もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

公共工事

年度末工事

1週間もブログ更新になりませんでしたが、先週は近畿地方に仕事に出掛けていました。検査は3/30。そう、今日ですね。 で、オイラが何のために遠方にまで呼ばれたのか? 「完成前の測量」でしたが、「近畿地方にも測量屋さんがいるでしょ」と一度は断りましたが、

「それが・・・この時期見つからないのですよ・・・」と言われ、不安もありながら機材一式を積み込んで出発しました。


さて、この話は先週初めにあり、オイラもこの年度末に余裕で行けるわけもなく、先週初めごろから仕事を押し詰めてやっていましたら・・・、なんと一日早く来てくれと近畿の現場から一言が代理人を通して言ってきました。ドタバタな現場だな〜と。実際に現場の状況は?と思って現場代理人さんに何度電話しても不通。どんどん不安が・・・。

ということで車で5時間かけて現場に到着してみると・・・・唖然。あと1週間しか工期がないのにまだ着手していないところが半分ぐらいある。恐る恐る現場で現場の所長や現場の担当者の人と話をしますと・・・

「延長600mの道路拡幅工事にて中間の基準点全部なくなりました」と。
唖然・・・・
そして、現場が変更されており、元データの変更や追加を言われて、当初話に聞いていた仕事量の3倍となり、正直、「やめた!、帰る!!」 と言って今すぐこの場を離れたかったです。現場のわがままばかり言われて納得がいかない。でも・・・中間に別会社の立場があるため、そこの会社のことを考えるとどうにかして、この仕事をやり終えるしかないと気持ちを替えました。

交通量が非常に多く街中なので、道路周辺のお店へ出はいりで、基準点を作ることは至難の業。そして、車通りが減る夜中1時から測量を開始することにし、結局3日間夜・昼連続の測量やデータ整理をして、何とかオイラができるだけの仕事を終わらせることができましたが、現場はまだまだ完成には程遠い・・・。

さて今回の考察であるが、歩行者も車道を歩かなければならない工事の進め方になっており、事故がないのが不思議なぐらいでした。職員・作業員も不眠状態で仕事をされており、どうしてここまで工期押しつまった工程になったのか、現場の人には聞くことができなかった。
そして重要な基準点(高さ)を無くす前にキチンとその周辺に移動するか、最初から民地に基準点を作っておくべきである。

土木工事は工程管理が重要。いくら技術力やお金があっても、作業員と時間がなかったら何もできないもの。そして事故が起これば・・・工事中止でおしまい。

オイラももう一日年度末仕事を片付けることにしましょう。

尾道自動車道開通

昨日はこの地で”大きな変化”なるものが完成しました。

尾道・松江自動車道(通称 中国やまなみ街道)が全線開通しました。これまでは広島吉舎(きさ)〜松江。世羅(せら)〜尾道が開通していましたが、吉舎〜世羅の20kmが開通して山陰から山陽の140kmが全線(一部有料)でつながりました。

image

夕方5時開通ということで、私用で昼から一般道で福山に行きましたが、帰りは一気に突っ走ってみました。実は写真を撮って帰りたかったのですが、暗くなってからになり残念なことに。 しかしオイラも今回開通した区間の現場に仕事で行ったりしていましたので、だいたいわかりますね。特にお盆・正月のパトロールを頼まれたりもしていましたので、何度も工事中に通行してはいました。

image

で、町内でも昨日は開通イベントもあり、ちょっと覗いてみました。このほか高校生の吹奏楽もあったのですが、息子3号が見に行っていました。(オイラも協賛していますが)

「便利な道路ができると、町に人が来なくなる」といわれていいますが、反対の意見では「便利な道路で住みやすい町になる」とも言えます。

結果はこれからになりますが、後者を目的にするにはこの道路に”バス停”なるものが必要ではとオイラは考えています。JRもあるのですが、本数が減っていまして、高速バスならぬものができればもう少しは住みやすい町になるかなと。

さてオイラも近場でなく遠方の仕事を入れてくることにしますかな。(笑)

中国地方の道路開通

年度末も終盤となりましたね。この時期から道路の開通や、工事の完了もラッシュとなっています。

image

工事もですがこのHPも6年間手伝わせていただいていましたが、3/22に開通ということで工事工事現場の見学会募集ページは間もなく終了になりました。

今後のイベント情報などはこちらからどうぞ。

尾道松江線(中国やまなみ街道)

このほか東広島呉道路は一足先に3/15に全線開通して山陽自動車道から呉まで突っ走れるようになりました。
こちらの道路もオイラが現場代理人の時に携わった道路ですので、その道路を走っていますと・・・・現場で失敗したことが一番に思い出されます(笑)

広島県内の大型事業もこれで一息つくようになるかもしれませんが、日本一土石流が起こりやすい県でもあり、そちらのほうも力が必要になってくるでしょう。

さて、あと少しドタバタの日々をやっていきましょう。

年度末工期って品質には?

