もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

田舎の生活

お盆休み

お盆でしたね〜。 でもお盆をした気がしないのですけどもね。災害現場はずっと稼働していますので、休みがなかったという感じです。


お盆といえば地元の灯篭祭り”吉舎ふれあい祭り”。


仕事が忙しくて今年は夜の撮影のみお手伝いをしました。


image


image




image



  image

今年はみんなが見ているところから撮影してみましたが、イメージした写真が撮れませんでした。


ともあれ、暑い夏も続いていますし、災害復旧もまだまだということで、頑張って仕事をやりましょう。(笑)

汗をながす

8月に突入してしまいました。今年は例年にない猛暑が続いていますが、そんな年に限って・・・外のお仕事が多い。もちろん現場監督をやっていたときは毎日が外仕事で夏場はヘロヘロ君になっていましたね。


先週も長かったですね〜。フル稼働で汗だらだら。1日に15000歩近く歩いているのに・・・体重は落ちない。不思議だ〜。 ま、体重が激減してしまうとこの夏を越せないかもしれないので、夏場の減量はしないことにしましょう。(笑)


仕事は仕事で忙しいのですが、我が家も半年前から計画していた改築を行っています。

昨年水回りの故障が続き、部品交換などで比較的に簡単に治ったからよいのですが、これがお風呂なら・・・。と考えて、予定をたてて風呂・トイレを直すことにしました。


水圧が低くてシャワーがまともに使えない。タイル風呂なので冬はとても寒い。溜めたお湯も早く冷める。結露で柱が腐っている。等、お風呂は家族からも不満が時々でていましたので。


お風呂を改修には時間がかかるので、我が家には今はこんなユニットバスが設置されました。


image  image


大きな工事現場にはシャワーのユニットバスを見たことはありますが、こんな湯舟や脱衣所がついているユニットバスもあるのですね。

快適・・・とはいきませんが、汗を流すには問題は無いのですけど、長年湯舟に漬かっているじじばばは、時たま夕方になると温泉に入りに行っています。


今週はお盆まで勝負の1週間。日中の温度があと5度下がってくれると良いのだけどもなー。

合同運動会

この日曜日にはこの地域にある小学校の最後の運動会がありました。創立140年を超えている学校ですが、人口の減少というか子供の減少が続いて、今の在校生は・・・5人。なぜここまで子供の数が減ったのか・・? 難しいですね。


ということもあり、今年も小学校・地域合同運動会がありました。


image


運動会の準備は7:30より。でもその前に万国旗を取り付けておかないとテントが建てれないので、今年も息子たちと早めに行って取付を行います。


幸いにも『小学校最後』ということもあり、多くの参加者がありました。

ここ近年の特色として、小学生が少なくなり、小学生のプログラムには「中、高校生が入る」ことになっており、準備から競技まで中、高校生集まってくれます。


今年は”大人の徒競走”も勝手に開催。そしてゴールテープを取り外して勝手に2周させるなど大人はみんなを楽しませることにしています。(笑)

image  image


image


小学生の時にやっていたので、中高校生+大人は一輪車にも乗れるので、その場でプログラムも増えます。(笑)

そしてその切替をうまくアナウンスする人材もいることが、この地域の良さなんでしょうね。競技にも参加するからマイクを持って走りながら中継なども。(笑)

そして演技に使う機材も朝から段ボールを切ったり張ったりと。準備はその場なんですよね個々の運動会は。


天候にも恵まれ、最高の運動会になったと、誰もが思ったことでしょう。


夕方からは先生とも一緒に”反省会”を。いろんな話が出て2時間半があっという間に過ぎるほど。その中で誰かが・・・

「事前準備もそこそこなのだけど”なんとかなるもんですね”」と。いう言葉にオイラともう一人の方が・・・

「いや ”なんとかなる” じゃやなくて ”なんとかする” 気持ちでやっているのだからできるのです」

といいかえました。

もう一人の方も自営の方なのですが、自分と言葉の使い方と気持ちが似ているのですかね。


2次会は一杯ひっかけながら来年度に向けて夜遅くまで。飲んでいるとお互いに言いたいこともスパスパ出てくるので、喧嘩まがいのこともしばしば。でも言いたいことを言って、終わりごろはみんな前向きの話で終わり。この地を良くしたいと思っている人の答えは同じだからですかね。


