もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

お仕事の話

感謝状

先週末、一つの電話が入ってきました。

「〇〇会社でしょうか、JR施設管理です」と。


最初何のことか分からず、話を聞いているうちに


「御社へ訪問させていただき・・・・」と言われて・・・・

「やばい、オイラが何か悪いことをして、調査にやってくるのか??」

と、最初の話がよく聞こえていなくて勝手に思い込んで話を聞いていました。


最後にもう一度話を聞いてみると・・・


昨年7月の豪雨災害でご協力いただいたので感謝状を持ってこられるという話でした。


そして昨日、広島から2時間もかけて、オイラの会社まで来ていただき、このようなものをいただきました。


image


どういう経緯でオイラの会社の名前が出たのかわからないのですが、全部の会社ではなく推薦された会社へ感謝状を贈っているとのことのようでした。


光栄ですが、災害の測量をしているときにでも通常の測量業務を頼まれた会社さんも

「うちの現場は後回しでいいですから、災害現場優先で!」

などと、皆さんの協力があって災害現場に行けてたことも確かです。

まだまだたくさんの方が携わっての復興なので、うちだけがこのようなものをいただきのは申し訳ないことなのですが、初めてこのようなものをいただいたのでうれしいものですね。

時間の使い方

2月になりましたね。先週は早々と2/1にいわしを食べて恵方巻は、ばあさん自家製を食べて鬼を追い出すことが出来た・・・・かな。

先週も現場・内業を繰り返して、あっという間に過ぎてしまいましたが、”時間が足らない”といつもながら感じています。土木工事に始まったことではないのですが、以前から言っている


「時間の使い方が上手な人は仕事ができる」


とオイラは考えています。でもこの1月は仕事・地域等やることが多すぎて、仕事を1つずつ片づけていっていると・・・・・日にちがあっという間に過ぎてしまい督促の電話が何度もかかってしまい、あちこちに迷惑をかけてしまいました。

年末に ”これは無理!!” と断っていた物件が2つ来てしまい予定が狂ってしまい、日ごろのお客さんに迷惑をかけてしまいました。


とわいえ、地域のこともしっかりとやっておかないといけないので、昨日は消防訓練に出動していました。


image image


消防車の運転技術向上 で、”たこつぼ”と呼ばれるもので演習を。

この円内でUターンして出るのですが・・・・通常の前に出てバックして・・・では、出れなくなるのですよね。 それと ”縄の匠?”になる練習を。

ということで、今週もいろいろと予定が入っていますが、もう少しで通常の仕事量に戻れそうな予感です。


過去の時間移管する記事(昔の記事なのでちょっと恥ずかしいですけど)

仕事は時間の使い方次第

時間の使い方(残業管理編)

時間の使い方(1年編)

時間の使い方(8時間編)

コピー機

前回書いていた講習会を終え、まだまだ教え方がヘタクソとつくづく感じ、落ち込んでしまいそうなのですが、生徒の皆さんは何かと刺激というか、測量技術・図面作成において、驚いておられたことが多く、良い刺激になってよかったなと感じました。

でも、AutoCADのバージョンの違いで、コマンドやアイコンの位置が違いすぎて、大変だったことは確かであります。 もっと使い方が繋がるソフト開発をしてもらいたいという願いばかりです。


本日は、予備機にしていた13年前に建設会社を辞めて退職金で買った〇百万円の初代コピー機を手放すことに。


image


電子納品もそのころはファイルに閉じた打合せ簿などをスキャニングして、電子化にする仕事がぼちぼちありました。でも最近は工事現場でもきちんと電子化したデータを長期保存できるように現場職員の人ができるようになり、滅多にスキャニングの仕事ありませんでした。
ある意味工事現場の技術が上がり喜ばしいことではあります。


コピー機2台目も順調に使えていたのですが、保守が切れ始める時期となり、両面スキャナーの精度が上がったので、この度交換することにしました。


image   image


機種入れ替えにつき、各社のコピー機色などを同じデータを使って印刷してみました。

13年前の初代コピー機のころは、完全にゼロックスがトップでしたね。 バックホウの写真を印刷してみて、まるっきり違っていましたから。

でも今回は・・・・ほとんどどの会社でも変わり無い印刷で、どこでもいいと思うほどでした。

コピー機技術もほとんど”天”に近づいたかなと感じさせられました。


でも今回のこの機種。ちょっと変わったことができるので、時間ができたらやってみようと思います。

仕事始め?

