コロナが問題になりだして、はや11カ月。今年もあと2か月。振り返ると時がたつのは早く感じてしまいましね。


時がたつと人間も何かとポンコツになり、物忘れが多くなり

「もし3日後までにメールを送っていないときはまた連絡してください」

と予防策?をとるようにしています。(苦笑)

パソコンのデータもそうですね、とりあえず保存していてもどこに収めたのかわからなくなることが。なのでオイラは以前は時たま保存したデータを整理するようにしていましたが、近年ほとんどしていなくて・・・・データごみ屋敷化しています。


でもむやみに捨てたくないので、データー用サーバー(PC)を組み替えることにしました。

データーサーバーは24時間稼働させておりますが、最近のHDDは安定しているのかわかりませんが5年間で1回ぐらいしかHDDが壊れませんでしたね。でもBackUpをとれるようにしていますのであまり問題はなかったですど。


メインサーバーをWindows Server 2012 。(2TB HDD ×4本) 土木用ソフトなどデータを共有する際はWindowsでないと保証してくれないことが多くてこちらに。

BackUpや社内の書類などをLinuxサーバー (6TB×2+4TB×2)(RAIDにしていますので正味7TB)で運用中です。


今回メインWindowsサーバーを中古のPCをファンレスにして、システムをSSD。データ保存を10TBのHDDで再構築しました。


image


この赤いHDDは安定して壊れにくいという代物。少々高いですがサーバーにはこちらを使うようにしています。


Windows Serverにしている理由は通常のパソコンにOSを入れているので、データの出し入れがサクサクです。またRAIDを組まなければ、普通のPCにHDDをもっていってもデータを出せるという安全さ。

Linuxは、専門の知識が結構いりまして、オイラも何回か作りましたが、2TBを超える大容量をセットアップするのが大変です。 オイラのBackUp用Linuxサーバーは、”完成品にHDDを入れるだけ”のものなのですが、CPUやメモリーを変えることができないので、ちょっとモッサリ感があります。あと電気量販店で売っている、1、2万円のLanDiskなど、CPU・メモリーが小さいので一気にデータを出すことができませんので要注意です。


会社にWindows Serverを導入するために業者に頼むと50万円超えになると思いますが、ちょっと勉強をして、自分でコチコチやれば10万円超ぐらいでできますかね。


よく”データはクラウドへ”と最近言われますが、オイラの性格上”自分のものは手元に”なのもので、手間ですがこんな事務所装備で仕事をしています。