もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

ちょっとしたPC技術

Trimble測量機のBluetooth設定

災いは突然やってくる・・・・。

自然災害はもちろん、人災もいろいろとあるものですが、今回オイラがぶつかった災いは比較的”軽い”ものですが、信用していたものが突然動かなくなると、ちょっと慌ててしまいますね。


今回の災いは・・・測量機。

自分なりにカスタマイズしていろんな部品を取り付けている通信機が、つながったり・・止まったりと。現場で仕事をしていて機材が壊れるのは大変です。お金をいただきながら機械を修理しているとお客さんに申し訳ないばかりです。


日頃機械のメンテナンスはやっている方ですが、電気系は突然やってきますからね。


前置きが長くなりましたが、2年前に構築したTrimble S7とpanasonic FZ-G1との接続のBluetooth機器の不具合。

原因はアンテナが折れたのと、何かと内部で不具合が起こっていたのか”リセットボタン”を押して修復ができました。


今回は専門的になりますので、不要な方はスルーしてください。でも、マニアックな専門的なことを書いていますと質問や訪問もありますので、今回は修理方法やWindowsのアップデートで使えなくなることなど、長編になりますが自分の”健忘症対策”で細かく書いておくことにします。


今回問題となったのはこの器具。

image image


Bluetooth機器 の「Parani-SD1000」TSのS7をロボティック(自動追尾)で使う際、panasonicFZ-G1に福井コンピューターの”TREND-FIELD”(平板ソフト)を連動させるための道具です。

詳しくは以前の記事を参照ください。

Trimble S7と平板ソフトの設定方法

今回はこの機器などの内部の設定を書きます。


オイラは念のためにこれとは別のこの機器をTS箱に入れていましたが、現場で緊急時ということでこちらを使おうとしたものの、全くダメになっていまして、本日こちらを修理しました。


image       image


これもBluetooth機器 の「Parani-SD1000」シリーズですが、S7のUSBに差込み直接panasonicFZ-G1と接続していましたが、これがつながらなくなっていました。


まずは修理方法や、販売メーカーかわからないのですがここにいろいろと製品について詳しくサポートされています。


image


今回はまずは内部修復するために、接続用のソフトをダウンロードしました。

PCにインストールして「Parani-SD1000」接続して起動してみました。

image  ParaniWin ver.1.0.7   


しかし内部を見ることができなくなっています。


そこでファームウェアをアップデートしてみることに。

image ファームウェアアップデート ソフトウェア ParaniUpdater Ver.2.0.1


それからそれぞれの2機種のファームウェアをダウンロード


Parani-SD1000

Parani-SD1000 Ver.2.0.8(95.9KB) (黒いやつ)


Parani-SD1000U

Parani-SD1000U Ver.2.0.3(95.9KB) (赤いやつ)


Bluetooth機器をパソコンに接続して Parani Updayer を起動して、上記のファイルを読み込み「Start」ボタンを押し待つこと1分ぐらい。

そしてTrimble S7に接続して、panasonicFZ-G1と接続を試みるが・・・だめ。


image


Bluetooth機器としてParani-SD1000が表示されますが、「PIN」番号を聞いてきます。

image


もともとこの機器は PINは”無し” の設定ですが、Windows10は必ず PIN を入力しなければならないようになったのかもしれません。


そこでもう一度Parani-SD1000をPCに接続して、”ParaniWin”を起動。


image  Sirial Port を選択します。最初はこのProtも選べなくなっていました。


 image

この機器の内容が表示されます。



image


左側の ”Device Setting” をクリックし、 ”Pin Code” を自分が覚えやす数字を打ち込みます。自分は黒いやつの初期設定と同じ 1234 で。 


この後は

Trimble S7と平板ソフトの設定方法 記事を参考にしてください。


自分もネット上でいろいろとこの手の設定を探していましたら・・・自分のブログに当たり、PIN番号を知りました。(爆笑)

