今週初めは自分の勉強のため、関西方面へ行ってきました。というのは京都の知り合いの会社”京都サンダー株式会社”さんが『京都建設技術フェア』を開催されましたので、お願いしてセミナーを聞かせていただきました。
以前は年に1度行われていたCALS MESSE(東京)で最新の技術などを勉強をしていましたが、数年前に終了してこの手の催し物に行っていませんでした。

京都建設技術フェア  

-20130611_4005        -20130611_4004 

大阪へは結構行っているのですが、京都は・・・・・30年ぶりですかね、訪れたのは。

-20130611_4007 -20130611_4015
      
建設業に関係した会社さんの展示、その奥には講習会会場が設営してありました。
-20130611_4012 -20130611_4010

-20130611_4018
現場管理に便利なソフトウェアや測量・印刷機械などなど。このような展示会場に行って直接話が聞けるのはとてもありがたいことです。
印刷機でも最近は3次元プリンターもお目見えしており、3D化の加速が早くなりましたね。

-20130611_4020 -20130611_4028

CPDSの講習を兼ねたこのセミナー。参加申し込みが数百人となっており、数回に分けての講習でしたね。
オイラは・・・・ちゃっかりと”来賓席”という場所を確保していただきじっくりと話を聞かせていただきました。
(右写真は建設ITワールドの運営者 家入龍太氏)
土木業界での始まっているCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の話も聞け土木がこれからどのように変わって行くか聞けました。

午後の部の4人の講師は、みな知り合い。でも新しい技術や勉強になることを話をしてくださるので、とても勉強になりました。

今回主催された”京都サンダー株式会社”さんの社長は若い女性の方。これだけのイベントを成功させるとすごいですね。スタッフも半分以上女性の方が切り盛りして、会場の中にも女性らしい気の使った施設が見え、来場して来られる方の”おもてなし”ができていました。

当日の夜は建設ブロガーの会(ミニ)で、懇親会を開き、数人のメンバーと建設業関連で活躍されている人たちが集まり、良い交流も取れました。(これがメインだったりして?(笑))

今月末には九州で講演しますので、あたらしいお話もできると思います。