もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理から建設CALSまで現場の実情を記事にします!!

お仕事の話

確定申告

年度末が近づいて忙しい時に追い打ちがあるのが、国税庁の「確定申告」。サラリーマンの人も給料以外に所得の合計が20万円以上の所得がある人は申告が必要ですね。


確定申告 = いやだな というイメージですが、減税を受けている人や、1年間に医療費をたくさん払っている人(家族全員で10万円以上)にとっては、申告することで税金が返ってくる仕組みになっていますので、チェックしてみてください。


と、税務署の回し者のような話になってしまいましたが、先週末の話。友達Aが起業して個人事業を始めて初めての確定申告。A氏はがきちんと経理をしているのか・・・申告ができるのか・・・と友達内で心配していましたが、オイラが代表で見に行ってくることになりました。


image

経理ソフトを入れていないA氏。我が家の古いパソコンと経理ソフト(12年前のもの)を入れて押しかけてみました。

確定申告期日10日を切ってまとめ具合を見てみますと・・・・あかん。こんなんじゃまとめきれんは! と、判断。


なんにしてもこの友達Aは、仕事の傍らに手書きで帳簿に書いているではないですか。Excelなどで集計でもしていれば良いのですが、ひたすら電卓打ち。


と、いうことで仕訳、決算報告書、確定申告書を一緒に1日で仕上げました。

近年は国税庁の「確定申告書等作成コーナー」があるので、Excel等で集計しているだけで、決算書や申告書が作れるので便利ですね。
ちなみにオイラは以前e-taxでやっていましたが、カードの認識エラーなどで苦労することが多かったので、近年は税務署へ書面持ち込みにしています。(渡して書類が足りているかチェックのみですぐに提出できます)


自分には関係ない・・と思いがちですが、医療費控除を考えてみては。

未来の土木人に?!

難関の仕事予定だった1週間が終わりほっとした週明けです。
仕事内容は・・工事の基本測量・現況3D測量×3か所・写真屋でした。

どれもこれも「オイラがこんな仕事をしても良いのか?」というものばかりですが、基本的に楽しんでやっていますのでOKでいうことで。


週中の「写真屋さん」のお仕事は、「未来の土木屋さんを求める」ため?、除雪などの道路の維持メンテをしている機械を保育所の子供たちに体験してもらうイベントの写真を撮りに行っていました。


image image
オイラが頼まれるような腕はないのですが、現場の人は段取などで忙しく「写真枚数ば必要」ということでいつもお世話になっている会社さんに行ってきました。

image

始めにお役所さんから子供たちへの話の中で

「土木の仕事を未来にしてくれる子供たちに・・・」
とありまして、土木技術者が減っているこの時期に、子供たちに少しでも「大切な仕事なんだよ〜」とか「かっこいい仕事なんだよ〜」と知ってもらうにはこれからは大切だと思いますね。


重機や除雪機などに乗ってみる体験会は良くありますが、今回のイベントの中で目玉はこれかな。


image

現場オリジナルの除雪をしているビデオ。
以前にこのビデオを見せていただいていましたが、いゃ〜、夜間仕事ながら迫力のあるビデオで、勢いよく雪をはねていくシーンなんて、「かっこいい仕事〜」と子供も見ていたのじゃないですかね。

音楽や漫画キャラクターなど巧みに使って編集されており、子供うけのする仕上がりとなっていましたが、全部現場の人が作成されたとか。 いいですね。


image  image


image    image   

写真を撮りながら子供たちに

「ヘルメット姿、かっこい〜!!」と声をかけて

「大きくなったらこんな車に乗るような土木の仕事をするかい?」

と聞くと男の子は 「いやだ〜」と言っていましたが隣の女の子は

「私、やる!」と。

今や土木の現場には女の人も活躍されていますので、この子の言葉に期待をしてみたいですね。(笑)

image  image

ネット上ですので大きく載せることはできませんが、このぐらいに拡大しても大丈夫な写真で撮影しています。


デジタルカメラ時代になり、写真枚数もたくさん撮れる時代となりましたが、だからこそ工事写真もこだわりの写真を撮りたいものですよね。

新年度

4月の中旬が近づいてきましたが、新年度の話が少しづつ聞こえてきだしました。

我が家も就職した息子1号と一人暮らしを始めた息子2号は生活環境が変わり戸惑いながら生活をしてるようです。

「この子大丈夫かな〜?」と心配するのは親・家族のみで、当の本人はそこまで心配していないのかもしれませんね。


4月になって一番困ったことは郵便物ですね。

就職した1号のクレジットや携帯電話など本人確認が無いと郵便物と渡してもらえないものが有り、就職先からいつもかえって来れないので受け取れないままのものが数個出てきました。

