3月になり、コロナウィルスも繁盛し日本どころじゃなく世界的に情勢が最悪になる3月になりましたね。東北の震災や西日本豪雨といい、日本が笑顔になろうとしているオリンピックでさえなくなる可能性が出てくるとは、天変地異の年月です。


オイラとしては注意をしながらの通常の仕事を行っていますが、もともと外での仕事なので”公園は安全”と言われるように外の空気に触れながらの仕事なので、まだよい方ですかね。


今の国内情勢を書いたのも今後昔の記事を読んでみて

「おおお、2020年は大変だったな〜」

という記憶として書いておくことにしましょう。


時たま以前の記事を読んでみると

”昔は熱意のある記事が多いな〜” と感じてしまうこともありますね。(苦笑)


で話は変わり、2週間前にから古い業務用PCをもらって帰り、4台をそれぞれの用途に合わしてパーツを組み替えていました。

オイラたちが使っている”自作パソコン”は部品の入れ替えが容易く能力が高く作っていますので、5年前のPCでもOSをWindows10にして使えば、まだまだ市販の10万円パソコンぐらいの能力を持っていますね。


image


今回は地域コミュニティーセンターのパソコン導入の指令が出たので、1つは地域の人で使うパソコンになります。

実は地域のハザードマップを作るにあたり、大きなデータを扱うことになり、並大抵のPCでは難しいかと思い、オイラが・・・

「サクサク使えるPCを作ってきますよ!」と言ってしまったわけなんですよね〜。


お予算少々。で中古部品などを使用して下記の内容で作成しました。


本体 : 中古 core i7  3.4GHz + DVD-R + 電源ケース

メモリー : 中古 DDR3 24GB

OS : Windows 10 64bit

記憶領域 : SSD250GB + データ保存用HDD 2TB (RED)

グラフィックボード : NVIDIA GeForce 750Ti

モニター : 27インチ IPS スピーカー付き

Office  : Microsoft Office Home & Business 2019

CAD : Ho_CAD Pao


と、マニアックなことを書きましたが、これでそこそこの仕事はできるでしょう。

なんにしても、OSとOffice が高いですよね。


でも、最近は数年前のPCでも十分使えるようになっていますので、見栄などが無いようでしたら、中古選択もありですね。

ちなみにオイラのノートPCも中古ですからね。(定価は40万円ですが5万円+修理費で)(笑)


表題と全然関係ないことになりましたが、懐が不景気にならないように頑張るしかないですね。