もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理から建設CALSまで現場の実情を記事にします!!

公共工事における現場管理 3

●若い子が勉強不足なのか?

工事現場の年配の所長さんに聞くとよく、 “今頃の若い子は勉強不足で、現場のことがよくわかっとらん。“

とか “目先のことばかりで、先のことが見えてない” と聞きます。

 今の若い人はこんなんだから現場の職員がたくさんいるようになったのか?

上に書いたことの若い人もいると思うが、しかし今頃の若い子はまじめだとおいらは思う。

 しかし、上司から見れば“出来ない”と思われている。では反対の考え方で、今の上司は

昔の上司のように、一緒に酒を飲んで、仕事について語り合い、そして若い子がやる気を

出すようにしているか?若い子に“やさしく教えている”といっている上司はダメな上司である。

自分で一番がんばろうと思う気持ちが出来るのは、このやろう、今に見とれよ

という反発力のときが一番勉強をし、仕事が身に付くのではないかと思う。

しかし“このやろう、今に見とれよ”と思うようにするには、部下を上手に指導・コントロールして

おかないと出来ないでしょう。

昔は“部下を育てる名将“と言うのがどこの会社にもいたのではないかと思う。

 長くなったが、“若い子が勉強不足なのか?”の答えは子どものときの育て方と会社での

育て方が悪いとオイラは思う。

決して若い子だけのせいではない。

公共工事における現場管理 2

●現場管理の仕事が増えたのか?

 公共工事における現場管理が増えたかという質問では “増えた”と、おいらは感じる。

なにが増えたかの質問では、

ゞ┻捗颪砲ける資料の多さ。設計変更するにも根拠となる文献の コピーや詳細にわたる図面の変更。

 (当たり前と言えばそうだが以前は発注者の方で文献を調べて いたが、今は発注者が協議書のみを

見て文献を見なくても良い ようにしなければならない)

CAD図面の修正  前回も記述したが、図面を拡大されて1mm誤差を指摘され、  

修正に手間取るようになった。  

しかし、CADにおいては使い方次第で業務を簡潔に出来ると  おいらは非常に感じている。

 E纏卩蕊福  書面を提出しても工事打合せ簿が完了しない。

 (役所に工事打合せ簿を提出しに行って、間違いがあった場合は 

その場で二重線にて修正をかけていたが、今は事務所に戻り電子 

 データを修正して、再度役所に出向かわなければならない。)   

最近の発注者は二重線が嫌いである。

 ね住惨浜が厳しくなった現場の管理だけでなく、下請けや社内の原価管理に要する時間が  

増えてきていると思われる。昔みたいに12ヶ月間の工期において実行予算で粗利益を決め、

残ったお金が利益では行かなくなっています。1ヶ月ごとに利益率を計算し、下請けの支払い率を

計算していると非常に時間がかかります。(ここで原価管理ソフトを社内で導入するとスムーズに

行くのですが・・・・)  ちなみに某コンビニでは半日ごとに本社に報告し、売り上げ対策 

をとっているそうです。

公共工事における現場管理

公共工事において、年々現場職員の人が増えているのは何故か?

疑問に感じているのだが、現場における仕事量がそんなに多くなったのかな?と思う。

 公共工事とはいえ設計図面にあるように施工してものを造ればよいのだから、

以前とさして変わらないと思う。 設計図面が複雑になったのかといえば、そうでもない。

 よく現場で聞く言葉は、「若い子が勉強不足だから仕事がはかどらない」はたしてそうかな?

とオイラは疑問に思う。 たぶんどこの会社でもこの疑問が大きくあると思う。

 ●現場管理の仕事が増えたのか? 

●若い子が勉強不足なのか?

●公共工事の体質が変わったのか? 

で、この疑問について数日間にわたり考えていこう。

CADなんて!

CADの良いとこ  

 1)正確に描けること 

 2)部品図があり転用が利くこと  

 3)図面枠の配置を後から出来ること  

 4)色塗りが出来ること 

 5)図面追加が出来ること 

 6)現場と同じ原寸で描けること 

 7)測量計算が出来ること 

 8)現地に行かなくても、距離が測れること 

 9)拡大して見れること 

 10)不必要な部分を瞬間的に消せること  

CADの悪いところ  

 1)慣れるまで描けないこと 

 2)CADにより作図方法が違うこと 

 3)正確になりすぎること 

 4)印刷するまで線の太さがわからないこと 

 5)値段が高いソフトが必要なこと 

 6)思いがけない停電でデータがなくなること

CADの好きなところ  

 1)CADのお仕事が出来ること 

 2)使えば使うほど便利な使い方がわかること  

CADの嫌いなところ  

 1)正確になりすぎて土の高さが1mm違うと怒られること 

 2)ずっと描いていたらマウスを動かす腕が痛くなること 

 3)上司にPCを使ってお絵かきして遊んでいると思われること

 4)「図面はすべてCADで描け」と決める上司がいること

発注図面?

