新規道路を原則凍結。 と、政府の発表がありました。

来年度の予算も減っているのですが、その中には高速道路の無料かにかかるお金も入っているということは・・・・工事にかかわるお金はもっと減っていることになりますね。
建設業界には大変な時が来る見通しとなって来ましたが、反対に”追い風”となっていく会社もあるわけなんですが・・・・(うらやましい?)

しかし、今回最大の問題は・・・

これまでに例の無い ”大借金を国民にする” 所でしょう。
税金でいろいろな省庁に予算が付くのは良いけれど、肝心の税金が入って来なくなるところ。

これまでは高速道路などからの収入で、工事を行った借金を返還していたのですが、これが全くなくなる。その上出費ばかり計上をしていかなくてはならない。
と、報道ではよくここまでは言われていますが、さて、今の高速道路の多額の借金は誰が支払うの?

無料化になるところと、有料のままの高速道路がお目見えするらしいですが、どうなることか?

政治の中身がよくわからないオイラがこんなところで、つぶやいてていても仕方がないので本日はこれまでで。