昨日は土木施工監理技術者講習会に参加していました。
この講習会は5年に1回。土木技術試験を受かっても、数年後には土木技術も大きく変わるので講習会を行っている。が、うたい文句なのです。

数年前に民主党政権になった際に、
「このような講習会は不要でしょう。検討の余地あり。」
と一度はこの講習会は、閉鎖する向きになっていたのは確かでしょう。

2013-10-31 08.47.36


でも今も継続されているということは、「自民党に成ったから」ではなく、「再検討した結果必要」と成ったと思いたいものです。

数十年前に「土木一級を受かった。オレは資格者なんだ!」では、今の世の中で仕事はできませんね。
15年前にはまだパソコンすら現場に設置されていることは珍しかったんですからね。時代は進化していますから。

で、講習を受けた感想をいいますと・・・知っていることが大半でしたが、再認識で良かったですね。
それよりも今回の講師の方の話し方が良かったですね。興味のわくようにちらほら役所での裏話も。
講師の勉強になりました。