いよいよ3月になり、卒業や入学・就職準備、配属移動や引っ越しを何かと心忙しい月となってしまいました。昔はどっぷりと公共工事に浸っていたころは、恐怖の3月でしたね。何かと竣工検査が毎年やってきて不眠不休の月でそれを過ぎる4月には・・・大風邪をひいて咳き込んでいましたね。(苦笑)

さて、現場が忙しくなる時なのですが、昨日は現場からこんな電話があり行ってきました。

「パソコンのネットワークで、ファイル共有していたのができなくなりました!」と。

現場は4人で4台の個人使用パソコン。1つはファイル共有占用のパソコンです。

この現場はもう半年問題なしに使用できていましたが、昨日から急に共有が使えなくなったのです。


現場事務所に行って、配線やパソコンの共有設定をチェックしてみましたが、問題は無し。

あれこれ調べてみますと、共有占用パソコンにアップデートやJavaのインストールができていないファイルがあり、アップデートをしてみますと、1台のパソコンが共有に入れるようになりました。


image

もしやと思い、各パソコンを調べてみますと、どれも同じようなアップデートが10~20個できていませんでした。

それをきっちりしてみますと・・・すべて共有パソコンに入れるようになりました。


原因はパソコンのセキュリティーなどのアップデートの相違で、ネットワークがおかしくなっていたようです。


どれも自動アップデートの設定になっていましたが、何かのタイミングでアップデートできていないファイルがあったのでしょう。


教訓は、『時には手動でアップデートを行ってみましょう』