もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

HDDの容量が侵される・・・

7月になっても梅雨に入らないという特別な年ですが、梅雨に入っても比較的雨が少なかったのですが、終盤になって降り出しましたね。 昨日は昨年の豪雨を思い出さすような大雨となり、訪問している工事現場がどうなっているか心配です。


自分事ですが、以前書いた”記念誌の作成”が、文字チェックなどを終えて印刷会社に投稿することが出来、ほっとした夜となりました。かといって仕事の方はまだまだ溜まっていますので、雨を好機として内業に取り組むことにしましょう。


さて、ちょっとした報告ですが、またまたWindows10の大きなアップデートが始まりました。先日も現場へ持ち出すノートパソコンが出る直前にアップデートを始めてしまい、バッテリー駆動で社内でアップデートをしていましたが、現場に到着してしまい強制終了。で、まともに動かないパソコンになってしまいました。


それと事務所で使っているPCも作業裏でアップデートをやりましたが、1時間ぐらいはかかりましたので、皆さんも注意してアップデートしてください。


こんな時は決まって、”無茶でかい古いファイル”が出来てしまうのです。

今回はこのぐらい。


image


オイラのメインPCは37GB。 PCが過去の状態にはもどすことが出来なくなりますが、オイラはこのあたりをすべて・・・”抹殺”。  


抹殺方法は過去の記事を見てください。

Windowsの最適化

最適化しても完全にはきれいにならないので、HDDがいっぱいになっている人は、HDDの交換やWindowsの再セットアップが効力的です。(手間ですがすっきりします)

オイラのメインパソコンもWindowsを再セットアップして1年。昔は半年ごとに再セットアップしていましたが、近年は1年ぐらい大丈夫ですね。(無茶クチャ酷使しますので)

水吸い取り棒?

令和になり、長〜い連休があったと思うと2カ月間、祝日というものが無くて・・・、今日15日海の日にやっと休日がやってきたという感じですね。

土木業界は”週休2日実施”という契約で工事をしていると、土日はきっちりと休みということになりますが、工期が迫っていたりすると「仕事をさせてくれ〜」と叫びたくなっているのではないでしょうかね。(笑)

そんなオイラも仕事への取り組みは”ブラック企業”なので、日曜日や祝日は・・・

「電話もかかってこないことだし、仕事(内業)がはかどるぞ」

と喜んでいるのは考え方がおかしいでしょうか?


先週もフル稼働で現場で測量などをやっていましたが、こんなアイテムを使っている現場がありました。


image


コンクリート上などで水を吐き出すには、ゴムベラがついたT字棒(名前が分からないもので)を使っていますが、これは先端にスポンジがついていて水を吸い取ることが出来るのです。

で、ある程度水を吸い取ると・・・・


image


レバーを引っ張ると、半分に折れて水を絞り出してくれるという代物。

「おおお、これはすごい」

と思わず叫んでしまいました。


スポンジモップ と呼ばれるものですがこのように現場で使われているとは。現場を離れると便利なアイテムと出会うことが少なくなりました。

UAVの許可

UAV(ドローン)が爆発的に使われだして5年ぐらい経ちましたね。活用も様々なところで開発されているようで、便利な世の中になりそうな感じです。

そのなかでも許可を取らないと、飛行できない箇所も国内でも決められており、特殊な飛行なども航空局(国土交通省)の許可が必要となっています。


文字で書いていると、とても難しそうでですが、インターネットでいろんなところで飛行できる許可を取ることが出来ます。


ドローン情報基盤 HP


image


2年前は書類等を紙印刷して郵送して許可を取る形でしたが、今はこんなHPが出来ています。


オイラも昨年申請からここを使っていますが・・・時たま意味不明なクリックが出来なくなってしまうなど有りましたが、先日更新・変更申請をするときに使ってみましたが、直っている感じがしました。


でも昨年同じ内容で許可が下りていたものが、今年は ダメ と言われることも有りますのでご注意を。

そんなオイラが指摘を受けた内容を一つ。


image  image

  昨年許可写真                 修正写真


DJIのPhantomですが、左側のプロペラガードでOKだったのですが、純正品ではないと指摘があり、右側のプロペラガードを購入してもう一度申請をしたところです。


何かと批判もあるUAVですが、今後はルールも厳格化となりどんどん生活の中に入ってくるものと思います。

記念誌作成

今朝は久々に梅雨という天気で、朝食時に

「いい雨が降った、これで畑が生き返るわ」

という会話で始まるのどかなところに住んでいるオイラです。

仕事も現場が多くて内業がたまっていますが、その上に今150ページぐらいの学校の記念誌を地域のみんなで作成していますので、夜な夜なそちらに時間を使ってしまうことがあり、申し訳ないところがあります。

