もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理から建設CALSまで現場の実情を記事にします!!

タイヤの空気圧管理

朝晩めっきり寒くなり、”冬の到来”ですが、北海道の人からは「初雪かき」という記事を書かれていましたね。日本の大きさを感じてしまいます。(笑) 


そう、本日は立冬なんですよね。このあたりも今朝は”初霜”を見ることができました。 おそらく紅葉も一気に進んでくることでしょう。


2016-11-07 07.26.10


これだけ気温が下がってくると、車のメンテナンスをきっちりとしておかないといけませんね。

特に車の空気圧。夏場には適正、または「少し多めに入れてあるから大丈夫」と思われている方。気温差でタイヤの空気圧は大きく変わってきます。

先週はオイラの家のタイヤ空気圧を調整しましたが、夏場には2.4kgf/cm2 程度入れてあったのですが、1.8kgf/cm2 まで減っているタイヤもありましたね。

減っていると燃費も悪ければ、タイヤの端の異常摩耗も始まります。タイヤの両サイドだけ減って真ん中の方宇だけ溝が残ると、車を運転しているときに”ふらつき”が出て真っすぐに走らなくなることもあります。

ちなみにオイラの車は3.0kgf/cm2(標準2.5)入れていますが、この2カ月で標準を下回っていましたね。


まだまだ気温が下がってきますので、空気圧はちょっと多めにしておく方が燃費にもタイヤにも良いですね。


以前もこんなことを書いていましたね

古いソフトを新しいPCで使う方法(案)

本日はマニアックな文章ですので、興味のない方は飛ばしてください。


先日町内の建設会社から

「ちょっともぐらさん、パソコンを買い替えたので新しいパソコンで公共工事の電子入札ができるように設定してくださいな」

と連絡がありました。でもオイラの会社は公共工事の入札などには入っていないので、”出たとこ勝負”のパソコンの設定となりました。


車で5分のところに行き、初めての事務所内を見渡しますと、新しいWindows10のパソコンとWindows XPのパソコンがあり、なにかいや〜な予感がしましたが、ここ数カ月前からWindows10からでも電子入札がOKとなり、最近買える市販のPCでも大丈夫になりました。
(Windows10も発売数カ月前から”デモ版”が使えるのだから、役所はもっと早くにWindows10の実証検査して電子入札ができるようにしてもらわないと・・・・)

さて本題の電子入札の設定ですが、説明書を読んでやってみますと、すんなりとOKに。すると建設会社の社長さんは・・・

「積算ソフトと工事写真ソフトもこれに入れてくださいな」

と取り出してきたソフトを見ますと・・・”平成16年度積算ソフト&平成16年写真管理ソフト”。


この当時はWindows XPの32bitが主流で、近年のWindows 10の64bitへのインストールは厳しいと思っていましたが、その通りで無理でしたが、どうしてもこの2つを使いたい・・・ということで下記の提案しました。

〇電子入札はwindows10 を使い、サクサク動くWindows XP機を製作する。

オイラの事務所にPCを持ち帰り、この路線で進んでいましたが・・・またもやオイラの悪い虫が発動。

「Windows 8.1 の32bitでは動かないかと」
古いソフトは32bit と 64bit の切り替えで動かないことが多いのです。
ちなみにWindows 8.1ではマザーボードのドライバーが無くても自動で認識してくれますので、メーカーのドライバーが手に入りにくいノートPCwindows8.1を入れると使えるようになります。(Windows7ではだめですよ、それとライセンス違反の無いように)


image


自宅のPCに入れてますと案の定、ソフトのインストールはできました。

なんとも懐かしいインストール画面。Windows 98もまだ使える設定ですね。(笑)


