本日はCIM(Construction Information Modeling)の講習会に出かけてきます。

3次元モデルを使った公共工事がそろそろ始まりますので、どんな形で進んでいくのか?

勉強してきます。

image


便利なものは自然と広まってくるものですが、”統一”という観念では誰かがかじ取りをしないと揃いません。2次元CADでも国の統一フォーマットが決められていたからこそ今のようにCAD図面が流通するようになったものです。


さて、今回の3Dはソフトメーカーさんがいろいろと提案や工事現場の3Dモデルの活用を試行錯誤した結果をもとに、どんな仕様のフォーマットが必要なのか調査されているそうです。


勉強の結果をまた報告します。