この地域に有った143年の歴史がある小学校が閉校したので、明治9年からの資料をまとめています。


image


image


学校から借りた資料が週末はオイラ事務所に散乱している状態です。

小学校が閉校するときは生徒5人でしたが、卒業名簿を調べていますとひと学年60人。ということは350人近くの生徒がこの地にいたということになりますので、どれだけ過疎が進んでいるかがわかりました。


過去の資料を現代に言葉使いに直そうとしていたのですが・・・・・無理。諦めました。(苦笑)


7月末に発行ということで今が追い込みなのですが、週末はスキャナーとPhotoShopがフル稼働しています。


今、仁徳天皇の古墳が世界遺産に登録されましたが、この地にも広島県で一番大きな古墳も点在していますので、古くからこの地が栄えていたという過去を知ると、この地に住んでいるありがたみもわかるものです。(100mぐらいの前方後円墳も有ります)


そろそろ印刷会社へすべてをお任せというところまで来ていますので、もう少しです。

UAV測量

やっと中国地方も梅雨に入ったのですが、もう7月になってしまいましたね。さて、梅雨明けはどうなるか?記録的短期梅雨になるのも面白いですかね。適度に雨が降って水不足にならないことを祈りましょう。

今週末には西日本豪雨災害から1年が来ます。広島では鉄道の橋が流されていまだにJR鉄道が開通していない区間があり先日も測量に行っていました。


image


この近辺では、橋が川に落下したままのところや大型土のうを設置して片側通行している箇所がいくつもあり、完全な再建はまだかかることでしょう。


こんな災害がいつ起こるか分からない時となりましたが、昨年災害が起こってから大変便利な機材が「UAV(ドローン)」でしたね。たまたま災害前からUAV測量を少々やっていたので、すぐに実戦配備であちこちで飛ばしました。まずは周辺の全体把握と平面図作成には5倍近い効率化(オイラの感覚)になったと思います。

こんなこともあり、いろんなところからUAVの導入についての相談があります。メリットとデメリットを話してあげます。

メリットはやはり効率化。しかし目的に合った機材やソフトウェアを使えないと効率化になりません。

デメリットは、金銭面。UAVは比較的に安いものの写真から3次元点群データを作り出すソフト。それを3次元CADで土木図面にするソフトですね。それとそれを使いきれる技術者の育成ですかね。


市役所や警察からも相談を受けましたが、デメリット部分の話で止まってしまいますね。


でも「UAVで何がやりたいのか」をわかっておられない方が多いです。

目的としてこんな感じかな

 1)空からの風景・状況写真

 2)オルソ(歪みのない写真)をつくる

 3) 2)を図面に張り付けて航空写真+CADで活用

 4)3次元で地形のイメージを見る

 5)3次元から横断図を作成する

 6)構造物と地形の関係を3次元で確認する


3)番までは比較的ハードルが低いですので、まずはここまででスタートするだけでも仕事や災害時に助かると思います。


しかし・・・今やっている仕事量と内容で自己責任で進めてくださいね。(笑)

旅の写真

先週末には親戚の人の体調を伺いに遠方まで行っていました。仕事をお待たせしているところには申し訳ない気持ちで行ってまいりました。でも、行った限りでリフレッシュしてまいりました。


行った諸事情を書いても仕方がないので、行った先での写真を数枚載せます。


image

あるサービスエリアの壁画 (おもしろい商品ばかり)


image

まだオイラは食っていないけど、息子曰く「・・・・あげる」とな。


image

恐るべし商品。(写真をよく見てね)


image

地方定番の みそかつ定食


image

乗りたくない乗り物のレール (決して怖いわけではない)


image   みやげの一つ(3つ食べる勇気がない)


image

バナナ大福   絶対おすすめ。おいしい。(でもどこで買ったか忘れました)


てな、先週末のレポートです。

夏場に便利?なスマホケース

むしむしとして、現場では汗が止まらない時期となりました。でもこの”むしむし”が終わると・・・怖い夏がやってくるのですよね。近年の夏は恐怖を感じます。


汗をかく事態は仕方がないのですが、胸ポケットに入れている携帯電話が暴走してしまうのが怖いところでもあります。

というのが蓋がついていないスマホケースをつけていましたが、汗で画面をタッチした状態となりまして・・・・知らないうちに数件に通話発信をしていました。


image

(こんな形の時に)


なのでこれまでのスマホでは、手帳型のスマホケースを使っていましたが、顔認証になっていると、「胸ポケットに入れていると大丈夫であろう」思ってこのタイプにしてましたが、やはりだめでした。


でも手帳型のスマホケースでもケース自体濡れて画面タッチをしてしまい、よそ様に勝手に通話していたことも有ります。


そこで新しいスマホケースを探していたらこんなのがありました。

(エレコム製)

image


image


プラスチックの表面で、ケース下側と密着してちょっとした防水になっているのです。そしてこのプラスチック奥行きがあるので、画面と接触しない形となっています。


ちょっとかさばるのと、電話が鳴って開くのに時間がかかるのが欠点かな。

それとスマホにに見えず、外付けHDDに見えるのはオイラだけ?

