もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

今年も気が向いた時のブログ続けていきますので、よろしくお願いします。


今年も近くの山頂で初日を見てまいりました。


20180101_494

暖を取りながら太陽が上がってくるのを待ちます。

だんだんと空が明るくなると、心配するのは雲。 太陽が上がるところに雲がかかっていれば、きれいな初日を見ることができないのですが、東の空がだんだんと赤くなっていくと丁度太陽が上がってくるところだけ雲が無くなっていきました。


image


週間予報では、元日は曇り・雪となっていましたが、今年も良い初日を見ることができました。


20180101_429


そしてすぐに雲に隠れてしまいましたが、その雲から光が漏れて、一瞬「薄明光線」が現れ幻想的な風景となりました。


image

でもオイラはみなさんの写真撮影の業務中なので”薄明光線”だけの風景はとることができませんでした。(泣)


20180101_555


下山するとぜんざいと甘酒をいただけます。


今年も良い正月が迎えれました。このまま今年も突っ走ります。

年末のあいさつ

気付けばもう12月31日じゃありませんか。毎年ながら「正月のうちにこの物件をしておいて・・・」というのが来ていまして、パソコンとにらめっこをしながら、年の瀬を迎えてしまいました。(苦笑)


今年を振り返って思い出すと、

「今年もみなさんに可愛がってもらったな」

という思いです。

仕事や家庭のことでもですが、何かと充実して孤立してしまうことがなかったという感じです。

会社を作った時に決めていた

『敷居の低い会社』

を心がけています。


あとは・・・・ 1年が早すぎる!!

歳をとったせいか、充実しているせいなのかわかりませんが、1年が早いですね。

お正月・お盆 という暦行事があるから、季節がわかりますし、”一区切り”ができるものでしょう。


みなさまもお正月に体調を崩さないように気を付けましょう。(笑)

【広 告】

明日1月1日は、三次市吉舎町「とみし山初日を迎える集い」が行われ、日の出とともに山頂で無料記念撮影を行います。家族で、友達などでも写真撮影をいたしますので、みなさんお越しくださいませ。

UAVテスト

年末も押し詰まり誰もが慌ただしい日々になっていることでしょう。しかし息子3号はクラブも終わり、進路も決まったので・・・こやつだけのんびりしていやがります。


ま、今週も残りわずかといいながら年賀状は手付づ。昨日日曜日も現場に出ていましたので内業と家のことができていない状況でございます。

今日明日も外出し、明日の晩はそのまま夜勤に突入です。


話は変わり、この夏からおもちゃ?が知り合いのところからやってきまして、空撮や通常の使い方はできるものの、またもや悪い虫が働き出して・・・・最近いろんなテストばかりしています。

image


ドローン(UAV)に負荷をかけてみる。


これも一例ですが、どんな可能性があるのか家の前で自分なりにやってみています。 改造や荷物の釣り下げには別途許可を取らないといけないので、敷地内から出すことはできませんが、カメラの性能・特性なども気になるところです。


基本ドローンには手を出す予定はなかったのですが、知り合いから・・

「うちに古い機体があって使わないし、部屋が狭いのでもぐらさん宅に置いといてや・・」

という言葉で我が家にやってきたのですが、目の前にあるとついついこれで何ができるかやってみたくなりますよね。(仕事の合間に)


ということで、ラストスパートの日々をこなしていきましょう。

礼儀は無いのですかね

昨日このような赤紙・赤文字の手紙がいきなり届いた。


2017-12-18 23.35.31


2017-12-18 23.35.19


何の前触れ(手紙等)無しに、
 「お金を払わないと強制徴収する。そして延滞利息を払え!!」という文面で。


これ、息子の国民年金のことなのですが、20歳になったので9月に手続きをして10月に支払いを終えていました。


2017-12-18 23.49.30


すぐさま、年金事務所に電話して問い合わせると、息子は9月末の誕生日。振込用紙を見てみると・・・10月〜3月の振込用紙だったようで、別に9月分は別用紙を使って2回振込をしなければいけなかったようです。

