2GB/16GB


RAMとは”作業を行う場所”。

例えば”机の上”としますと、小さな机の上にたくさんのものを置いて作業をすますと作業しにくいですよね。

ROMとは”収納場所の容量”。

収納場所が大きいかどうかですが、アプリやデータをたくさん貯めておくと容量が少なくなっていきます。


初期化しましたらROMの空き容量が増えましたね。元は14GBぐらい使っていましたが、初期化後は10GBと少なくなりました。アプリは同じ程度なのですが、知らないうちにデータが蓄積されているのでしょうね。パソコンも同じく知らないうちにCドライブ容量が増えていくようなものですよね。


最近のスマホの容量は  RAM/ROM   :   3GB/32GB

が普通になってきていますので、時代の流れっていうものですね。


つまり新機種を買えば「問題は起こらない」ということですかね。(笑)

≪9/9 追加記事≫

 仕事の電話がかかってきたが、相手の声が非常に小さい。最大音量にして静かなところで聞き取れるようになりました。

携帯電話会社にもっていくと、GPSやスピーカーなど故障していることが判明。
なんだかんだ記事を書きましたが、結局壊れていただけなのかもしれません。(苦笑)

修理になりました。


 

google Earth pro

台風が近づいていまして、コメの収穫間近なので、それてくれればよいな〜と思いながらの週はじめです。


建設工事では、現場の説明や現場の様子を調べるのに『google Earth』を使われている方も多いのではないでしょうか。

オイラもよく使っているのですが、ちょっと見たり確認する際はブラウザページから航空写真をチェックするだけでしたが、今回現場からの問い合わせでもう少し精度をよく航空写真を使わなければならないことになり、google Earthのソフトをダウンロードして使うことにしました。

以前はAutoCAD Civil3Dなどと連携がとれていましたので、仕事パソコンにインストールして使っていましたが、最近はその機能が無くなり、google Earthをインストールしていませんでした。

google Earthには2種類あり、無料版と有料版(年間約4万円)していたものがありましたが、昨年初めごろから有料版google Earth Pro がなんと無料になっています。そこで今回はこちらを使用してみました。


google Earth Proの有料版は無料となりましたが、商用利用したりする場合は以前と同じくライセンス登録が必要となっています。


で、使ってみた感想は・・・・

寸法や長さの精度が良いので、歪みが少なく使いやすいですね。特にExcelなどには写真を貼り付けて使う際に、数枚に分けて画面をコピーして使う際には、以前は歪みがひどく、接合部分にずれが出てきれいにいかなかったのですが、ぴったりと合うようになりました。

また印刷解像度も1000ピクセルから4800ピクセルと、拡大して見ないとくっきりとしなかったのですが、遠目でも結構きれいですね。


またフライトシミュレータもできますね。


image


image

今回はF-16を使ってみましたが・・・操縦がうまくいかず、地面激突・墜落してしまいました。(笑)

なぜ無料になったのか疑問ですが、便利な道具は使うに限りますね。

基準点測量

9月に入りまして、田舎のこのあたりでは稲刈りが始まり、秋だなーと感じる風景が広がり出しました。オイラの家の稲刈りも再来週に予定していますが、台風が来なければよいと祈るばかりです。


さて、今日はちょいと愚痴を言わせていただくことにします。

ありがたいことにいろいろと仕事をいただいていますが、次の現場の現場踏査に行き測量を行う基準点を確認してきました。

発注者から与えられた基準点は下記のような配置でした。


-測量基準点


嫌な予感がしたので早めに現場に行ったのですが・・・・予想通りでした。

というのはプロジェクトを計画する際の基準点はすべて、道路改良をして道路になる部分。

数年にわたり部分ごとに道路改良工事が発注されており、今回の工事は一番最後の箇所で、近場の基準点がすべて無くなっているというもの。

これは工事をする際に基準点を作る際も同じなのですが、基準がなくなってしまえば困るのは構造物を作る現場監督さん。測量会社さんにお願いして起工測量で基準点を作ってもらうのは良いのですが、工事の流れがわからない人も多いので、後々基準点が無くならない箇所を指定するのは現場監督さんのお仕事だとオイラは思っています。


2年前にも緊急で滋賀県まで測量に出かけましたが、その現場でも中間(700m)の基準点はすべて工事でなくなっており、懐中電灯片手に夜中1時から対回観測の基準点測量をして次の日の測量を行ったこともあります。


このたびは工区外に基準点が残っており復旧が可能なので何とか大丈夫なのですが、道路プロジェクトの基本計画する基準点はもう少し考えて設置しておいてもらいたいものですね。

ブログ記事の検索

今日で今月も終了。子供が小さかった頃は、”最後の追い込み”をやっていたものです。

でも最近このあたりの小学校や中高校なども、夏休みの終わりが8月末じゃなくなっているのですよね。高校なんて25日から2学期の開始。 小学校も29日からでしたね。

なんという恐ろしさ。夏休み最後の1日は大事なんですからね。(笑)