引っ越しがぎりぎりとなり住所が自宅のままで契約をいていたのが原因ですね。


最近はクレジットカードを1枚ぐらいは持っていないと引き落としなどで困りますので、早めに作っておこうとしたのですが、”就職していないと作れない”と銀行に言われて作成が遅くなりました。どんどん審査が厳しくなってきましたね。


オイラの新年度は、いきなり現場の仕事と地域行事が集中していまして、難関の1週間を何とか越しましたが、今週は内業を踏ん張らないといけませんね。

長門の転車台

転車台、第2弾。

山口県の長門駅


20160405_1139


桜が満開の中突っ走ってきました。とても気持ちの良いドライブではあったのですが、やはり”遠い”の一言ですね。のんびり行くのであれば、この近くに湯本長門温泉があって、ひたひたと浸かって帰る予定でしたが、時間の都合上桜の温泉街を横目で見て通過でした。(泣)


ここの転車台は、非常にスリムですね。

作成年を見てみますと「昭和33年」ですと。前回の三次駅のは大正時代でしたのでこれは”近代化?”した転車台でしたね。
中央の門形部分に電線が取り付けられて、そこから電気を送っている仕組みだそうです。確かに回転しますので、中心部分に行くことになりますね。


先週から夜勤や遠出が続きドタバタな日々ですが、これが来週まで続きますので、そろそろ栄養ドリンクの出番ですね。(笑)

転車台

鉄道マニアではありませんが、今は使われていない機械遺産?ならむものを仕事の関係で視察に行ってきました。(お仕事ですよ!!)


2016-03-31 17.54.12


蒸気機関車が走っている頃に使われていたものですが”転車台”ですね。

広島県の三次駅にあるのは遠目で見ていましたが、近づいて見たのは初めてです。

転車台に人が乗って操作するタイプのものですね。以前山口線の津和野駅で見た転車台にそっくりでしたね。

2006090341 
(山口線の津和野駅)2006年の写真


2016-03-31 17.54.24 


2016-03-31 17.55.30


昔この転車台の周辺には車庫や車両を清掃するところがあり、車窓からよく眺めていました。


明日はこの周辺を歩きまくります。

自動追尾ができない!

まだまだ寒い日が続いていますね。

先週から現場仕事が続いておりまして、どれも遠方ばかりなので朝ブログが書けない状態です。

内業がなかなか進まず本日は現場を順延にしてもらいました。

オイラはトータルステーションの自動追尾で測量をしているのですが、買って5年を過ぎましたが現役というか新しい現場に行きますと、一人で測量をしているとまだまだ現場の人が驚いてくれますね。(笑)

そんな現場での話ですが、この自動追尾トータルステーションが使えない現場に当たってしまいました。

トータルステーションと手に持って歩く端末機(データコレクター・タブレット)をつないでいる方式は無線WiFi 。 目には見えないのですがWiFiがつながらない地域だったのです。

これまでに1m離れてもつながらない地域がありましたが、今回は20mぐらい離れるとつながらない地域でした。


2016-02-12 10.38.14


現場の人にお願いして計測するところにプリズムを持って行ってもらい、何とかその日の測量は終わりましたが、通常の1/4しか計測することができませんでした。

通常は平面図を作ってそのまま横断を計測して1日で終わらすのですが、先日は平板測量(延長300m)で平面図を作って終わってしまいました。


このWiFiがつながらない原因はメーカーに聞いてもわからず。新しい現場は結構ひやひやもので現場にいくのですが、今回はやられましたね。

当方はTopcon機なのですがNikon機やライカ機はどうなのか同じ個所で試してみたくなりましたね。

比較的wiFiがつながりにくい箇所として、

 1)電線・トランスがいりみだっている地域(列車の架線なども)