しかし問題はこのUSBライセンスキーの”HASP”。
これが認証しませんでした、この形はまだ近年も使われている形だと気づきメーカーHPを探して近年のタイプのドライバーをインストールしてみますと・・・ご正解。ソフトも起動しました。

image

ちなみにこのWindows の32bit版。既製PCはまず売っていないので、”自作パソコン”で買えるOS(Windows)です。

とりあえず、電子入札のPCと積算ソフトPCを1つでつかえるようになったので、建設会社の社長さんも一安心でした。

でも・・・平成16年の積算ソフトを使って合わないだろうにな〜。(笑)

ブログの取材

先週末は遠方、東京・大阪より2人がオイラの事務所へ訪問がありました。

最初は「列車で訪問を・・・・」とか言われていましたが、1日6本しか無い交通事情のためあきらめて途中からレンタカーまで使って訪問してくださいました。


訪問名目は・・・「取材」でしたが、オイラの写真は1枚も撮られませんでしたが。(笑)

で、取材の中身は・・・”このブログの記事の中身について”でした。これまたご丁寧にブログ記事を何枚もコピーして質問したいところにはアンダーラインを。(笑) 


女性の方が 「このブログの中身を全部チェックさせていただきました!」 がスタートでしたね。 なんとも”物好き”と言いますか、たわいもないことばかり書いて鬱憤を晴らしているブログなのにありがたいことです。

数時間にかけていろいろと質問を受けては、オイラが答えていきましたが、この女性。よく土木の勉強をされていました。オイラはマニアックな話が多くなるのですが、”よくぞ話に付いてきたな”という感想ですね。

思わず 「現場の土木技術者に転身されませんか?」と聞いてしまいまいました。(笑)

帰りの新幹線に間に合わなくなるということで駆け足でお話をしましたが、オイラの仕事内容の ”PCでの実践” を見てもらう時間がほとんどなく、オイラが不完全燃焼となりました。(笑)


帰りに「体験してみてください」ということでこんなものをいただきました。


image

ちょっとPCに入れて使ってみましたが、直感的に使えますね。ちなみに3Dデータの活用は・・・。3DのバックホウデータがAutoCAD へ3Dデータとして行きました。もちろんAutoCAD内でクルクル回してみることができますね。使い方が悪いのか”色”の反映はできませんけど面白いソフトですね。仕事に活用できそうな予感です。


今週はもう11月に突入することになりますが、仕事のねじを巻いていかなければいけませんね。

AutoCAD バージョンアップ

先週までイベントや地元行事に追われていたのですが、今週はまじめに仕事をしている格好をしています。(笑) 


先日現場に3DのプレゼンをするデータをノートPCに入れて車で走って持って行ったのですが・・・・AutoCADが動かない。というか1つの操作をするのにとても時間がかかってまともにプレゼンする事にはなりませんでした。
現場の人からは、「きちんと見れるようになってからまた来てね」と。

当たり前ですよね・・・。 

先月末まではまともに動いていたのに?なぜ?

と帰りながら原因を考えていたのですが、もしかしたらWindows10のアップデートで問題が起こったのかも。どうしよう・・と考えて、昨日はAutoCADのバージョンアップを試みました。


image


AutoCAD自体は今年の夏前にver.2017が発売されていたのですが、”Civil3D の日本仕様”がまだ完全でなかったためVer.2016からのバージョンアップをしていませんでしたが、運よく10月の中頃に完成版が出ていたので、HPからどでかい(30GBぐらい?)ファイルをダウンロードして安心してバージョンアップできました。


Autodiskのsubscription(年間契約)をしていますと、HPより新しいソフトをダウンロードすることができます。
Autodisk Accunt     (HPに入るには契約IDとパスワードが必要です)

image


昨年まではソフトはUSBに入れられ郵送されていたのですが、今年からは製品はダウンロードで対応されています。


そして日本仕様やAutocadの追加アプリケーションはこちらから

Autodisk APP STORE     (ダウンロードするには契約IDとパスワードが必要です)


image


この日本仕様とは”AutoCAD Civil 3D専用”のアプリであり、道路中心線XMLなどの取り込みや、測点・縦断図などの表示が国土交通省の様式になるようにできるものです。普通にモデリングなどを作るのであれば早めのVer.UPする方が良いですね。

image

早速過去のデータを使ってみますと・・・・ いい!!