夏休み中ごろにはこのブログには、”夏休みの工作”でたどり着いて来られる方も多かったのですが、さすがに昨日は”0”でした。(笑) 

でも、このブログに来られて何か検索をしてみたいという方には右側のバナーに
『カテゴリーから検索』

という欄を作っています。


image


これまでの記事は30個ぐらいのカテゴリーに当てはめていますので検索してみてください。

Excelなどで作っているアイテムは”ダウンロード”か”Excel”から探していただければ、過去に作った書式が出てくるようにしています。


そんなこんなですっかりと秋模様の空となって、ドライブが楽しくなってきましたので、今日も現場の応援に行ってきます。

3Dマウス

めっきり秋の涼しさでブログが書けるようになりました。


先週ある会社さんへ講習会に出かけた際に、とても面白そうなものが置いてあり、思わず持って帰りそうになっていました。(笑) 個人の持ち物らしく、

「この人さすがにマニアだわ」

と、あらためて痛感したのですが、どうしても自分も欲しくなり買ってしまいました。


image


タイトルにあります、3Dマウス(スティック)です。


実は半年前にこの商品を知っていたのですが、なにぶんにも高いし、どんなように使えるか未定だったので手を出していなかったのですが、先週使わせてもらって「これはいける!」と踏んだので買ってしまいました。


というのも最近3DCADを使うことが多くなりパソコンのスペックを上げても、大きなデータを使う際に、どうしてもCADソフト自体がダウンしてしまうことが多いのです。


image


こんな表示がされて、それまでに作っていたデータは消えてしまうのです。

特に縮小・拡大をしていたり、出来栄えを確認する際にモデリングをぐるぐる回転させる際に、グラフィックエラーなのか、このようにソフトがダウンしてしまうのです。


そこでこの3Dマウス。

右手に通常マウス左に3Dマウスを置き、縮小拡大・回転をこのマウスで行いますと、画面がとても滑らかかつスムーズに動いてくれるようになりました。


image


そして今のところダウンがありませんね。(今から使うので実験数が少ないせいか・・)


image


でも3Dソフトでもこのマウスに対応していないソフトもありますのでご注意ください。

ちなみにAutoCAD LTも3D情報は持っていますので、3Dデータを取り込んで使ってみたのですが・・・縮小拡大のみで、回転はしませんでした。

3Dデータで現場などの解析をする機会が多くなっていますが、問題はお客さんの会社でこのデータをどのように使ってもらえれるか?

いろんな機材・ソフトが揃いつつありますので、じっくりと実験していかなければならなくなりましたね。

酸化還元電位の値

8月も終盤にかかり、オイラの地も”朝霧”が現れるようになりました。


image


地域にもよりますが、ここでは朝霧が出るようになると、朝晩はきっちりと温度が下がり、昼夜の温度差が大きく、「秋が来たな〜」と感じさせてくれます。


夏と言えば飲み水が大量に要りますね。我が家では車で1時間半はかかりますが、広島県と島根県の境付近になる”湧水”を汲みに行っています。お茶のペットボトルや焼酎の4Lボトルに入れて持ち帰っています。(そのためにオイラは4Lの焼酎をしっかりと飲むようにしています:笑)


image  image

JR木次線(きつぎせん)の出雲坂根駅あたりで出ている水を汲んでいます。

以前は出雲坂根駅下にある汲み所に行っていましたが、すぐ近くに舞茸製造工場があり、そこは車横付けができて無料でいただけます。  でも目の前においしい舞茸やシイタケ・野菜など特産物もおいてあり、おいしい特産物は買って帰っています。


近年「水素水」が、注目を浴びていますが、酸化還元電位が大きくマイナスになっていれば水素水?としかオイラはわからないのですが、北海道の知り合いから送っていたいただいたこの表を基に調べています。


image


「調べる?」と不思議に思われるでしょうが、その北海道の人曰く

「水素水もよいのだけど、地域にはよい水もあるから、調べる機械を買って調べてみるのも良いよ!」と言われて・・・・買ってしまいました。

image


酸化還元電位の値(ORP値)を調べる機械ですが、良い水が出るところを見つけると何かと”町おこし”などにも使えるかな〜と思いまして。


そこでこの近辺にある湧水などをし少し調べてみました。




 我が家の水道水     :  +600mV  

 我が家の井戸水     :  +200mV

 ミネラルウォーター   :  +100mV

 親戚の井戸水      :  +100mV

   延命の水        :  +150mV

 島根の温泉施設の井戸水  :  -100mV  Hp 9




と、いうことで当家の水道水はなかなかの曲者だとわかりました。(笑)