ある現場のお話です。発注者から積算見積もりの図面をPDFでもらいました。その会社はそれを元に積算し、受注することが出来ました。さて、工事に入ろうとしましたがCAD図面を発注者にくださいと申し立てたが、渡されたのはPDF図面でした。・ ・・・・ここまではまだありえる話でしょう。しかしこの会社は、国土交通省を初めて受注された会社で、「仕方ない、図面を作ろう!」ということになり、アリダード・平板・光波を用いてなんと平面図・横断図を作成している途中でした。担当者は、「電子納品とは大変だな!」・ ・・・・・・? ちょっと、いや大分違うぞ!役所のどこかに、CADデータはあるはずです。担当者がP21.SFCがわからないのか、それとも発注者が渡していないのか。ちなみに新しく平面図を作成しても、発注図面の代わりにはならず、“測量をするときの資料”にしかなりません。 建設CALSが端末まで行き届くにはまだ時間が必要です。

Web利用

ブリーフケースを使おう:電子納品体感記  ××どぼんCALS×× - livedoor Blog(ブログ)
インターネットでのデータ利用は便利ですよ。 下記のようなことでお悩みの方は試してみてください。  

(1)データが大きくてメールが送れない   

  ・プロバイダーにもよりますが、3MB以下でないと送れないところも あります。 

(2)データは小さいけどたくさんあるから一度にメールを送りたい   

  ・メールを送って保存するところがあります。プロバイダーにもよりますが、 5MB以下のところもあります。ですから2MBを3回に分けて送っても、 3回目のメールは保存できないので抹消されます。 (2回のメールを相手に受信してもらえば3回目を贈ることができます。)  

(3)データを持って歩かずに行く先で必要なときにデータを使いたい   

 ・仕事場で作りかけたデータを続きを家で行いたい。しかし手ぶらで帰りたい。  

 ・出先で自分の作ったデータをすぐに使いたい。  

こんな場合には、YAHOOのブリーフケースを使ってみましょう。     

  1)YAHOOのホームページより自分のIDを取得します。(無料)  

  2)ブリーフケースにアクセスしてにデータを送信する。  

 ※一般会員    一度に遅れるデータ容量:5MB    保存できるデータ容量:300MB   

  ※YAHOO!プレミアム会員・YAHOO!BB会員  クレジットカード番号等を記入して会員登録をします。 

      YAHOOオークションも出来るようになります。  

         一度に遅れるデータ容量:10MB   保存できるデータ容量:1GB  

このほかにも   

   (1)会社のメールアドレスは会社のPCに設定されているけど、

    ほかの現場に行ったときにメールを受けとることが出来ない。     

 (2)まだ会社のメールアドレスをもらっていない。しかし自分で    

 お金を出してメールはしたくない。    

 (3)めったにメール確認をしないから、メールが来ているかわからない。

  こんな場合には、YAHOOのメールを使ってみましょう。    

これは一般会員になるだけでOKです。  インタネット上でメールが出来るため、

ほかの人のPCでも自分のIDとパスワードを入力するだけで、いつでもメールできます。

それとメールが来た場合は携帯電話に転送することが出来るので出先でも

メールの確認が出来ます。

レイヤ分け

知り合いK君と話したことだけど

「CAD図面を描く仕事をしているけどレイヤを使ったことが無いんだよ」

”なに!”

私から言わせてもらえば、CAD図面でレイヤ分けせずに描くなんてそんな勇気は無いよ!

というのも、レイヤ分けしなかったら、線の太さを替えるにも一本づつ設定しなければいけないじゃないか。

いくらレイヤ分けするのがめんどくさくても結局きれいに描くには時間がかかってしまいます。

けれどK君は、「レイヤ分けしなければいけないんだが」とレイヤ分けしたほうがいいんだということには

気づいてるようだ。

 私は昔からレイヤを使っていました。何のためか?

案1 案2 案3の図をレイヤに分けて描き、表示・非表示を使い同じ図面で3種類の図面を

作り出したところからです。 レイヤ

 だからCAD製図基準(案)が始まってもさほど苦にはなりませんでした。

私はレイヤ分けは”便利だから使う”という観念です

原価管理とは

土木の原価管理とは何ぞや! ま、一言で言えば1工事での経理ですかね。

みんなExcelや原価管理ソフトを使っていますがどんぶり勘定をしていない会社では、

原価管理ソフトを使うべきでしょう。なぜかは箇条書きにして見ましょう。

 E:Excel     S:原価管理ソフト

1)実行予算書(工事においていくらかかるか着工前に計算しておくもの)作成  ・項目作成  

 E:工事の項目を手打ち   S:公共工事の項目をクリックする  ・金額入力   

 E:以前の単価や物価本を見ながら作成   S:公共単価がクリックで引用できる

2)下請け契約をする  

  E:契約先がたくさんある場合は実行予算書とは別に用紙をつくるか、複雑な計算式を作る  

  S:簡潔に契約内容を作成することが出来る  

 3)月ごとの支払いをする 

  E:別に資材入荷や出来形を計算して支払い計算をする 

  S:日ごろ管理が出来、支払いがスムーズ(支払えるお金    がある場合)に出来る  

  ほかにも会社全体でソフトを使用した場合は、支払いや承認といった作業にも業務簡潔化に

  なるでしょう。

会社のマークとは

f4cce461.bmp会社のマークを以前から作ろうと思っていました。

まず、今までもらった名刺をみてデザインを考えたけど思いつくことが

貧困で出てこない。しかしいろんな会社がありどこの会社も会社の名前

らしきデザインにされておりセンスのあるマーク、単純マークとそれぞれ

ですが、よく考えているな〜というのが感想です。

友人から案をもらったが、やっぱり自分で作りたい。

イラストレータで奮闘したが、力尽きてAutoCadで作る。しかしありきたりなため、

3DCADのVectorWorksで作成してみた。

苦労した割に出来上がりはいまいちだが、3時間やっていたら

「もう、こんなんでいいや」になってしまった。 もう少し考えてみます

田舎のお仕事

田舎でどんな仕事が出来るか? 1、農 業 2、酪 農 3、通勤してお仕事田舎と聞けば上のような仕事が思いつくが、脱サラして少し変わった仕事に挑戦していることを書いていきます。
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