もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

2009年02月

ファームウエア

年度末になり工事の完成・新規工事の発注、そして会社、移動転勤が始まる時となっています。

こんな中今一番酷使されているのが・・・・・・ パソコンではないでしょうか?(笑)

人間はそれなりに
「苦し〜いよ!!」 「疲れたよ〜!!」 と声をあげて叫んでいますが、ネバーギブアップ精神のパソコンくんはなかなか声にしないものです。

しかし声(異常音)を出し始めると、早めに処置をしておかないと、使っている人の泣き声が聞こえて来ることは確かです。(笑)

と、いうのも、オイラの外付けのHDDがボイコットを始めてきました。
前の夜には 「お疲れ様!!」 とそっと電源を切ってやるのですが、昨日の朝には 
「おい!! 起きてこいよ!! 起きているのか、だったら人の話を聞けよ!!」 と、呼びかけても一切反応してくれなくなりました。

「あああああああっ、明日の完成検査の書類を入れたままなのに・・・・・・」 と、オイラが泣く羽目に。

1週間前にはBackUpを取っているのですが、この時期の1週間はでかい!! メーカーに問い合わせてもなかなか繋がらない。と、ドタバタな日でした。

何とかメーカーと話が出来、修理に取り掛かりました。

結果を申しますと、今使っているLAN タイプのHDDですが、中はOS(オペレーティングシステム)が組み込まれており、それが壊れていました。

ファームウェア (ハードウェアとソフトウェアの中間的な存在)

あまり聞くことがない人もいるでしょうが、最近のPC周辺機器にはこのさまざまなファームウエアが入れてあり、周辺機器を稼働させています。

以前書いたADSLのモデムの通信速度を速くするには、モデム内にあるファームウエアを最近のものにするだけで早くなったりもします。
先週はオイラのノートPCとバッファローの無線LANのつながりが悪かっあっため、最新のファームウエアを更新してやると、見事に治ってしまいました。

どこか調子が悪いな〜と感じたら、ファームウェアの更新をしてみるのも一つの手です。
もちろんパソコンが調子が悪いのは・・・・Windowsが壊れかけている証拠ですね。

おまけ

NTTのモデムのファームウエアはこちらから  

I・O DATA のドライバーなどは こちらから   

BUFFALO のドライバーなどは こちらから        

続きを読む

高校入試

来週から始まる高等学校の入試。 昨日は志願者数の発表がありました。

受験生を持つオイラん家では・・・・・・あまりいつもと変わらない生活となっています。(笑)

休みの日には、兄弟でゲームをして・・・・ 外出して・・・・・ 昼寝して・・・

「おまえはいつ勉強しているんだ!!!」

しかし、最近の高校受験については、中学校の内申点重視が結構あるそうですね。
広島県の合否判定基準を見ると

総合得点 = 内申点 + 学力検査点 + (面接・実技)

となっており、来週行われる入試(学力検査)の点数は、1/2 にされてしまうわけです。

つまり、中学校での生活態度や、学力試験の成果で高校入試の半分近い合否が決まっているといっても嘘ではないでしょう。

これをオイラが知ったのは昨年の夏。    遅かった〜〜! (笑)

最近は 「親と一緒の面接試験」   

これも手ごわい試験だ〜。(笑)

設計図書の照査は必要か?

毎年この時期になれば悩んでしまう、公共工事における照査のこと。

発注図面があっても、それを作る際にはきちんと照査(チェック)をしたのちに、施工しましょうという、ということになっています。

確かに、構造物を作ってしまってから「間違っていました!」となってはいけませんからね。

設計段階では木々が密集しているところや、掘ってみなければわからない土質など、施工が始まらないと、きちんとした設計図が引けない時もあります。このような場合、「契約書第18条(条件変更)」に基づいて請負者と発注者の間で変更契約手続きが行われることとなっています。

?「設計図書と工事現場の不一致、設計図書の誤診又は脱漏、予期し得ない施工条件等が認められた場合。」
?「発注者の意図による事情変更により設計図書が変更又は訂正された場合」

について、必要に応じ工期又は請負代金額を変更する必要があります。

このために請負者には「設計図書の照査」が義務付けられています。
しかし、この照査とは請負業者がどこまでするものなのか? また受け負け状態で発注者の言われるがままになっていることが無いか?
この照査が始まりだして、よく受発注者の相違があって、トラブルがあったことも記憶にあります。