 2)川付近

 3)docomo,au などキャリアの無線WiFiスポット周辺

   (WiFiが強烈なのかdocomoなどのWiFiにつながってしまいます)

 

目に見えない電波状況ですが、今後は周辺で使っている無線チャンネルを調べて防御する方法を勉強しなければなりませんね。

測量ピンポール

「もぐらさんは道具道楽」といわれることが時たまあるのですが、またもや道具を買ってしまいました。

今回は測量のプリズムを付けるピンポールを。

実は昨年末に基準点のピンにポールを立てて写真を撮るのですが、

「ピンポールの色がはがれて汚いですね」とあるお方に突っ込まれてしまいました。

「私でもこんなのは使いませんよ」といわれてしまい、10年ぶりに新調しました。


image

測量の精度には問題ないのですが、”容姿”を言われれば確かにきれいではありませんよね。

以前現場監督をしていたときは「土木作業員も正装しましょう」といってヘルメットなどを新調したことがありますが、測量の道具もきれいに見せなきゃいけないのですかね〜。


本来は測量器具屋さんに注文するのですが、以前別測量屋さんが持っていた1mぐらいのポールは器具屋さんで売っていなくて、下のポールも一緒にネットで買ってしまいました。

image


プリズムはできる限り低い箇所にセットしたほうが、気泡のずれに影響が少なく良いのですが、道路などを測量していますと車を越して視準しなければならないことがあり、2mぐらいのポールが必要になります。でも少しでも低くしたいため、1mちょいのポールを買ってみました。


お金を使った分しっかりと働くことにしましょう。(笑)

久々の杭作り

この週末は珍しくなんの予定も入っていなかったので今後のこともあり、丁張の杭を作っていました。

最近の測量仕事では、”位置出し (杭打)”が多く、長い杭が必要でないのでもぐらオリジナルの杭を持っていきます。

今回も長さ25cmの杭と50cmの杭を作りました。50cmの杭は売っているのですが、25cmのは無いですね。なので自作です。


2016-01-23 16.52.53


先はあまり尖らないのですが、基本鉄ピン(コンクリートブレーカのノミ)を使って穴を開けてから杭を打ちますので問題は無いですね。


2016-01-23 16.52.33

今回は基準点などに使う大きめな杭(60×60)の杭も作成。

短い杭も仕事の効率を上げる為。 オイラなりの創意工夫です。

時間のマネージメント

新年になってまだ10日もたっていないのですが、すでに仕事全開モードとなっています。

「仕事があっていいですね〜」

と、いわれそうなのですが、ただ単に年末の仕事を繰り越してしまったのが原因なのでなんとも申し訳ないという気分で仕事をしています。


地域行事や子供の学校行事にはできる限り参加しようと思っていますが、地域行事の中にはきちんと機能していない組織や行事もあり労力が無駄とは言いませんが、「もう少し改革をしなければ・・・」というものもあります。

オイラの地域は田舎なので、体が動けそうとみられると何もかも役がやってきますので、”役の振り払い”が必要となってきます。(苦笑)

さてさて、今年から新たな仕事もやっていく傾向にありますので、「時間のマネージメント」が重要となりそうです。

仕事始めは・・

本日から仕事を始めますが・・・、気分はスポーツ選手と同じですね。

「数日仕事(練習)を怠っていると思うように頭が(体が)動かない」ですね(苦笑)

ブログ一つにしても1,2週間文章を書いていないと文章を書くのが非常に遅くなってしまうものです。

”継続は力なり”で今年も頑張っていかなければなりませんね。


さて、1月中旬まで何かと仕事や行事が予定があり本日は180度気分転換をしなければならないのですが、まずはブログから。(笑)

割とブログを書き始めると仕事のことや気分が引き締まるので、オイラにとっては五郎丸選手と同じ『ルーティーン』になっているのかもしれませんね。


今年初のお仕事は・・・年末に請求書を見落として未払いの請求書の”銀行振り込み”から。

今年は出費が増えなきゃいいのですけども。(苦笑)

急ぎは失敗のもと

本日は御用納めでしたね。いやいや、先週ブログに記事を投稿しましたが、本日までネットはおろかじっくりと仕事パソコンに座ることができませんで”放置プレイブログ”になっていました。

