もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

ちょっとしたPC技術

インターネットの諸事情

我が家のインターネットの諸事情。


これは一般的なWeb上のHPにある”インターネットの通信速度の測定”なのですが、「インターネットにつながっている」にしても、2種類あることを知っておられますか?


image


通常HPやここのブログなどを見るために必要な通信速度は”下り速度”がいくらになっているかです。上記で行きますと12317Kbpsということで約1秒間に12MBのスピードでデータの受け取りができます。


解像度が低い動画などでは2MBあればなんとか見ることができますので、12MB程度あれば問題ないのですが・・・、我が家で問題が起こっているのは”上り速度”ですね。

何とか使えるのでは・・・?と思われますが、メールやブログ記事などを送信する場合は、メールボックスなどへの接続時間も決められていますのである一定の時間内に送信できなかった場合は、”中断”されて送れないことになります。


上記はあくまで理論上なので、実際は違う原因もあるかもしれませんが、まさにこのブログ記事を書いているものの、アップできるのはいつになることやら・・・・(泣)


実はブログ記事が何個か下書きに残っており、「この記事もういいや!」てなことでアップしていないものもあります。


「じゃ、インターネット会社を変えればいいじゃん」


と誰もが思われますが、そこはこの田舎事情。選択することができないのですよね〜。

これは”市”が運用しているケーブル通信。あとはNTTのADSLのみです。

仕事などはスマホのテザリングでノートパソコンと継ぎ、データのやり取りをすることも多々。

あきまへんな〜。

続きを読む

再セットアップ

年間行事の、メインパソコンの再セットアップ。10か月ぶりです。


通常半年ごとやるのですが、Windows10もなかなか安定していましてそのまま使い続けていましたが、AutoCAD2017にエラーが出だし、AutoCAD2016を引っ張り出してだましだまし仕事をしていましたが、一区切りつく仕事があり、月曜日の夜から再セットアップをはじめ、火曜日の朝からは通常の仕事を始める”強行再セットアップ”をやっていました。


久々の再セットアップとなりますと、バックアップやら、ソフトのライセンス解除など事前の準備が大変ですが、最近はクラウドライセンス管理されているものが多く、ライセンスがパソコンに残してフォーマットをしますと目も当てられません。

今回はAutoCADの調子が悪く、パソコンからライセンスを抜くことができずに、メールの交信で何とか直したパソコンにライセンスを入れることができました。昔は電話で。4,5年前はチャットで。今はメールのやり取りなので2時間はかかりました。


Apple社のiTunes。これもクラウドでライセンス管理されていますので、パソコンをフォーマットする前にはライセンスを解除しておかないと、新しいパソコンなどでうまくアクセスできなくなることもありますので注意が必要です。


再セットアップもほぼ終わり、今朝はブログを書き始めることもできるようになりました。


ソフトなどパソコンの起動も早くなり、CADのエラーも直り仕事ができるようになりましたが・・・・なぜか一つ変なものが入ってしまいました。


パソコンの右画面で寝てるやつが。

2016-12-07 17.30.04

それも鼻風船を作って(苦笑)

Net環境の諸事情

早いもので今日はもう金曜日。外仕事と中仕事が交互にやってきた週でした。

そして今週・・・というか時たま起きていたうちの事務所(我が家)の問題。


インターネットにつながらない!


「何言っているのですか、ちゃんとやっているからブログを書いているのでしょ」

と突っ込まれますが、実は地元のケーブル(光)に契約して6年が過ぎましたが、1カ月に1,2日はインターネットがつながらない日があるのです。
問題はケーブル会社にあるのか、我が家にあるのか原因がわからない状況でした。 ケーブル会社の技術者さんに来てもらった際には、あれこれ線を抜き差しして結果治るのですが、また同じようにつながらなくなるのですよね。


2016-11-11 08.04.01

ケーブル会社の技術者さん曰く

「もぐらさんのところは、ネットワークが複雑です。私以外の職員では直せませんので、修理の際はわたくし○○を指名してください」

と。

確かに家じゅうケーブルとWiFiを張り巡らせていますからね。ブリッジに中継器設置などで。


そんな我が家も今週は水曜日からネットが使えない状態だったのですが、昨夜はとことん原因を究明作業をしていました。

Lanケーブルをいろいろと外してはルーターを再起動。端末のHabでもこのようにしていましたので、数十回切り替えテストをしていました。

しかし・・・・どうやっても治らない。


ふと、インターネットとは問題がないようにつながれていた”電話線”。このルーターはIP電話対応のルーター。この線を抜くと・・・・

”あれ?エラーが点灯が無くなった”