働き方改革?

梅雨に入っていない地域に住んでいるもぐらです。

例年は6月の初めには梅雨に入るのですけど、今年は異常なほど遅いですね。 もしかすると

「通極地方は6月〇日ごろ梅雨入りしていた模様です」

的な発表になるかもしれませんね。


しかし農作物も良く時たま雨がまとまって降り、蒸し暑くて困るという日も少ない、不思議な気候で、工事現場も仕事がやりやすいのではないでしょうかね。


農作物と言えば今年も電気柵を設置する前に、イノシシ君が田んぼに入って運動会をやってくれていました。 

なので、手遅れなのですが、まだ被害は少ないので、恒例の電気柵を設置しました。


image


これを設置すると2本の線を取り付けていますが、草がどこか1カ所でもこの線に当たった場合電気が漏電して、バッテリー(乾電池)が無くなってしまい、またイノシシが入れる状態となるのです。

そのため、まめに電気柵周辺の草刈りやバッテリーの確認が必要となるのですよね。


オイラは友達の自動車屋から取り替えた車のバッテリーをもらってきて、それを電気柵につないでいます。これまではバッテリーが少なくなると家に持ち帰り充電をしていましたが、今年は新しいアイテムを入れてみました。


image


ソーラーパネル式充電システム。

バッテリーに直接つないで昼間充電をする。


このまま秋までバッテリー交換しなくてもよいか? 


仕事やExcel書式もそうですが、

「横着するために苦労をする」

この考え方で、働き方改革を行いましょう。(笑)

写真撮影

あっという間に6月の中旬に入りましたね。月初めには京都に行ったのがだいぶん前のように感じます。 6月のはじめということで、毎年恒例の写真撮影のアルバイトに行ってきました。


image


高校の体育祭の撮影のお仕事。


image  image


思いっきりシャッターが押せるので、ヘロヘロになってしまいますが、楽しいんですよね。

例年、3,4人で撮影をするのですが・・・予定の人に事情が出来てこれなくなり、2人で走りまっわって撮影することになりました。


例年はカメラ1台に、標準レンズ・望遠レンズを付け替えていましたが、瞬時に広角と望遠を使い分けたいので、今年は2台持ちでフィールド内を歩いていました。

でも・・・重たいんですよ。

1日経った今日ですが、肩コリと筋肉痛でボロボロです。


image


でもカメラを持っていくと、子供たちは何かとサービスでいろんなポーズを取ってくれるのでうれしいですけども。(笑)


image


image  image


 image    image


知り合いが何人か保護者として来られていますが、話をすると・・・

「もぐらさんが一番目立っている」

といわれ、撮影者とわかる派手な服に、背がでかくでかいカメラを持ち歩いていると・・・そりゃ目立ちますわな。


ここで一つスポーツ系の写真を撮るコツを。

1)ISO(感度)を固定で高感度(800)程度にしておく(天候にもよりますけど)

2)動きは速いものはAF-C(コンティニュアスAF)を使用。被写体が近づいてきても

  ピントが合い続けます。

3)フォーカスを中央1点とエリアAFを使い分ける。


自分の持っているカメラの使い方をちょっと勉強すればいろんな機能がついていますので、ピンボケの少ない写真が撮れると思います。


以上、カメラ型ダンベルで腕も筋肉痛になっているもぐらでした。

スポーツ活動

”旅” が終わり現実の週間となりましたが。週開けから全開ではあります。

もちろん仕事はやっていますが、ニュースなどにも耳を傾けながらやっていますが、ちょっと気になったことがありますので、夜投稿を。

(夜投稿は一杯やっていますのでヤバイ言語がありましたら失礼します。)


image


某国が優勝トロフィーに足を置いてポーズをとったということ。


某国ではスポーツができる人は通常の学校生活ではなく、できる人はスポーツ中心の学校生活となり、友達との交流や二の次になり、日常の常識が習得できないということが報道でありました。