田舎の生活は都会では考えなくてもよい問題が山積み。でもみんなでつながっている生活は魅力的なのですけどもね。(苦笑)

同窓会

ゴールデンウィークですね〜。前半が終わりましたが、この前半はかれこれ1年前から準備をしていたイベントが終わり、ホッとしている朝です。

というのは、地元高校(母校)では広島県でも4番目に古い学校で、学校創立にご尽力された方々の供養を毎年行っています。学校には福沢諭吉先生や森鴎外先生など交流した手紙などたくさん残っております。

この供養の式典を行うのが、50歳になる卒業生であり、オイラが事務局となり運営用の資料などを取りまとめており、先日その式典がありました。


この1年間でまずは卒業当時の同級生に連絡するところから。しかし・・・・卒業から32年経っており結婚や引っ越しなどで連絡がつかない人がたくさんいることがわかり、友達同士のつながりを頼りに”人探し”をやっておりました。

同級生は200人でしたが・・・色々調べて案内手紙を出しても、約50通近く帰ってきました。

最終的には不明者は10人となりましたが、人探しは難しいですね。


で、当日は来賓の受付や会場準備を行ったのですが・・・・自分たちは初めてやるため、何かと不手際が出まして、気が休まることはなかったですか〜ね。


お寺で供養を行い、会場を公共施設のホールに移動。

image   image    image   image

会計報告などの総会が行われます。


そして記念撮影をしている際に、学校生徒による演奏会の準備など。

image     image 


もちろん楽器搬送用のトラックの手配や、お礼、弁当の段取なども。音楽や音響などの目に見えない裏方仕事もですね。

image  image


懇親会の準備。お偉いさんがたくさん来られているので、どれだけスムーズに配膳や段取ができるかが勝負ですけど、同級生も当日朝に集まり説明する時間も少ない状況。 出たとこ勝負でしたね。でも皆50歳。ちょっと話をしただけで、気を利かせて段取をしていました。


image   image


お酒の空きビン回収や中身の残り具合など、各テーブルを見張っていただく人を立たせるなど、まるでホテルみたいな動きとなりました。


image   image


終盤には、来年幹事をしてくれる人に引継ぎを。


片付けはみんながてきぱきと動いて、片付けは20分で終了。さすが年の功(笑)


夕方からは同期だけで同窓会を。 こっちは気が緩んで飲みすぎに(笑)

image

「久々に同級生みんなで1つの行事をやり切って、一杯をやる。とてもよかったー」という感想を聞きました。集まって一杯やるだけではこのような達成感はなかったでしょうね。そしてこの年になると、一度みんなの”生存確認を”。という意味合いもあってこの学校ではこの行事が続いているのでしょう。


次期幹事に引き継ぐ資料の取りまとめなど、もう少し手がかかりそうですね。

三江線 ラストラン

昨日はよく雨が降りましたね〜。関東地方では大荒れだったようなのですが、時たま梅の花が咲いた後でも雪が降ったりもしますので、”異常”ではなさそうなのですが、やはり春を感じているときに寒くなると”異常”と感じますね。


年度末もあと10日を切りましたが、3月で区切ることも多くあるでしょう。

その一つにこの地域を走る 「三江線」 が終わりになりますね。全線開通から43年での幕引き。割と新しい路線でしたが、道路の整備や沿線の人口減少など利用者数が減っていました。


