今週で10月も終わり。 

 「オイラ、この10月、なんの仕事をしていたんだっけ?」

というぐらい早かったですね〜。でも日報を見てみると仕事をしている月別時間数は、今年最大ですね。

ともありながら、この週末は自宅の修繕や手入れをしていました。高齢者と一緒に暮らしていますと、何かと”階段・段差”の家では生活がしにくなっていまして、ホームセンターに行って4mの手すり棒と金具を買ってきて、いろんなところに取付を行いました。


image


写真は玄関なのですが、当初階段みたいに斜めに手すり棒を取り付けようとしましたが、実際に高齢者(親)に聞きますと、”階段”というより”段差”で考えてくれた方が良いということで、このような取り付け方になりました。

一段一段上がっていく際に、低い位置から高い位置に手を持ち替えるには、縦の手すりが便利だということがわかりました。


今回8か所取付をしましたが、おそらくまだまだ手すり個所を増やすことになるでしょう。


昔ながらの日本建築の家ですが、平均寿命の伸びた今の日本では、高齢者には生活しにくい建て方なんでしょうね。

子育てがだいぶん終わったので、今度は家のことに目を向けていくことが多くなりそうです。