最近ある土木工事の測量をさせていただいているのですが、初めての業務ということもあるのかもしれないのですが、今持っている機材では非常に効率が悪い・・・というか、専門分野なのでオイラがついて行けてないだけなのかわからないのですけども・・・。


誰もですが、「問題に突き当たる」ことで、悩み考えて、良い方法が考えだされるものです。

問題に突き当たる回数が多い人ほど、いろんな知恵を手に入れることが多いと思います。もちろん人から知恵を聞くだけでも進歩しますが、やはり自分で問題解決していったときは、仕事の楽しみや達成感を得ることが出来ることでしょう。


しかし問題ばかり突き当たるようでは”人生”たまったもんじゃですけどもね。(笑)


さて、そんなこんなで通常の仕事をやっていますが、

「今持っている機材では今後の仕事に生かせない!!」とトータルステーションの新しい機材を物色しているのですが、メーカーさんと新しい機材を話をしていると、ちょっとした言葉が引っかかりました。


image


「この機能は、〇〇〇をするときに使います」


「???!」


もしかしてオイラが持っているTSにも、その機能があったりして・・・・

と、昨夜TSに入っている測量アプリを探してみましたら・・・・オイラがほしかった機能があるじゃないですか。(爆笑)


7年も使っていて、初めてこの機能を使いましたわ。

でも、最新の機材ほど早く動いてくれないので、チョット実践するには無理があるかもしれませんけど。


先日お客さんと討論しましたが、

「目的をもって機械・機材を選ぶ」ことが大切ですね。それと「灯台下暗し」って言葉も頭に入れて今ある機材を100%使いきることも大切ですね。