以前にこんな話がありました。
「この橋梁の設計がおかしいから、施工請負業者の方で、もう一度設計をやり直してくれ!」
など、平気で言っている発注者もあったほどです。
ちょっと、橋の設計などは、生半端な知恵では出来そうもありませんよね。(笑)

しかし、照査をして、もう一度発注者の方で設計をやり変えてもらっては、工期が押し詰まってにっちもさっちも行かなくなることが多分にあり、現場代理人さんの考えににもよりますが、「協議書」にして自社による設計変更を申し立てる方が、スムーズにいくこともあります。

オイラはどっちかっていうと、後者を選び、工事を進める方を優先したつもりでしたね。

オイラのブログへ「照査」を探してきてくださる方が日に何人かいますが、あまり参考になることは書いていませんけれどね。(笑)

はっきりと設計照査のガイドラインを作られている行政もありますので参考にリンクをつけておきます。

「設計図書の照査ガイドライン」  (平成17年3月改正版) 中部地方整備局 技術管理課 

業務管理表+予算仕訳表

確定申告の時期になりましたね〜。 工事も終盤にかかっている方もいれば、新たに工事を受注して、施工計画書を作っている人もいる。  なんにしても年度末は忙しいものですよね。(笑)

本日は現場やお金を管理する資料を添付してみます。

オイラが業務内容を日々管理しているときに使用しているものですが、いろんな使い方ができるのでブログにアップしてみました。

業務管理表
業務管理表.jpg

ちょっとと変更して 予算仕訳表なども

予算仕訳表.jpg

上の年月とうちかえると自動で日々の曜日が変更されます。

この表の右側には”マスター(項目一覧)”を作っていますのでマスターを変更すればいろんなものに使うことができるでしょう。
マスター.jpg

これを項目ごとに集計するように、下には集計一覧表があります。

集計.jpg

用紙全体を表示したいのですが、文字が豆粒になってわからないので、興味がある方は下記のファイルをダウンロードして使ってみてください。


「nippou.xls」をダウンロード   Excelファイル

シートの保護などはしていませんので、好きにカスタマイズして使ってください。

またご意見や要望がありましたら右のメールでお願いします。
ご要望とあれば当方にて独自のカスタマイズも承ります。(4月以降に有料(少額)で:爆)

受注業者の8割が赤字

年度が終わりかけている中、公共工事において
「この現場は赤字になりそうだな〜」と思うような発注工事がオイラが見ていても多くなったと思われます。

本日の新聞にこのことが記載されていました。

中国新聞 「県工事受注業者の8割が赤字」
リンクが消える恐れがありますので記事を引用させていただきます。

**************
広島県が県内の建設業者を対象に実施した公共工事のコスト調査で、昨年9月までの1年半に県工事を受注した業者の8割近くが、赤字と回答していたことが17日、分かった。公共工事の減少に伴う競争激化と資材高騰が原因とみられる。

 調査は昨年10、11月、土木、都市、農林水産、総務の4局が発注した計約2700件のうち、落札率が原則90%を下回った工事を抽出し、受注した県内の250社にアンケート方式で実施した。167社から回答を得た。

 県によると、資材費や機械代などの「工事原価」と人件費などの「一般管理費」を合わせた工事価格が、請負金額を上回る「利益あり」と答えたのは 34社(20.4%)。工事原価が請負金額を上回るものの一般管理費を賄えない「経費割れ」は61社(36.5%)で、72社(43.1%)は工事原価にも届かない「原価割れ」だったとした。
**************

これは県の工事ですが、国・市町村においてもこれに近いものがあるのではと思われます。

工事原価(構造物を作るのに必要なお金)も原価割れということは、つまり人件費・外注費・資材(昨年は鉄筋・鋼材)にお金が多くかかっていることなのでしょう。
この背景には、「建設会社に技術力あったのか?」と「適正な積算価格であるか?」が課題となります。

でも一番にお金が足らなくなったときに節減する仕事内容と言えば・・・・・「安全管理」 でしょう。
発注してある工事においては、安全施設を抜いた単価で発注しているところも在り、積算金額(発注金額)が争点になる時代も来るのではとオイラは思っています。