予定外の緊急仕事も2つあり、頭を悩ませていましたが週末はずっと前から予定していた南国に行っていました。


ま、どこの家庭もあるでしょうが学校の役の仕事。夜や休日だけであるのならよいのですが、どうしても数日行かなければならないこともあるでしょう。その土地に行ったらそれなりに満喫はできるのですが、いざ自分の仕事をする『現実』に戻ると・・・・仕事を待っているお客様。申し訳ありません・・・。てな気持ちの今日でした。


こんなドタバタやっていますと・・・大失敗も有り。

本日測量器の機器をどこかに落としてしまい、通常の測量業務が出来なくなってしまいました。正月でその機器を注文することもできず、1月中旬ごろまで仕事ができないかもしれないことに。(とほほ・・・)


ともあれ、自分にはいろいろ災いがあった年でしたが、人とのつながりが仕事につながっていることに気づき直した年でもありました。

まだ数日ありますので投稿はしますが、ひとまず本年度の外業務を完了した日でした。
(あ、明日予定してた測量が出来なくなって本日で終了です:泣)

鉄道の夜間工事

週末は久々の夜勤仕事に行っていました。

ありがたいことに 「もぐらさん、夜勤現場の写真を撮ってください」と依頼があり、測量器を一眼レフカメラに持ち替えて行ってきました。


image image


ここの現場は住宅街のど真ん中。線路脇にも家が並んでおりできる限り静かに重機を動かしたり振動機を使ったり砕石を掻いたり・・・・出来るわけない!! 苦情が入らないかひやひやしながら写真を撮っていました。

image  image

朝礼?夜礼?いや点呼がおわり、最終電車が通るまで線路外で待機です。

写真を撮り忘れましたが、夜12時の最終列車にはギュウギュウの満員。12月の土曜日の晩なのでおそらく忘年会帰りの人でいっぱいなのでしょう。 ということは・・・あの車両は思いっきり酒臭いのですね。(笑)


image  image

今夜の工事内容は直線の線路を分岐がつくことになります。今後今ついている分岐位置が変わるので夜間のうちに少しづつ変更されていきます。

夜間と言っても電車が通らない時間は約5時間。その間にレールを交換するのは大変なこと。特に単線で狭い現場では、”作業員を増やしても無理”なところですね。

右の写真は枕木からすぐに砕石が取り出せるように事前に土のう袋に入れて設置されているものを取り出している写真。

 

image image
『軌陸バックホウ』 キャタピラと鉄輪がついて線路の上を走れます。


image  image 

枕木とレールを止めてある釘を機器やバールで取外しテールの撤去。


image  image

枕木を撤去し高さを調整しながらバラス(砕石)を取り除きます。


image image

現場全体はこんな感じ。 もうゴチャゴチャ。何をやっているかわからない状態ですが、作業員さんは手慣れたもので、みんな自分がやらなければいけないことがしっかり知っており、指示も少なくても廻りを見ては道具の準備などをしていきます。この辺りはみんなプロですね。


image image

重たいものが引っ張られて入ってきました。

分岐部分の線路を別な広い場所で事前に組立てられたものを設置個所まで運び込まれてきました。

image  image

大きな門型のジャッキでレールを吊り上げ、撤去した部分にはめ込まれました。


image

線路は温度によって伸び縮みしますのでこの日のジョイントはこのぐらい隙間が作られています。おそらく一般の方は「なんできちんと着けないんだ!」とお怒りかと。(笑)


image

新品の分岐の切替機。 この使用は数か月後の新線路が出来たときですね。


image  image

新品のバラスが運び込まれて投入。土と違って線路の砕石は使っているうちに振動で砕石が小さくなるので、今回は粒の大きい新しい砕石が入ります。
そして特殊な締固機で枕木やレール下の砕石を締め固められます。


image  image
糸や視覚で線路の通りをチェック。数mmの通りが悪いということで修正。


image  image

線路には踏切などで必要な電気信号が流れていますので最後に通電チェック。


工事が進み無事完了。 始発の列車が5時30分に通りました。


「普通に生活に使っているものの大切さ」。

道路や線路にしても一般の人が普通に使って今の生活が成り立っていますが、みんなが寝ている時間にmm単位の精度で安全なインフラ整備をしている土木技術者さん。

ほんとうにお疲れさまでした。

サービスの価値

先週末からいろんな人と話をすることがあり、「サービス(仕事)をお金にすることの難しさ」について話すことができました。

サービスと聞けば”無料”?と思われますが、無形の仕事ということでもあります。例えれば自動車整備や医療・教育など人の持っている技術で、お客さんへ価値を付けてお金にする仕事という風に思っていただければよいかと。