と、これはいい。 しかし、支払いをしているのに、なぜ犯罪者扱いをするような書面をいきなり送ってくるかということだ。文面を見ていると、礼儀正しいように見えるものの、中身はほとんど恐喝まがいの中身となっている。これが日本の行政の文面かと思うと情けなくなってしまった。


というもののオイラも20歳ごろ3年間、借金取りのアルバイトをしていたが、徴収の1回目は本人の支払いのミスや忘れている可能性、または自社のミスがある可能性があるので柔らかい口調・文面で督促していたものです。

それで今回この文章。


民間の金融業者は、お金を借りてもらわないといけないし、支払いもしてもらわないといけない。つまり滞納者はお客さんであり上手に支払いをしてもらわないと会社はいけないということであろう。

でも行政にとって住民は「納税者」ということでお金を支払うのが当たり前であり、遅れるといきなり恐喝まがいのことをしても行政には何も問題ないということであろう。


NHKの時といい、厚生年金加入のときといい、いきなりこんな文面を送ってくるから支払いたくなくなる人もいるのでは。

オイラもその口ですね。(でもちゃんと支払いますよ。息子のことですから)

年金事務所は数年前にももめましたね。向こうが間違ったことを言っているのに、ひたすら取り立てをしてきましたから。結局年金事務所の所長が家まであやまりに来ましたが・・・、今もその体質は変わっていないようですね。

お菓子の家

年内の仕事の追い込みが始まりましたね。先週も日々仕事で13000歩、歩いています。今年は”忘年会”が少なく、体と”ふところ”には優しいですね。(笑)


週末は息子3号の学校の剣道部保護者会で忘年会がありました。(保護者みんな仲が良いのがいいですね:笑)

その会では毎年保護者数人が腕を振るってケーキなどを作ってきてくれます。我が家ではまだそんな差し入れなどをしたことがなかったのですが、3年生となり事前の準備も免除され、少し頑張ってみました。


と、ふつうに作っていくのでは面白くないので、ちょっと”うけねらい”で、お菓子のお家を作ってみました。

外壁は”クッキー”で。予行演習なしの一発勝負。


まずは設計図から。

CADで外壁や屋根の現寸図面を作成します。屋根の△部分の寸法を計算するにはCADが早い。

そしてクッキー生地作り。 少し冷蔵庫で寝かせてこねあげて”ものさし”片手にカットしていきます。


image


今回は”柔らかく食べやすいクッキー”を目指してホットケーキミックスで作りました。

庭部分には、ウエハ-スを敷き詰め生クリームを塗ります。そして生クリームで外壁を接合。これも食べやすさを意識した。


事前にもっと食材や材料を調達しておけばよかったのですが、資材不足で庭が狭いうえにモニュメントも作れませんでした。

image


しかし、これを家で食べるのでしたらこれでよかったのですが、これを忘年会会場まで運ばないといけないのです。買い物かごに入れて、息子3号に持たせていたのですが、会場まで道のり半分のところで・・・

「ガシャ」

息子3号「確実に何か起こった感じ」と箱のなかで何かが起こったのです。


会場につき中身を確認すると・・・・

無残にも家が全壊していました。柔らかさを強調していましたが、瓦(チョコレート)の重さで屋根が折れて、倒壊に至ったようです。


会場内にもって入ると、ほかの保護者さんが一生懸命に復元してくれて何とかこんな形に戻りました。


image


差し入れのお披露目で、このお菓子のおうちも紹介されたのですが、保護者たちからは・・

「耐震強度不足だ!!」

「施工ミスか? それとも手抜き工事をしただろう!!」

「危機管理がなっていないぞ!!」


などなどお叱りを受けたのですが、みんなきれいに食べてくれたとさ。(笑)


