以前に何度か「来年Windows XPのサポートが終了します」と記事にしていましたが、Office2003も一緒でした。

image

Office2003については、ツールバーがリボン形式に変わる「Office2007がいやだー」と駄々をこねている人もいるようで、実はオイラもその一人でした。
でもお客さんのサポートをしているとこのExcelのリボン形式での質問も来るようになって、2007を購入しました。
やはり最初は戸惑いましたね。今まで使っていたアイコンやメニューバーが見当たらないということが。
でもやはり”慣れ”が一番。時間とともに克服していきました。

以前も書きましたが
「これからあなたは何年パソコンを使いますか?」
と題して、いつかは新しいものに切り替えていかなければならないのであれば、周りがある程度ソフトを切り替えた際に一緒に切り替えていく方が、結果的に仕事効率が上がることもあるでしょう。

昨日オイラがよく行っているパソコンショップに寄ってWindows8の話をしたのですが、ちょっと間違った認識をされていましたね。
オイラがWindows8の32bitを導入していますが、Windows7の32bitではインストール・動作しなかった古いソフトも8ではなんとか動いています。
でもお店の人は「Windows8はダメだよ」否定。 自分が実証した話をしますと、「実際はそうなんだ〜」と再認識されていました。

そこでこれから会社などで新しいOSなどを導入される際には、1台テストをしてそれから社員に新しいものを配る方が賢明かと。
社員の戸惑い = 仕事効率が落ちる = 会社への不信
となることでしょう。
新しいことには何事もリスクが付きもの。
「本日の作業 : 新しいパソコンの導入」 それに対するリスクアセスメントは・・・・・・てな感じで現場の人はリスク予期に慣れているのでは?(笑)