仕事をしながらネットラジオを聴いているとクリスマスソングが流れてくるので、

「もう年末なんだ・・・」

と我に返るというか、季節を感じてしまいます。毎年同じことを言っていますが、1年はあっという間ですね。

会社を始めて早15年が過ぎようとしていますが、15年間のIT技術はとても速いスピードで改革していきました。本日も仕事していますが、これまで使っていた”大容量データ送信サービス”が便利になっていたので紹介します。


メール送信で添付ファイルとして送れるデーター容量は大体10MB。もっとたくさん送れるサーバーもありますが、こちらは送れても、相手が受け取れないこともありますので、10MB程度にしておくことをお勧めします。


それ以上の場合は”大容量データ送信サービスを使います。

で、オイラがいつも使っているのが、 『 データー便 」


これまでは無料で事前登録なしで、送れる容量は 100MB でしたが、500MBまで増えていました。

で、無料で登録をしておくとこれまでは300MBでしたが 1GBまで送れるように増えていました。


image


ここのサービスは、ダウンロード用のURLを自分のメールにつけて送れるので、相手にも送信者の情報がきちんとつけれること。

通常の要件をメールに書いて、大容量のデーターのみをデーター便HPでアップロードしておいてダウンロード用のURLを文章内に添付しておけばOK。


そして今回良いと思ったのが、有料版ですが”容量が無制限”になったところですね。最近UAVなどの写真データを500枚近くを送ったりすることがあるので、試してみるのも良いかもしれません。


オイラが会社を退職した15年前に、餞別おかえしは 「USBメモリー16MB」。この当時はまだフロッピーでのデータ受け渡しなので、USBメモリーは画期的だったんですよね。16MBでも2500円はしていましたからね。

来年は5Gのスタート。これからどれだけITが加速するか・・・いや、ついて行けるかかな。(笑)