新年度が始まり花見は終わり、新しい年号がはじまるGWを待ちながら仕事をしているもぐらです。今年の春はいろんな出来事があり、気分は複雑ながら目の前の一つづつやって前に向っていくことが大切ですね。


春になって”パソコンが変わりました”という報告があちこちから聞こえてきていますが、”以前のファイルが使えない”や”昔使っていたソフトが無くなって困っている”など新しいものが来ても慣れるまで苦労してしまうことが多いのですが、未来に向かうには過去のことを捨てて新しいことに取り組んでいくことが大切だと思います。


何人かに聞かれた 「AutoCADのコマンドをクラシックに変更したい」ですね。年配の方はいいですが、若い人には「未来のためにリボン形式で使えるようになりなさい」と、下請けの身でありながら元請けさんに文句を言ってしまいます。(笑)


新しいパソコンが来たという話もあれば、3年前に買ったパソコンの動きが悪いんですよ!

とパソコンの修理もやってきます。


image


最近パソコンの動きが遅くなっている原因の一つで、「Windows10のアップデートがきちんとできていない」ことがあります。時たまパソコンを開いて使っている人は、Windows10のアップグレードダウンロードがきっちりとできていないため、パソコンを使い始めたときに同時にアップデートが始まり、CPUやHDDが稼働しているので動きが遅くなっていることがあります。


image


ちなみに右側赤いパソコンは2年前に発行されたWindows10のアップデートができていませんでした。


昔はWindowsの大きなアップデートには、XPだの7だのとバージョンが変わっていましたが、Windows10は平気で巨大なデータをインターネット経由でアップデートがありますので、じっくりとパソコンをつけっぱなしにしておくことが必要です。


オイラのところに修理に来るパソコンは、アップデートやHDD内の整理に大体2日間かかります。特にアップデートした”古いWindowsデータ”が、HDD内に残っているのを消さないとHDDの容量が無くなってしまうことがありますので。

ちなみに最近の古いWindowsアップデートは”60GB”も溜まっていることがあります。


アップデートは強制的にされるには  左下の ”スタート” → ”設定”


image



”変更とセキュリティ”


image


“更新プログラムのチェック” を 何度もやって見られて、”最新の状態”になるまでやることです。


image


新品のパソコンも同様にきちんとアップデートをしておくことが大切です。

忙しくなる前に機材のメンテナンスはしておきましょう。


HDD内の整理方法 ”Windowsの最適化”は下記の記事で


Windowsの最適化