もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

ドコモ 高精度GNSS サービス

今日はちょっと専門的でマニアックな記事になりますが、ま、オイラも一応測量技術者として、ちょっと気になったことの実験をしてみました。


昨年夏より導入したGNSS測量器ですが、ネットワークRTKという使い方で使用しています。

全国に約1300か所に設置されている”電子基準点”(下記の写真)を使用して、観測してから数秒後には「数センチ(2cm程度)」の位置情報・高さ情報を提供してくれます。


image    image


この数センチの補正をしてもらうには、「高精度GNSS補正情報配信サービス会社」と契約して補正情報を受け取る必要があります。 これまではオイラが知っているところで3社しかありません。 そして契約金額は・・・使い放題で20,000〜25,000円/月 と、少々というよりだいぶんお高いです。 しかしオイラもこの1年使ってきましたが、UAVと基準点測量を行う際には大変お世話になり、今更手放すことができないぐらいに使用しています。


で、本日の本題は、この「高精度GNSS補正情報配信サービス」を携帯電話会社の”ドコモとソフトバンク”が始められるということで、ドコモは10月末ごろから始まりました。

まずはドコモへ相談ということなのですが、直接電話をしてみて内容を聞いてみました。


1、申し込みでIDとパスワードをもらう

2、お試し期間で自分の機器で試す

3、良ければ本契約

4、値段 3,000円/月

5、国土交通省の電子基準点1300か所+ドコモの通信アンテナで補正

6、ドコモの通信アンテナは国土交通省の電子基準点より少ない


と、今のところこのような情報です。

そこで自分が問い合わせをしたのですが、知り合いの方が先にお試しでIDとパスワードをもらわれていましたので、昨日実験をしてみました。


image   image


今回は測量機メーカー(PENTAX)のGNSS機と知り合いが数万円で作ったGNSS機2台を使用してみました。使い勝手が良いので操作機器は福井コンピューターのトレンドフィールドを使用。今年の夏から標高計算をしてくれるようになりましたので、便利となりました。


実験内容

 A機:PENTAX GNSS   B機:格安 GNSS

 高精度GNSS補正情報配信サービス会社

  A社:ジェノバ B社:NTTドコモ

  

1)A機をA社で3点観測。そしてA機をB社で3点観測

 

   結果

  image

   

   X,Y座標はGNSS誤差程度ですが、高さが最大で10cm程度誤差が出ている


2)A機とB機をそれぞれB社で2点を観測


  結果

  image


  X,Y座標はGNSS誤差程度。高さはフリーソフトアプリなので、未計測とします。


考察

 1)まだこの地域だけなので、精度を判断するには数字が少ない

 2)NTTドコモの補正サービスは、高さの誤差が大きい

 3)NTTドコモの補正サービスは X,Y はOK

 4)数万円のGNSS機でも X,Y座標はOK


と、第1回目のテスト結果を記載しておきます。


こんなことするぐらいなら、仕事をしろ! とお客さんに怒られそう・・

仕事ができる心理

師走になりましたね。でも暖かい日が多いので、12月だとピンとこないところです。

12月は工事がが始まる現場が多く、夜勤測量も数回入っていますので、厳戒態勢を取らないといけないことがわかってますが・・・この週末は地域の消防団による訓練や、初日の出が見れるように”山の整備”で昨日は終わってしまいました。


image  image


自分がやっている写真はないのですが、チェーンソーを振り回していまして、今朝はちょっと筋肉痛でもあります。


ところでこうやってブログを書いているのですが、最近多いのが

「なんであの時にきちんと写真を撮っていなかったのか!」

と思ってしまうことが多々ります。

今回でも木を切る前と切った後の写真を撮っていないのがミスですね。スマホで簡単に写真が撮れるのですが、その数が減っているのは・・・・トシのせい?(苦笑)

というより最近仕事に集中していることが多く、周辺のことに目が届かなくなっているのは確かですね。


こういったときはオイラはまず、机と事務所の片付けから。

(無茶苦茶散らかっているわけではないですけど) 

