先週は出かけることが多かった週でしたが、週末最後は楽しみにしていたイベントに行ってきました。
大学の先生退職記念祝賀会なるものでして、まずは同期の人と会えるかも、という楽しみのほうが大きかったですね。

-20130601_2689     -20130601_2703

ちょっと早めに着いたので企画された先生と話をし、受付の手伝いをしていました。
この大学の土木科の1期生から最近卒業35期生(ぐらい)した生徒まで150人。 口コミでまわされたこのイベントでしたが、結構多く来ていたかなという感想です。
受付で勤め先を記入してもらっていましたが、しっかりと土木関連で活躍されている人ばかりでした。

早めに行かないと先生と話ができないなーと思って、友達には「早めに行こうな!」と連絡したのに・・・・
来たのは開演15分前。
「いやーみんなと集まったのでもう、一杯やってきてしまったわい!」だとさ。(笑)

開演して大体同期生の人でテーブルを囲む形となりましたが、卒業して初めて顔を合わせる人もいました。
宴が進むにつれて周りのテーブルにも同期がいないか検索結果、150人中12人が参加していました。

-20130601_2707

先生のおはなしに、
「昨年からこの大学では土木科の課程が無くなました。最近土木業が悪名とされていましたのでね。」とありました。
たしかに数年前からそのように報道が続いていましたのでね。若者が土木への関心が少なくなったのは確かでしょう。
しかし話の中で
「これからもこの国土では災害や土木整備は続きます。あなたたちの活躍の場はまだまだ増えてくるでしょ!」と胆に銘じる言葉をいただきました。

同期と話をしていると、「今度は同期だけの同窓会をやろうじゃないか」という案が出てきまして、なぜかオイラが幹事にと。
まあ、ここにいる人たちと話を進めていくことになり、それぞれの住所と電話番号を手帳に記入してもらいました。

人とのつながりを作るのも学校の良さでもあり、先輩後輩と頼れるところがあるのだと考えると、とてもうれしくなりましたね。

同期の仲間。仕事での仲間とはちょっと違ったもので、若き頃の暴走気味な気分となりましたわ。(笑)