『形あるものは壊れる』


子育てをしていたり家族が多いと、どうしてもワンボックスが必要であり、我が家でも乗っています。でも新車は高いので中古で賄っていますが、とうとうこれも寿命というものが来てしまいました。


image


さかのぼること6年前。我が家の子育て計画では


「息子3号が高校を卒業するまでは大きなワンボックスがいる。あと7年乗れれば良いのだから新車を買わずに中古で行こう。」


というオイラの計画で、年間1万キロしか走らない我が家のワンボックス事情なので、

 10万キロオーバーの車を買っても、7年乗っても17万キロ。

近年のは少々じゃエンジンは壊れないし足回りは直せるしこれで行こう。と6年前に7年落ちの11万キロのワンボックスを格安で購入しました。中古車って10万キロを超えると一気に安くなっていますのでそこを狙い目にですね。


この車は車内が広くて人も8人載せれる。なかなかよく走ってくれていました。


でもこの車はこの1年の間に 「鹿と激突」 「側面アタック」など数々の難関を超え復旧してきましたが、先月エンジンオイル交換に行ってみると店員さんに

「エンジンオイルですが、ゲージの一番下まで減っていましたよ」と。
なんとオイルを食い始めていたのです。エンジン内の確認のためオイルを注ぐキャップ裏を見てみると・・・スラッジ(汚れ)がすごくついている・・・。それも焦げた感じのスラッジが。


あかん!!


それからオイルの減り具合を確認していたら・・2000kmでオイル1Lが減ることが判明。

12月車検。 あと2年ぐらいオイルと継ぎ足しながらなんとか乗れるでしょうが、これから1年間は息子3号のクラブ遠征で大阪、高知、熊本にこの車を使うことになるため、不安要素が付きまとうためこの車をあきらめることにしました。


6年前のオイラの計画。1年を残して・・・・散る。 (泣)