動きは滑らかになり、3Dデータを回転させてもスムーズになりましたね。
また大きな改善と思われるのが、Ver.2016の時は大きなデータを使っているとソフトが”フェイタルエラー”(強制終了)で保存していない作っているデータが消えていましたが、今のところVer.2017では強制終了されませんね。


国が進めているCIM(Construction Information Modeling)が、加速しているのか3DCADはどんどん進歩をしていますね。

才能

今日はちょっと思った戯言を。


通常

「才能がないやつは努力すればいい」

と言われますが、なかなかコツコツと努力をすることができない人もいますよね。


もしかして

「努力する才能がないのかも」


でも人間だれも興味を持つことには努力というかのめりこみますよね。

そんなところには”才能”に花が咲くものです。


子供が勉強が出来なければ何事にも

「この子には才能がないのだから・・・」

というのですが、”生活力”・”生きていく”才能を見つけることができれば、世の中を生きていくには全然問題ないと思いますね。


「自分のことは自分で決めなさい」とよく言われますが、

子育てには、その子が情熱を持続していける才能を見つけてやることも必要だと思いますね。

写真の印刷

地域で”写真大好き人間”でやっています「写真クラブ」。基本1カ月に1回会合で、年に6回の飲み会をやっている・・・飲酒クラブとも呼ばれそうな同好会で遊んでいます。


今年も地域の文化祭の準備で、先週末は展示する作品を我が家で印刷をしました。
もちろん一杯やりながらですけれどもね。(笑)


image_thumb


撮影会などは何度かやっていますが、印刷するための構図つくりや、明るさ調整など、パソコンの扱い方の勉強会はこの準備をするときだけなのですが、一番奥が深い部分を勉強するようになりますね。これまたみんな呑んでいるから上機嫌になるわ、こだわりの話がいっぱい飛び交いましたね。


image  image

中古の古いA1プロッター(3万円で購入)なのですが、8色インクということもあり、そこそこの色彩も出て重宝しています。今回はちょっと気合を入れた印画紙(ロール光沢紙)を買いまして、こだわりの印刷をしました。(笑)

こんなお遊びを地域の方と始めて6年。会員も11人となり日頃の写真もちょっと意識して撮るようになりましたが、なかなか奥が深いですわ。(笑)

久々の顔合わせ

この週末はオイラがメインで段取をしていた会合がありまして、無事終わりほっとしている朝です。

その会とは、公共工事で以前住んでいた集落40家が離れ離れになることが20年前に有り、”いつか集まる会をすれば・・・”と以前から言われていましたが、今年オイラが事務局になったとたんに「早くしてくれ〜、年寄りがどんどんいなくなるぞ〜」と言われ出し、この夏から本格的に準備を始めていました。


まずはあっちこっちに引っ越ししている人探しから。年寄りの人など亡くなっている方も多く、その子どもなどと連絡がつかないところが何軒かありましたが、直接訪問や電話かけで何とか50名の参加で会を行うことができました。

no title    no title

一番遠くの方は奈良から。 実はオイラも会ったこともない人でして、突然電話もするのも恐る恐るでしたね。

車いすでの参加もあり、平均年齢が高いこと・・・。進行もゆっくりと計画していましたが正解でした。

出し物として”懐かし〜いビデオ”を作成しようとここ1カ月かけてフィルム写真をデジタル化にしたり、カセットテープからDVDにするなど、結構力がいる仕事をやっていましたね。
昔の航空写真や田んぼ作業風景を20分程度×2枚にまとめて映写しましたが、涙してみてくださる人もあって、「成功したかな」という思いでしたね。

先週紹介したWii Uのマイクはこの会で使うため。有線は会場にあったのですが、年配の方は何かと立ち上がって動くには時間がかかるので、無線マイクを持っていく段取にしていました。