先日、広島県安芸高田市がこんなイベントを開催することが発表されましたね。


image


先日までこの沿線の工事に携わっていましたので、列車を見ていましたが、”最後の乗車”で、通常は1両で走っていましたが、最近は3両編成走っていますね。


image


この撮影した時の列車は2両でしたが、神楽をモチーフとしたカラーリングが面白いですね。


image


真ん中にうちの測量器が座っていますが、こんな列車と近いところで仕事をしているので手を振らないわけにはいかないでしょう。(笑)


image


3月、4月は終わるものがあれば始まるものもあり。三江線沿いの道路では急ピッチで工事やバス停が作られています。


この地では保育所の統廃合があり、さみしい年度末になりました。でもどこの地域でも人口減少の波は来ていますので、もっと知恵を絞って生活地域を作らないといけないと感じる年度末になりそうです。

春めいてきましたね

雨の週明けですが、先週は気持ちの良い日が数日あり”春だなー”と感じていました。


幸いにも我が家では花粉症の人がいないので、春の気候が良いと単純に喜べますが、花粉症の人にとってはこの時期”雨”もありがたく感じられるのでしょう。


昨日夕方に近所に届け物があったので、歩いていくことにしたのですが、久々にカメラを持って出かけました。


南側の仕事に出かけた際には、梅の花が咲いているなーと見かけていたのですが、我が家周辺も、もう咲いていました。


image


image



まだつぼみを持っている木もありますが、もう少しで咲きそうな感じですね。


image



さて、歩いているときにこのような写真を撮ることができました。

さて、なんでしょうか。植物? 動物?  

 

image


答えはこの下の「続きを読む」からどうぞ。

続きを読む

野良仕事

さすがに11月の中旬となりますと、朝晩は冷え込みが大きくなりましたね。今朝も我が家付近では ”霜” らしく草花の上が白くなっていました。


image


昨日は秋の収穫や、来年春での収穫する苗植えをやっていました。といっても、あまり畑仕事はしないのですが、息子3号のクラブ活動も終わり、”週末は家のこともしなければ” と思い出しているところです。


昨日植えたのは、玉ねぎ。 別個所で種から苗を作って、今度は一本ずつ植えました。

北海道など大農業をやっているところでは、玉ねぎも田植え機と同じようなもので植えられているので、一度に大量に植えれるでしょうが、ふつうは指を土に突っ込んで1本ずつですね、


image


ばあさまのゆわれるがまま、昨日は1500本植えました。


日々のばあ様が言っている言葉は

「あんたら、野菜を作っても全然食わんのだから捨てるようになるよ」


と、ぶつぶつ言われるのだが、オイラからすると

「植える量が多すぎるからだ!!」

と、いつも言い合いが発生します。


そりゃそうでしょう、玉ねぎを1家族で1500個なんて消費しきれないですよ。

それが玉ねぎだけじゃないのですからね。昨日収穫した”山芋”もコンテナ5個。売るわけじゃないのですからね。自家消費ですよ。

といえど、田舎なので訪問客が多いので、お土産に使う消費が3/4ですかね。(笑)


親が元気なうちに習っておかないといけないことがまだまだありますが、少しずつですね。

ギネスブックチャレンジ

10月も半分を過ぎ・・・・オイラは月日から取り残されている感じで、

「もうこんなに月日が経ってしまった・・」と、仕事の締め切りと地域行事の準備に追われています。


実はこの週末は2つ行事がありまして、その中の一つ、地元高校の「ギネスブックチャレンジ」の手伝い・・・・いや運営指揮してきました。


事の始まりは10日前のこと学校から

「もぐらさん、10月15日にギネスブックにチャレンジするため、測量士さんを段取りしてもらえませんか?」と。


ということで知り合いの測量会社さんに2名と土地家屋調査士さん1名にお願いしたところOKをもらいました。

そして学校へどんな風に計測するのかと聞きに行きますと・・・

「計測方法は測量士さんにお任せします」


え〜、そんなのギネスへ登録するのに違う方法で計測したんじゃダメでしょ!!調べてくださいよ〜 (泣)