仕事もそうですが、書類や現場もそうですが何事にも ”整理” ができていれば周辺が見えてくる傾向にあります。現場の所長で机やパソコントップ画面の整理ができていない人は・・・現場全体見えていないことがありますので要注意ですかね。(笑)


でも机やパソコン画面の整理ができない人は、クリエーター的要素が多いので そこを求められる人は散らかったままでもよいかもしれませんね。(笑)


12月は大掃除の月。 追い込まれる前にやっておかないと心理的に目の前の仕事ができなくなるかもしれませんね。(笑)

馬路村 ポン酢


ここに来てぐっと冷え込んできましたね。北海道の友人の記事によると、昨夜までに20cm雪が降ったとか。雪のない春・夏しか北海道を訪れたことが無いため、

「北海道で雪が降る所を見たことが無い人間」

なので、どれだけ冬が強烈なのかも知らないのですよね。


で、たわいもないことなんですけど、今月初めごろ四国高知に行った際に買って帰ったポン酢がおいしいという話。


土佐の有名な ”馬路村のゆずぽん酢” ですが、友人の話で

「馬路村ゆずポン酢には、赤キャップと緑キャップの2種類があるんですよ。赤キャップはとてもおいしいから」


という情報を頂き買って帰っていました。

通常はこんな緑色キャップで、これもおいしかった思いがあります。


image   image


先日それを開けて、使ってみましたが・・・・うまい。

フレッシュな ”ゆずの味が濃い” が感想です。


image


みなさん機会がありましたらぜひご賞味を。

歳をとると 「量より質」でご飯を食べるようになりましたね。いや、まだ”量”も重要ですけど。(笑)

グレーダーマシンコントロール

気づけば11月最後の週になっていますね。誰もが忙しくなるという12月が来てしまいますね〜。

という誰もがわかっていることを書かなくてもよいのですけど、自分への戒めのつもりです。


先週もいろいろな現場に行ってきましたが、久々にグレーダーのマシンコントロールデータを作成したので、機械のキャリブレーションに立ち会ってきました。


image


image


バックホウと違い、舗装工事ではmm単位の精度が必要であるため、自動追尾トータルステーションを使用します。


image


排土板(ブレード)の端に360度プリズムが取り付けてあり、トータルステーションとグレーダーが連動して排土板の高さを制御し、路盤(砕石)を敷きならす仕組みです。


以前は路盤工事では10mごとに道路左右、中央に丁張りを設置して糸を張りながら高さを見て舗装工事をやっていました。大きな新設工事になると1kmを超える工事となるため、丁張りにしても・・・

1000m/10m×3本=300か所

も丁張りを設置することになるのですが、このシステムを使うと3Dデータを作成して施工日にトータルステーションを設置するだけになります。


「え、これも大変じゃない!」


と思われますが、施工しているときの作業員が減るのです。通常の丁張りで舗装工事をしますと、丁張り間で糸を張り、路盤(砕石)の高低を調べる人がいるのです。つまりグレーダー+3人がセットになるのです。 マシンコントロールでしたらグレーダーのみです。


大型の舗装工事はあまり見ることがないので、この機械もめったに見ることがありませんね。

でも舗装のマシンコントロールデータの作成は比較的楽ですので。

360度プリズム修理

紅葉がきれいな時期となりました。遠方の仕事が多いので、知らぬ間に”紅葉狩り”をしていることになります。(笑)

でも・・・シャッターを一枚も切っていないのが現状で、写真クラブ会員にあらぬ行動ですけどもね。


あれよあれよという間に今週も週末が近づいてきましたが、今夜から夜勤測量が続くのとお客さんに古いほうの自動追尾TSを貸し出すことにしたので、機材のメンテナンスをしました。