暑さとパソコン

梅雨明け初の投稿。8月になってしまいました。何かとお盆が近づくと”体力勝負”のことが頭に回ってきてソワソワするのですが、今年はどの祭りも中止となったので、このままお墓参りだけをするお盆になるかな〜と、いつものお盆らしくない8月を迎えています。


先週末は久々に講習会でしゃべっていましたが、なかなかICTレベルの高い人がおおく、資料の作り具合を失敗したな〜という感じでした。 基本のPPT資料も2年前に作ったものでしたし、今の土木業界の進歩はとても速いので大きく作り直す必要があるなと感じた次第です。


ここ最近3次元データを扱う仕事が多くて、パソコンがオーバーヒートというかファンがうなり上げるので、PCケースを買って中身を移設しました。


image


image


左側が新しいケース。右側の線を詰め込んだのが現況でした。


ネットでケースを買ったのですが・・・でかすぎました。「大は小を兼ねる」といいますが、机からはみ出して、いつも足小指をぶつけてはうなっています。(苦笑)


「中身を移設できるのですか?」と言われますが、PCを自作している人にとってはたわいもないことなんですけど、今回はケースのファンをいろいろと付け替えてCPU・グラフィックボードの温度を下げるようにカスタマイズしてみました。


その時に使ったのがこのソフト


SpeedFan   (使い方説明HPからどうぞ)


image


CPUは大きな水冷に変更しましたのでだいぶん落ち着きましたが、グラフィックボード(GPU)は、なかなか温度が下がらないのですよね。

UAVの点群処理になるとCPU100%稼働が数時間にも及ぶので、冷却には注意が必要です。


ちなみにPC自作15年を過ぎましたが、パソコンが壊れる原因はいつも 電源 


先月も時々PCの電源時々落ちるようになりまして、「これは電源だな」ということで交換しますと問題なく動いています。 この時々電源が落ちるのを使い続けると・・・CPUとマザーボードが壊れてしまうこともあります。

ノートPCも純正以外のものをつかってCPUに負荷をかけまくって仕事をしていましたら・・・煙を吐いて逝ってしまったことも。

あと、CPUファンにごみがたまって、オーバーヒートして壊した人も知っています。


エアコン内で作業をされるのならよいのですが、パソコンも暑さには弱いので清掃・メンテをして使うことをお勧めします。

パソコンが遅い理由のひとつ

あれよあれよとしていると6月末期がやってきてしましたね。おまけに大っ嫌い夏もやってきたしね。

昔は夏も好きだったのですが、近年の夏の暑さには老体が耐えれなくなりつつありますのでね。昨年は熱中症になってしまい1週間めまいが続くことがあって、仕事をするにも恐怖の季節です。


といってもお仕事は誠実に(笑)やっているつもりです。


通常?の仕事をしつつも、電話でのいろいろな相談がありまして、答えたり修理したりをしていますが、先日も

「買ったばかりのパソコンが遅いから直してくれ!」

という依頼がきまして、中身を確認していました。


パソコンを起動して、どんな動きになっているかを確認してみました。


image


現場の職員さんにも多いのですが


「Windows のアップデートをきちんとやっていない」


事が多いです。


今回のパターンですが、通販でパソコン買ったのですが、Windowsのアップデートもせずに使いだして、PCを起動して仕事を始めると、自動でWindowsのアップデートが始まり、CPU・ディスク・メモリーが限界にきていて、Excel・Wordなどのソフトがもたついていたのです。


image


image


スタート → 設定 → 更新とセキュリティを開いて


image


WindowsのUPdate を確認して更新してみてください。

忙しい時に自動で更新されイライラするのではなく、自分の都合でアップデートした方が納得がいくものです。


そして数か月ごとに下記のPCメンテナンスを

Windowsの最適化


3次元データの作成

6月という言葉もこなれた10日ですが、30度を超える現場に出ると・・・・めげてしまいます。  おかしいでしょう、6月初旬に30度を超えるなんて。 と古い人間にとって怖い夏がやってくることで気分が下がり気味です。 