その価値というものは買ってもらう人が決めることであって、高ければそのサービスは売れないし、安すぎると後々の保証が取れないつまり信用のないサービスになりかねませんね。


今回は大学時代の先輩と話す機会があって、その人は学生時代からこのサービスで対価を得ることが得意で、学生時代にウン千万円もの稼ぎをしていたことが判明。(申告していたかは知りませんけど)しかし、なかなか誰もができるような仕事ではなかったのですが、こんなことでこんな稼ぎが・・と思うものでした。


一方世のため人のためにサービスをしている人と話をしましたが、そちらはその方がしているサービスをお客さんが対価を付けてくれないので、しんどい仕事でありながら非常に安い価値にしかなっていないこと。もちろんそんな仕事を辞めてお金になる仕事をすればよいのですがそこには”正義”というサービスがついてくるので”自分の満足感”は非常に高いのです。

家庭を持っていますと”満足感”だけでは生活はできませんよね。


今日は思うがまま書いてしまいましたが、会社で働いていますと頑張っても価値を会社に認めてもらえないことが多々ありますが、自分が思っている価値と雇用者の価値に相違があるからであり、これが大きかったら不満が大きくなるものです。 じゃ、自分を高い価値で買ってくれる会社に行けばよいのですが、それができないようであれば我慢するしかないものです。


日本では終身雇用的な感じがあり転職には勇気がいりますが、海外では転職することが当たり前のようですね。


ま、まずは自分に世間に通用する価値をしっかりと付けておくことが先決ですけでもね。

週明けから車で移動中にこんなことばかり考えていました。

雨の工程

紅葉も終盤となって山の色が”冬”になりかけてきました。11月前半は雨も少なく割と気温も高くて”今年はあったかい冬だな〜”と思わせていましたが、中旬に入り雨も多くだんだんと気温も低くなりました。

外の仕事をしている土木は、この雨が泣かせどころ。雨は予想はしているものですけど、仕事に影響があることは必至です。 

そんなオイラも最近は測量をやっていますので、雨の日を避けるように予定を組んでいるつもりですが、この時期になっては天気がコロコロ変わってしまうので、明日の測量もヤバいかも。


以前現場監督をして工程を考えていたときは、「雨の日の仕事」を少なからず考えておいて、雨の日にでも会社の倉庫などでも作業ができることを考えて工程を組んでいました。つまり集水桝など持ち運びができる型わく仕事は早めに施工図を作っておいていつでも施工できるように。

オイラの作業方針は

 「作業員に追われるより追いまくる仕事をする」

つまり工事現場で協力会社に「監督〜、次の仕事は何をすればいいのですか?」と言われないように先々予定を組んでいくこと。

最近はお客さんに追われまくっていますが、これを心がけています。


つまり時間の使い方ですよね。無駄を無くし、一つの仕事を遂行するにいちばんBestな予定を組むこと。予定をコロコロ変えてしまって問題が起こってしまうと困りますが、それに見合うメリットがあればオイラは”有”だと思っています。


さて、年末も近づきましたので、年内の仕事を考えておかないといけませんね。

測量器のメンテナンス

今週は予定通り?忙しい日程で行っています。

まさかの呼び出しがありまして、予定を大きく変更し、現場に行くと新たな試練もあり、楽しい?仕事をやっています。(苦笑)


image


本日は測量の業務でしたが、最近どうも測量機の調子が悪い。

端末のタブレットが悪いのか、測量器本体なのか。また無線LAN(WiFi)の中継器が悪いのか原因不明。本日もだましだまし業務を終えたが、結構ひやひやものなのです。


なので日付が替わったこの時間ですが、測量器はWindowsで動いており、時たま修正というかHDD内を整理してやらないといけないのですよね。


とりあえず過去の測量データを削除して、デフラグをかけてやる。


さて、明日はきちんと動いてくれることを祈ろう。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