めっきり涼しくなり秋だなーと思いますが、ふと考えると「まだ8月じゃん」。

この辺りは近年8/25頃から学校が始まっていますので、この月末は普通の2学期となっています。


先週は9月に車検が切れる車があるので、事前に悪いところが無いか見積もってもらっていましたが、いつもとちょっと違うところで見てもらっていたのですが、なんと車検費用を見てびっくりです。
 

image

20万円!!


ちょっとまてい。 店頭では 「車検は8万円ぐらいですね。でも修理個所があればそれに加算されます」と言われたがどこを修理したらこんな値段になっているのか?
 

image


中身を見てみると・・・シリンダーヘッドガスケット更換?

エンジンのガスケットが抜けているだと・・・?

これでもオイラは自動車修理工場でアルバイトをしていたことがありましたのでエンジンをばらしたことが何度かあり、ここが壊れるってことはよほどのこと。そしてエンジンオイルに水が入ったり、ラジエター内が汚れたりするはずなのですが、そんなことは一切無い。


そしてお店に電話をして、この見積もりの訳を聞くと

 店  「シリンダーガスケットのあたりでオイルがにじんでいましたので交換しないと車検に通らないので」

 もぐら「オイルはカムヘッドのパッキンからオイルがにじんでいるだけでしょ」

 店  「いえシリンダーガスケットです。」


まあ、いいや次の質問をしてみよう。

 もぐら「でもオイルがにじんでいるだけは、車検には問題ないですよね」

 店  「いえ、整備不良でだめです。」

 もぐら「油が地面に滴ることがないのですからも大丈夫ですよね」

 店  「交換しないと車検に受かりません」

 店  「ところで9/1には車検出される予約ができていますので車を持ってきてください」

 もぐら「ちょっとまてい。見積もりで決めるはずだったでしょ・・・」


と、いうわけでこのお店とは決裂してしまいました。


だいたい、ワイパーゴムも自分で整備して持って行ったのに、なんで全部新品に交換しないといけないのか?

安い車検費を看板にして、修理で値段を上がるパターンなのかもしれませんね。車のことよくわからない人は、このまま車検を受けてしまうでしょう。


オイラは大手のディーラーさんでも車検を出すこともありますが、見積もりを作ってもらい、修理しない箇所は見積もり内容は抜いてもらってから車検を受けるようにしています。(これが大事なんですね)

しかしこの世の中 「知らなければ損する仕組み」になっていますね。

でも、車の維持費と携帯電話代は高いですわ。