ちなみに17年まえに1度だけ作ったお菓子の家はこんな形でした。


02122209


リフレッシュしたので今週も仕事を急ぎましょう。

カメラの性能テスト

昨日の追加情報です。

”カメラの性能テストってできないよ〜” と、言われる方は、カメラを選ぶ際、どんな画像になるか2台のカメラを比べれるサイトがあります。


imaging-resource    (カメラ性能比較サイト)   

Comparometer

http://www.imaging-resource.com/IMCOMP/COMPS01.HTM



image


カメラごとに ISO(撮影感度)別に撮影されている画像があり、写真をクリックすると2段階で拡大します。その写真の 「荒れ具合」 を見れば暗いところでもどれだけ撮れるかの判断にもなります。


image


暇がある方。日本のデフレ脱却のためにカメラを買われる方は、お試しください。
そう、オイラは新しいカメラが欲しいのではない。日本のデフレ脱却のため・よい未来にするために欲しいのである。(笑)

カメラの特性

年末へのラストスパートの季節になりましたね。オイラも1つ大きな仕事を請けているのですが・・・やったことのないコンサルタント業の仕事なので、仕事の進め方・考え方が違い四苦八苦しています。


その中でも日々の仕事は優先でやっていますけど、先週夜間の微速度撮影+ビデオ撮影の依頼を請けまして、夜勤に行ってきました。

暗い現場の撮影に今回試してみたのが 『一眼レフによるビデオ撮影』。


事前に家でどの機種を使うか試してみました。


とりあえずAutoで撮影してみました。
(目標物は150m先です。)


image

(1)SONY ビデオカメラ (HDR-CX560)


image

(2)NIKON D800 (フルサイズ デジタル一眼レフ)


image

(3)SONY α5100 (APS-Cサイズ ミラーレスデジタルカメラ)


(1)のビデオカメラは目標物がボヤっとして、これ以上明るくする設定がないのです。

ちなみに5年前のビデオカメラですが、近年には無い大きなCMOSセンサー(映像を映し出す部分)がついているので、比較的夜間でもきれいに撮れるビデオカメラです。


(2)の一眼レフですがウチで一番高級 兼 メインカメラなのですが・・・黒い部分が画像が荒れていますね。目標物はそれなりに映っていますけど。これも5年前の機種です。


(3)のミラーレスは比較的新しいカメラですが黒が引き締まって目標物もいいですね。しかしこれにはある仕掛けがしてあるのです。


image   image


このSONYミラーレスは標準レンズしかなく、NIKONのレンズをSONYのEマウントに変換するものを買い(2500円程度のバッタもの)取り付けました。オートフォーカスは効かないのですが、夜は基本マニュアルになりますので、問題ないです。


そして最後は最高感度 ISO25600 に上げて撮影してみました。


image

(2)NIKON D800 (フルサイズ デジタル一眼レフ)


image

(3)SONY α5100 (APS-Cサイズ ミラーレスデジタルカメラ)


完全にSONYのミラーレスの勝ちですね。NIKONの新しい機種なら同じぐらいだったかもしれませんね。
単純にCMOSセンサーの大きさではなく、映像処理をするエンジンによっても大きく左右することがわかりました。


ということでSONYのカメラで無事ビデオ撮影をしてきました。

働き方改革 1

年も押し詰まり、忘年会が一気に加速してくる季節となりましたね。(笑) テレビでも1年を振り返る映像が多くなったのも年末を感じさせられることの1つですね。


建設業界でも『働き方改革』の一環として i- Construction が、話題に上がることが多かったのですが何かと”お金を使って働き方改革”が、業界として多かったかな〜と感じています。


でもオイラは、コスト縮減的な方法をもっと考えていければと思っています。というのもいろんな会社・現場を見て回っていますが、”残業・業務を減らす”といいながら、やり方や方法がちょっとおかしいかな〜というところもあるのですよね。


残業が多い人  =  能力のない人 

 

