もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

不覚

腰もぼちぼち修復でき”遅れた仕事に集中”・・・と言いたいところですが、卒業2名、引っ越し2回、入学1人、就職1名(+車の手配)・・・と年度末ですね〜。まだ我が家には春の行事が今年も十分に残っております。


しかし成長している過程を見る時期でもあり、不安がつきまとうときでもありますが、うれしいものであります。


息子2号は地元に帰り就職。息子3号は関西に行くことになり

”大阪弁が染みついて帰ってくることを・・・”

懸念していますけど(笑)


それと先週末には12年間続けてきた剣道をいったん終了することになり、送別会をしてもらいました。


image


息子3号は3年前に剣道では歴史を持っている学校に入学して、クラブ活動をしていましたが、入部は1人でした。

上級生からはかわいがられましたが、1年の時は丁稚仕事は1人で、みんなが帰った後道場の床磨きをやって遅く帰っていました。

2年になり大きく状況が変わり、9人の下級生が誕生。

3年になった時には5人の新入部員が入り、1人で下級生14人を引っ張っていくことになりました。

先日歴代(60年分)の名簿を見せてもらいましたが、3年間1人でやり通したのは、我が息子が初めてでしたね。

もちろん親も全力疾走の日々でしたが、送別会ではみんなに讃えていただきました。


ふつうは平然としているつもりでいたオイラでしたが、最後のあいさつで・・・・声が出なくなり目の前の人にハンカチを渡してもらうことになる。


” 不覚だ〜 ”


 お礼をきちんと言えなかったこと。 話したいことが最後まで話せなかったこと。


「もう春ですね〜〜」。という言葉でこれは終了。(苦笑)


あんなこんなで3月は進んでいますが・・・

「時間が経つのが早すぎる〜」(泣)


対処として春休み中の息子3号にヘルメットをかぶせて現場で測量の手伝いをさせています。

物事の準備

一気に春めいてきましたね。昨日は防災・消防訓練でしたがポカポカ陽気で気持ちの良くできました。気づけば3月もどんどん進んでいき、地域行事や仕事でブログに手が付けれなかったのが先週でした。


昨日の防災訓練ですが、消防団として参加していましたが、住民の人に災害を知らせる方法1つにしても、もともと訓練計画は立ててあるけどみんなで集まって打合をしていると

「この地域は〇〇だからうちの団が回った方が良い」

「巡回している途中に被災者がいる場合は・・・・どちらを優先?」

「この場合の指令系統は・・・」

など、やってみていないとわからないことが結構ありましたね。


その場にならないと考えないので、避難訓練等はやっておかないとだめだなということがよくわかりました。

仕事も同じく、いろんな体験をしておかないとその場での対応が取れないので、何事にもシミュレーションしておかないとだめですね。

「もしこの書類の項目で発注者に聞かれた場合は・・・〇〇〇です。」

とすぐに言える準備をしてお役所に行ったものです。


今週も”待ったなし”竣工検査や検査準備であたふたする週になりそうです。

Trimble S7と平板ソフトの設定方法

少しずつ春めいてきて”外の仕事は気持ちいいなー”と思える反面、いまだに腰痛で思うように動けずお客さんに迷惑をかけているもぐらです。


今月になり「トータルステーションを買いたいのですけど・・」という相談も受けて今オイラが測量をしているスタイルをお話をさせていただいたりもしています。


そこで、測量屋さんや土地家屋調査士さんがよく使っている「平板ソフト」を使って現場を測量するにあたり事前に機材の準備が必要になりますので、本日は測量器メーカー”Trimble”での設定方法を記載してみます。


設定の流れをまとめますと・・・

1)測量器につける ”Bluetooth通信機” を購入する

2)測量器にBluetooth通信機を取り付ける

3)パソコンに平板ソフトを導入(福井TREND-FIELDを使用)

4)Bluetooth通信機とパソコンをペアリングさせる

5)Trimble S7 を通信モードに切り替える

6)福井TREND-FIELDを起動し、通信設定をする


となります。何分にも複雑な設定となりますが解説していきます。


1)測量器につける ”Bluetooth通信機” を購入する

2)測量器にBluetooth通信機を取り付ける

image  image


image    image


Bluetooth通信機は”USB”接続するタイプと”RC232”接続する2タイプがあります。

オイラは1人で測量をする”ロボティック”なので右側を多用しますが、両方持っています。

ちなみにRC232ケーブルはロボティックセットにケーブルはついていますが2m近くあり、持ち歩きに不便なので、50cmぐらいのを高値(3万円強)で売っていますのでそちらを購入して使っています。