そう、家の周りでは蛍が出てきていますが、これもおかしい。オイラが小さなころは花火をしている頃に蛍が出ていたんですからね。


と、”昔は良かったなー”という話をしていると”おっさんの証拠”というかおっさんなんですけど、おっさんになっても新しいお仕事はやっていますので、久しぶりにお仕事のお話を。


コロナ騒がしいのですが、3次元データ作成の仕事をいくつかもらっていますので、”家籠り”でも仕事は出来ています。 でも簡単な仕事は来ないですね。一つはこれなんですが、もっと簡単に公共工事の図面が出来ないものですかね。


image

これはこの工事の一部分なのですが、この図面から3次元データを起こします。


image

ワイヤーフレーム表示


image

ジェード 表示


ちっちゃな絵に見えますが、実寸では延長250mあります。段々になっている一つの高さは7mです。

このデータはGNSS(GPS)の取り付けてあるバックホウにインプットし、日々丁張・測量をしなくてもこの形に施工することができるようになります。


image


単純な絵のように見えますが、mm単位でこの3Dは作成されていますので、構造物のおさまり部も細かく作っています。 発注図面だけでは、詳細な数値は書かれていないので、電卓で計算しながら一カ所ずつ仕上げていますが、炎天下で仕事をするぐらいに、めげてしまうことも。(苦笑)


image


これにドローンで撮影した3D点群データを載せると完成予想図みたいなものが出来上がります。


image


で、これだけではパソコンでしか形状が確認できないので、3Dプリンターで印刷してみてエラー箇所を確認します。


image


うちの小さな3Dプリンターではこの品質が限界ですね。


image  image

積層ピッチがこれが限界です。


こんな3Dデータも今後もっと楽に作れるような時代が来るのか?

まずは計画自体3Dを考えた設計方法に変更することをしないで、業務の効率化は出来ないとオイラは考えています。


この3D作り方は今後書いていかないといけないのですが、マニアックすぎるかも。

パソコンの修理

3Dデータの作成のお仕事を数本いただいているのですが、先月中旬ごろまでは現場が多くなかなか進みませんでしたが、先週ごろから内業ができるようになりましたが・・・期日に間に合うか格闘中です。


ここは田舎なもので、自宅兼事務所にオイラの車が止まっていますと、ご近所さんが

「もぐらさん、最近車がある時が多いね。そこでパソコンを見てくれるかい?」

なんて連絡があり、先週から4台目のPCを修理しています。


1つ目、壊れたPCからデータの復旧 

  --- HDDを外付けにして、HDDが壊れていないところから少しずつ復旧(無事終了)

image


2つ目、ノートPCにジュースがこぼれて、キーが押したままになっている。

  --- キーボードを下向きにして水洗い+エアーでキー内を掃除 (無事終了)


3つ目、USB端子が認識しない。

  --- HDD内整理とアップデート (無事終了)


4つ目、PCが全く起動しない。(大手PCショップ持ち込みで治らなかったPC)

  --- マザーボード初期化 BIOS変更 → 起動

    紛失していたPCソフトのライセンス復旧

    HDDをSSD化にしてサクサク+HDD追加でデータの整理


4つ目のPCは購入されて、HDD内をほとんど整理されたことがなさそうで、何かと変なことに。(なぜかWindowsがC,Dドライブに2つ入っている) SSDに移行するにあたり、HDD内を整理しなければならなかったのですが・・・3日3晩かかりました。そのうえデータが多いこと。


このようにデスクトップにアイコンが全く無い現象も。


image  


調べたら画面上で右クリックしたら表示の設定内で、”デスクトップアイコンを表示”のチェックが外れていました。


image


チェックを入れると・・・このように。


image


てなことをやっていましたら、もう週末になってしまいました。


大事なデータは数カ所に分けて(BackUp)して保存しましょう。

天変地異

3月になり、コロナウィルスも繁盛し日本どころじゃなく世界的に情勢が最悪になる3月になりましたね。東北の震災や西日本豪雨といい、日本が笑顔になろうとしているオリンピックでさえなくなる可能性が出てくるとは、天変地異の年月です。