ということで、この10日間オイラが仕事の合間・夜間を使い計画・準備をしていました。

ギネスの計測立会人は関係者はできず、オイラは息子3号が通っていますので、オイラは”補佐”
としてなのですが。

では何をギネス記録チャレンジしたか言いますと・・


image


image


このような『顔出しパネル』をたくさん作り顔を出す記録を更新することでした。
このパネルは高校生やこの地域のいろんな団体が描いて作成をしました。


延長250mぐらいになるので河川敷に並べるということで、事前に平面図や基準点を作成し、並べる個所に測量ピンを付けるなど、計測準備をしていましたが、当日はあいにくの雨で体育館でのチャレンジとなりました。(前日に体育館で計測の準備も)

image  


image


基本、パネルが何枚並んでいるかなのですが、延長も計測もしました。


image

自動追尾のトータルステーションを持ち込み計測を行いました。
しかし床が板なので、歩くたびに気泡が動く。チョットひやひや物でしたね。

今のところ海外の300枚が最高なのですが、このたび372枚の記録が出ました。


認定には測量士・土地家屋調査士の認定書やビデオが切れずに計測風景を撮影したデータやパネルを1枚ずつ写真を撮ったりと、提出物はたくさんあります。

これをこれから申請手続きを行い、認定してもらえるかを待つのですが、認定してもらえると嬉しいのですけどもね。

お盆あけ

長いお盆・・・というより、ひたすら地域・学校行事で終わったお盆でした。


8/11から学校行事で始まり本日も昼過ぎまで、灯篭祭りの片付けをやっていまして、体がボロボロとなっていまして、明日からの仕事をどのようにこなしていくか不安です。(苦笑)


とりあえず昨日の『吉舎ふれあい祭り』の1枚を。

image


今年は30周年記念ということで、数週間前からこの祭りの準備などの撮影を頼まれていまして、歩き回っていました。

15時間の微速度撮影やドローンでの撮影など、カメラ5台を持ち出しての撮影になりました。

この微速度撮影を整理したデータは、2つのテレビ局に行く予定です。

(交渉がへたくそで売ることが出来なかった・・・)


ということで、明日からは炎天下での測量業務が続きますので、老体に鞭を打って働くことにしましょう。

祭りの準備

夏本番になっていますが、7月も本日で終了。と言うことは・・・過酷な8月の登板となるわけで昨日はその準備で人々が動きました。


image

毎年恒例の「吉舎ふれあいまつり」の準備で、灯篭を並べる河川敷の草刈り・草の撤去・掃除が行われました。

今年はこの祭りも30周年ということで、例年よりいろんな企画がされており、気合を入れないといけないところです。


どんな祭りか知らない人のため参考写真を。(2012年の写真)

201208153836-


川に灯篭を並べ、幻想的なお祭りです。


image  image


高校生もボランティアで参加してくれて、非常に助かります。

image  image


image  image 

重機の力は強いのですが、どうしても細かいところは人海戦術。おそらくこの祭りは人の手が多くかかるので、簡単にはできないと思います。ということは、この地域特有というか他では見ることが出来ない祭りになっていると思います。


その証拠にこの10年で観光客が倍近く増えたのではないかと思います。(オイラの所見)


image  image
        伐採前                  伐採後


image

上流より


image

下流より


今年のオイラの仕事は「記録係」。

30周年記念の映像・写真撮影していきますが、通常撮影・微速度撮影・空撮と、一人で撮ることになっていますが・・・ちょっと過酷ですな~。

(ちなみに今年の祭りポスターの写真はオイラのです)

運 動 会

ここ最近天気がずっと良くて、気持ちが良いを撮り越して「暑い!」季節となってしまいました。でも田んぼの水がチョット心配になるぐらい川の水位が下がってきまして、”雨ごい”をしなくてはいけないのかな思い出したところです。


さて、昨日は地域の運動会があり、準備や体を動かしてきました。


image


この地域では、保育所・小学校・区民の合同運動会で午前は保育所・小学校がメインのプログラムで昼からは区民のプラグラムが多くなります。


年々子供たちの人数が減ってきまして、今年は全校生徒7人となりごらんのとおりとてもスッキリとした入場行進となっています。(笑)