3)パソコンに平板ソフトを導入

福井PCの”TREND-FIELD”は平面図を取り入れて座標系に変換していれば、逆計算をしなくても線をクリックするだけで、測量ができる優れものです。同じようにTrimble より”GUIDER ZERO”というソフトがあります。

image


4)Bluetooth通信機とパソコンをペアリングさせる


まずはパソコン(タブレットPC)のBluetoothを ”ON”にします。


image  → image


または”設定”から”デバイス”のをクリックしますと、Bluetooth の電源を入れるところがあります。

image  image


次にBluetooth通信機をペアリングさせます。


image  image

Bluetooth通信機 ”Parani-SD1000(U)”の 『Pairing』ボタンをシャーペンの先かクリップを使って長押しします。


するとBluetooth通信機機種名の下に「ペアリングの準備完了」とアイコンが現れますのでそれをクリックします。

image



「デバイスのパスコードを入力してください」という表示がでます。のでパスコードを入力します。

パソコードは標準で 1234 か、空白のまま OK で通ると思います。



image


するとペアリング済となり、接続ができました。


5)Trimble S7(S6) を通信モードに切り替える

初めて使用できるまでにキーワードはここです。ここまではオイラも自力で設定できたのですが、TREND-FIELDの設定などあらゆることを試したのですが、Trimble S7の通信できる画面があるのです。


それはこの画面です。

image


S7に標準でついているTCUソフトを起動して、タブを”TS”にしておきますと 画面の下側に「外部機器接続中」と表示されていればトータルステーション側のBluetoothの設定が完了します。

これ、今でも測量をしているときに時たまこの画面になっていなくて

「タブレットとTSがつながらん!!」

と焦ることがありますね。(笑)


6)福井TREND-FIELDを起動し、通信設定をする

最後に平板ソフトTREND-FIELDの設定を。


image  


ソフトを起動して ”観測条件設定” を開きます。

image


Trimble S7はまだ無いので、「S6、M3」を選択します。


そして先ほどペアリングしたBluetooth機器を選びます。


image


”Bluetooth設定”ボタンを押し、”デバイス新規追加”ボタンを押すとBluetooth機器の名前が表示されますので機器を選びます。

(絵は過去に機器が接続されたことがある画面です)


これでTREND-FIELDの観測をして測距ができれば 成功 です。


余談ですが、以前Trimble S6 を使っている方から問い合わせがあり、

「この機械は測距が遅いから・・・・」と言われていたのですが、早くできるモードがあります。

image   →  image


測距モードを S を T モードに変えます。 すると少し精度が悪くなるといわれていますが、違いが判りませんね。(笑)でも測距スピードが劇的に変わります。


この記事を見に来られている人は、”情報が少ないTrimble” で悩まれている方なのでしょう。私もその一人でした。(笑)


ご検討をお祈りします。

腰痛の原因

腰痛を抱えながら昨日は、息子2号の引っ越しに出かけていました。もちろんオイラは軽トラック運転手と監督業務で。


まあ、しかし2年しか住んでいないアパートですが、物があるわあるわ。それといるものといらないものを分けていないので、もう一気に箱や袋に詰めて持ち帰るとなりました。


息子1号もひどかったですけど、それに輪をかけるしまつ。あきまへんな~。でも息子1号は就職してからは変わりましたね。先日も用事があって部屋に行ってみましたが、きちんと片付けていますね。


仕事も片付けが上手の人ができるとオイラは偏見を持っています。(笑)


さて、もうしばらくこの ”腰痛” と付き合っていかなければならないのですが、今朝何となく原因が判明。

先週パソコンの椅子の高さを変更して何となく体を傾けて使っていました。それと2画面モニターに真正面に向かっていなかったことも。ちょっとでも体をひねって長時間仕事をしていますとこのようにこれまでも腰痛になっていましたので。

それと・・・・最近食べ物がおいしくて・・・おなかが。


昨日も道路の段差で車が跳ねると叫び声が出るし、くしゃみした後もうずくまるほど。


今週は食事制限とパソコンポジションを変更して、腰の軌道修正することにします。

腰痛

寒波が通り過ぎて、昼間は少しは暖かくなりました。 でも我が家周辺の道路にはところどころ雪が残っている状態ですので、スタッドレスタイヤを取り外せる時期を見極めなければなりませんね。