長〜い正月休みから本日スタートするところが多いのではないでしょうかね。暦的にも、一番長く正月休みとなる年だったと思います。でも本日が月曜日(笑)。頑張っていくしかないですね。


長〜い正月休みですが、年末にデータがやってきて

「もぐらさん、これ正月明けまでにお願いします。」

と、電話が数件やってきて元日から家や地域行事をしながら仕事を始めています。

おかげさまで、本日もパソコンの前に座っても違和感がありません。(苦笑)


終わった仕事は4日からひたすらメールで送って本日は電話の嵐となることでしょう。


年末には事務所の大掃除というか、ちょっとした模様替えをしました。


image  

というのも、オイラの事務所は事務所らしくない家に余った照明を取り付けてしのいでいました。工場に取り付けてあるような”長い蛍光灯”を取り付けていましたが、倉庫の照明が壊れて、事務所の蛍光灯を取ってしまったので、思い切って照明設備を変更しました。


image      image


LEDとレール照明にしてみました。 ついでに電源やLANケーブルの整理なども行い、次なる仕事環境の準備もしておきました。

しかし・・・どんどん機材が増えて部屋が狭くなってなっている感じがしますが、そろそろ”断捨離”をしないといけないでしょうね。(カメラは断捨離できません:笑)

今年もスタートしましたが、そろそろ健康を考えて仕事をしなければならない歳になりましたので、横着(効率を上げる)をする方法を考えていくことにします。

時の流れ

時は流れ・・・年賀状が発売と聞き早くも半月が。目の前の仕事をやっているのが目いっぱいで家のことや地域の仕事も後回しになり、何かと迷惑をかけているな〜という11月です。


image


と、今朝はもっと季節が変わったという自然現象が。

初霜でした。


image


最近 ”3次元CADでは何でもで簡単にできる” と、思っている役所もいて、少々振り回され気味に。

「工事現場を3次元にしてるのだから、このデータもすぐにもってこい」ならぬ言い方もされるようで、現場の人は3次元ができないのでこちらにやってくるのですが・・・自分は仕事の予定を組んでいますので、”すぐにっ”て言われても現場に出ていますし、夜は次の日の現場の段取りもあるわけでやはり3次元CADは現場の人が使って初めて効力が出るものと、つくづく思っています。


まだまだハードルは高いですが、これも時の流れで一般化になり、”できる人”、”できない人”の2極化が進むことでしょう。

災害の後始末

気付けば9月。 仕事に追われて余裕がない日々を送っています。


災害復旧のお仕事も・・・・日に日に増えていき本日は・・・

「災害箇所が800ありますので・・・・測量・図面・数量にしてくださいな」


とはいえ、発注者さんもどうにか業務を分散してやりくりされるでしょうから、一部をできるところからやっていくしかないでしょう。それか、県外のお知り合いに応援を頼まないと終わりませんな。


ところでこの頃災害で一番大変な業務は・・・用地整理。

自分の土地がどこなのか?隣地との境はどこなのか?

を、土砂の中から探し出すお仕事です。


「土地地番で境、面積って法務局に行けばわかるでしょう!」


NO !!!


”地籍調査”というお仕事があるのを知っている人もいるでしょうが、街中では自分の土地がきちんと法務局にありますが、田舎に行きますと・・・面積図が漫画。

「こんな土地の形ですかね〜」という絵が描いてあり、寸法なども全く合わないし・・・尺度も無い公図が、多いのですよね。


これだけ測量技術が進歩していても、土地の区画を決めるのは近隣人どうし。話し合いで決めなければいけないところがとても多いことに気づきました。


被災されたところの修復は時間とお金で出来ますが、土地の問題は簡単にはいかないものですね。

災害復旧

長期投稿してませんでした。体は至って健康ですが、あれこれと仕事や集まりがありまして、記事を書いていませんでした。

災害から2週間近くたちますが、各地で捜索や復旧作業で大変なこととなっていますが、自分に出来る最大限で頑張るしかないです。

 前回投稿した地元での災害対策はひと段落し、山口県や広島に測量に出かけて復旧の作業はやっています。今日からはJRの災害現場にも入ることとなり、しばらくはドタバタの日々となるでしょう。
とは言え通常の仕事の納期も待ってきれないので何か打開策を考えなければなりませんね。

