気候が穏やかになり、朝の目覚めが悪くなった・・・というか布団が恋しい時となりましたね。(笑) しかし年度末ということも有りながら、この地域の仕事もてんこ盛りとなっていまして、

「寝てるんじゃないよ!!」とチコちゃんに怒られそうです。


地域の仕事(奉仕活動)は、この地の小学校がこの3月で閉校してしまうので、”記念誌作りの責任者”になって(ならされて)いまして、過去143年の卒業名簿や経歴・行事をみんなでまとめているのです。

いやいや、気が長くなる作業ですが、みんなで手分けをして文章を打ったり、OCR(文字認証)により紙データを電子化にしています。


そこでちょっとExcelの小技と気づきを少々。


明治9年からの経歴・行事をまとめていますと、年月日を打ち込むのですが、1899年以前は和暦にしても”明治”表示してくれないことが判明。

1900年以降は 和暦 表示してくれます。 Excelってこんな仕様なのですね。


image


そしてこのようにたくさんの文章を1つのセルに書き込んでいきますと、セル内改行を使うほうが便利なのでこの度も使っています。


そうすると、改行した部分がセル内に入りきらずに印刷できないようになってしまいます。

image


そこで行の境目にカーソルを持っていくとこのような赤丸内のマークになります、


image


その状態でダブルクリックしますと


image


このように、罫線にダブらないようにきちんと行幅を調整できます。


でも施工計画書などでは文字幅が狭すぎて、この技を使わないのですね。