そう、寒波は過ぎ去りましたが、寒波が置いて帰ったものもあります。

「オイラのぎっくり腰」

2日前より朝起きたら腰に違和感が。

20歳のころ酒屋の卸店でアルバイトをしていて重たいもの(ビールケース3箱・・・)ばかりを扱っているときが最初で、年に1回はぎっくり腰になっていましたが、ここ数年調子が良かったのですが今回はひどくなってしまいました。


立ったり座ったりするのはもちろん、歩くのも大変だったのですが・・・昨日は急きょ丁張測量が入ってきまして、2週間前から「いつでも丁張を掛ける準備をしていてね」と言われていたので行きました。が、まともに中座できないのに丁張の釘を打つのに四苦八苦し、最後に


「あの山の上に数か所丁張を追加してくださいな」


と言われて雪の積もっている山に登って作業をし・・・撃沈。


こりゃあかんがな。と、行きつけの接骨院に電話かけるにも通じない。ネットで調べてみると・・・2軒とも”木曜日の午後休診”でした。

でもあきらめずに医院の前まで行ってみると電気がついていたので、中に入って先生に事情説明すると

「そんなの数秒で治るよ。でも午後休診だけど・・・まあ上がってこいや」

と言ってくださり、上がってうつぶせになって、4か所の鍼治療。


「立ってみろや。そしてあぐらをかいて座って立ってみな」


『おおおおお!」うそのように治って動けるではありませんか。

まるでオイラがロボットのように、修理されると普通に動けるようになってしまいました。


医院はこちらです。 本通り鍼灸接骨院  広島県三次市


自分は3年前より、めまいなどの治療で通っているところですが、腰痛治療は初めてですね。


いつもアスリートが来ていますね。「東北から来ました」という人もいましたし。


本日はパソコンに座りっぱなしになりそうで、ぶり返さないようにしないといけませんな。

商品保障の対応は

ここ毎日のように朝起きていたら積雪がありますね。 ほんと、今年は野原・田んぼの積雪が無くなることがありませんね。


image


今朝もこんな感じです。


image


先週もこの寒さの中”夜勤の測量”が入っていましたが、延期になり”ほっと”する週末でした。


先週中に故障したSSD。この週末はメーカーとの保証交渉で頭を悩ましていました。


image


会社は台湾。 日本代理店との話になるのかと思いきや・・・直接台湾の会社と。 まずは『言語』問題ですね。近年はネット環境で英語などを日本語に変換してくれますが、直訳してくれるので何のことやらか・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お客様各位
ADATA製品をご利用いただき、ありがとうございます。

援助が必要な場合は、RMAのプロセスに従って以下の情報を提供してください
1.両面の画像をクリアします
2.「壊れた場合は保証外です」と表示されたステッカー、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

???????


1、は両面画像なのでおそらく写真のことでしょう。

2、は.「壊れた場合は保証外です」って、壊れたのを交換等してくれるのが保証でしょう。


おかしいだろう!


何度、問い合わせても同じような回答が来て、日本語変換せずに英語のまま文字を探してみますと・・・


---------------------------------------------------

"warrenty void if broken"

--------------------------------------------------


image

  

SSD本体を探してみますと・・・同じ文字が書いてあるシールがありました。SSDの側面に。


「何度もすみませんね〜、お客様対応オペレーターさん」です。

おそらく「このシールを剥がしたら保証対象外です」という意味なんでしょう。


この写真を送りお客様オペさんに送り、故障したSSDをどこに郵送すればよいかな〜と待っていますと、送り先が・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Zhonghe District., New Taipei City 23585,Taiwan

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


てっ、送り先って台湾かい!!


どうやって送りゃいんだろう・・・お金は?