今年も7人の徒競走ではすぐに終わってしまうので、中高生の徒競走や小学生に交じって中高生が演技をするなど、みんなで一緒に盛り上げるようになっています。


しかし、小学生も区民のプログラムに参加するため、ずっとグランドに出ているので、子供たちは過激な一日になったでしょう。

先生が次の競技のことを子供たちに説明していると 「先生、この後は区民のリレーなどまだまだ走らなければいけないんですよ!!」と、なげくというかいろいろと頑張らなければならないんですよと訴える子もいたとか。そうでしょうね、トラックを全力で走る競技が5つぐらいありますからね~。(笑)


夕方から先生を交えて”反省会”が行われるのですが、先生と話をしていると「この地域の人たちはとても協力的である」と。「お世辞でしょう」と聞くと先生4人が一定に首を振って、「本当によそではここみたいな感じではないのですよ」とお褒めをいただいたりもしました。


すごく”ゆるゆる運動会”なのですが、準備片付けはの時だけ地域の人がやってきて手伝ってくれる人もいたりして、テキパキと段取良くできるというのも一つの特徴なのでしょう。


ということで今朝は”綱引き後遺症”の腕の筋肉痛が出始めています。(苦笑)

ウォーキング大会

3月も中盤になり、朝晩は寒くて昼は暖かい日が多くなってきました。それでも今夜は雪のマークがついていますので、”春”と呼ぶにはまだ早いですかね。


先週末には、地域の行事があり、「地域でのウォーキング」に参加してきました。

年に数回開かれる行事なのですが、毎回目的地やお題が違っており、みんな楽しく参加していただけます。

このたびのお題は、『地域の4つの橋を渡ろう』で、コミュニテイーセンターを出発して4km程度歩きます。


image  image


ウォーキング大会というより、ご近所さんと話をして歩く合同散歩ですね。


そこで橋を歩いた証拠写真を撮るのが難しいので、オイラが小型のドローンを持ち歩いて撮影してきました。


image  image

image  image


みなさんドローンは初めて見られる人ばかりで、面白がっていただき良かったですね。

誰もが、 「かしこい機械じゃのう~」と、感心されるばかりでしたね。(笑)


元消防士の人はすぐさまに、

「地域で災害があった際に、戸別にドローンで生存確認ができるね」といわれて、新しい機器の活用などを考えられていましたね。

今後は災害時に消防車などで災害連絡するのも、ドローンなどを使用した方法なども考えられていくことでしょう。

2時間ほど歩きましたが、座りっぱなしで腰が痛くなっていましたが、次の日には改善していました。やっぱり運動は日々やらないといけませんね。 

三次サイクリングコース

今週で2月が終わり、今年も年度末の月がやってくることになります。毎年年度末は忙しいはずなのですが・・・今年はちょっとゆっくりぎみです。


さて、近年広島県は通常の観光やサイクリングでの観光で訪れてくれる人が増えています。実は我が家の家の前も広島県が指定しているサイクリングコースになっているので、週末など数人のツーリンググループが走っていますね。


そこで昨年オイラも少し足を入れている「やまなみ大学三次キャンパス協議会」で、以前地域の特色としてたくさんある「お堂」を調査され、それを散策する案内書が出ていましたが、このたびはその「お堂」を巡れるサイクリングコースが出来上がりました。
(オイラは何もしていませんけど・・・・)


map


この地図の特徴はトイレや自動車を置いて自転車で走りだせる駐車場の位置も書いてあり、一日で走り切るのではなく、週末に来ては一部分を走り切るということができる地図になっています。正式な地図の印刷・高解像度の地図は今後となるのですが、ここに張り付けている地図でもお分かりいただけるかと思います。