今、災害の規模を測る測量屋や復旧の設計が出来るコンサルさんが不足しており、市役所の人から
「もぐらさん、誰か知らない?」
と、入札にも入れないオイラに電話がかかって来ます。

どんなことをしているか、後日改めて書くことにします。 

新しいことを始めよう

先週は雨上がりの次の日などはとても気持ちの良い日が続いた週でしたね。幸いにも海が見れる現場で測量でしたので、気持ちよく仕事をしていました。


image


造船所の近くでしたので、巨大なクレーンが山育ちにオイラには目新しくワクワクする環境です。(笑)


image


先週も1件社内講習会で”近年の土木技術”について行ってきました。

昔はパソコンなどは無く、アナログ的に仕事を行っていましたが、電子機器の進歩で土木の管理方法が20年前と大きく変わってきたのは確かです。楽になったところもあれば、”品質”にこだわり複雑化になったところも有るのは確かですね。

実際、パワーポイントによる講習ってものも20年前には無かったことですし、こんな多岐に渡る技術を勉強する必要も無かったわけですから。


まあ、人海戦術で行っていた仕事も機械化が進んでも、人が不要になるのかなーと思われますが、複雑化して仕事も細分化されて新たな仕事が増えてきているのも確かですね。


バブルがはじけてパソコンや携帯電話が出始めたころしばらくは、「昔はよかったのに〜」とアナログ時代を懐かしむ声が聞こえていましたが、もうそのような声を聴くことはなくなりましたね。


反対に便利なものを求める努力をする人が増えた感じもします。


ということで、オイラも新しいことを始めてみることに。今度は通信事業の仕事かな?(笑)

肩こり

ゴールデンウィークが終わりましたが、「休み前まで何の仕事をしていたっけ?」と考えている人も多いのではないでしょうかね?(笑) 連休の前の日までには頭の中を”仕事モード”に戻しておかないと、休み明けは一番 ”ぽかをやらかす” 確率が高いので、自分も含めて今日は要注意です。


2月には”腰痛”で四苦八苦していましたが、それが治った・・・と思いきや、なにかと手がしびれて首のあたり違和感があって4月末ころから背中の痛みで夜中に目が覚める休日でした。


お医者にも行って診断されたのが・・・「頸椎ヘルニア」の疑い。

薄々感づいていましたが、パソコンを長時間使うことが多いので、椅子に座るスタイルを首に負担を掛けないようにしてはいるつもりですが、やはり歳とともに首に来ますね〜。


で、” 頸椎 ” でネット検索しますと・・・・出るわ出るわ。スマホ使い過ぎでの頸椎・・・とか。

病院にある「頭を引っ張って首を伸ばす機器」など、頸椎・・・という健康器具も多々出てきました。


で探していて見つけたのが、このHP。

image


テレビ番組のHPですけど、下手な営業用HPとは違う気がしますので、そこにある肩こり治療ストレッチを試してみることに。

『肩こり記事』


ストレッチをしてみると、数時間で体が少し楽に。日ごろ運動など全くしていないので、”自分の体をいたわる”ことが出来ていない証拠ですね。


整形外科の看護婦さんと話をしてみると、

「この手の頸椎・・・は、初期状態だったらきちんと処置をすれば治る」そうです。
昨日夕方に数年前から自分と同じように手がしびれて病院通いをしていた友達がやってきましたが

「先生(お医者)が言われたように必ず治るといわれたが本当に治ったよ、1年かかったけど」

と言っていました。


コツコツと処置をしていかないといけませんね。きちんと仕事をするには日々の体つくりをしておかないとできないものですね。

生産性の向上

ゴールデンウィーク直前の週になり、月末に行うイベントの準備や仕事等で体は楽なのですが、気分が落ち着かない週となっていますね。


週初めは3年ぶりに講習会で20分ほど話をしてきました。


今はやりの『働き改革』についてでしたが、


「仕事に集中できる時間を長く作る。集中しなくてもできる仕事を増やす」


という内容にしたつもりでしたが・・・・うまく伝えられなかったと反省しています。

(夜の懇親会の時はうまく説明できたつもりですけど:笑)