このIP電話の番号はFAX専用なので、エラーになっているかどうか気づかなかったのです。

ということはこの”電話回線”が原因だった。(まだ断定はできませんが)


しかしこの電話線は・・・オイラが設置し天井を通っている線。

なんとも素人工事はあきまへんわ。

恐るべしWindows Update

今日はお怒りの記事を。


今月に入りWindowsのアップデートが頻繁にあり、パソコンが動かない・再起動が長い・・・など問題というか、近年いない時間がかかるアップデートが起こっています。

もちろんWindowsパソコンを使うにあたり、どうしようもないわけだり、あとは仕事ができなくなる時間を減らせれるかだけですね。

image

日頃きっちりとアップデートをしているオイラのメインパソコンでさえ再起動時間が30分超えになってしまいました。昨日もWindows7のアップデートがきれいにできていないパソコンを整備していましたが、6時間かかってもまともにできなくなっていました。仕方がないので途中で職員さんに

「いつもきちんとアップデートをするように。または仕事が終わってもパソコンの電源をつけっぱなしで帰ってください」と、伝えて帰りました。


自発的に「windows Update」ボタンを押して最新のアップデートを探しに行っても、それ以前のアップデートがきちんとできていないと今回の大きなアップデートに引っかからないことがありますので、注意が必要です。

オイラも明日プレゼンで使うノートPCが、なかなかアップデートが強制的にできなくて、パソコンが不安定になっていましたが、今やっと大きなアップデートが始まりましたので、ほっとしています。明日本番に1時間以上も再起動がかかっていたら・・・・ぞっとしますね。


image

Windows10なんてアップデートが終わるとこんな画面が出てきました。

「なんで再インストール並みの画面が出てくるんだい!!」

と、怒っていましたが、”もしや”と思い、ディスクのクリーンアップをしてみますと・・・不要ファイル65GB!!


通常windowsファイルは20GB程度なのになんでこんな巨大な不要データを残していきやがるんだい!


そして不具合も出てきていまして、一番困るのは 

「フォルダー名の変更後に30秒動かなくなる」

Microsoftについて行くしか方法はないのですが、自分で身を守る方法として

1)いつもきっちりとWindowsのアップデートをしておく

2)PCを使わない時間(夜間など)にPCの電源を長時間入れたままにしておく

3)HDDの容量を確保するためには、”システムファイルのクリーンアップ(下絵)までの

  デスクのクリーンアップを

  (Windowsを過去に戻れなくはなります)


          image


今回は極悪なアップデートですので、注意が必要です。

Wii U マイク

3連休がありましたが、建設業界では

「気候が良いこの時期は休めるわけないじゃん」

と言われてしまいそうですが、オイラが現場監督だったときも気温も下がって体が動くこの時期は、作業員さんにもお願いして休日も出勤してもらっていた記憶がありますね。

実質、雨や雪が降り出して、工期が遅れている場合は悪天候の中でも仕事をしなければならないのですから、仕事の工程が分かっている現場監督にしか、この説明ができないのですよね。


オイラも仕事は溜まっているものの、今週末にはイベントをする責任者になっていまして、あれこれ準備に追われています。

ある会を主催をしているのですが、プロジェクターや音響設備を用意・準備していまして、司会進行用の「マイク」が無いことにに気づきましてこんなものを買ってしまいました。

