昨日は『非現実』的な1日となりました。


隣国からのミサイルが日本を超えていきましたが、今朝もラジオから

「ミサイルが接近している場合は・・・・強固な建物に・・・」

などと、これまでは考えられない放送がありだしました。


海外の戦争をしている国ではこんな情報もなく空爆などがあるのでしょうが、日本では「非現実」な話でしか思えなかったでしょう。

8月の広島は原爆・戦争について歴史を振り返る月なのですが、たまたま昨日は原爆ドームの横を通り戦争の跡形を見ましたが、本物を見たことが無い人は本物の地獄絵を想像することは無理でしょう。


4年前にロシアに隕石が落下した事件がありましたが、空から突然降ってくるものに対して「人間って無力だ」と感じていましたが、今回もそんな感じです。


話が大きすぎて、オイラには何もできることが無いのですが、とりあえず目の前の仕事をきっちりして、日本景気を変化させないことも大切なことではないかと思っています。