と、オイラが以前いた会社では言われていましたね。


そこで社員の言い分としては


「実際に仕事が多いのだから・・・・」 とか 「上司が仕事を増やすのだから・・・」など言っていた人もいましたね。


そこで残業が多い人は何ができていないか。オイラの考えは・・


『目標・工程を考えるのが下手な人』   と思っています。


仕事の書類・業務を作るのには、何日もかかって作ることが多いのです。なのでこの書類を何日で作るかを考えて1日にどこまで作るかをしっかりと考えておく。


工事においては日々の工程表を考えても、自分の仕事の工程を考えていないというかあいまいにやっていることが多いと思います。そこをしっかりと目標を考えて働くことが”仕事の効率化”につながるでしょう。

もちろん1日に1つの仕事に集中することはまずないのですから、複合的・イレギュラーがあることを踏まえて”先を考え”、工程・目標を作ることが良いでしょう。

すると1日の仕事をやり遂げる快感が出て、次の日の活力にもなるでしょう。


また、その行動に移せない人は動機を確認してみましょう。

旅行へ行きたいと思うことは多いでしょう。しかし、予算はどうしようか、日程はどうしようかなどの、さまざまな制約を考え出すと、行動に移さなくなります。


多くの人が問題を越える強い動機を持てないのです。だからいつもの行動が変化しないともいえます。

仕事を早くできる人は強い動機があるからでしょう。今この仕事を終えてしまえば、遊びに行けると思うからこそ、全力で仕事ができるわけです。


人は、「なぜそうするか」がはっきりしていないと、その方向へ働かないのです。「なぜ仕事をするのか」がはっきりしていると、脳の中で意欲が湧いてきます。

その理由は人によって違っていいのです。金、出世、名誉、家族のため・・・なんでもいいのです。


その動機付けができれば、脳はそれを達成するために、神経回路を変化させますから、効率よく仕事ができるようになるのです。そして「冴える脳」ができ『能力のある人』になることでしょう。(笑)

修理のこだわり

今週開けは、夜勤に始まり、火曜日は昼寝しているとあっという間に日にちが経ってしまいますね。もう木曜日ですよ。 と、言いながら昨日も遠方に打合せを行いに出たのですが、

「どうせならあれこれ現場に行ってみよう」

と思って、あちこちに電話しては急に訪問もしてきました。


その中で昨日は、高さを測量する「レベル」の点検が1年を過ぎていたので、持ち込みで点検をしてもらってきました。

いつもは違う検査会社に出しているのですが、久々に昔から知っている検査会社にもっていきました。(持ち込んでその場で検査・点検をしてすぐに持って帰れるのがいいのです)


ここの検査される方は、マニアックな人でして、オイラと同じ匂いがする人なのです。(笑)

トータルステーションばかり使っているオイラのオートレベルは、年間3,4回しか活躍する機会がないので、10年たってもこのきれいさです。(笑)