でも国の政策で働き方について考えるように発信されていますので、誰もが少しは気にかけるようになっていますね。

その一部で「生産性の向上・・・・」と言葉も多く聞かれていますが、昔の自分が作ったパワーポイント資料には、最後の言葉に下記のようなフレーズを書いていました。


image


もう7年前からこの言葉の資料を作っていたものです。

自分の仕事環境は個々で違いますが、「どうやったら仕事が早く正確にできるか?」を考えて働いていくことが一番大切なわけで、それぞれ意識しているといずれかは全体的に今より「生産性が上がっていく」ことになると思います。


便利なもの・方法はたくさんあるのですが、まずは一人ひとりが無駄な時間を減らし集中して仕事をすると、必然的に生産性が上がってくるというものです。

また集中力が少なくなる夕方などは”集中しなくてもできる仕事”を残しておけば、同じ1日8時間の時間の使い方で、できる仕事量は増えるというものです。


単純なことですが、仕事時間のマネージメントをするということです。


では生産性の向上を目指して本日も仕事をしましょう。(笑)

2重チェック

新年度も始まり気分は”春”なのですが、息子の”新入社員”状況を見ていると、環境の変化にまだまだ溶け込んでいないな~と感じるところが多々あり、「頑張って働きに行ってくれよな~」と願うばかりです。

その息子2号は3月末から研修名義で早々と会社に行っていまして、先日研修期間でも給料をもらえるとは知らなかったようで、給料明細書を見て喜ぶ姿を見ていると、オイラの方もとてもうれしくて、昨夜は少々・・・お酒もすすみました。(笑)


と、人様の仕事より自分の仕事に火がついており、どうにか打開策はないかとあれこれしていますが、解決策と言いますと・・・1日48時間あると良いのだという結論に。(笑)
とはいえ、まだまだ仕事を早くする方法を考えている次第です。(でもブログは書く)


先日ソフトメーカーさんより2つほどPCソフトを貸していただきました。


image


違うPCソフトを使ってみると、


”へー、こんな機能がついているんだ〜” 


新たな気づきがあり、自分が持っているソフトではこれはできないのかな〜と試したりしていますと・・・時間があっという間に立ってしまいます。(苦笑)


これまでは『答えは一つ』だったものが、2つを使うことで『答えが2つ』になり少々戸惑ってしまいますが、『ベストな答え』を見つけることにもなりました。


早速プログラムの”バグ”みたいなものを見つけてしまいましたが、答えが2つあったからこそ見つけられたものです。


工事現場の測量計算を請けることが多いのですが、座標計算とCADでの計算、2つでやるようにしています。すると見えないエラーが出てくるのですよね〜。


便利な ”建設用PCソフト” が出ていますが、使い方次第で効率は上がるものです。でも、まるっきり信用するのではなく、疑いながらソフトを使用することで『これはおかしいぞ』が見えてくるものです。


土木・建築仕事でミスは大変なお金が出ていく職種です。 早く仕事ができるのも大切ですが、まずは「正確に」を一番にして仕事をしなければならない職種でもありますね。

現場には行ってみないとダメですね

年度が替わり、新入社員や新しい環境に移られて仕事を始めた人も多いことでしょう。

この「年度替わり」って、慌ただしいということもありますが、生活の一区切りと言いますか、過去を少々リセットして新たな生活が始まるということは、不安も多いかもしれませんが、それ以上に新鮮な気持ちで仕事に取り組めるということは、「年度替わり」ってオイラは好きですね。


とはいえ、継続して仕事を行っている人にとっては、季節も良くなり本格的に仕事が始まり、慌ただしい人も多いことでしょう。

その中にオイラもいますが、昨年から緊急である造成の流量計算の設計仕事をやっていたのですが、施主から質問があるといわれ、初めて現場に行きました。(これじゃよくないのですけどもね)


行ってみて話を聞くと・・・300億円近い現場だとか。 とにかく現場はデカい。

いやいや、昨年一度現場に行くように話をしていたのですが、ひ孫請けなので出る幕はないということで、いっていなかったのですが、現場を見るとやはり図面とは違うことがたくさんありましたね。

(現場に行くお金をみれないといわれたので行っていませんでした)


「もぐらさん、ちょっと計算が難しいからやってみてくれない?」

と簡単に言われたのがことの始まり。Excelで計算式を作りトータル的に計算はしていたのですが・・・・。そもそもこんな大きな現場なのに、排水計画を立てていない事態おかしい・・・。