まだまだ商品保証で悩むことになりそうです。



2018/3/15 追記

2/16 郵便局より台湾へ国際スピード郵便を使用して返品しました。
   1400円也
39


3/15 ADATA より「修理しました」ということでSSDが来ました。

57

箱にも入らずクッション材に包まれて何もお断りの手紙もなしに。製造番号を見ますと以前のものと違っていますので、”商品交換”ですね。
SSDが使えればよいのですけど、メーカーですので、きちんとパッケージに入れて送ればよいと思うのですけどもね〜。結局手間と送料が持ち出しです。

ネットで買うものもそうですが、買ったお店では故障の交換などはしてくれないのが普通です。
そのあたりのリスクは持って買い物をしましょう。

不幸は突然やってくる

”不幸は突然やってくる・・・”


この言葉の通り昨日パソコンで測量計算をやっていたのですが、数日掛けてできたデータが突然読めなくなりました。

「ん、ソフトウエアのエラーか?」

とパソコンなどの再起動を掛けていたのですが、それでも治らない。もしかして〜、とデータを入れているサーバーを調べてみると・・・このように


image

HDD(ハードディスク)が壊れかけていました。

幸いにもWindows OSを入れているHDDが壊れかけていて、大事なデータが入っている2TBのHDD2個は大丈夫でした。


image  image


とりあえず、新しいHDDに古いHDDから「丸ごとコピー」をします。丸ごとコピーしますとまの新しいHDDがWindowsが入ったまま使えるようになるのです。

結果、成功。  と めでたしめでたし・・・と言いたいのですが、”機材の入れ替え”で同時進行で、中古ノートPCを買ってきてセットアップをしていました。


image


まずは動きを早くするためにHDDをSSDに交換。

Windows を入れてアップデートもきちんとして、AutoCAD 2018を入れて・・・、ライセンス認証もして・・・・・   


『あ”っ』


突然止まって、何度起動してもダメ。


元のHDDを入れたらPCは起動。つまり・・・SSDが故障


image


ここのメーカーのSSDはこれで2回目ですね。 やられました。


本日AutoCADのライセンスを戻してもらうのに、海外へチャット連絡しなければならなくなりました。昔は電話対応がありましたが。これが面倒なのですよ。


1日に2つも記憶機器が壊れるとは・・・ とほほです。

寒い

今年は寒い日が多い。

オイラが事業を始めて12年が経っていますが、冬でも1週間程度、道路が乾燥していれば、夏用タイヤに交換するのですが今年は全く替えることがないのですよね。遠方に行くことが多いので、”走り心地重視”なので替えるのです。(10分あれば交換できますので)


image


雪の量は大したことがないのですが、今朝は気温が・・・・

これです。


image


東北・北海道では序の口なのでしょうが、この地域でこれだけ気温が下がると、水まわりがやられますね。


image

先日かみさんの実家の風呂蛇口がやられました。

温度調整のところが凍って壊れて水が出っぱなしになっていました。


広島の県北は雪も多く、2mを超えたそうです。


こんな時は家の中の仕事か、南側の仕事をするべきですね。(笑)

しかし・・・明日は夜間の測量が入っていたような・・・やばい。

やおぎも

仕事で遠方に行くには朝早く出るので、「かあちゃん、弁当作って!」とはなかなか言いにくく、出先で外食することが多いです。

それもありますが、冬は暖かいものを食べたいのと、夏にはエアコンが聞いたところで昼食にしたいということが理由でもあります。 


でも、その地その地の面白い食材に出会えるのも楽しみで、できる限り「変わり種」メニューを頼みます。


そんな先週は広島の呉市に行った際に、地元のうどん屋さんに立ち寄って”おでん”を取ってびっくり。こんな食材が使ってありました。


image

白いのは大腸のですが、茶色のは 「ケンミンショー」でやっていた『広島・やおぎも』が入っていました。


”やおぎも”とは”牛の肺”ですけど、広島県内では普通に売って売っているのですよね。

我が家の周辺で売っていまして、安いので時たま買っていましたが、ちょっと癖がありますので家族のだれも食べないので、最近は買うことはありませんね。

自分はホルモン系が割と好きなので、昔はレバーなども買って料理をしていました。


最近仕事機材の入れ替えを行っていますので、ワクワクしながら仕事をしています。

建設ITガイド 2018

本日から2月に突入〜。

「もぐらさん、2月から仕事が始まりますのでよろしく〜」

といわれている現場が数件ありますが、

「まだ1月中にやっておく仕事が終わっていねーよ」というのが本音ですかね。


仕事に没頭していればできるのでしょうが、

頭の中は〜  仕事40%  趣味60%  となっていますもので。(苦笑)


ま、趣味というのが仕事の一環でもあるのですが、業務をしているとどうしても「コツコツやる」ことができなくて、「何か便利な方法がないものか〜・もっと便利なものはないか〜」