image


しかし、今回の検査員の人は、測量器として納得のいかないところを見つけました。

それは・・・赤丸している”ネジ部分”。 使っていなくても乾燥とかで”グリス(油)”が劣化してネジが緩くなっているというところ。

「ほかの会社で1年前の点検をしているのに、この部分にグリスアップしてないとは・・・」

と、自分なりのこだわり点検修理をされており、自分なら絶対この部分も修理して返すのに・・といわれていました。


確かにこのネジ部分のグリスが切れていると、長く使うとネジの損傷や軽い力でも動いてしまうので、整備が必要ですね。


パソコン・車もですが使用機器を日々キチンをメンテナンスが出来ていないと、いくら人間が頑張っても仕事はできないものです。


道具を大事に使う = いい仕事ができる    ですね。

高いところにある駅

師走は忙しい。 こんな言葉はありますが、言葉の通りだな~と思っている先週でした。

といえど、今週もあれこれ予定をこなしていなかければなりませんね。


といえど、先週はあちこち行きましたが、鉄道オタクではないのですけど、日本内で「高いところにある駅2か所」を1週間で行ってきました。

2017-11-29 17.02.19

島根県にある三江線の「宇都井駅」。こちらは『天空の駅』と呼ばれていますね。

2017-11-29 17.07.00

この駅に上がるにはひたすら階段を使うのみ。すごいところです。でも三江線もあとわずか。来年2018年3月に廃線が決定しています。


それともう一つ『空の駅』と呼ばれている余部駅(あまるべえき)。4年前にも訪れましたが、この近辺に行ったので寄ってみました。

”余部鉄橋”で有名ですが、4年前にコンクリート製に改修されました。これが観光地と整備された余部鉄橋跡です。

下には道の駅もできており、バスなどで観光に来られるようになっています。

そして下から簡単に上がれる”エレベーター”までついているからびっくり。

DSC04949     


下の写真が4年前に行った完成直後の写真です。まだ駅に上がる通路など整備されていなくて、駅に上がるには、以前からある山道を通るのみでした。(ある意味そちらが貴重)


20130610_3903


ということで、鉄オタの記事でした。

体調管理を考える

今年も夏があって秋はあっという間に通り過ぎて「寒い寒い」という冬になってしまいました。近年、秋が無くなった気がしますね。 昔は夏から冬の間の ” 秋 ” で、体を寒さに慣らしていた気がしますが、気のせいでしょうかね?(笑)


ここ、2,3週間内業が多かったせいか、体がなまっており、先週末から測量の仕事で、立ったり座ったりする動作で、情けないながら今朝は階段を下りるのも、ヨタヨタと。そして本日は丁張仕事で大ハンマーを振り回したので、腕がだるい・・・= 明日朝上半身が筋肉痛に襲われる ことでしょう。


しかし健康であることに感謝。でも「病は忘れたころにやってくる」(ことわざ? いや”病”じゃなく”災い”だ)


でも、2年半前に倒れた時も、元気に仕事をやっているときにでも急にやってきましたからね。

もう少し健康のことを考えて仕事や生活をしないといけない・・・と思いながら不摂生な生活を送っている。学習能力がない〜〜な とつくづく思います。


ということで明日も大ハンマーを振り回して健康つくりをしてきます。(笑)

紅葉

冬の雨は体の芯が冷え込んでしまいますね。幸いにも昨日は内業で、パソコンの足元にストーブを近づけて作業をしていました。


今年は急激に冷え込んだりしなかったせいか、紅葉がもう一つだったかな?と思いましたが、ここ数日朝は霜が降りて、紅葉遅めの木は赤くなりきれいになりました。


image


花でもそうですが、『気持ちがゆったりとしていないときれいに見えない』ってことないですか? オイラは結構ありますね。以前は3月末の緊張の続いた公共工事が終わり、ふっと周りに目が行くと、そこには ” 桜 ” が、咲いていると「うわっ」と感動していました。


今日は雨上がりは空気が澄んでいますから、紅葉が残っているところはきれいかもですね。 

自動追尾の改良

冬型になり、今朝は雪が降っているかな〜と思ったが全く降っていなくて安心しました。

というのもまだスタッドレスタイヤの整備をしていないのですよね〜。まだ11月。オイラはできる限りぎりぎりで履き替えるようにしています。


本日は専門的かつマニアックな話となりますので、ご了承ください。


トプコンのトータルステーションが、内部電池の消耗で、思うように使えないので、新しいトリンブルトータルステーションを以前と同じように仕事ができるように模索していました。


というのもトプコンTSは、日本のソフトメーカーと開発できるように通信機能を公開してあり測量ソフト(平板ソフト)とTSが連動して、自動追尾TSの操作(TSの向きを変える機能)ができていました。

image


トリンブルの自動追尾はTSの向きを変えたりする機能は、独自の機器でしかできないので、タフパッドで使っている平板ソフトはBluetoothを使ってのデータを通信しなければならないのです。
そこでこのような装置にしてみました。