知り合いに貸し出した自動追尾用の360度プリズムですが、壊されて帰ってきました。


image


水準器の部分が壊れて気泡が大きくなってまともに使えなくなってしまいました。

この360プリズムも買えば70000円ぐらいしますので、どうにか修理をと思いまして、夜にコチコチと修理をしてみました。


image


よく見られている方はここまでくるとご察しかもしれませんが、壊れた部分を3DCADで作成して3Dプリンターで作ってみました。


image image


こんなものができました。水準器はホームセンターで売っているやつです。


image image


取り付けてみますと・・・・

image image


いいですね。

プリズムポールに取り付けて水準を合わせまして、修理完了。


この前は息子のプレステの台を作ったりしましたし、時たま3Dプリンターが動いてくれます。

便利な代物です。

陶器

どうでもよい話なのですが、オイラがうれしいものを購入したので記事に。


先週出先の道の駅で、個人の陶器市をされていたところで見つけ、購入したマグカップ。


image


備前焼ですが、形といい色もいいですね〜。(鑑定団の中島誠之助風)

窯に入れて焼いているときに変形して商品にならなかったものらしいけど、このバラバラなのが気に入りました。


image


でも、どう見ても作るのがへたくそなだけですね。窯で変形したとは思えないです。(笑)

ま、底に穴は開いていないので使えるでしょう。


5個買って1個おまけ。


いかん、陶器も始めたくなってしまいました。(笑)

建設ICTビジネスメッセ

ブログがなかなか更新できていませんでした。先週中から今後の勉強のため山口に行くため仕事を押し詰めていましたが、今週初めから講習会(講師)や打合せで家に帰っておらずブログを書くことになっていませんでした。


最初に話した山口県がこのようなイベントをされていたので2日間見に行ってきました。

image 

image


イベント講演では知っている人が2人おられ、その話も聞きたかったのもあるんですけどもね。

どんな会場だったのか・・・。帰ってみたら一枚も写真を撮っていなかったという失態。

でもいろんなメーカーのブースに行って新しい技術の話をいろいろと聞いてまいりました。

それとお隣の県なので広島のメーカーさんも出店されていたので、知り合いもたくさんいたのは、楽しかったですね。


講演会ではなかなか聞けない話を聞け、土木がどの方向に向かっているのかヒントを頂けました。今回の講演内容をもっと多くの土木会社の社長さんなどに聞いて欲しかったと思いますね。「今後の土木がどのように進むか?」聞いて欲しかったですね。今回の話は”夢”ではなく”実際に建設会社で行われている実話”でしたので、参考にできたものだと思っています。


グランドには各社バックホウを持ち込まれてICT建機を動かしたり、ドローンスクールのイベントがあったりとじっくりと話を聞くこともできました。


しかし・・・知り合い二人の講演は・・・時たま暴言がしまうのが・・・面白いかな。(笑)

CD/DVD デュプリケーター

10月末は1年ぶりにじっくりと仕事に取組めましたが、11月に入り・・・怠けていたせいか、「一つずつ片付けていかなければ・・・」と、ちょっと焦りだしましてしましました。


今週は新しい土木技術について勉強しに行きたいので、この3連休は ”仕事を巻いて” やっています。

来週初めにもCAD講師をやる予定になっていまして、資料のDVDは自分で作っていまして、DVD表面の印刷とDVD書き込みも数時間かかります。前月は35人でしたのでテキストデータを一枚一枚DVDを焼いていますとあっという間に半日を要してしまいます。


こんな話を知り合いに話をしていますと・・・

「これ持って帰りなさい。最近使うことが無いので」

といって、DVDを3枚同時にコピーできるアイテムを貸してくれました。


ネットで調べてみましたら 

CD/DVD デュプリケーター  という名前でした。


image


電源を入れて一番上にマスターDVDを入れて、下3枚に新品DVDを入れると自動的にコピーをしてくれます。 どこもボタンを押すことはありません。


image


どのような仕組みになっているかわかりませんが、パソコンでDVDに書き込むより数段早い。かつ、3枚同時に焼いてくれまして・・・20枚が焼きこみが30分もかかりませんでした。


これはすごい!!