この還元水の値とPh(酸性・アルカリ性)を調べておく必要があります。


島根県の温泉施設の井戸水は、表からして”奇跡の水”となりますが、保健所できちんとほかの成分も検査してもらえないと飲料水とは安心できないのですが、ちょっとHpが高いので飲み水に?かもしれませんね。


でもネットを見ているとこの水素水や還元水・アルカリイオン水などいろいろと書かれていまして、どれが本当なのか? 健康を売り物にしていろんな商品がありますが、”酸化還元電位の値”は、体に影響すると聞いています。

でも個人の判断ですので、今日はとりあえず情報ということで。(笑)

情報の入れ方

お盆明けの1週間が過ぎましたが、”夏の疲れ”が今になって出てきたか、内業に徹したい今日この頃です。(苦笑)

というものの、全開までとは言いませんがいろいろと仕事をやっていますが、特殊なお仕事がチラホラ入ってきていまして、悩みながら仕事をしなければならなくなりそうです。

どっちかっていうと、その”特殊”という仕事は面白そうなのですが、「時間が読めない仕事」という業務なので、場合によってはほかの仕事の納期を遅らせてしまい命取りになってしまうこともあるので、要注意・・・・なのですが、ついつい話に乗っちまうのですよね。(苦笑)


時たま建設会社さんに訪問しますと、いろんなことや情報を持っていると思ってくださるのか

「仕事といろんな情報を持っていてもぐらさんはいつ寝ているのですか?」

と、ほめ言葉をいただいてうれしくなることもあるのですが、オイラの情報収集の手段はこれから。

1)ネットのニュースから

2)SNSで知り合いからの情報から

3)ラジオから(ユーチューブに他地域のラジオ番組の録画があるので時間があるときに)

4)雑誌から


とまあ、誰もが知っている情報ルーツばかりだとは思いますが、ちょっと違うのはこの情報を入れている時間というか場所ですね。オイラはタブレットでこれらを見るのですが、ほとんどが布団の中。寝る前に本を読むのと同じように、タブレットを仰向けになってみていますね。そしてここ数年なぜか?朝早く目が覚めてしまうようになってしまい、そのままタブレットで情報を入れてから起き上がっている状態です。(笑)


近年「紙の本」の代わりにデジタル配信の本を読む人も増えたでしょうし、提供会社も増えてきました。


image


NTTドコモの 「dマガジン」 月400円で160種の雑誌が読み放題

楽天の 「楽天マガジン」 月360円で200誌以上収録

Amazonの 「Kindle Unlimited」 月980円 で12万冊の本


dマガジンはドコモ携帯を持っていないと見れないかと思われますが、他社さんの携帯を持っていてもドコモIDを作って支払いができればスマホだけでなく、PCやipadなど、一度ログインしていますと、どこからでも見ることができます。(オイラはこれ)

定額でいろんな雑誌が見れるので便利ですが、土木業界の本はやはりまだまだ紙の本ですね。


建設業のCALS/EC(過去の言葉?:笑)が始まった10年前

「情報はどこにでもありますが、それを自分が手に入れれるか」が重要。と言っていましたが、本のあり方も変わってきました。

おそらくここ数年で”雑誌”の発効方式が大きく変わってくることでしょう。


オイラが使っているのは5年前に発売された「ipad2」。どんどんOSが重くなっていますので

、「ios 7」でアップグレードしていなかったのですが、SNSの不具合や見れないHPも出てきだして、最近しかたがなく「ios9」に上げてしまいましたが・・・・・ネットを見るにしてもこのdマガジンを読むにも内部メモリーが不足なのか? 表示するまでの時間かかるやダウンしてしまうことが多くなってしまいました。 

そろそろ補強しないと・・・。でも本を買うよりタブレットを買い替える方が高くなったりして。(笑)

お盆明けの体のだるさ

行事がたくさんあるお盆も無事過ごすことができ、ほっとしています。

お祭りや学校行事が連続であるため、最近少々体力に自信がなく、1年前みたいに倒れてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしながらこのお盆を過ごしていました。


昨日から仕事始めの方もおられるかもしれませんが、16日までお祭りの片付けがあるオイラは、少し遠巻き?ながら吉舎のお祭りの準備・片付けをやりました。

image
地域の商工会に入ってから10年を過ぎ、灯篭祭りと言われる地域の「ふれあい祭り」には毎年参加していますが、今年は部署変わりがあり、2か所の橋の上にLEDで”吊り橋”の照明を取り付けるところになっていました。