プロジェクターのスクリーンは”ニトリのロールカーテン”。3900円で100インチのスクリーンが手に入れれます。(笑)


で昨日は集合写真やDVDを配布できるように1日中パソコンでDVDを作成していまして、ちょいと体はだるいですね。
image
ついでに先週行われた剣道の全国大会に出場したビデオをも編集。昨夜には”督促”がありましたので作っておいてよかったですわ。

今週中からは地域の”文化祭”ならぬものの役員や、地域のお祭りの事務局をしていますので、11月初旬までは気分が重いですね。「仕事をしろよ!!」と怒られてしまいそうです。(苦笑)

恐るべしWindows Update

今日はお怒りの記事を。


今月に入りWindowsのアップデートが頻繁にあり、パソコンが動かない・再起動が長い・・・など問題というか、近年いない時間がかかるアップデートが起こっています。

もちろんWindowsパソコンを使うにあたり、どうしようもないわけだり、あとは仕事ができなくなる時間を減らせれるかだけですね。

image

日頃きっちりとアップデートをしているオイラのメインパソコンでさえ再起動時間が30分超えになってしまいました。昨日もWindows7のアップデートがきれいにできていないパソコンを整備していましたが、6時間かかってもまともにできなくなっていました。仕方がないので途中で職員さんに

「いつもきちんとアップデートをするように。または仕事が終わってもパソコンの電源をつけっぱなしで帰ってください」と、伝えて帰りました。


自発的に「windows Update」ボタンを押して最新のアップデートを探しに行っても、それ以前のアップデートがきちんとできていないと今回の大きなアップデートに引っかからないことがありますので、注意が必要です。

オイラも明日プレゼンで使うノートPCが、なかなかアップデートが強制的にできなくて、パソコンが不安定になっていましたが、今やっと大きなアップデートが始まりましたので、ほっとしています。明日本番に1時間以上も再起動がかかっていたら・・・・ぞっとしますね。


image

Windows10なんてアップデートが終わるとこんな画面が出てきました。

「なんで再インストール並みの画面が出てくるんだい!!」

と、怒っていましたが、”もしや”と思い、ディスクのクリーンアップをしてみますと・・・不要ファイル65GB!!


通常windowsファイルは20GB程度なのになんでこんな巨大な不要データを残していきやがるんだい!


そして不具合も出てきていまして、一番困るのは 

「フォルダー名の変更後に30秒動かなくなる」

Microsoftについて行くしか方法はないのですが、自分で身を守る方法として

1)いつもきっちりとWindowsのアップデートをしておく

2)PCを使わない時間(夜間など)にPCの電源を長時間入れたままにしておく

3)HDDの容量を確保するためには、”システムファイルのクリーンアップ(下絵)までの

  デスクのクリーンアップを

  (Windowsを過去に戻れなくはなります)


          image


今回は極悪なアップデートですので、注意が必要です。

Wii U マイク

3連休がありましたが、建設業界では

「気候が良いこの時期は休めるわけないじゃん」

と言われてしまいそうですが、オイラが現場監督だったときも気温も下がって体が動くこの時期は、作業員さんにもお願いして休日も出勤してもらっていた記憶がありますね。

実質、雨や雪が降り出して、工期が遅れている場合は悪天候の中でも仕事をしなければならないのですから、仕事の工程が分かっている現場監督にしか、この説明ができないのですよね。


オイラも仕事は溜まっているものの、今週末にはイベントをする責任者になっていまして、あれこれ準備に追われています。

ある会を主催をしているのですが、プロジェクターや音響設備を用意・準備していまして、司会進行用の「マイク」が無いことにに気づきましてこんなものを買ってしまいました。