オイラとしては注意をしながらの通常の仕事を行っていますが、もともと外での仕事なので”公園は安全”と言われるように外の空気に触れながらの仕事なので、まだよい方ですかね。


今の国内情勢を書いたのも今後昔の記事を読んでみて

「おおお、2020年は大変だったな〜」

という記憶として書いておくことにしましょう。


時たま以前の記事を読んでみると

”昔は熱意のある記事が多いな〜” と感じてしまうこともありますね。(苦笑)


で話は変わり、2週間前にから古い業務用PCをもらって帰り、4台をそれぞれの用途に合わしてパーツを組み替えていました。

オイラたちが使っている”自作パソコン”は部品の入れ替えが容易く能力が高く作っていますので、5年前のPCでもOSをWindows10にして使えば、まだまだ市販の10万円パソコンぐらいの能力を持っていますね。


image


今回は地域コミュニティーセンターのパソコン導入の指令が出たので、1つは地域の人で使うパソコンになります。

実は地域のハザードマップを作るにあたり、大きなデータを扱うことになり、並大抵のPCでは難しいかと思い、オイラが・・・

「サクサク使えるPCを作ってきますよ!」と言ってしまったわけなんですよね〜。


お予算少々。で中古部品などを使用して下記の内容で作成しました。


本体 : 中古 core i7  3.4GHz + DVD-R + 電源ケース

メモリー : 中古 DDR3 24GB

OS : Windows 10 64bit

記憶領域 : SSD250GB + データ保存用HDD 2TB (RED)

グラフィックボード : NVIDIA GeForce 750Ti

モニター : 27インチ IPS スピーカー付き

Office  : Microsoft Office Home & Business 2019

CAD : Ho_CAD Pao


と、マニアックなことを書きましたが、これでそこそこの仕事はできるでしょう。

なんにしても、OSとOffice が高いですよね。


でも、最近は数年前のPCでも十分使えるようになっていますので、見栄などが無いようでしたら、中古選択もありですね。

ちなみにオイラのノートPCも中古ですからね。(定価は40万円ですが5万円+修理費で)(笑)


表題と全然関係ないことになりましたが、懐が不景気にならないように頑張るしかないですね。

詐欺メール

まだまだ本調子が出ないもぐらです。誰もがかかるインフルエンザなのですが、今回のはきつかったです。あれよこれよとしていますと、もう1月が今週で終わってしまうのですよね。オイラとしては長かったという気分の1月でした。

1月はフル稼働が予定されていましたが、案の定パニック状態でしたね。やることが多くて順番をつけているのですが、やはり納期が遅いものが後回しになるものの、気分は焦ってしまい、2時間あればできる仕事もできていない状態ですね。

今週が終われば少し現場仕事が減るので、通常の仕事方法に戻れる予定です。


で、仕事とは全く関係ないのですが、昨夜メールでこんなものがやってきました。



image


AppStore からのメールですが、買った覚えもないのです。

ネットで調べてみると、フィッシング詐欺メールだそうです。AppサポートをクリックするとAppleのログイン画面がでて、パスワードとIDを盗まれるという仕組みだそうです。


ご注意を。

Windows 10 32bit

長い休みだな〜 と、年末には思っていましたが、お正月休みは消防団の出初式で終了いたしました。といいながら新年も2日からぼちぼち仕事を始めていましたが始めていましたが、一番手間がかかっていたのが・・・パソコンの切替でしたね。


テストのためにWindows7を一つ残していたのですが、1/14でサポートが終わるということなので、前記事で書いていたラジエター付きPCを購入していたものの、まだ切り替えていなかったのです。


ちなみにここのサイトに来ていただいている人が使っているパソコンOSは下記のとおりです。


image


ブログのアクセス数を調べるところについているものです。

以外にWindows8の人は少ないんですね。


お正月にあれこれとパソコンの相談があったのですが、どうも古いソフトを使うのにWindows XP を作らないといけないかな〜と考えていたのですが、試しにWindows10の32bit版を持っているので、仮にインストールして使ってみますと、ほぼほぼ古いソフトは使えましたね。