トリンブルS7 にはBluetooth通信機がついていないので、このような機器が必要になります。(ケーブルは特注です)

 image  image

DSC04901


で、この機器とタブレットの2つをもって歩かないと、平板ソフトが使えないのです。
そこで、昨日は”ミシン使い第2段”をやっていました。(第1段はこちら


image


100円ショップのバッグを改良してこの機器を入れて歩く袋を作りました。
(元の材料の写真を撮るのを忘れていました)


image


image   image

苦労したのはこのケーブル差込口とモバイルバッテリーを格納する方法。結局うまく入れる方法がないのでマジックテープのつけて蓋つけて無理やり格納することに。

あとさりげなくタッチペンを差し込むところと、自分の測量のスタイルに合わせれるのが、『自作』の醍醐味です。


トリンブルの自動追尾の通信距離は約300m。Bluetooth通信はクラス1で約100mぐらいなのですが、これは自動追尾端末とタブレットを一緒に持ち歩きますので平板測量も300mできるようになりました。(精度が落ちるのでふつうはこの距離までやりませんけど)


と、準備はできましたので今週は測量に励みましょう。


【 2018-02-24  追記 】

Trimble S7と平板ソフトの設定方法



保護フィルムは100円

今週は内業を急がないといけないのですが・・・ついつい目についたことをやってしまいます。


昨日は、勇気を振り絞って、Panasonic タフパッドの保護フィルムを取り換えてみました。

というのも、保護フィルムはダイソー100円物に。


タフパッドを購入して3年が経ち一度、専用らしいシートをネットで購入しましたが、サイズが合っていなかったですね。で、いつかはサイズがあったものに交換しないと・・・と思っていまして、先日その保護フィルムに傷が入りこの度思いつきました。


DSC04899


image


すごいですよね、これが100円なんて。

この保護フィルムのすごいのは、タフパッドやスマホなどの ”静電式タッチパネル” と、”感圧式タッチパネル” がありますが、どちらにも対応しているというものです。

以前、測量器端末の ”感圧式タッチパネル” に静電式保護フィルムを使いますと、反応がとても悪く、1日にしてはぎ取ったことがあります。そしてこのA4フィルムが目についたのです。(いつも100円ショップを散策していることがばれてしまった・・・)


DSC04901


ピッタリサイズにフィルムをカットして貼り付け。気泡はあまり入らなかったですね。


怖いのは耐久性。勇気を振り絞ったのもこのことです。

純正ものより薄いせいか、タッチの反応はいいですね。でも衝撃には弱そう・・・。そしてペンを使いますので液晶にも悪いかも。
もし使っているうちに問題が起こりそうなら、今度は『2枚重ね張り』ですかね。(笑)

野良仕事

さすがに11月の中旬となりますと、朝晩は冷え込みが大きくなりましたね。今朝も我が家付近では ”霜” らしく草花の上が白くなっていました。


image


昨日は秋の収穫や、来年春での収穫する苗植えをやっていました。といっても、あまり畑仕事はしないのですが、息子3号のクラブ活動も終わり、”週末は家のこともしなければ” と思い出しているところです。


昨日植えたのは、玉ねぎ。 別個所で種から苗を作って、今度は一本ずつ植えました。

北海道など大農業をやっているところでは、玉ねぎも田植え機と同じようなもので植えられているので、一度に大量に植えれるでしょうが、ふつうは指を土に突っ込んで1本ずつですね、


image


ばあさまのゆわれるがまま、昨日は1500本植えました。


日々のばあ様が言っている言葉は

「あんたら、野菜を作っても全然食わんのだから捨てるようになるよ」


と、ぶつぶつ言われるのだが、オイラからすると

「植える量が多すぎるからだ!!」

と、いつも言い合いが発生します。


そりゃそうでしょう、玉ねぎを1家族で1500個なんて消費しきれないですよ。

それが玉ねぎだけじゃないのですからね。昨日収穫した”山芋”もコンテナ5個。売るわけじゃないのですからね。自家消費ですよ。

といえど、田舎なので訪問客が多いので、お土産に使う消費が3/4ですかね。(笑)


親が元気なうちに習っておかないといけないことがまだまだありますが、少しずつですね。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