ゴールデンウィーク直前の週になり、月末に行うイベントの準備や仕事等で体は楽なのですが、気分が落ち着かない週となっていますね。


週初めは3年ぶりに講習会で20分ほど話をしてきました。


今はやりの『働き改革』についてでしたが、


「仕事に集中できる時間を長く作る。集中しなくてもできる仕事を増やす」


という内容にしたつもりでしたが・・・・うまく伝えられなかったと反省しています。

(夜の懇親会の時はうまく説明できたつもりですけど:笑)


でも国の政策で働き方について考えるように発信されていますので、誰もが少しは気にかけるようになっていますね。

その一部で「生産性の向上・・・・」と言葉も多く聞かれていますが、昔の自分が作ったパワーポイント資料には、最後の言葉に下記のようなフレーズを書いていました。


image


もう7年前からこの言葉の資料を作っていたものです。

自分の仕事環境は個々で違いますが、「どうやったら仕事が早く正確にできるか?」を考えて働いていくことが一番大切なわけで、それぞれ意識しているといずれかは全体的に今より「生産性が上がっていく」ことになると思います。


便利なもの・方法はたくさんあるのですが、まずは一人ひとりが無駄な時間を減らし集中して仕事をすると、必然的に生産性が上がってくるというものです。

また集中力が少なくなる夕方などは”集中しなくてもできる仕事”を残しておけば、同じ1日8時間の時間の使い方で、できる仕事量は増えるというものです。


単純なことですが、仕事時間のマネージメントをするということです。


では生産性の向上を目指して本日も仕事をしましょう。(笑)