今年は晴れと雨が3日ごとにやってくる転機となっていますが、工事現場では最後の仕上げ(路床)ができずにもう1か月も何もできていない現場もあります。

「冬だから仕方がないよ」といえばそうなりますが、オイラも2,3月に雨が降って路床をもう一度掘削して、濡れていない地山を切って路床を作ったことがあります。役所では見てもらえない工事となりますが、工期や人件費を考えるとやむを得ないこともありますね。


昔みたいに「公共工事が何が何でも3月末にすべて終わり」というものが、年度をまたいだ工事も増えて事故の減少や人員配置が楽になってきました。


考え方ですが、道路など雨や気候の悪い時を工期にするのって、「悪いものを作れ」っていうようなものですよね。最後の仕上げは気候の良い春、秋にするなど頭を柔軟にして公共工事を発注してくれれば良い気がしますね。(笑)

便利になるインフラ整備

久々に何も行事の無い週末となりまして、島根の方に魚釣りに行っていました。

基本魚釣りは大好きなのですが、近年はいろいろと行事などが重なり、年に1度ぐらいしか行っていませんね。

これまでは日本海へ行くときは浜田方面でしたが、ふと地図を見ていますと・・・昨年からは大きく変わった道路が。 今年春に近くまで開通した『尾道松江自動車道』が出来ました。

浜田市と松江までの距離・時間はあまり変わらないのですが高速料金が大きく違います。

尾道松江自動車道のほとんどは無料区間であるため、料金は860円。方や浜田までは2780円。

釣果でこれがまかなえるならよいのですけどもね〜。(笑)

image  image

松江市方面                                  浜田市方面
 

この道路の開通で島根県と広島県の境目の地域はとても便利になったことだと思います。これまでは山道でカーブの連続の道路が多く、緊急でも車で大きな病院までは1時間以上かかっていましたからね。

この度初めてこのインフラを体験してみましたが、便利です〜ね。
来年の春には松江と尾道までの全線が開通しますので、活用する人がもっと増えるでしょうね。


で、昨日の釣果。

小さなアジやサヨリが100越えで釣れましたが、釣るたびに4,5匹の野良猫がやってきて咥えて行きやがるのです。

糸についている時点でジャンプして咥えていきますので、たまったものではないですよ。

image

ちなみに人なつっこい猫も居まして座っていると膝の上にあがってくる奴も。

車横付け出来るので便利な場所なのですが・・・次はちょいと考えてしまうところでした。

人材不足ですな

最近「人買い」ならぬ、「現場を監督してくれる人はいませんか〜」と週に1,2回は電話がかかってきます。 今年は例年より多く感じますが、元請けさんはなかなか良い金額を提示してくれるようになりました。 つまり、そこまで人材不足に追い込まれているということなんでしょう。
日本はここ近年の災害復旧などの公共工事が増え、土木技術者が足らなくなっているもようです。

でも本当に以前より土木技術者が少なくなったのか・・・?という疑問がありますが、土木現場に訪問してみると、年配の方と若者が少なく中堅(40-50歳)の人が多くなりましたね。

昨日も10年前からお付き合いしている建設会社があるのですが、職員が10人ぐらいの会社なのですがその当時30歳前後のやり手が5,6人居まして、

「こりゃ元気のいい会社ですね、今後が楽しみですね」

と話をしていましたが、今ではみんな40歳で若手がいない状態になっていました。
まだ元気な会社ですが、20歳の人が入ってきても年齢20歳の差を埋めることが出来ないのは何か打開策を考えておかないとまずいですよね。(ま、ここの上層部さんは先読みが出来る人なので大丈夫でしょう)


でも、このように人材不足になっているからオイラも仕事が来るわけでありがたいことではあります。(笑)

災害準備

台風11号が広島県近辺を通過するということで、この週末は事前対策に追われるお役所や、行事を中止するなどして自宅待機する人など、予定が大きく変わったものとなりました。