AutoCADの2000も何かと最初はエラーが出ていましたが、メインの機能は使えております。


Windows10の32bitパソコンは通常売っていないので、OS Windows10の通常版を買うと64bitと32bitを選択できます。


image  image


最新のWindows10の64bitを買い、この通常版を買って再セットアップをすると、とりあえず32bit版を作ることはできますが、メーカーの専用ソフトがなくなったりしますので注意が必要です。ま、windows8からは、マザーボードやLANのドライバーが無くても使えますので、オイラは今のところ問題なくやっています。


で、今回は3台のPCのソフトのライセンスを移動したり、消費税を10%にしてくれたので、経理ソフトを買わされる羽目になったりと、少しづつ中身を変更してやっと通常の仕事ができるようになりました。

2020-01-13 追記
使い始めたころはAutoCADは動いていましたが、また使おうとしますと、起動できなくなっていました。
もう少しテストをしてみないとだめでした。

パソコンの買い替え

やはり”師走”とは”走る”というように、あっちこっちに走り回っています。+夜中のお仕事が続いています。

ということでブログ更新が止まっておりまして失礼していました。

みなさんは忙しい・・・と、なぜかうっぷん晴らしに何か買い物をしたくなりませんか?


オイラだけ?


まあ、そういうわけではないのですが、仕事などでいろいろと注文があり、業務遂行のためにあれこれ買ってしまっているのが現状かな。まあ、トラブル続きになっている良くないことなんですけどもね。


そんなこともあるのですが、Windows7が来年1月にサポートが終了します。まあ、使えなくなるわけではないのですけど、うざい文字がいつも出てくるようになりますね。オイラのところはパソコンの相談などあるので、わざと1つだけWindows7のPCを残していたので、オイラのメインPCを下におろして、メインPCを買ってしまいました。


image  image


image


ラジエーターがついてまるで車のエンジン内のように見えますが、パソコンです。


オイラのポリシーとして

「中間クラスのパソコンで3Dを使う」

というの ”ハイスペックPCでなくても仕事はできるんだ!” でやっていたのですが・・・今回はそのポリシーを破ってしまいました。(苦笑)


普通のパソコンは頭脳であるCPUを人間に例えると、手が2本あるのです。これまでのハイスペックのパソコンでは手が4本でした。で、今回のは・・・・手が12本ある形です。

つまり同時にあれこれできるパソコンとなりました。


まだソフトなどは移行していないのですが、使うのが楽しみですね。

データー便の容量増

仕事をしながらネットラジオを聴いているとクリスマスソングが流れてくるので、

「もう年末なんだ・・・」

と我に返るというか、季節を感じてしまいます。毎年同じことを言っていますが、1年はあっという間ですね。

会社を始めて早15年が過ぎようとしていますが、15年間のIT技術はとても速いスピードで改革していきました。本日も仕事していますが、これまで使っていた”大容量データ送信サービス”が便利になっていたので紹介します。


メール送信で添付ファイルとして送れるデーター容量は大体10MB。もっとたくさん送れるサーバーもありますが、こちらは送れても、相手が受け取れないこともありますので、10MB程度にしておくことをお勧めします。


それ以上の場合は”大容量データ送信サービスを使います。

で、オイラがいつも使っているのが、 『 データー便 」


これまでは無料で事前登録なしで、送れる容量は 100MB でしたが、500MBまで増えていました。

で、無料で登録をしておくとこれまでは300MBでしたが 1GBまで送れるように増えていました。


image


ここのサービスは、ダウンロード用のURLを自分のメールにつけて送れるので、相手にも送信者の情報がきちんとつけれること。

通常の要件をメールに書いて、大容量のデーターのみをデーター便HPでアップロードしておいてダウンロード用のURLを文章内に添付しておけばOK。


そして今回良いと思ったのが、有料版ですが”容量が無制限”になったところですね。最近UAVなどの写真データを500枚近くを送ったりすることがあるので、試してみるのも良いかもしれません。