「Wii U ワイヤレスマイク」    3500円

image


ゲーム機のWii 専用のマイクなのですが、ネットで調べていましたら出来るような記事があり、購入してやってみました。

まずはそのまま、USBスティックを差し込んで使ってみましたが・・・・あきまへん。

そこでマイクの設定などあれこれしました、使えるようになりましたのでその設定方法をメモしておきます。

image  

パソコンの時間が表示されている横に。このような”スピーカーのマーク”がありますのでそれを選択して、”右クリック”します。

image

するとこのような画面が出ますので、サウンドデバイスを選んで左クリックします。

image
サウンドデバイスの中を見てみますと、まずは”再生タブ”の中を見てみますといくつかのスピーカーがありますが”WUP”(Wii Uマイク)が、スピーカーに認識されていますので、右クリックして”無効化”にします。


image  

また、通常使っているスピーカーが”無効化”になっている場合もありますので、そちらのスピーカーは”有効化”にしておきます。


image

次に、”録音タブ”を選択してマイクの設定します。

マイクのアイコンの上で右クリックして下記の画面を出します。


image
”聞くタブ”を選択して 中間あたりにある

「このデバイスを聞く」 に”チェック”を入れ”適用”します。

これで設定は完了ですが、隣の”レベルタブ”でマイクの音量を調整してください。


このほかプロジェクターにHDMI接続しますと、PCのイヤホンジャックから音声が出なくなる可能性がありますので、このあたりのスピーカーの調整で、HDMIとイヤホンジャック両方から音声が出るように設定をしてください。


さて、使ってみますと・・・コンマ数秒音声が遅れて聞こえますが、まずOKでしょう。


今頃ノートパソコンにはマイク端子がついていないので、この無線マイクのも手ですね。

新しいアイテム ipad

先月末は”納期期日”に追われる週になっていまして、ギリギリで・・・・間に合いませんでした。

「ギリギリで間に合わない」って変な日本語ですが、データの共同作成の仕事を受けていまして、メールでやり取りしながら仕事を進めていたものの外回りの仕事やら、夜間でのメールやり取りで時間が過ぎてしまいOUTとなってしまいました。(泣) 一人でやっている仕事は時間をかければどうにかやれますが、キャッチボール形式ではお互いの時間調整やお互いの納期も大切だと痛感させていただきました。


そんなドタバタしている中にも”遊び心”?を忘れず、武器を買ってしまいました。

image

2011年に”ipad 2”を買って早5年。ios(AppleのOS)もどんどん上がって今年でios10になり、ipad2はios9でバージョンアップも終了となりました。

それ以前に画面表示や動きが非常に重たくて、以前にみたいに外でのお仕事には使っていませんでした。でも5年使えば十分でしょう。(まずは自分を正当化!!)


今回は ipad mini4 が先月から15%ぐらい安くなりましたので、情報を入れる手段としてアイテムを増やしました。新機種が出るかなーと思っていましたが、”来年春まで出ないであろう”とオイラの”読み”で今の購入になりました。

使用した感想は・・・「軽い!」 ipad2が610gでしたが、これは300g。半分ですね。


スマホの画面サイズは16:9なのですが、ipadは4:3なので、文字を見るにも比較的楽なので、これがipadにこだわる一つの理由ですね。


この週末には測量できるアプリを入れてみました。


image   image

その場で緯度経度を座標で表示してくれる「平面直角座標」を。民間の平板測量をするときには2点の座標を調べて”真北”を決めるのに便利ですね。


そして軌跡を記録してくれる”GPSロガー”は、いろんなアプリが出ていますが今回はこれを選んでみました。

image  image

細かな設定ができる様でしたので「ZweiteGPS」を使ってみることにしました。


後日以前のように、GPS性能をテストしてみることにしましょう。
SONYスマホのAndoroidアプリ VS appleのiosアプリ

昔よりどれだけ性能が上がっているか楽しみです。

google Earth pro

台風が近づいていまして、コメの収穫間近なので、それてくれればよいな〜と思いながらの週はじめです。


建設工事では、現場の説明や現場の様子を調べるのに『google Earth』を使われている方も多いのではないでしょうか。

オイラもよく使っているのですが、ちょっと見たり確認する際はブラウザページから航空写真をチェックするだけでしたが、今回現場からの問い合わせでもう少し精度をよく航空写真を使わなければならないことになり、google Earthのソフトをダウンロードして使うことにしました。