先月は40枚焼き付けるにもパソコン3台を使用しても2時間+近くかかりましたからね。

ちなみに同じメーカーでか、10枚同時に焼ける機種もありました。


結構いい値段する機種ですので、よほどのことでないと購入することはないでしょうね。

しかし・・・お高いわりに電源やファンの音が大きいので、改造したいですね。

地域イベント

今年の西日本の秋は長いですね。仕事などをするにも絶好だと感じているもぐらです。

朝晩はちょっと寒く感じるぐらいで、昼間は陰では涼しく、日が当たると暑いぐらいで、過ごしやすいのはうれしいものです。


今年も地域のイベントで展示やバザーが行いました。

イベントの企画や準備を行うのですが、小さな町ですけどこれを楽しみにしている集まってくれる人も多く、「あの人だれ?」というぐらい、この時でないと地域住民の人を見ることが無いのも確かです。


 image image


image  image


昨年までは地元の小学校の学習発表会と同時開催だったので、時間の制限がありましたが、今年はイベント時間が1日あるので 「この時間のイベントを何する?」と例年以外の内容を考えないといけなかったのは確かですね。


で今年初のイベントとして、利き酒ならぬ 「利き米」 をやってみました。

地元で収穫できるいろんなコメの種類を焚き上げ”銘柄当て”をしてもらいました。


image


image image


image


4種類を当ててもらうようにしたのですが・・・・全問正解はたった3人のみでした。


オイラもやってみたのですが・・・・だめですね。どれもおいしい。(笑)

終盤に市長も立ち寄られて試してみられましたが、銘柄を悩まれていましたね。

でもいろんなところのイベントを見てこられたのですが、こんなイベントは初めて見ました。

といろいろと質問をしておられました。


でも準備も大変でしたね。我が家の炊飯器も3つ持ち出しましたが、炊飯器の種類でも違うかもしれないのですが、参加した人は誰も・・

「米の銘柄がおいしい? どの炊飯器がおいしく炊ける? は、通常の人じゃわからん!!」

という結論になったイベントでした。(笑)

日曜土木

めっきり秋になって過ごしやすく、山間部に行くと「そろそろ紅葉が見れるな〜」というときになってきました。でも山間部はちょっとしても雨雲が被る季節ともなりますので、青空が見えるときはとてもうれしい気分となりますね。


さてこの週末は、最近急に体を悪くして子供さんたちは遠方にいて一人生活をしているおばあさんの家のメンテナンスをやっていました。


というのは、足が悪くなり、古い家なので家の中でも段差が多くあり、歩くのが大変になっておられたのです。

そこで金曜日の晩にそのことを知り、

「手すりを付けに行きますよ」

ということで、土曜日はホームセンターで資材を購入して数か所に取付を行っていました。


よく「介護の申請をすれば補助筋が出るのですよ」と言われますが、以前かみさんの親の時に申請をしましたが・・・何日も打合せや段取にかかるので、オイラが行うことにしました。

という前に、業者に頼むとそれなりに補助金が出てもそれ以上に本人の持ち出しは多かったですね。

(全部で7か所に設置したのですが写真を撮り忘れていました)(ブロガー失格・・・)


で追加の手すりも言われたので日曜日も取付に行ったのですが、今後シルバーカーを使うには玄関の段差が問題となるので、ご近所のおじさんと”日曜土木”をやってきました。


資材はセメントはホームセンター、砂・砂利は・・・近くの川で。自宅の道具を持って作業開始。


まずは床堀。棒切れで地面にケガキ床堀り開始。 図面は頭の中に。


image


コンクリートを練りまずは入り口にスロープを。


image  image


次に土間に型わくを設置。

image


あ、手抜き工事がばれてしまいました。


川砂が思ったほど無くて、急遽石でかさ増ししました。^^;)


image


ほうき目で仕上げで完了。


コンクリート仕事ですが、資材費はセメント1袋の380円。


こんなことを地域でやってあげると喜ばれると思うんだけどもな〜。

道具のメンテナンス

現場作業や夜勤など、仕事が集中していた3週間を超えることができて、ほっとして朝を迎えています。最後のとどめは昨日の7時間講習会を無事とは言えないけど、問題もありながらでも終えまして、本日は溜まった内業をやっていく予定です。