オイラも早めに九州から移動しましたが、ありがたいことに大きな被害にあうことはありませんでした。

昔より集中豪雨など急激な雨量の増加を見せる気象現象があるので、身を守るには退避や事前準備が必要ですね。

話は少しずれますが、先日親戚の人が新しく家を建てたいと相談され、現地を見に行きました。
以前は山の中腹に家があったのですが、若者が田舎に帰ってくるということで、田んぼを埋めてそこへ家を建てるという計画。
田んぼを埋めるに必要な予算や地盤確認をすることなど相談にのりましたが、オイラが気になったことが一つ。
「この周辺には以前からこんなに低い位置に家を建てた人がいません」
地形をみると上流には山、平地が有り、この家を建てようとするところが急激に山と山に挟まれて狭くなっているということ。
つまり、急激に雨が降れば川の水位が大きく上がってくるということです。言葉では説明が難しいですが、先人の人が家を建てなかった理由は何かあるものだと。
東北の震災の際にでも、過去に津波が来ていた所にも家が建っていたと聞きました。過去に災害があったところには家を建てないのも身を守るひとつですよね。

土木屋さんは地形を見ることが出来る人が多いので、家を建てる際にはアドバイスをもらうと良いかもですね。

数量のとりまとめ

今週は公共工事の”設計変更”のお手伝い。昨日から泊りがけで現場に来ています。
”工事現場のサポート”とうたってオイラは仕事をしていますが、実は現場に行って何の仕事をするのか少々ビビりながら現場に行くことが多いです。
今回も設計変更の図面・数量のとりまとめですが、通常現場の人が一番やりたくない業務ではないでしょうか。
施工の筋道を通しながら、地道に数字を取りまとめて行く。 頭が痛くなるようなことばかりではないでしょうかね。

オイラもまずは工事現場を把握することが重要ですけど、数か月・数年に渡って施工をしている現場のいきさつは非常に複雑です。
今回の所長さんは、説明も上手で、「伝える力」がよくて昨日から数量とりまとめが前に進むことができました。

 さて、そろそろ出動することにしますかな。

工事写真

最近ちょっと変わったお仕事を開始しました。
「現場の記録を!」と題して、工事現場の写真を撮りに行っています。

「工事現場の写真なんていつも撮っているし自分でも撮れるじゃん!」

と、思われるでしょうが、撮りたくても撮れない・・・ということもあります。


それは夜間工事など、光が足らなくてフラッシュを使うような写真ですね。

-20140407_832

たとえばこのような現場全体を夜間工事で撮影したいとき。現場で使っているコンパクトカメラではちときびいしいですね。ちなみにこれはフラッシュは全く使わずに撮影していました。

それと工事用の照明。これが一番難しい撮影となります。カメラって明るい方向に向けて撮影すると、人物などは真っ暗となってしまいます。

-20140407_1018 -20140407_986
じゃ、写真屋さんにお願いすれば・・・・となるわけなのですが、おそらく工事現場を知らない人を立ち入らせると・・・とても危険ですね。(危険は誰にでもあるのですが、ところかまわず撮影していたら素人の撮鉄さんになってしまいますね:笑)

-20140202_0421

この現場はJR関係ですが、例の少ない工事方法をされていまして、初回はオイラが提案させていただいて、撮影に行きました。それを施主さんや会社へ見せたところ好評だったということで、先日は第2回目の撮影に行ってきました。


最近のデジタル一眼レフは高感度にも耐えれるようになりだしましたので、こんな写真も撮れるようになりました。ちなみにこの上の写真はコンパクトカメラでは設定できない方法で撮っています。

昔から写真が趣味でしたけど、以前の会社で工事表彰する提出する写真は、自分のカメラを持って行って撮影していましたが、割と入賞していましたね。

まとめますと今日の話は「適正な機材を使いましょう」です。決してオイラの腕という話ではありません。(笑)

でもお仕事のお申し込みはブログHPの右側メールより承ります。(爆)

自動車道開通間際

今週でほぼ3月が終了しますね。 公共工事の竣工検査も今週がとても多くなるのではと思います。

そしてオイラの地域では今週末(3/30、15:00)には、尾道・松江自動車道が部分開通するようになっています。そして来年の春には、広島県の尾道から島根県の松江まで


オイラが今みたいな建設現場のサポートを始めて今年で10年。そのころこの道路工事が始まりました。もちろん設計などはそれ以前には始っていたはずですが、その区間137km。

image

早いとみるか遅いとみるか。オイラの感覚では早く全線開通したなというイメージですね。
この道路ありがたいことに島根の1区間のみ有料で、あとは全部無料。広島県の北部を突き抜けるこの道路はまさしく生活道路となるでしょう。


昨日はオープニング行事として、開通区間のウォーキングやサイクリングなど催しされましたが・・・年度末のオイラにはちょいと酷なイベントでして、この場でその様子を伝えることができませんでした。(開通区間のお仕事も来ていますので、目の前の検査が需要です:(苦笑))