「Wii U ワイヤレスマイク」    3500円

image


ゲーム機のWii 専用のマイクなのですが、ネットで調べていましたら出来るような記事があり、購入してやってみました。

まずはそのまま、USBスティックを差し込んで使ってみましたが・・・・あきまへん。

そこでマイクの設定などあれこれしました、使えるようになりましたのでその設定方法をメモしておきます。

image  

パソコンの時間が表示されている横に。このような”スピーカーのマーク”がありますのでそれを選択して、”右クリック”します。

image

するとこのような画面が出ますので、サウンドデバイスを選んで左クリックします。

image
サウンドデバイスの中を見てみますと、まずは”再生タブ”の中を見てみますといくつかのスピーカーがありますが”WUP”(Wii Uマイク)が、スピーカーに認識されていますので、右クリックして”無効化”にします。


image  

また、通常使っているスピーカーが”無効化”になっている場合もありますので、そちらのスピーカーは”有効化”にしておきます。


image

次に、”録音タブ”を選択してマイクの設定します。

マイクのアイコンの上で右クリックして下記の画面を出します。


image
”聞くタブ”を選択して 中間あたりにある

「このデバイスを聞く」 に”チェック”を入れ”適用”します。

これで設定は完了ですが、隣の”レベルタブ”でマイクの音量を調整してください。


このほかプロジェクターにHDMI接続しますと、PCのイヤホンジャックから音声が出なくなる可能性がありますので、このあたりのスピーカーの調整で、HDMIとイヤホンジャック両方から音声が出るように設定をしてください。


さて、使ってみますと・・・コンマ数秒音声が遅れて聞こえますが、まずOKでしょう。


今頃ノートパソコンにはマイク端子がついていないので、この無線マイクのも手ですね。

やっと秋ですな

今朝はやっと秋らしい朝となりました。 先日まで日中の気温が30度を超えるなど・・・もう10月でっせ!  異常ですな〜。


「秋」、と言えば彼岸花ですがこれもおかしくて、10年前ごろは10月の初旬に咲いていましたが、今年は9月中。


image
(9月末に撮影)

image



image


近年稲刈りも8月末には刈り取っている田んぼもあるぐらいですからね。どんどん季節ものが早くなっていると感じています。というか、”秋”という季節が短くて、夏→冬の気分ですかね。


気付けば地域行事が多い”秋”なんですよね。

がんばるべな。






新しいアイテム ipad

先月末は”納期期日”に追われる週になっていまして、ギリギリで・・・・間に合いませんでした。

「ギリギリで間に合わない」って変な日本語ですが、データの共同作成の仕事を受けていまして、メールでやり取りしながら仕事を進めていたものの外回りの仕事やら、夜間でのメールやり取りで時間が過ぎてしまいOUTとなってしまいました。(泣) 一人でやっている仕事は時間をかければどうにかやれますが、キャッチボール形式ではお互いの時間調整やお互いの納期も大切だと痛感させていただきました。


そんなドタバタしている中にも”遊び心”?を忘れず、武器を買ってしまいました。

image

2011年に”ipad 2”を買って早5年。ios(AppleのOS)もどんどん上がって今年でios10になり、ipad2はios9でバージョンアップも終了となりました。

それ以前に画面表示や動きが非常に重たくて、以前にみたいに外でのお仕事には使っていませんでした。でも5年使えば十分でしょう。(まずは自分を正当化!!)


今回は ipad mini4 が先月から15%ぐらい安くなりましたので、情報を入れる手段としてアイテムを増やしました。新機種が出るかなーと思っていましたが、”来年春まで出ないであろう”とオイラの”読み”で今の購入になりました。