と、考えていたらExcelで計算式を作り直したり、ネットで調べごとを始めてしまい・・・時間が経ってしまうのですよね。

結果は”こつこつ”やるより早くなることが多いですけど、仕事風景を見られると「こいつ何やっているんだ!」と思われてしまうかもしれませんね。(笑)


そんな調べごとをするのが大好きなオイラなんですが、今年も今の建設業界でどのように進んでいるのかを1冊の本にまとめられているものが発行されました。


 image


建設ITガイド 2018  


Book けんせつPlaza  (ここから買いに行けます) 


以前は 「CAD&CG」 という本が毎月発行されていまして、建設業界・ソフトウェアのことがわかっていましたが、近年ではこの本ぐらいでしょうかね。


CIM だとか i-Construction なんて大きな会社がやることだって〜」

という言葉をよく聞きますが、そうじゃないんですよね。そんな「現場の本音」が書いてるところもありました。


オイラの知っている10人ぐらいの建設会社さんも、マシンコントロールバックホウを独自で買いましたし、今後を見据えている人が多くなったことは確かですね。

3次元化のメリット

仕事を突っ走ってきた1月。今週で終わりますが、年を越してもう数か月たっているような気分ですね。つまりいろんな行事や仕事があったってことですかね。


本日は本業のお話。

先週から新たな現場に入ったのですが、設計図面を見ているとおかしな図がありまして、現場の人に相談してみました。


「この赤色の擁壁。こんな絵みたいな完成にはなりませんよ。」と言うと。現場の土木担当者は「???」なので、おそらく発注者もこのことに気づいていないのかなと思いました。


image


専門職の人にしかわからないかもしれませんが白い段々が”階段”。その段々がないところは踊り場なんです。そして赤い部分が”持たれ擁壁”です。

なので説明資料として3次元のモデルを作ってみました。


image   image

階段の踊り場が有るために擁壁の正面は段々が出来てしまうのです。

別に段々になっていても「法面を守る」役目にはなるので良いのですけど、見た目がね〜。


で、この3次元モデルをipadに入れて、担当者に見せてクルクル回して見せますと・・・


「そうか、こうなるんだ。もぐらさんに言われるまでわからなかった・・」と


このまま施工しても大丈夫ですけど、発注者に事前説明はしておいた方が良いでしょうね。


3Dモデル図面を作るのは少々時間がかかりますが、測量計算の一環だと考えれば安心して現場で丁張が掛けれるようになりますね。

冬の事務所事情

「もう雪の話はいいよ〜」と言われそうですが、ダメ出しで今朝の写真を。(笑)

関東の方ではここより多く雪が降ったでしょうが、こちらはあまり積雪はないですけど、気温が+側に上がっていないのでサラサラの雪ですね。


image


実は先週から今週の中頃は「低温」が続くといわれていたので、無理やりにでも先週に外の仕事を追い込んでいましたので、今週は溜まっている内業をしてストーブを抱いて(笑)やっています。


といえどうちの事務所には精密機器が多く、”結露”が命取りになります。もちろんパソコンもですね。朝はできる限りゆっくりと部屋の温度を上げるために「エアコン」を使用。結露を取りながらです。

結露で一番にやられるのが コピー機 。 紙が濡れてくるのと、読み取りセンサー部が結露してしまうとあっという間に写りが悪くなりますね。そしてインクドラムが濡れたまま使うと破損してしまうこともありますね。


それと部屋の温度は13度設定。防寒着を着て仕事をしていますね。

ポカポカしていると仕事をせずに遊んでしまいそうなものでして。(笑)


人間もそうですけど機器も 「急激な温度差」は故障の元です。

関東は本日から、そして中国地方は明日から大寒波という冬の行事がやってきますね。

「何のんきに言ってくれるじゃないの〜」

といわれるものの、本日オイラは大雪の中測量をしていた者として”モノ言う権利”があるものです。(笑)(機械や人間もボロボロになっていました)


でも北海道という大都会で、数メートルもの雪が降っても交通機関が通常の仕事ができているっていうのもすごいですよね。やはり『備え』の違いなんでしょうね。

しかしここ中国地方では昔に比べて寒さや積雪量が減ってきているのも確かです。県北ではこの時期にはスキー場に雪がないことなんてなかったのですが、今頃は”人工降雪機頼み”なんですよね。