大きなプロジェクト工事が終盤に近付くと現場に行って職員さんから聞かれるある言葉。
「この道路が開通すると、このあたりでは工事が少なくなるだろうなー。=仕事がなくなる」
以前桃地さんより聞いたことのある「金魚鉢論」。金魚蜂に入った金魚は上から餌をもらえないと死んでしまう。です。こんなことにならないように〜という話だったと思いますが、自ら餌を探しに行く建設会社でなければならないのですよね。

明日は我が身。オイラも仕事を探していかなければなりませんね。(苦笑)

建設業の人手不足

今年に入って建設業の人手不足が、国土交通省の調査発表でわかりました。

といっても、それは肌で感じていますのでオイラはわかっていますけどもね。


「建設の人手不足、先行きも厳しさ/国交省調べ

震災によることが大きな要因か?政治的に来ているのかということがありますが、現場を見ていると若手土木技術者・作業員が減ってきている感じですね。特に20,30歳代の人が特に。しかし50,60代の比率は増えていますけどもね。(笑)

前にも書きましたが、近年は土木学科が先行できる高校や大学がなくなってきていると言うこと。
つまり建設業の人材不足というものは・・・・・、政治的に行われてきたということであることが分かる。
で、今になって「先行きが不安・・・ 」って、当り前ですよ。閉鎖した学校なんて、そう簡単には復活もできないし、先生の育成自体もできていないところで授業なんてこともあり得ないでしょう。

まずは建設・土木学科の復帰からやってもらわないとダメでしょうね。

TSを用いた出来形管理の良いところは?

今年の4月から国土交通省の工事において”トータルステーション(TS)を用いた出来形管理”が、義務(施工規模により)つけられるようになりました。
これを行うにはまずは設備投資が必要になってくることが皆さんが頭が痛いところでしょうね。

まずはこの管理するため、設計データを作るためのソフトが必要となってきます。
今作っているソフト会社さんは3社のみ。どれも50万円前後となるのですが、通常の測量ソフトでもありますので他にも仕事で使えます。
次TSと接続してこの設計データを現場で使う聞き・ソフト。
データコレクターと呼ばれるWindows内蔵の機器でそれでソフトを使い道路線形や縦断・横断を取り扱うことができます。(これも50万円ぐらいかな)

image

image

設計データを作成するには路線計算や縦断図の計算ができる人でないと厳しいですかね。でもこれを機会にできるようになると現場が楽になります。

これまでに何現場か携わっていますがはっきりと言って・・・・
「こんなもので出来形管理するより巻尺・レベルで検査を受けた方がはるかに楽!」
高い投資をしても何にも反対に手間がかかってはダメじゃないか!
と言われますがこの仕様の本来の目的は「トータルステーションを土木現場で使えるようになってもらう」ところ。

機械に路線と設計高が入れてありますので、前の晩に「次の日の水路丁張りの計算をしておかなければ・・・」「CADから座標を拾って・・・・」なんてことをしなくてもよいのですね。
一度現場に出ていると測量計算をするために事務所に戻らなくても良くなります。

そして、水路の位置をTSで出して、そこに杭打ち。それにプリズムを持っていくと 「設計0.○○mm下」と表示されます。
最近オイラは電卓を持って現場に行かなくても仕事ができていますね。(笑)

オイラは自動追尾のTSを持っていますので一人で測量・丁張りをかけていますが、ちなみに先週は2日で140か所の丁張りを設置しました。
杭・板の運搬と打込みにはちょっとしびれてしまいましたが、位置・高さ出しだけでしたら断然早いですね。

今後このシステムを導入しようと考えている会社さん。TS機器は断然「自動追尾」がお得。なんせ測量=2人でしたが、1人でできるようになれば現場に一人人間を減らすことも可能になるかと。土木技術者が少ない時には重宝しますね。

でも・・・・・その機器が使いきれないと持っていてもダメですけどもね。(笑)

丁張り

オイラの仕事は土木現場のサポート。この仕事を始めた当初はパソコン使った仕事がメインでした。
この仕事を初めて10年を迎えるようになるのですが、あの頃は土木技術者さんもパソコンを使うのを苦手とされる方が多くて、図面、データ整理などの仕事がほとんどでしたね。
しかし最近は通常業務では使いきれてですし、10年たつと当時の所長クラスの50才台の人は・・・・定年に。

ですのでパソコンのみの仕事は減ってきたと言いますか若手職員さんで十分にできるようになっています。

でも反対に現場で一線で働いていた人が所長となり、若手が少なくなった土木現場は”現場を管理する人が少ない”という今日の現状になっています。
もちろん職員の人が現場管理ができないわけでなく、発注者への対応や社内の書類の多さで現場に着く時間が減っているものでしょう。