使用した感想は・・・「軽い!」 ipad2が610gでしたが、これは300g。半分ですね。


スマホの画面サイズは16:9なのですが、ipadは4:3なので、文字を見るにも比較的楽なので、これがipadにこだわる一つの理由ですね。


この週末には測量できるアプリを入れてみました。


image   image

その場で緯度経度を座標で表示してくれる「平面直角座標」を。民間の平板測量をするときには2点の座標を調べて”真北”を決めるのに便利ですね。


そして軌跡を記録してくれる”GPSロガー”は、いろんなアプリが出ていますが今回はこれを選んでみました。

image  image

細かな設定ができる様でしたので「ZweiteGPS」を使ってみることにしました。


後日以前のように、GPS性能をテストしてみることにしましょう。
SONYスマホのAndoroidアプリ VS appleのiosアプリ

昔よりどれだけ性能が上がっているか楽しみです。

スマホの故障で気づいたこと

生活の中のちょっとした変化が、ここまで日頃の自分の生活をイライラさせていたのか。


というのも9月の前半にもう少しで1年と半年使っていたスマートフォンの調子が悪くなり、修理に出していました。症状は・・・


1)通話中画面が真っ暗になり、電話操作ができなくなる

 (相手が通話を切ってくれるまでずっと通話中になっている)

2)音声通話のボリュームを最大にしても声が小さい

 (もう片方の耳も聞こえなくなったのかと、ちと心配した)

3)位置情報(GPS)がおかしい


そこで携帯電話窓口で修理の依頼。そして3年前のスマホに交換(○通製品)されたのが、このイライラの原因でした。

仕事では音声通話以外に、パソコンのメール転送やテザリングしてノートPCを使う。そしてSNSですが、外面のタッチや文字入力画面の違いで思い通りに動かない。はたまた胸ポケットに入れていると、いつも「機内モード」になり、相手からの電話が入らないとか。

2週間がこれほど長く感じたことはなかったですね。

で、昨日やっと修理から帰って手元にきました。


image


修理内容は・・・

 1、本体基盤の交換

 2、タッチパネルの交換

 3、側面・裏蓋の交換


つまり、バッテリー以外は新品になってしまいました。

バッテリーもまだ2日間は、使えていましたので問題はないでしょう。


そして今日一日使った感想は・・・・快適!!

慣れているというか、新しいOSであるからか、新しい機種を使って過去には戻れない体になっているのでしょうね。パソコンでも一緒ですね。サクサクに慣れてしまうと、過去のとろい機種では不満が出てしまいますよね。


たわいもない投稿でしたが、今日のうれしい気持ちをブログに。(笑)

剣道の試合?

この週末は息子3号の体育祭があるということで、見にに行っていました。息子2号の学校ではPTAの役員になっていたので、グランド内でひたすら写真を撮っていましたが、ここではのんびりと見るだけなので、親同士で話をしている感じでのんびりとでした。


秋めいてきましたが、この日は天気も良くて、気温も30度に近いぐらい。日が当たるところはとても歩い日でした。


まあ多くは書いても仕方がないので変わった光景のみを。

剣道をやっている息子3号。クラブ対抗リレーならぬものがあり、この格好で走破していました。

image


見ているだけで暑そう・・・・。

image       image

普通はこの手のクラブ対抗リレーは余興・・・的な走りなのですが、ここはガチンコリレー。

袴に面もつけて走っていましたが、これが結構早いんだなー。

すり足しかしない剣道部。週明けはおそらくみんな筋肉痛でしょう。(笑)

トータルステーションを用いた出来形管理

今週もよく雨が降りまして、気温が下がってきました。夏が終わって工事現場も”本調子”になる時期ではあるのですが、この雨が災いになっているところも多くありますので、土木って本当に『自然』と直結しているな〜と感じています。


そんな現場がドタバタしているところですが、先週は予定通り現場で”プチ講習会”をやってきました。 お題は『トータルステーションを用いた出来形管理』の講習です。


工事が始まり施工計画書や工事の準備を現場職員でやっていますと、TS(トータルステーション)の設計データを作るまで手が回らない時など、うちの会社で発注データを受け取って設計データを作る仕事もしていますが、今回は