オイラが会社を退職した15年前に、餞別おかえしは 「USBメモリー16MB」。この当時はまだフロッピーでのデータ受け渡しなので、USBメモリーは画期的だったんですよね。16MBでも2500円はしていましたからね。

来年は5Gのスタート。これからどれだけITが加速するか・・・いや、ついて行けるかかな。(笑)

スタッフ水準器

雨が続き、稲もきれいにこけてしまい、我が家は不作がほぼ決まりました。

そんな雨のおかげと言いますか、飛び入りの外の仕事が無くて、事務仕事が進んでおります。


2週間後には短時間で測量をしないといけない現場に入るため、少しでも効率を上げるためこんなものを作ってみました。


image image


AutoCADでモデルを作成して、3Dプリンターで造形してホームセンターで売っている”丸形水準器”を取り付けました。


image image


形の製図30分、3D印刷1時間30分、


実は作りたいものはたくさんあるのですが、何かと3Dプリンターに向き合う時間が少ないのですが、製品に無いものを作れる楽しみはありますね。

Microsoft Teams

お盆前から投稿を怠ってしまっていました。とりあえず言い訳をいいますと、8/5〜8/9は現場や、講習会が入っていまして、測量資料や、講習会のプレゼンを作っていまして、ドタバタの週でしてブログ未投稿。それから・・・・会社経理がまとまっていないうえに決算書作成がお盆までということも有り・・・てんやわんや。で本格的お盆には地域の祭りが2つ。その中台風が来て昨日やっとお祭りの片付けが終わり・・・やっと「お盆のうちにこの仕事をやっておいてください」業務に取り掛かりました。

てなことで、健康で長いお盆を過ごしておりました。


ま、空いている時間は仕事をしていたのですが、またもやマイクロソフト君はいらないアップデートをしてくれました。


Excel,Word の 「Office 365 Business 」をインストールしている人は、パソコンを起動するとこんな画面が出ませんか?


image


オイラは一人1年間5ライセンス使えるOffice 365 Business を使用しています。安くて最新のExcelが使えるので便利なのですが、今回のWindowsアップデートで起動するたびに

「Microsoft Teams」のサインイン画面が出てきます。


邪魔なので削除しましたが、方法を記載しておきます。


まず、「スタート」の「設定」を開きます。

image


設定内の「アプリ」を選びます。

image


「アプリと機能」場面で、検索画面に 「Teams」と入力して「Enter]を押します。


image


すると、下記の2つのアプリが検索されます。


Microsoft Teams

Machine-Wide Installer


image


それを「Microsoft Teams」からアンインストールします。


今回の「押しつけがましいアプリ」をWindowsのアップデートに入れて、起動のたびに表示させるなんて、ウィルスみたいなものですね。


この面倒な作業を5台もやっておかないといけないなんて、”なさけなや”です。

変身

昨日梅雨が明けましたが、暑くはなるけど、すっきりとしますね。現場で汗で作業服が濡れていても昼休憩に脱いで車につるしていると、仕事を始めるときには乾いてくれますからね。

昼に作業服を着替えても、濡れたまま持って帰りたくないので、オイラは乾かしておきます。これが梅雨時期にはできないのですが、オイラは「梅雨が明けたな」と感じるひと時です。


タレントさんがテレビで、顔を変えているスマホアプリを使っていましたので、ちょっと試してみました。


FaceApp (無料バージョンで)


image


年寄りバージョン。


いやー、しわの作り具合などなんとも言えないものになりますね。(笑)


image


女性バージョン


どこかの外人さんですね。夢に出てきてきそうで怖いです。(爆笑)


どんどんITが進化してきますね。

HDDの容量が侵される・・・

7月になっても梅雨に入らないという特別な年ですが、梅雨に入っても比較的雨が少なかったのですが、終盤になって降り出しましたね。 昨日は昨年の豪雨を思い出さすような大雨となり、訪問している工事現場がどうなっているか心配です。


