3連休の最終日。といえど建設業界は年度末が近づいて3連休にするところって少ないでしょうね。オイラも仕事に追われる身なので毎日PC机に座っている連休です。?いや”連働”です。

そんな時に一つの宅急便が届きました。


中身は・・・・貢物です。(笑)


image  image


冬の味覚の殻付きカキです。


カキは広島でも有名ですが、岡山の寄島町でも有名で今回はここのものでした。

早速いただくことに。 焼く、蒸す、鍋・・・・いろんな食べ方があるのですが、カキをもらうときは大量なので、とても一度には食べれないのが本当です。


キは殻に雑菌などがあって、食中毒になる確率が一番高いともいわれています。なので殻表面をきれいに洗うのは当たり前なのですが、今回いただいたものはきれいに洗浄されているもの。表面に藻などが無くきれいです。

さて炭火でもおこすかなと思ったのですが、夕方に所要をしていたら時間が無くなり、蒸すことにしました。


image  


水を入れてザルというか”上げ底”の器具を入れてカキを並べます。現場などでカキをもらった際には、鍋の中に、砕石の石だけを洗って鍋に並べてカキを入れて蒸していました。

蓋をして強火でカキが口を開けるまで蒸します。


image


この度のはカキの殻はちょっと小さめだったのですが・・・・中身は大きかったです。

いや、時たま殻はでかくて中身は小さいものもありますが、ここまで殻と身が同じ大きさのは珍しいですね。

SDカードから消えたデータを復旧して焼酎に化けたり、パソコンのメンテをしてビールになったりと、いろいろと”いただきもの”があり、ありがたいことです。

あ、このPC整備は仕事としてしてやっていないので、”個人の趣味”ということでやっています。のでオイラの口に入ることは問題ないとご理解くださいませ。(笑)