以前はAutoCAD Civil3Dなどと連携がとれていましたので、仕事パソコンにインストールして使っていましたが、最近はその機能が無くなり、google Earthをインストールしていませんでした。

google Earthには2種類あり、無料版と有料版(年間約4万円)していたものがありましたが、昨年初めごろから有料版google Earth Pro がなんと無料になっています。そこで今回はこちらを使用してみました。


google Earth Proの有料版は無料となりましたが、商用利用したりする場合は以前と同じくライセンス登録が必要となっています。


で、使ってみた感想は・・・・

寸法や長さの精度が良いので、歪みが少なく使いやすいですね。特にExcelなどには写真を貼り付けて使う際に、数枚に分けて画面をコピーして使う際には、以前は歪みがひどく、接合部分にずれが出てきれいにいかなかったのですが、ぴったりと合うようになりました。

また印刷解像度も1000ピクセルから4800ピクセルと、拡大して見ないとくっきりとしなかったのですが、遠目でも結構きれいですね。


またフライトシミュレータもできますね。


image


image

今回はF-16を使ってみましたが・・・操縦がうまくいかず、地面激突・墜落してしまいました。(笑)

なぜ無料になったのか疑問ですが、便利な道具は使うに限りますね。

情報の入れ方

お盆明けの1週間が過ぎましたが、”夏の疲れ”が今になって出てきたか、内業に徹したい今日この頃です。(苦笑)

というものの、全開までとは言いませんがいろいろと仕事をやっていますが、特殊なお仕事がチラホラ入ってきていまして、悩みながら仕事をしなければならなくなりそうです。

どっちかっていうと、その”特殊”という仕事は面白そうなのですが、「時間が読めない仕事」という業務なので、場合によってはほかの仕事の納期を遅らせてしまい命取りになってしまうこともあるので、要注意・・・・なのですが、ついつい話に乗っちまうのですよね。(苦笑)


時たま建設会社さんに訪問しますと、いろんなことや情報を持っていると思ってくださるのか

「仕事といろんな情報を持っていてもぐらさんはいつ寝ているのですか?」

と、ほめ言葉をいただいてうれしくなることもあるのですが、オイラの情報収集の手段はこれから。

1)ネットのニュースから

2)SNSで知り合いからの情報から

3)ラジオから(ユーチューブに他地域のラジオ番組の録画があるので時間があるときに)

4)雑誌から


とまあ、誰もが知っている情報ルーツばかりだとは思いますが、ちょっと違うのはこの情報を入れている時間というか場所ですね。オイラはタブレットでこれらを見るのですが、ほとんどが布団の中。寝る前に本を読むのと同じように、タブレットを仰向けになってみていますね。そしてここ数年なぜか?朝早く目が覚めてしまうようになってしまい、そのままタブレットで情報を入れてから起き上がっている状態です。(笑)


近年「紙の本」の代わりにデジタル配信の本を読む人も増えたでしょうし、提供会社も増えてきました。


image


NTTドコモの 「dマガジン」 月400円で160種の雑誌が読み放題

楽天の 「楽天マガジン」 月360円で200誌以上収録

Amazonの 「Kindle Unlimited」 月980円 で12万冊の本


dマガジンはドコモ携帯を持っていないと見れないかと思われますが、他社さんの携帯を持っていてもドコモIDを作って支払いができればスマホだけでなく、PCやipadなど、一度ログインしていますと、どこからでも見ることができます。(オイラはこれ)

定額でいろんな雑誌が見れるので便利ですが、土木業界の本はやはりまだまだ紙の本ですね。


建設業のCALS/EC(過去の言葉?:笑)が始まった10年前

「情報はどこにでもありますが、それを自分が手に入れれるか」が重要。と言っていましたが、本のあり方も変わってきました。

おそらくここ数年で”雑誌”の発効方式が大きく変わってくることでしょう。


オイラが使っているのは5年前に発売された「ipad2」。どんどんOSが重くなっていますので

、「ios 7」でアップグレードしていなかったのですが、SNSの不具合や見れないHPも出てきだして、最近しかたがなく「ios9」に上げてしまいましたが・・・・・ネットを見るにしてもこのdマガジンを読むにも内部メモリーが不足なのか? 表示するまでの時間かかるやダウンしてしまうことが多くなってしまいました。 

そろそろ補強しないと・・・。でも本を買うよりタブレットを買い替える方が高くなったりして。(笑)