ということでオイラは最近現場の仕事が多くなりましたね。
特にこれまで職員がやっていた“丁張り”や“現場を測って図面に”がオイラの仕事に回ってくることが多くなりました。

そこで一つ時の流れで昔の良き技術を使うことが少なくなった感じがします。
それは水糸ですね。
図面もCAD化して構造物の位置など正確に出せるようになり、現場へ位置出し するにもトータルステーションを頻繁に使って位置を出すように思えます。

以前は”逃げ杭”、”基準杭”なるものを現地に設置して、そこから現地の丁張りを出していました。
カーブの水路でも10mごとに位置出し をして水糸を張って”土方カーブ”と呼んでいる計算で施工をしていました。(今も使われている人も多いですね)

精度と業務のスピードを天秤にして仕事をすることが望ましいですね。
何もかも測量では職員の手が取られて仕事が停滞することでしょう。

こんなことを書くと怒る人もいるでしょうが、
「良品質・良出来形をあげるためにコストを上げるようではいけない、上げるのは技術のみ」

決めるところだけきっちりと決める。
すべてデジタルできっちり合っていないとダメという世界ではないとオイラは思います。

設計変更(数量計算書)

今週中は数量計算書のお手伝いをしてきました。
公共工事をやっていて、どうしても現場と設計が合わないことが多分に有り工事終盤には設計を変更する作業が有ります。

この設計変更(設計図面修正・数量計算書修正)作業には、多くの時間が必要です。
また工事発注時点で 「この工事は概数発注につき・・・・」ということがあり、施工する際に現地に合わせて施工するようにという意味で発注されている工事も有ります。
こんな時には非常に多くの数量計算書を作ることになります。

今週のがそんな現場でしたね。 また終盤に入って工事の山場を迎えることが多くあって、その中で設計変更を行うのは至難の業ですね。

昔は現地を測って数量に反映させるものですが、近年はCADが導入され、現場の形状をCAD図面にしてそれを数量に反映することも多くなりまして、CADから数量を拾えるようになりました。

オイラが十数年前にこのCADを使い始めた際に、数量計算書をまとめるのが非常に速くなりました。(反面シビアになりましたけど)

オイラの数量計算書を早く作る手順方法を今日は列記してみましよう。

1、平面図を仕上げる
2、横断図、構造図を作る
3、平面図・横断図に数量用の数値をレイヤを分けて作成する
4、延長調書を作成する(測点間ごとに)
5、単位数量を計算する

と、順番を書いてみましたが、いろんな現場に行ってみると単位数量計算からスタートされていることが多くありますが、単位数量は他人に応援してもらってもできるので、まずは現場にいる人でないとわからない”平面図”から着手しておくと、いざという時につぶしがききますね。

あと数量を取りまとめるには、Excelの機能を使いますと早くできます。
ちなみに今週オイラはCADで距離を拾う際に単純に距離を拾ってExcelに転記するのでなく、2点間の座標値をCAD上に作成してExcelで2点間逆計算して距離を求める。
これをすることで、転記によるミス無くし、後でのチェック時間を省略する方法で行っていました。(分かる人でないと意味がわからないかも)

そして数量計算書をやるのに一番大切なこと。

「この工種は○○時間でやる!」 そして 「気合い!」 (笑)

完成予想図

朝記事を書こう! と思いきや、いろいろとしていますと通常の業務となりまして久々の投稿ですかね。
先週末は地域のお祭りなどがあり、頭は”OFF”となりまして、先週末も良い休日を過ごせました。

「もぐらさんの専門のお仕事はな〜に?」と言われそうですが、先週末には看板を設置していました。(笑)
2013-11-02 11.51.26

オイラの知り合いのところのお仕事のお手伝いですが、看板設置を専門業者に頼みますと・・・・現場の人の予想を超えた金額に。
そこで完成予想図は、「土木の仮設仕事」ということでオイラに回ってきました。

見た目小さいのですが、幅2.5m 縦1.5mの完成予想図。
作成はこちら : ソフトアーツ(有)
(もぐらくんを見てきました、と言えば安くなるかも(笑))

立派な絵ができているのに建て枠に高級感?を出すように・・・・単管パイプに色を塗ってみました。(先週は塗装屋さんでした)

地域の人にいち早く完成した風景を提供できるのもこの完成予想図の良いところですね。
やはり工事周辺の人は
「ここはどうなるんかいの〜」
という会話を良く聞きます。その不安を少しでもこたえれるのも土木サービスにも当たることでしょう。

ちょっと変わったお仕事をしましたのでご報告を。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