昨日は予定していたことがキャンセルになり、チョット車を走らせて、三原市で行われています三原神明市に行ってみました。


テレビでは何度か”大きなだるまがある市”として見たことがありますが、どんな祭りなのか?と中身は全く知りませんでした。


結構遠方の駐車場に停めて歩いて祭りがあろうと思われる方向に歩いていきました。実は全く調べずに来たので、人が歩いていく方向に一緒についていくのみで。(笑)


で、三原駅裏の通りに着きますと・・・ おおお、。、。


image

多い・・・。これでも露店通りの1/3の距離から撮影です。 帰ってこの祭りのHPを見ますと、約500もの露店が並んでいるのですよね。多いはずです。

image


ずっと進んでいく先には大きなだるま。もともとは「だるまくじ」なるものの販売目印に作られたものらしいのですが、今は一番目立っていますね。でも、このだるまくじなるものがあったことを知るのも帰ってから。引かずに帰ってしまいました・・・。

image  image
約1kmの距離の往復ですが、この人ごみの中なので非常にくたびれましたね。

image

土木的なことといえば、三原には新幹線の駅がありますが、この三原駅はお城の石垣の上に建設されています。以前テレビでも紹介されていますが、”史跡を・・・”の状態ですね。
でもこの街にはあちこちに民家・ビルと石垣が融合しているところがあり、尾道に次にこの街も散策してみるのも良いですね。