最近3DCADの仕事が多くなっています。

土木・建築屋さんは昔から頭の中は3Dになっているから建設物が立体になっているわけで、2D図面を見ても立派に物を作ることができるのです。


さて、2016/1/22に国土交通省と日本建設業連合会が連携し、

「i−Construction」 の推進が始まったと情報が出ていました。

何のことかわかりにくいかもしれませんが、建築はBIM、土木はCIMという情報通信技術を活用をして建設業の生産性向上を進めることが発表されました。

数年前からこのことは言われておりましたが、役所も交えて進む意向になりました。


本日もいろんな業者の方々とお話することができましたが、

「3次元モデルって完成予想を絵にして見るだけだし、そのデータを作るのにハードルが高いよね」と、言われる人もいました。

最新の技術=3次元 と思いがちなのですが、それを”見る”だけでなく今からは”施工に用いてコストを落とす”取り組みになるわけです。

「えっ?、3次元の完成した絵を作ると安く工事ができるの?」

と突っ込みが入ると思いますが、オイラは”出来る”と踏んでいます。


全部をここで書くには大変なので今後はオイラが3D活用で仕事が早い=安くできることを書いて行けるようにしたいと思います。

事務側より


活用の一部分ですが、本日は人工衛星(GPS/GNSS)を使用してバックホウを動かす(位置表示)する3Dデータを納品しましたが、築堤盛土において丁張を設置することがいらなくなり、仕事の効率がどれだけ上がるか?ですね。

器械やシステムを導入することにあたりコストが増える分、作業効率が上がることで導入コストが落とせるかです。


もっといろいろな活用ができてくるので、これからの土木は楽しみですね。