子育てをしている親として、以前から「子育てと部下を育てるのは同じ感じ」ということを意識していました。
子供が小さかったころは、こっちがいくら「○○○をしちゃダメだよ!」と言ってもやってしまうことがほとんど。
無理に言い聞かせてもダメだな〜ということが分かり、職場の新人部下もこれと同じことがあるよなーと思っていました。

子育てとは「子供により多くの体験をさせてやれるか」が、決め手だと思う。
もちろん”勉強”も知らなかったことを体験することになりますよね。
その体験方法には2種類あり、「体を動かしただけの体験」、「五感を使った体験」がある。
意識を集中して体験することを”五感”という表現にしていますが、「質の良い体験」が大切ですね。

我が家も3人の子供も大人気になりだし、親離れ、子離れが進んできています。
子育てした後には何があるか。
はやり一人立ち出来る人になることが一番だと思う。

よく現場で若い子を叱っている上司が
「おまえは学習能力があるのか!」と叫んでいることを良く耳にします。
仕事を若い子にさせていても、きちんと質の良い教え方をしていたかが気になるところです。
昔の職場では、呑んだときに若い子に言い聞かせや、職場で話せないことを聞いたりもしていたものです。

子育ては時間のかかるもの。 じっくりと育てれば楽をするのは自分となるわけです。

「今でしょ!」といかにも急かした言葉がはやっていますが、オイラは嫌いですね。(笑)