現場の測量などをしていますと、測量機材や道具が増えてきています。そこで本体は1年ごとに点検を出していますが、そのほかのプリズムや三脚なども、しっかりとしていないと良い測量ができなくなるものです。


image    image


三脚もねじで止めてある部分などは1年に1回程度はメンテをしていますね。締め付ける前はちょっと三脚を揺らしてみると揺るぎがありましたが、メンテした後はがっちりとしますね。


そのほかにも紐部分の留め具が破損して、三脚を持ち歩くのに不安がありましたが、赤矢印のように紐を縫い付けてしまいました。 ここで縫い付ける糸ですが、「釣り糸」を使うと濡れたりや強度的にも良いのでお勧めです。


image


そのほかにも三脚の先。つま先が1つ取れて無くなっていましたので、ボルトを削って作りました。


image


でもこんなのを現場で使っているとお客さんに不安がられるかもしれませんですけどもね。(笑)

過酷な時間

とても良い気候になりましたね。朝は涼しく、昼は暖かい。これが1カ月は続いて欲しい〜!と思ったのが先週。今週から朝は・・・・”寒い!”に変わってしまいました。 「良いときはひと時でしかないのだから、”良い気候”がとてもよく感じるのであろう・・・」なんて、できた人間のように思ってみる今日この頃です。


先週から仕事の予定がびっしりと詰まっており、その上夜勤測量や講習講師もあるので、へばり気味なのは確かですが、楽しみもいろいろとあり充実しております。


image image

先週からやっている夜勤ですが、こんなところで測量をしています。


この現場も過酷で、作業できる時間が『2時間40分』のみ。でも現地到着・退出で正味「2時間20分」ですかね。いかに効率よくやるか事前の計画や準備がものを言います。

ホームの長さは25m×16両+αで400m近くあります。 まずは水準測量 ですが、400mを往復して、2ホームありますので、1600mを測量することになります。これはレーザーレベルを導入することでクリアしました。

次に400mに140か所のポイントを出す仕事。2時間20分で140か所。といえばピンとこないけど、1分に1か所のポイントを落とす計算になります。基本1mm精度で。その中にトータルステーションの移動も含みます。 これもぎりぎりでクリアしました。


昨日も「もぐらさんはせっかちですね」と言われましたが、オイラはあまりそのあたりがわからいのですけどもね。

この仕事もそうですが、こんな過酷な時間しばりですが、1日で測量を終える計画にするのがそもそもよくないのかもしれませんね。

でも性格的に「一気にやってしまえ!!」になってしまいますもので。


もしかして、これが”せっかち”のことなんですかね?(笑)

秋も中盤?となるのに・・・・暑い。 本日も30度ぐらいあったのかわからないけど、汗だくで仕事をしていました。

一気に3現場それぞれ 平版・横断・UAV測量をやって帰ろうと思ったら・・・雨が降り出し、オイラが帰る方向についてきまして・・・・1.5時間ずっと土砂降りの中を帰ってきました。(車を止めていれば30分で抜けていましたね)

「雨に好かれていますね〜〜」 (泣)


と、秋をまだ感じることが無く、仕事・生活をやっていますが、秋を感じるものをおひとつ。


image

落下形状


image  image

栗虫抽出状況               渋皮煮待ち素材


image

栗ごはん  (栗おこわもあります)