今回は三次を巡るコースとして4コースが設定してあり、地図をもっと詳細にしたものは下記のネットから見ることができます。

 ルートラボ (地図HP)

image

このページを開いて、緑色部分の「ルートを見る」をクリックして右上の「検索」欄に

「三次 サイクリング」で検索すると検索結果が出てきますが、他な地図も検索されますので「三次 やまなみ大学」と検索していただければきっちりとこの4コースが出てきます。


image

このような地図が出て詳細を見ることができます。
この地図で便利なのが下側に ”標高” が出てきますので、気になる標高の部分をクリックすると平面地図にどこなのか印が出てくるところですね。

image

左側には距離や時間数も出てきますので、目安になることでしょう。


気候も良くなり、4月頃からは田んぼの整備も始まり、「田園・里山を走り抜ける」サイクリングコースとなることでしょう。

初日を迎える準備

この週末も地域行事などで土日が終わってしまいましたが、気持ちの良い汗をかいていました。


毎年このブログでも書いています、”元日の初日の出を迎える会”を開く場所の整備をしていました。場所は三次市吉舎町にある”とみし山”の山頂。

まずは登山道の草刈り、伐採から。 当日は雲海も見えて景色の良い中での整備でした。

が・・・、そんな景色を見ずにひたすらチェンソーを使って”きこり”をやっていました。


image

このように景色を楽しむ山では、”立ち木”は邪魔。数年たつと自然に木が生えてきますので、”景観を守る伐採”をやっていました。

山頂から見て 「あの木邪魔だな〜」を思えば下って行き木を切り倒し、細切れにして元日の山頂での焚火の割木を作成です。これを担いで上がるのも一苦労でしたね。


image

この目の前の大きな杉の木を切りたかったのですが・・・個人の持ち物らしく断念。(笑)

今年は登山(500m)しなくても日の出や雲海が見れるところの木を切りましたので、新たな風景が見れる事でしょう。

当日も写真家の人が数人来られて撮影されていました。(いいカメラだったな〜)

今朝は腕が筋肉痛でございます。(苦笑)

剣道形

ここ2週間の週末は剣道漬けになっていました。というのは息子3号は剣道をやっており、親も大会の駐車場係などに動員がかかり、朝早くから試合終了まで応援などで、1日が終わっていました。

それもあと1年だと考えてみると、今のうちに子供の成長を見ておかないともったいないのかなとも感じています。


今回は広島県内の高校生の大会であり、この2週間で3日試合ありましたが、個人戦・団体戦・剣道形の3試合に分かれていました。

この中に ”剣道形” という競技が高校生ではあるのです。

あまり知られていないものですが、剣道は段をとっていく昇段試験には、実戦と剣道形と筆記試験があり、この剣道形も大切なものなのです。

じゃ、どんな試合をするのかと言いますと、2人一組になり2組で演技をします。それを3人の審判により優劣をつけてトーナメント方式で戦っていきます。


image


今年はうちの高校が男子で1,2位をもらうことができました。男子部員部員は4人しかいないのですが2組(4人)どちらも賞をもらえました。

以前からこのブログでは時たま剣道のことを書いていましたが、一度も”表彰してもらった”という記事はなかったと思います。(笑) (何度かは表彰されていますけど)


image


でもこの地域にしっかりと剣道形を教えてくださる指導者があっての賞だと思います。


表彰が終わり、県内で剣道の強い高校の先生が近寄ってきて

「君たちはどのぐらいこの剣道形の練習をしているのかね?」

と尋ねられ息子3号は

「試合前の1カ月、毎日30分練習しています」と答えたそうだが強豪の先生は・・・

「たったそれだけでこれに勝ち上がれるのか?」

と不思議がって帰られたそうですが、これを聞いたオイラは????と。

すると息子3号は

「簡単に手の内を話せるわけ無いじゃん」と笑っていました。


実はここで表彰を受けているのは1名を除いて、小学校のころからみんな同じ町内の剣道教室に通っていた者。試合前に修正はかけられましたが、所作は小さなころから身につけさせていたことが大きいかもしれませんね。


今度は中国大会の開会式で演技をするようになるとか。アガらなけりゃ良いのですけどもね。(笑)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