で、とんでもなく図面が変わり、とうとうこの4月で1年経ち、その間20回近く修正や変更が行われ・・・こんなに長丁場になるとは考えてもいませんでした。


今回は現場に行き施主に理不尽な質問や計算を言われ、またもや計算しなおしましたが、果たして良いものができるかは疑問ですね。(でも水は流れるので問題は無いのですけどもね)


しかしもっと早くから現場に行って打合しを施主・元請けと話をしていれば、ここまで日数がかからなかったのではと反省しています。

物事の準備

一気に春めいてきましたね。昨日は防災・消防訓練でしたがポカポカ陽気で気持ちの良くできました。気づけば3月もどんどん進んでいき、地域行事や仕事でブログに手が付けれなかったのが先週でした。


昨日の防災訓練ですが、消防団として参加していましたが、住民の人に災害を知らせる方法1つにしても、もともと訓練計画は立ててあるけどみんなで集まって打合をしていると

「この地域は〇〇だからうちの団が回った方が良い」

「巡回している途中に被災者がいる場合は・・・・どちらを優先?」

「この場合の指令系統は・・・」

など、やってみていないとわからないことが結構ありましたね。


その場にならないと考えないので、避難訓練等はやっておかないとだめだなということがよくわかりました。

仕事も同じく、いろんな体験をしておかないとその場での対応が取れないので、何事にもシミュレーションしておかないとだめですね。

「もしこの書類の項目で発注者に聞かれた場合は・・・〇〇〇です。」

とすぐに言える準備をしてお役所に行ったものです。


今週も”待ったなし”竣工検査や検査準備であたふたする週になりそうです。

冬の事務所事情

「もう雪の話はいいよ〜」と言われそうですが、ダメ出しで今朝の写真を。(笑)

関東の方ではここより多く雪が降ったでしょうが、こちらはあまり積雪はないですけど、気温が+側に上がっていないのでサラサラの雪ですね。


image


実は先週から今週の中頃は「低温」が続くといわれていたので、無理やりにでも先週に外の仕事を追い込んでいましたので、今週は溜まっている内業をしてストーブを抱いて(笑)やっています。


といえどうちの事務所には精密機器が多く、”結露”が命取りになります。もちろんパソコンもですね。朝はできる限りゆっくりと部屋の温度を上げるために「エアコン」を使用。結露を取りながらです。

結露で一番にやられるのが コピー機 。 紙が濡れてくるのと、読み取りセンサー部が結露してしまうとあっという間に写りが悪くなりますね。そしてインクドラムが濡れたまま使うと破損してしまうこともありますね。


それと部屋の温度は13度設定。防寒着を着て仕事をしていますね。

ポカポカしていると仕事をせずに遊んでしまいそうなものでして。(笑)


人間もそうですけど機器も 「急激な温度差」は故障の元です。

仕事道具のメンテナンス

今週のブログ投稿は皆勤賞ですね。(まだ3日目ですけど)


仕事はやっているものの、使っている機械が故障・メンテナンスを要求してくるので、サラリーマン時代と違い、仕事時間 = 単価 とはいきませんね。


昨日発覚した1つ目は、自動追尾トータルステーション。


image


「さて使い始めるか」と、機械を設置して電源を入れると・・・画面・通信設定が初期化されていました。

この機械を購入して8年目。もしや・・・と思ってTSサポート会社に連絡しますと。

「もしや内部電池が切れたのでは・・・」と、オイラと同じ考えでした。

そう、デジタルカメラでも内部電池が切れると、撮影日付が 20××-01-01 となってしまうのと同じく、このTSもWindowsで動いているので、保管時にバッテリーを外していると内部電池で設定を保存している機能があるのですよね。


ということでメーカー送りになりますので〇十万いるかもです。


そして今使っているパソコンも悲鳴を上げだしました。

image

このパソコンにはデータを入れるHDD6TBとOS・ソフト・一時データを扱うSSD256GBを入れています。

そのOSを入れているところの空き容量が全容量の10%を切ってしまいました。もちろんクリーンアップや最適化はやっているのですけど、そこで消去できないものがあるのでしょう。

昨日のスマホ同様、OSのクリーンインストールしないといけない時期となりました。(前回から半年ですけど)


よく『バックアップを作っておいて、そこから復元すれば早いのに・・・」

と言われますが、WindowsOSのアップデートや、ソフトのライセンス問題も出てくるので、確実にライセンス解除やその場でBackUpを取って初期化するようにしています。


ということで急ぎの仕事を片付けてメンテナンスを始めることにしましょう。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