栗 栗 だらけ。


今年は多いのか?あちこちからおすそ分けが来まして・・・処理(調理)が大変なことになっていますね。


暑いからまだキノコを採りに行っていないけど、今年は暑いからキノコがやばいかも。


と、すみませんが秋を口から堪能させていただいています。

i-construction現場見学会

「何か抜けている」と先週思っていましたが、なんと、ブログを書き忘れていました。

記事があったのに・・・??でした。


ということで、先週は某市役所の「 i-construction 現場見学会」に立ち会ってきました。この現場は某市役所初の i-construction 施行の工事現場で起工UAV測量と3次元データを作成しているオイラも参加してきました。


image  image


現場についてみると・・・テントまで張られていました。ちょっと現場に市職員の方が来られてみるだけと思っていましたが違いました。それも人数が増えて30人となっていました。


でも、現場を実際に見られて勉強をされるのは良いことですね。なんといってもこの現場の代理人や社長も、UAV測量やバックホウのマシンコントロールをとても気に入られて、

「今後も i-construction の取り組みを続けていきます。」

と言われていますので。


image image


オイラはUAVを飛ばしたり、撮影の方法。写真が立体データに代わる仕組みを説明しました。のちにこの技術を別なことに応用ができないか?と数人から質問が来ましたので、興味を持ってもらえましたかな。

で、現場についてから発注者の担当者さんから「出来形管理方法について説明をしてください」と言われて、ここで採用している「TSを用いた出来形管理」について説明・実演をしました。


ここでものちに市職員の方より質問が来まして、

「 i-construction の出来形管理は3次元設計データと完成UAV測量3Dデータの対比によるヒートマップではないのですか?」

といわれ、この現場はなぜヒートマップによる出来形管理ではないのか説明をしました。


1)掘削場所の延長が短く、分散しているので3D出来形をやるには計測回数が増すこと

2)全部法面が仕上がる前に、法面保護でシートを張らないといけない。

3)3次元出来形を行うのが、効率化にならない。

ということを説明しました。


すると市職員さんは

「ということは、岩盤や転石が多い現場では3D出来形管理が難しいことですか?」

と質問があり、

「管理できないことはないが、規格が合わないところが出ることを許してもらわないとだめですね」と言わせていただきました。

「ヒートマップで出来形管理することにより、監督職員は何を管理すればよいのですか?」

と聞かれたのですが・・・・

「色を見て判断していただくだけです」

と言わせていただきました。


と、まあ専門と戯言ばかりとなりましたが、現場で実践していて感じたことを話をさせていただきました。


image


このマシンコントロールのシミュレーション機器。面白いですね。(笑)

精度のよい位置表示

ぐっと気温が下がって、昼間の仕事もやりやすくなりましたね。でも町中はまだまだアスファルトの暑さがあるのか、じりじり焼かれている感じがします。


昨日はアスファルトとは全く縁のないところで測量をしていましたが、標高800mのところで原生林内の測量。気温も朝は11度と長袖でないと”寒い”ところでした。


記事のネタが思いつかないので、前回の続きですが、GNSSを使って測量をやってきました。


今回は歩くことすらできない原生林に、延長1.5kmぐらいに用地境界や、施工する場所を示して行く測量です。

前回と同じようにGNSSと平版ソフトを使って随時進行方向を示して測量をするのですが、今回は森林組合さんに、進行方向を示しながら測量をやってきました。


image


image


おそらく地図に自分の位置を表示できることは、カーナビやスマホ地図で見慣れたもので、何も驚くことが無い感じがしますが、このシステムのセットでは2cm以内の精度で、図面(地図)に表示することができるのです。実はこれと同じようにスマホに座標値を入れて測量をしたことがあるのですが、あっという間に10m以上は出てしまいます。カーナビも”道路”を認識して”道路へ補正”してくれるので比較的あっているように見えるだけです。


余談ですが、空港滑走路に自家用車を持ち込んだ際は、滑走路は”道路”と認識してくれなかったので、だんだんとカーナビの自動車の位置は滑走路から飛び出していきました。

image image

  (2007年の写真)


前回も書きましたが、携帯電話会社が精度2cm程度のサービスが年内に始まりますので、どんなものが出るのか楽しみですね。





もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