「日本じゃー考えられないよー」と思うかもしれませんが今の日本の教育というかクラブ活動も同じことが起こっていると思います。

塾・クラブで友達との会話も決まったことになったり、休日の遊びも試合やテストなどになり、今の子供は大人以上にスケジュールに追われているのではと思います。


そこで子供たちが得ることは・・・「ある環境での偏った日常常識」。


昔のことを言えばきりがないのですが、今の子供たちの環境において

「なにをやっても良い自由時間を続ける生活」

が不足していることだと思います。


今日もある職人との会話で・・・

 「今の若い子は事がわからなくても行動にうつし失敗をする」

 中身はスポーツをしている人など指導者が厳しくしていると、言われればすぐに行動しなければならないことが身に付き、常識不足でも何か行動して失敗する。


でも”自由時間”を多く持った人は、一度立ち止まって行動を考えるようになっていることが多いかと。でも企業とするとこんな人は受け入れがたいことにもなります。


これは大人でも同じことが言えますが、会社の仕事だけをしていて、定年になって自宅にいてもなにもできない。もちろん会社はこんな人を求めていますが、その人の人生は成功したかどうかは、老後の生活で結論が出るでしょう。


話は初めに戻りますが、偏ったスポーツ活動にさせないことが学校でのクラブ活動ではないかと思った夜でございます。

建設ブロガーの会(本編)

先週末から京都で行われた「建設ブロガーの会」がありましたので参加してきました。いや、どっちかっていうと主催者側にるんですけどもね。

「そもそも建設ブロガーの会ってなんなの?」

なんですが、ま、建設系のブログを書いている人の集まりですね。ブログで建設業で頑張っている人の応援をし、企業の壁にとらわれないということで、いろんなベンダーさんも集まり新たな情報交換を行うことですかね。 別な言い方では「オフ会」かな。(笑)

数年ごとに行っていたのですが、諸事情(仕事の関係)でか、4年以上空いての開催でした。


今回は30名近くの人が集まり、9人が発表(オイラもですが)。そして懇親会でより多くの技術交換を行ってきました。


image


ここに参加されている人は誰も技術発表ができる人ばかりで、時間があれば全員の話が聞きたいものです。発表も一人20分程度なので、超簡易発表ですけど、いろんな取り組みや仕事方法を聞かせてもらいました。


そして次の日は、土木遺産の見学に回っていました。

今回は琵琶湖の水を京都まで導水して発電にしていたところを見てきました。


image


トンネルやレンガ橋を駆使して水を引き込んで発電や産業に使っている土木技術は現在から考えてもすごいと思いますね。今みたいに運搬や重機が無い時代ですからね。


image   image


で、いろんなところに説明書き看板があるのですが、みんな食いついて読んでいるのです。そこで案内の方が・・・・

「こんなに一カ所に時間をかけてみている団体は初めてです」 なんてことを言われました。


image


そして専門用語がポンポンと出てきていました。(笑)


この後は京都観光を行い、解散となりました。


お、この人があの本を書いた人なのか・・・とびっくりする人もおられて、今後の交流も楽しみとなりました。


さて、今朝は日常とやらないといけないことがたまってしまいましたので、ねじを巻きます。

久々の建設ブロガーの会

気候も良く、仕事がはかどる・・・のならよいのですけど先週北海道みたいに、39度なんてとんでもない異常気象もあり、災害の予断を許さない季節も近づいているわけなんですよね。


でも今の気候を楽しむことも必要ですので・・・週末はちょっとある会合に出かけてきます。


このブログを始めてこの5月末には13年が過ぎました。何気なく思ったことを書いていこうと思って始めたのですが、当時土木系のブログを書いているのは全国で10人もいなかったわけで、とあるところから”東京への会合に来てもらいたい”と話があり、その会合のメンバーが・・・驚く人ばかりだったのですが、そこでスタートしたのが・・・

「建設ブロガーの会」 です。

これまでに「東京、北海道、広島、大分」と会合をおこなっていましたが、今週末京都で久々の会合を開くことになりました。


2019-05-29_18h53_43


いやー、当時はブログ記事を熱く書いていましたからね〜。最近はめっきり投稿が減ってしまいましたが、これからもゆるく情報発信で続けていく予定です。


でも、平成から令和にかけて問題が。


以前無料ダウンロードにしている、その月の土日が自動で色付けが行われる「工程表」。令和に対応していないので、暇を見ては作り直していますので、もうしばらくお待ちください。西暦・平成・令和に対応するようにしています。