仕事の能率を上げる

この時期のオイラの頭の中は、変更図面や完成図書の作成でいっぱいになりつつあるのですが、この仕事をはじめて数年が経ちますが、建設会社が工事を受注されてすぐにオイラに声をかけてくれることが多くなりました。
大変ありがたいことと、もっと機動力を持って速やかに業務をしてあげることを考えなければと思うようにもなりました。

”工事が終わる書類”をつくる中で、”新規工事の照査”も始めなければならず”もっと仕事の能率を上げる”ことを急がなければと考えている次第です。(笑)

工事現場でもどうすればもっと仕事の能率を上げようかと日夜考えておられるのでしょうが、目先ばかりを見ていては上がらないでしょうね。

オイラが現場所長だった時の能率を上げるために心がけていたことは、

 1、午前中に考えることをして、午後力仕事をするように1日の作業を決めておく。
 2、職員みんなでその日に終える業務を打ち合わせをしておく。
   (時間を区切って業務を行う)
 3、食後にコーヒーを一杯飲んでから昼寝、またはリラックスしておく。
 4、残業を始める前に腹ごしらえをする。
 5、残業時間は各自目標を持って行う。(各自早く終われば早く退社:付き合い残業は無)

このようなことをやっていると、いろんな職員が居まして
 「私は夜が苦手ですので、朝早く来て業務をします」
とオイラが現場に着くと事務所は暖かくなって書類をしている職員さんがいました。

各自の能力を引き出せるように仕事を進めることが、現場の能率アップにつながるのではないでしょうかね。(笑)

ユキワリイチゲ、セツブンソウ

毎年恒例となりました春の訪れの報告です。

ユキワリイチゲとセツブンソウが咲き始めました。

オイラの地域での有名というか、珍しいと遠方から訪れてこられる方がいます。
(ありがたい)

時たまこのブログを検索より訪れてくださる方もいますので、今年の報告をします。

この地域には3つの珍しい花を見ることができますので、場所も含めて掲載します。

まずは ユキワリイチゲ(雪割一華)から
 (2月上旬 〜 4月初旬)

0902140397-.jpg  0902140398-.jpg

この風景と看板を目印にどうぞ。(まるで宝さがしになってしまいますね:笑)
目印は、この先の安田パークゴルフ場ですね。

ユキワリイチゲ-.jpg  ユキワリイチゲ 1-.jpg

次には セツブンソウ
  (2月中旬 〜 4月)
この花は、ユキワリイチゲの対面の山側に咲いています。

0902140409-.jpg  0902140403-.jpg

セツブンソウ-.jpg  セツブンソウ 1-.jpg

もうひとつ カタクリ
  (3月 〜 4月上旬)

0902140410-.jpg  0902140411-.jpg

この花は今はまだ咲いていませんが、時期によってはこの3つの花を見ることができます。

でもユキワリイチゲとセツブンソウは、とても小さくて来て見られても
「どこに咲いているんだ?」 と探される方もいると思いますよ(笑)
このように写真を拡大しているから、しっかりと見れるのです。 おそらく全国的に生殖しているものの、小さすぎて気がつかれていないだけなのかも知れませんね。
 

   ユキワリイチゲ   三次市吉舎町安田

AutoCadファイルを携帯電話で取り扱うには

最近ちっちゃなパソコンが家電で売られているのをよく見かけますよね。

インターネット加入でパソコンは100円!! と張り紙がされていればついつい見入ってしまいますよね。

「こんな小さなパソコンがあれば、外交するときにも便利だな〜、それとインターネットができればもっと便利かな〜」と考えてしまいますね。
オイラも外出しているときにデータを送りたいことがいつもあります。

現場によってはインターネットを接続していない現場事務所などもありまして、このご時世ですから、発注者から
「ちょっと〇〇箇所の図面を送ってくれませんか?」 と言われたりもするでしょう。