自分事ですが、以前書いた”記念誌の作成”が、文字チェックなどを終えて印刷会社に投稿することが出来、ほっとした夜となりました。かといって仕事の方はまだまだ溜まっていますので、雨を好機として内業に取り組むことにしましょう。


さて、ちょっとした報告ですが、またまたWindows10の大きなアップデートが始まりました。先日も現場へ持ち出すノートパソコンが出る直前にアップデートを始めてしまい、バッテリー駆動で社内でアップデートをしていましたが、現場に到着してしまい強制終了。で、まともに動かないパソコンになってしまいました。


それと事務所で使っているPCも作業裏でアップデートをやりましたが、1時間ぐらいはかかりましたので、皆さんも注意してアップデートしてください。


こんな時は決まって、”無茶でかい古いファイル”が出来てしまうのです。

今回はこのぐらい。


image


オイラのメインPCは37GB。 PCが過去の状態にはもどすことが出来なくなりますが、オイラはこのあたりをすべて・・・”抹殺”。  


抹殺方法は過去の記事を見てください。

Windowsの最適化

最適化しても完全にはきれいにならないので、HDDがいっぱいになっている人は、HDDの交換やWindowsの再セットアップが効力的です。(手間ですがすっきりします)

オイラのメインパソコンもWindowsを再セットアップして1年。昔は半年ごとに再セットアップしていましたが、近年は1年ぐらい大丈夫ですね。(無茶クチャ酷使しますので)

Windowsのアップデート

新年度が始まり花見は終わり、新しい年号がはじまるGWを待ちながら仕事をしているもぐらです。今年の春はいろんな出来事があり、気分は複雑ながら目の前の一つづつやって前に向っていくことが大切ですね。


春になって”パソコンが変わりました”という報告があちこちから聞こえてきていますが、”以前のファイルが使えない”や”昔使っていたソフトが無くなって困っている”など新しいものが来ても慣れるまで苦労してしまうことが多いのですが、未来に向かうには過去のことを捨てて新しいことに取り組んでいくことが大切だと思います。


何人かに聞かれた 「AutoCADのコマンドをクラシックに変更したい」ですね。年配の方はいいですが、若い人には「未来のためにリボン形式で使えるようになりなさい」と、下請けの身でありながら元請けさんに文句を言ってしまいます。(笑)


新しいパソコンが来たという話もあれば、3年前に買ったパソコンの動きが悪いんですよ!

とパソコンの修理もやってきます。


image


最近パソコンの動きが遅くなっている原因の一つで、「Windows10のアップデートがきちんとできていない」ことがあります。時たまパソコンを開いて使っている人は、Windows10のアップグレードダウンロードがきっちりとできていないため、パソコンを使い始めたときに同時にアップデートが始まり、CPUやHDDが稼働しているので動きが遅くなっていることがあります。


image


ちなみに右側赤いパソコンは2年前に発行されたWindows10のアップデートができていませんでした。


昔はWindowsの大きなアップデートには、XPだの7だのとバージョンが変わっていましたが、Windows10は平気で巨大なデータをインターネット経由でアップデートがありますので、じっくりとパソコンをつけっぱなしにしておくことが必要です。


オイラのところに修理に来るパソコンは、アップデートやHDD内の整理に大体2日間かかります。特にアップデートした”古いWindowsデータ”が、HDD内に残っているのを消さないとHDDの容量が無くなってしまうことがありますので。

ちなみに最近の古いWindowsアップデートは”60GB”も溜まっていることがあります。


アップデートは強制的にされるには  左下の ”スタート” → ”設定”


image



”変更とセキュリティ”


image


“更新プログラムのチェック” を 何度もやって見られて、”最新の状態”になるまでやることです。


image


新品のパソコンも同様にきちんとアップデートをしておくことが大切です。

忙しくなる前に機材のメンテナンスはしておきましょう。


HDD内の整理方法 ”Windowsの最適化”は下記の記事で


Windowsの最適化

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