でも道路といえば、手厚いメンテナンスのおかげで・・・車がボディーブローを受けていますね。 

それは「道路への塩まき〜」


image


車のリアガラスにこびりついた ”塩” 。


オイラとしては、除雪はしてもらわないといけないけど、過剰な塩まきは・・・怖いですね。

しかし昔の車と違って、少々の塩ではボディーは大丈夫ですが、きちんと洗い流さないと1年で車の底はボロボロとなってしまいますね。

昔は高速道路には塩まきが当たり前でしたが、最近は一般国道・県道にも塩まきがありだして、ちょっと怖いですね。


とはいえ、事故が減ることは良いことであり、早く車をボロボロにして買い替え、日本経済を良くすることは・・・国民としての義務であろう。

しかしオイラは家に帰ったら必ず水道水を掛けて車の底を洗う行為は・・・非国民であろうか?

「育てる」から「自ら学ぶ」に変える

 なんとも抽象的なお題であるが、過去から未来にかけて『育てる』という単語の重要さには、年齢を重ねるごとに痛感するものであります。


環境を言えば我が家にも息子1号、2号、3号といるわけで、子育てというものもあれば、仕事場では若い技術者を育てながらという気持ちで、仕事をさせていただいています。

 

かみさんは保育士で「子供を育てていることはもちろんのこと、子供の親御さんを育てていくこと」の方が重要だということだそう。

 学校では一般教養や専門技術を教えていただけるけど、子育てって普通の学校に行っても教えてくれるところはないのですよね。もちろん保育の学校に行っている人は・・・保育士の人なんですよね。

 結婚して子供が出来て子供が生まれたら・・・未経験、初めての子育てが始まってしまうのですよね。


それも『待った無し!!』


でも”一人立ち”してくれるように一般的には成人までですかね〜、子育てをするものだと思います。

 でも大人になっていくにつれて「育てる」ところから「自ら学ぶ」に、子供は代わっていくものだと思います。それが早いか遅いかですね。

ついつい兄弟の中や、周りの子と比べてしまうことが多いですが、「子育て」てって、一人ひとり違うものですが、「育てる」が長い人がいるいるのは当たり前なんですけどもね。


と、まあ、会社でも「育てる」が長い人もいますが、目標は「自ら学ぶ」人に「育てる」ことにつきるものだと。


我が家の3人にも「自ら学ぶ」力をつけるようにそれぞれに”課題”を与えるようにしています。もちろんハードルは低いところから少しずつ高くしていくように。

この理論は昔からありますが、本当に自分の子供にそのことができるのか。成功するのかと。

最近・・・「これでよかったのかと」思えるようになったのでこの記事を書いてみました。


育つのが長い人には”イライラ”が付き物ですが、一言を発する声をぐっとこらえて、二言目で初めて声にする方が良いですね。言葉が柔らかくなるのと、”怒る” が ”叱る” に変化しますので。

”怒る”とイライラをぶつけるだけの言葉でしかでないけど、”叱る”は相手の未来のことを気遣う言葉が出てくるものでしょう。


でも最終目的は 『独り立ち」の人に育てることですかね。

そのためには「自ら学ぶ」人に育てるところかな〜と。

健忘症

正月明けフル稼働でやっていますが・・・脳はフル稼働にならない年齢となりました。(泣)


携帯電話って外出先でどこでも話ができ約束をすることができるけど、聞いた話をきちんと覚えて約束を守れるかっていうことは別物ですね。

1日に40件近く電話があることが多いのですが、昔ならそれなりに電話内容のことを覚えていたのですが・・・あかん。 仕事に集中しているとその日の予定を忘れてしまうようになりました。事務所ではメモに取り、パソコンの横に張り付けているのですが、出先では・・・・頭脳に頼るばかりで。


今後何か対策を取らないといけないのですが、まずは予定表に早く記載することですかね。

通常いつも持ち歩いているスマホの予定表に書き込んではいるのですが、仕事中にかかってく電話は・・・・書き込んでいなくて忘れてしまうことがあるのです。


と、いうことで自分への戒め記事でした。


 過去のブログを見ると、その当時の自分の気持ちや、仕事内容がわかるので、本日の現場の写真を。


image


やはり写真をつけておかないと、記憶がよみがえりにくいものですね。


しかし・・・ここlivedoorのブログが閉鎖したら過去12年間の日記が無くなってしまうのも心配なことである。(苦笑)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