そんな方に携帯電話から図面データが送れます ので、紹介します。

※オイラは”docomo携帯”ですので、他社・機種によっては操作が違うことがあります。
  機種はP704(2年前の機種)です。

  携帯 1.jpg

まずパソコンから携帯電話のmicroSDカードにデータを入れる手順から行きます。

    Autocadファイル.jpg

microSDカード内のOTHER”AutoCadファイル 横断図”をコピーします。
  ※OTHERフォルダが無い人は、一度パソコンからデータを送って、受信したデータをフォルダに保存してみてください。
  OTHERフォルダではなく違うフォルダに保存されるようであれば、そちらにコピーしてください。

microSDカードを携帯電話に入れ替えまして、”メールの添付ファイル”の時に先ほどの”OTHER=そのた”フォルダに行き先ほどの”横断図”を選択します。


携帯 2.jpg  携帯 3.jpg

するとこのように通常写真を添付する手順と同じにAutoCadデータが添付され送信されます。

   メール送信.jpg

   メール受信.jpg

すると、パソコンのメールにデータがやってきました。
このほかにもExcel,Word,圧縮ファイルなど携帯電話で取り扱えないものでも送ることができます。
やはり注意したいことは、容量ですね。通信速度が遅い+携帯パケット料金が加算される で、料金に気を付けてください。

もちろんパソコンから携帯電話へもデータ送信ができますので、会社から携帯電話に送ってもらって事務所で開いて見ることもできるでしょう。
(最近の携帯電話はExcel,Word,PDFは直接見ることもできますね)

これでインターネット環境がないところでも携帯電話があれば、そこそこ便利にデータ送信ができます。  お試しを!!

可変ガードレール

先日道路を歩いているとこんなガードレールを発見。

   変動ガードレール.jpg

下のボルトで高さ調節ができるようになっています。

なにゆえこんなものが付いているのかわかりませんが、便利はよさそうですね。

でも今頃も使ってもよいのか、オイラは勉強不足です。(笑)

お客様へのお願い

先日買い物に出かけて定食屋に入って食べたとき、こんなものがテーブルの上に置いてありました。

   店の謎の表示

上の4つについてはよくある説明ですが、5つ目の注意書きに思わず目がとまってしまいました。

  骨・石がある事がございます。

 骨! ま、たぶん魚のことを言っているのでしょう。でもここまで書く?(笑)
問題はその次。 
 石!  料理の中から石が出てくる?

農家をやっているオイラは”おそらくここからかかな?”と予想しました。

実際に体験はできませんでしたが、今後当たらないことを祈ります。(笑)



どんなものを使っているの?

先週末にFierfox の話を書きましたが、さて、ブラウザは何が一番多く使われているのか疑問に上がりますよね。 そこでオイラはアクセス解析をこのブログにつけていますので
「もぐらくんブログに来る人は何を使っているの?」を記載しましょう。

解析結果は先週の水曜日のものです。

まずはブラウザから行ってみましょう。

   ブラウザ.jpg

やっぱり最初から備え付けのIE(インターネットエクスプローラー)が多いですね。
オイラが知らないブラウザもあります。(笑)

次にどんな画面を使っているか?

   スクリーン.jpg
少しずつワイド画面を使っている人が多くなっていますね。

最後にOSです。

  OS.jpg

圧倒的にXPが多いです。
最近オイラもVista機種を買いましたが、何とも使えないソフトが今のところ5つも判明しました。とりあえずはインスールできるものの、使っている途中にエラーが出たり、CADでSXF保存ができなかったり、全く起動しないものなどVistaのまま使うとすれば専門ソフトを導入して多額いることが判明。今XPにしようか悩んでいるところです。

これを結果を見た人で
「どうやって調べたの? 気持ち悪い〜、 ストーカー?」 などとは思わないように!
Livedoorのブログでは、有料版にすれば自動的についているのです。 もちろん見てくださる人のことは一切わかりませんので安心して見に来てください。

もうひとつ便利なものは、検索サイトからどんなキーワードでこのブログにやってきたかわかりますが本日は時間切れということで。(笑)

Fierfox(ファイヤーフォックス)

本日はおじさんのらしくない情報です。(笑)

友達のところに行ってパソコンを覗いてみると、オイラと同じブラウザを使っていました。

Fierfox  (ファイヤーフォックス)です。 

オイラも建ブロ会のメンバーさんに勧められて Internet Explorer から転向しました。
確かに軽くて通信速度の遅いオイラの事務所でも、IEより半分ぐらいの時間で表示されます。

