突然ですが、昨日から本格的な夏といいますか異常な夏がスタートしましたね。
昼過ぎには外の温度計は38度を指しているではありませんか。
自分の体温より高いとは・・・ついでに体の脂を溶かしてくれれば幸いなのですけど。(笑)

昨日のお仕事の話として
「国の仕事を落札したけど、どのように進めていけばいいですかね〜」と、コンサルタント会社さんからの問い合わせがあり、仕様書も全く見ていないのですが電話で話をしていました。
この会社さんとは持ちつ持たれつと言いますか、施工系のオイラはコンサルタント(測量・設計)の話を聞けるところとしてとてもありがたいところです。
反対に土木施工に関する書類などは、オイラへの問い合わせなどがあります。
なので最近はオイラも土木施工だけでなく、測量や設計などにもより新しい情報を入れることが出来て少し楽になりましたね。

結局現場を見に行ってうちの事務所に立ち寄られたのですが、話は今回の仕事だけでなくなり会社のシステムや便利な現場管理のやり方などオイラもついつい講習会のように話を始めてしまい昼飯も食べずに2時間講話?してしまいました。
以前電話で「スマートフォンを利用した測量」を話をしていましたが、新たな機材を買うのでなく、スマートフォンで兼用しているとか。

最近何でもかんでもスマートフォンで出来るようになり、「自動追尾のTS。あれもスマートフォンで使えるようになればいいのに・・・・」と。
記録や操作などこれ一個で済んでしまいそうですね。もちろん平板も出来るでしょうし。
基本無線LANでの接続ができるので、もしかするとメーカーさんはもうアプリなどを作られているかもしれませんね。(機材が売れなくなるからダメかな?(笑))

話の中で会社内のPCシステムについて
「うちのIT担当者のレベルはいかなものか?」と。
日本の某大手電機メーカーさんが数年前に期日までにシステムを完成できなかったことがありました。
コメントには
「期日までに間に合わないので1000人もの人間を増員して・・・・」
との談話がありましたがIT技術・先見の目が無い人が何千人もかかっても、スーパーIT技術を持つ人が1人いる方が結果素晴らしいシステムが作れることでしょう。
(余談:昔の会社でこの某大手電機メーカーに2億円のシステムを作ってもらいましたが全くダメダメでした:泣)

外注費を抑えて社内の技術力だけでなく、知恵をもらえる良い会社と付き合った方が賢明と思いますね。

結論から言うと昔も今も良い情報を持てる人が強いということですね。