行事がどんどん無くなり、自分の時間(仕事)が出来まして、ちょっと気分の余裕が増えましたが、楽しみは無くなっている現状です。

幸いにもオイラの仕事は車で山・現場に行き、単独で測量をやることが多いので、通常の仕事をやっておりますが、打合せなどでは警戒しながら行っています。


さて先週は新しい現場の視察を数カ所していたのですが、図面と座標値だけやってくるところもあり、現場を探していくのはこんな形の時もあります。


image


現場図面を平板ソフトに入れて、GNSSをつなげて現場の詳細を探していく形ですかね。

特に大きなプロジェクト道路工事などはカーナビにはまだ出てきませんからね〜。


で、本日書きたかった内容は、

「国道に騙されるな!」 です。

”国道”って、2車線以上で、車が走りやすいイメージですよね。道路地図上は「国道〇〇号線」と表示されていますし、できる限り国道を選んで走らせるのがカーナビの習性でしょう。


しかし先日の道には騙されてしまいました。


image


まだこれなら、「これから拡張するのだろう」

と期待の持てる道です。 これを進んでいきますと・・・・


image


大型車通り抜け不能??


image


ナビには・・・こんな道路が表示されてきました。


これ、絶対国道2車線にはならないだろう!! と思うほど急こう配+ヘアピンカーブばかりでした。

このナビの誘導で打合に遅れてしまいました。

すると打合せ相手が・・・

「あれ、もぐらさん。あの国道を通るのではなく、県道を走って町に出てくるのが早いですよ!!」


という今回は愚痴でした。


でもこのグネグネ道を走っていると、見たことのある地名が出てきまして、

「おお、もしかしてオイラが30年前ごろ、夜な夜なストップウォッチを持ってドライブしていたところか!」

と懐かしんでしまいました。(笑)