使い方はIEとほとんど同じですが、”かるい!”が楽ですね。

そんなFierfoxですが、いろいろとカスタマイズ出来、自分の好きな形にかえれるのも人気の秘密でもあります。

では、友達のところでちょっとかわいいものを見つけてきたのです。

   フォクすけ.jpg  名前は フォクすけ だそうです。

カスタマイズすると、ツールバーの辺りにもこのフォクすけが出てきます。
ここからダウンロードできます。
いろんなものがたくさんありますよ。

   フォクすけ(座).jpg       フォクすけ(走).jpg

通常は左のフォクすけですが、ページを開いている時間は右のように走り出します。(笑)

オイラのところは通信速度が遅いので、比較的長い時間走っています。(笑)

最低価格の決定を

最近電話越しで建設業者の方や、コンサルタント会社の方とお話をする中で、
「良い話題は無いですよね〜」 と、締めの言葉は大体決まっています。(笑)

確かに公共工事と言えば各地方の入札状況は、低入札および最低価格が占めており、会社を維持する価格にはなっていません。
昨夜の話でも
「もっと会社がつぶれると思っていたのですが、現状維持をしていますね〜」
と話をしていますと
「会社はあるけれど、中身は・・・・ボロボロですよ。6人ぐらいいた会社でも今は2人とか、会社の名前が残っていても実際に稼働できる人数はしれています」

つまり雇い入れている人の削減が多くなっているようです。

建設工事の場合資材購入のために最低価格が決められており、低入札するにも限度がありますが、設計業務などはほとんど最低価格が決められていないので ひどい時には30%まで落札率が落ちる時もあります。 

いくら業者が「この単価でできます」と言っても、実際は無理があるに決まっています。会社の身をそぎ落として公共工事の仕事をしているのです。

お金が少ない = 人件費をかけれない = 設計のチェックが出来ていない

となることは当たり前でしょう。

しかし発注者にこのような設計を出しても特殊な設計ソフト・取扱ができないので間違ったまま、建設工事に発注されるという、悪循環が進んでいます。

そのため施工会社に 「照査は必ずやるように」 と決められています。

ちょっと愚痴が多くなりましたが、結論を申しますと 『設計業務にも最低価格をつける』 が、オイラのお勧めです。

工程は大切

仕事で忙しい〜と言いながらでも、学校役員の仕事はやらなければならないものです。
昨夜も市内のPTA役員をしている関係で、役員会に参加してきました。

今回の議題は時期の役員体制+PTAのイベント役員の体制でした。

オイラの住んでいる地で来年は広島県PTA大会が行われ、2年後には全国大会が行われることに決まっています。
そのためにはこの春より活動を始めなければならないのですが、その体制がまだはっきりと決まっていないのが現状です。

さて、こんな学校行事でも工程をきちんと考えていいかなければ、後々に大変になってきます。
最初は大まかな工程を考え、それに修飾して綿密な計画を書かなければ進まないと思います。

しかし、昨年行った行事では綿密な工程ができたのは・・・・2日前(笑)
大変だったことには変わりはないのですが、周りの人が不安に感じるものです。


それ以上に公共工事では工程が大切。
行事・イベントなどはその場の思いつきでも成功することができますが、建設工事はその場でできるものではありませんよね。
そろそろ逆算工程を作られている現場もあろうかと思いますが、そんな時には作業班・仕事内容がよくわかるネットワーク工程表がお勧めです。

オイラも年度末に向けた仕事手順の工程表に着手しなければなりませんね。(笑)

瀬戸内海の船

昨日は久々に海のある地方に仕事に行ってきました。
真面目?に仕事をしていると一隻の船が往来してきたのを見ると、どこかで見たような・・・

一緒に仕事をしていた人が
「あれ映画「海猿」にでていた海上保安庁の巡視船と同じ様な船だよ」 と。

   巡視船 PL21.jpg

とりあえず、写真を。

帰って調べてみると 巡視船「こじま」でしたね。
手前の木が浮かんでいるのが、「カキいかだ」。いろんな障害物の中を大きな船が往来しているのを見るといつかぶつかってしまいそうですね。(笑)

これを見ていたところは、ダイナマイトや自衛隊のミサイルを作っているところからでした。(笑)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