たくさんの灯篭を持ち歩いて設置することを思えば楽なのですが、”技”がいる仕事だと感じ、これまでになんども改良されてきた足跡が見えた部署でしたね。


image image


image image


image
大きな灯篭と小さな灯篭。約5000個が並びました。


image  image

夕方5時半よりボランティアの人や観客の人によってろうそくを灯篭に設置して、火付け作業が行われますと・・・


image


幻想的な風景の完成ですね。


image image

近年来客者も増え、今までで一番多かったかなと思いました。後から聞いた話では、最後のころ用意していた駐車場に止めれない人もいたとか。


image


image  image


ということで、お盆が終了しましたが、本日もう一つこの狭い地域でのお地蔵さまを祭る行事がひとつ。

以前はお盆と言えば親戚の人が来て”楽しいひと時”でしたが、近年は”だるさの残る連休”になっていますね。やはり年のせい? だけの気はしないのですが。(苦笑) 

お盆が近づいて

お盆が目の前になりまして、ありがたいことにこのお盆も

「お盆明けまでにこの仕事をお願いします」

という急なお仕事を昨日いただきました。(泣)


オイラも現場監督をやっているときは

”お盆やお正月休みの間に仕事ができるな”

と思って現場から仕事を持って帰っていましたが、実際まともにできたことがないですね。(笑)

やはり親戚が来たり、学校・地域行事があるので、集中して仕事はできないものです。


昨日は高校のクラブ合宿があり、指導者の先生・生徒で慰労会がありましたが、準備をする側のオイラは”疲労会”になってしまいましたが、来年は後輩に任せて慰労会になることを願うばかりです。(笑)


お盆にはお祭りが2つあるので、準備片付けを含めて13日、15日、16日とフル稼働になります。15日の夜は写真撮影の依頼も入っていますので・:・・いつ仕事をしよう?

お盆前の週末

お盆が近づき月日の流れが速いな〜と感じている今日この頃ですが、お仕事もなのですが、地域・学校行事も増えて、充実・・・というか時間が足らない日々でございます。でも、オリンピックの速報などにはテレビにくぎ付けになってしまい、自業自得の面が多いかな。(笑)


さて今週末は今年から仕事を始めた息子一号や、家から出て学校に行っている息子2号も帰って、息子3号とスマホゲームや話をして楽しんでいました。身長もどれも170cmを超えで六畳の間の居間に3人が横たわっていますと、足場の踏み場もない状態になってしまい、そのうえ上半身裸で横たわっている姿を見ると・・・・「うっとうしい」の一言です。


こんなでかいやつらばかりいるのですが、いまだに3人でお風呂に入るというおかしな?現象となっています。というのもオイラが昔からこんなことを気にしながらお風呂に入っていたせいかもしれませんが。

昔の記事 「おふろの活用形」 

小さなころから一緒にお風呂に入っていたのが、こんなことになってしまったのですが、喧嘩ばかりしている兄弟より今後のことを考えると”マシかな”と思ってしまいます。ま、温泉などに行くと一緒に入るのは普通なので。


息子1号はお盆中お仕事なので、これがお盆休みということらしい。そのうえその地域のお祭り(大きい祭り)に参加するらしく、新人だから仕方がないですよね。


さて、お盆前のラストスパート。お仕事や地域行事もあるこの1週間、オイラも山場ですな。

空撮から図面

またもやブログ更新が1週間超えになってしまいましたが、フル稼働中でして頭がブログに行っていませんでした。何をやっていたかを書きますと・・・

「仕事以外がほとんどじゃないかい!」

と、お客さんに怒られそうなので詳しくは書けませんが学校関係が4日、草刈り等地域のことが1日。この5日の夜と残りの日が仕事。と、まあいつもと変わらないかな?

でも一つぐらい仕事のことを書きますと、これまでに手を出さなかった業務が突然入ってきました。

それはこれ

image_thumb


ドローンによる図面作成。


航空写真から点群データを作成して、これを図面にしていくのですが、オイラが請けていたのは最後の”図面化”のみで、そのほかは外部の会社からやってくることになっていましたが、ソフトの互換性なのか、来るデータが全く使えないので、自分が持っているソフトをあれこれ触りあげた結果、自分で思うように作った方が楽になりまして、夜な夜な作業をやっていました。

というのもデータ量が大きすぎてパソコンはフリーズするは、ソフトもダウンしてしまうなど、時間がとんでもなくかかってしまうのですよね。

(だからこの仕事に手を出していなかったのですが・・・)


image_thumb[1]


やっているうちにデータを適正に小さくする限度も分かり出して、ソフトも時たましか落ちなくはなりましたが、クリックのタイミングを失敗するとダウンしてしまいますね。この辺りは人間と同じく「愛情を入れて」使わないとだめですね。(笑)

実際はこれ以降の横断図の作成がオイラの仕事でした。

でもこの現場は時間はかかってもTSで図った方が後々に使える図面が作れるかなと感じました。写真から3Dをデータを作るには手軽ではあいのですが木々などの支障があれば、限界でもあります。でも最新のドローンに積める機材(まだここでは話せません)によっては、完璧なデータを作れることが分かっていますので、ドローンの活用はますます増えてくるでしょうね。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