今週は現場の照査、測量の準備、電子納品といろいろな業務が入っていました。
そこで遠方へ工事完成時の電子納品データを引き取りに行った際に、別現場の人に
「これから始まる現場の平面図を早急に作って欲しい・・・」
といわれ、「早く言っていただければ測量機を持ってきたのに・・・・」と、悔やまれましたがとりあえず簡単なものでもいいから〜 と頼まれまして緊急に平面図作成の仕事になりました。

ではオイラが行った簡易な図面の作成方法を。
1、携帯電話でノートパソコンをテザリングでネットにつなぎぐ
          ↓
2、工事現場付近のgoogleの地図+航空写真を表示して画面コピー
          ↓
AdobeのPhotoshopにその画像を張り付けて一つの写真に変換
image
        ↓
その画像をCADに張り付ける
(このままでは縮尺が分かりません)
image
        ↓
現場に行って現場踏査(写真撮影・ちょっとしたメジャー計測)
        ↓
ipadを使い航空写真で良く見えるところでGPS機能を使って座標値を数か所計測
地図コンパス(19座標系) というアプリです。すぐに緯度経度を座標値にしてくれます)
__
          ↓
ノートPCのところへ帰ってその座標値をCADにプロット
image
          ↓
ipadによる座標値のところへ航空写真の縮尺・方向を合わせて配置
          ↓
計画図面を張り付け、写真と航空写真でトレース
image 
          ↓
image
       ↓
     完  成

という手順でした。工事を行うところ以外は”他人への図面の分かりやすさ”を作る程度ですので、この程度でも 大丈夫と思います。
実質この作業2時間ぐらいです。

ここで一つ注意がありますが、GPS機能を使っても衛星の補足しだいで大きくずれることもあります。
またGoogleの写真ですが、写真のつなぎ部分になりますと、現況と大きくずれる部分がありますので注意が必要です。

最近のメカや環境はびっくりするぐらい便利となりました。でも、技術者は大変だ!(笑)