ということで申し訳ありませんが週末は旅に出てまいります。

過密な1週間でした

久しぶりの投稿です。サボっていたわけではないのですが、先週金曜日より厳戒態勢で週末の仕事を準備していました。


まずは土曜日、月曜日、火曜日と3日間講習会講師が続くこと。どれも違う内容なので、資料つくりが大変でした。 その中に土曜日から日曜日は夜勤が入っていまして、夜勤と言えど土曜日の夕方3時より準備を始めて日曜日の朝8時までの17時間作業。


夜勤仕事は13時間の微速度撮影(タイムラプス)をやっていました。


image image


image   image  


高感度に耐えれる一眼レフ2台を4m上空に設置して2カ所で撮影。前回作った三脚テーブルにパソコンを置いて感度やシャッタースピードをパソコンから操作して行っていました。


半分趣味なんですけどもね〜。(笑)

でも夕方明るい時から真っ暗な夜間。そして夜明けとここまで明るさ調整が必要な撮影は初めてでした。というのも、微速度撮影は感度など”自動”では写真の色合いがまばらになるので、すべて”固定”で撮影するのです。なので今回はパソコンでモニターしながら逐次設定を変更していました。(ISO100〜12800まで可変)


月、火曜日は1日7時間の講師を行い何とか山場は超えることが出来ました。


と、これでひと段落と思いきや、通常の仕事も朝5時半ごろから出かけて地下10mへ超精密墨出しを2日間行いまして・・・久々にブログへ投稿となりました。


来週末は数年ぶりの建設ブロガー(建ブロ)の集会が京都であり、楽しみにしているのですが、それまでに目の前の仕事をやらないといけないのですね。

三脚テーブル

日程が決まっていない仕事を受けていたのですが、4つがなんと明日から来週の火曜日まですべて重なってしまい、講習会3日夜勤1日があり臨界体制となった週末です。講習会も3日とも全部違うメニューなので・・・資料が・・・。


と言えど夜勤の準備もありまして、必要道具を昨日ちょっと作ってみました。


夜勤は工事工程のタイムラプス(微速度写真)を撮影すること。しかしこれまでやったことがない夕方から朝までの13時間。それも2カ所。カメラも4m上空に設置しますので撮影操作はすべてパソコンからになり、草むらや法面にパソコンを置くことになるのでパソコンテーブルを作りました。


2019-05-16 17.35.34


以前から現場でちょっとした机が欲しいと考えていたのですが、我が家では人がいらななくなったカメラ三脚が有り、これを使ってみました。


作り方は簡単。

板に”ナット”が入る穴を作成。

2019-05-16 17.29.59   image


ナットはカメラ三脚のねじが入るもの。 ホームセンターで ”W1/4” サイズを購入。

6角形になっていますが、小さめの穴を開けて、ハンマーで叩き込んでおしまい。

image


三脚に締め付けてもナットが取れない目的と、板を支える目的で、ホームセンターで売っている ”取付金具” を木ねじで固定。






2019-05-16 17.33.48


これで完成です。


2019-05-16 17.36.16


2カ所なので2つ作成しました。


2019-05-16 17.59.10   2019-05-17 06.46.56


斜めの箇所でも足を伸縮できますし、傾き補正もできるテーブルが出来ました。

これは売れるかも?(笑)

火事

寝床が気持ちよい季節となりまして・・・布団が恋しいとおもうもぐらです。


このぐらいの気候が続いてくれれば本当に外での仕事が楽しいのですけど、怖〜い夏の足音が少しづつ聞こえてきましたので、今のうちにやるべきことはやっておくことにしましょう。


先週末はいろいろと内業の予定をしていたのですが・・・”山火事発令・出動”となり半日が無くなってしまいました。気候はよいのですが、空気の乾燥も続いていましてこのような火事が起こってしまうので要注意でもあります。


image


今回は 野焼き 草などを焼いて燃え移ったとのこと。これは鎮火した後の写真ですが、山火事は水利があるところから遠い+標高が高いので、初期消火にも時間がかかるので今回は

「よくぞここで食い止めれたな」

という感想です。


オイラは遠方に行っていましたが30分かけて帰ってきて途中から消火に加わりました。


消火しても消防団は防火水槽を使った際、その防火水槽を満タン状態にしておかないといけないのです。遠くの川へ消防ポンプを運んでホースを長〜くつないで防火水槽に水入れをします。


終わりごろ知り合いの警察官の人から

「もぐらさん、今度災害や山火事があった際にドローンを飛ばせてくれる?」と言われました。山へ上がる前にまず全体を調査したいということなのです。数週間前にも山火事で大変だったのでこのような話が出たのでしょう。


ちなみに知り合いの消防隊員の息子を持っている人の話だと、消防もドローンの訓練をしている部署があるそうです。


ドローンを間違った使い方をしている人は、やめてほしいですね。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