「TS自動追尾やTS出来形管理などから逃げていましたが、もうこの業務から逃げきれそうにないのでもぐらさん、設計データの作成方法から教えていただけますか?」と。

いやー、勉強されるといわれれば応援するしかないでしょう。ということで行ってきました。


image 

この『トータルステーションを用いた出来形管理』と題してありますが、レベルや巻き尺で計測している管理をこのTSでやってしまおうというものですが、当初設計断面の設計データを作ってその数値と対比して、最後は管理図が作れるもの。

でもこの設計データの取り扱いは、工事に入る前の現況横断図も職員の手で計測できるようになりますし、丁張りをかけるところから使えますので、いち早く設計データを作っておくに限ります。 

(データの作り方も工事の測量ができるように作らないといけません)


今回の講習現場はこの方法をよく知られていなくて、単純に舗装の出来形管理だけに使われることになっていましたので、水路や構造物をもう作られていました。

そこで現場でTS自動追尾で計測をしていると・・・

「このシステムってこんなに便利なものなんですね。」と体感されて感じられていました。


システムの中にはいろんな使い方ができるので、一応余すことなく説明はしましたが、あとは自分たちで練習・使用してもっと素早くできるようになられれば、工事現場でこのシステムを手放すことができなくなるでしょうね。


オイラはこのスステムを手に入れて、そろそろ7年が経ちますが、最近どんどん安くTS自動追尾が発売されており、機械の熟成がとれていまして、土木会社さんもそろそろ購入した方が良いかと。でも便利な使い方を学んでおかないと無駄銭になりますので。

でも測量方法・図面の取り扱いがどんどん変化していますので、一度この技術を学ばれた土木会社さんは強いでしょうね。

未来の土木人に?!

難関の仕事予定だった1週間が終わりほっとした週明けです。
仕事内容は・・工事の基本測量・現況3D測量×3か所・写真屋でした。

どれもこれも「オイラがこんな仕事をしても良いのか?」というものばかりですが、基本的に楽しんでやっていますのでOKでいうことで。


週中の「写真屋さん」のお仕事は、「未来の土木屋さんを求める」ため?、除雪などの道路の維持メンテをしている機械を保育所の子供たちに体験してもらうイベントの写真を撮りに行っていました。


image image
オイラが頼まれるような腕はないのですが、現場の人は段取などで忙しく「写真枚数ば必要」ということでいつもお世話になっている会社さんに行ってきました。

image

始めにお役所さんから子供たちへの話の中で

「土木の仕事を未来にしてくれる子供たちに・・・」
とありまして、土木技術者が減っているこの時期に、子供たちに少しでも「大切な仕事なんだよ〜」とか「かっこいい仕事なんだよ〜」と知ってもらうにはこれからは大切だと思いますね。


重機や除雪機などに乗ってみる体験会は良くありますが、今回のイベントの中で目玉はこれかな。


image

現場オリジナルの除雪をしているビデオ。
以前にこのビデオを見せていただいていましたが、いゃ〜、夜間仕事ながら迫力のあるビデオで、勢いよく雪をはねていくシーンなんて、「かっこいい仕事〜」と子供も見ていたのじゃないですかね。

音楽や漫画キャラクターなど巧みに使って編集されており、子供うけのする仕上がりとなっていましたが、全部現場の人が作成されたとか。 いいですね。


image  image


image    image   

写真を撮りながら子供たちに

「ヘルメット姿、かっこい〜!!」と声をかけて

「大きくなったらこんな車に乗るような土木の仕事をするかい?」

と聞くと男の子は 「いやだ〜」と言っていましたが隣の女の子は

「私、やる!」と。

今や土木の現場には女の人も活躍されていますので、この子の言葉に期待をしてみたいですね。(笑)

image  image

ネット上ですので大きく載せることはできませんが、このぐらいに拡大しても大丈夫な写真で撮影しています。


デジタルカメラ時代になり、写真枚数もたくさん撮れる時代となりましたが、だからこそ工事写真もこだわりの写真を撮りたいものですよね。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