Windowsのアップグレード

Windows10に無料アップデートができるのは、今月の7月29日まで。今日を含めてあと8日となりました。

ブログを運営しているシステムでは、アクセスをカウントしてくれる機能やどうやって調べるのかわかりませんがWindowsの種類も解析してくれます。

このブログを見に来てくださる人の半数はWindows7だということがわかります。


image


Windows10の人は、もしかしたら

「Microsoftの自動アップデートにやられた〜」という人も多いかなと思います。(笑)

我が家では、1台ほどWindows8.1 を残してWindows10にしてしまいました。


そして先週から駆け込み?システムアップをPCが入ってきています。というのも古いPCなどをHDDからSSDに変更してWindowsの再セットアップをしてWindows10にしておこうというものです。

image


Windows10にアップグレードしておこうという人はお早めに!

日本語変換のリセット

日本語変換ソフト問いますと、Microsoft純正の”IME”と日本語変換には定評のあるジャストシステムの”ATOK”がありますね。オイラは両方使っていましたが、お客さんのところに行った際には”IME”多いので時にはイライラしながらでもこれ一本化で使っています。


日本語変換を使って文字変換しているときに

「お前バカか!変換のへたくそ!」

と叫びたくなることはないですか?オイラはいつもです。(笑)


でもその”へたくそ変換”を教えたのは「あなた自身なのです」。

「え〜、教えた覚えはないですよ!!」

と言われるかもしれませんが、下記のことに心当たりがあるはずです。


 1)間違った文字変換のまま、Enterキーを押した

 2)区切るところを間違えているまま、Enterキーを押した

 3)以前に特殊な変換をした


など、多くは間違ったキーボード操作をしてEnterキーを押し、変換を確定した際にパソコン(IME)は、記憶しているのです。


そこで一度、頭の中をリセットして新しく覚えさせていくのも、業務を早くする方法です。


<Windows 10のIME画面設定で説明します>

image


時計の出ている脇の文字変換アイコンを ”右クリック” します。


image  image


その中のプロパティーをクリックしますと、「Microsoft IMEの設定」画面が出ますので、その中の”詳細設定”をクリックします。


image


学習・予測入力履歴を消去。そして誤変換履歴なども不要なものは消去してもよいでしょう。


これでパソコンの使い始めに戻ることはできますが、しばらくは以前の入力と違っていますので間違えないように”IMEを教育してください”。
オイラはこの春よりキーボードを変更しましたので、誤キーを連発していまして、そうとうバカになっていました。
また専用の文字・単語などずっと使うものは、単語登録・ユーザー辞書ツールより登録しておくほうが便利です。

Officeのライセンスについて

今週は典型的な”梅雨”の天候で、内業がはかどっているようで・・・・遊んでいるよう・・・のような週になっています。


というのも「早いノートパソコンを作って欲しい」という注文が入りまして、ベースとなるパソコン・部品がが今週家に届きまして、”もぐらスペシャルPC”を数台作成していました。


image


といっても、カスタマイズするところは定番のHDDをSSDに交換するだけなのですが、今回は鬼門のHP製(ヒューレット・パッカード)。簡単にバラせないのですよね。
新品のパソコンなのにばらす時点でメーカー保証は効かなくなりますので、ヒヤヒヤものです。


image

ナントかここまでばらせたものの、元のHDDからSSDにWindows10を移行させるのにも苦労しました。通常容量の多いHDDから容量の小さいHDD(SSD)には丸ごとコピーできないのです。でもできる方法は数通りあるのですが・・・10通りぐらいやってみたのですがことごとく失敗。ほかな会社のPCはこれでできるのですけれどもね〜。さすが鬼門のHP製。(苦笑)
しかし、奥の手と言いますか自分としては新方法を使いまして、何とか仕上げました。

image

このトップ画面が出るまでの時間、10秒ですね。
(書いていないそのほかに手は加えていますもので)


で、これからが本日の本題、ソフトライセンスについて。

仕事では欠かせないExcel,WordのMirosoft Office


量販店でパソコンを購入する際に、最初からExcelなどがインストールされているモデルが有りますが、知っておかないといけないことが有ります。

購入からPCに入っているソフトは、その『パソコンが使えなくなったらソフトライセンスも無くなってしまう』のです。

image
このようなものもPCと一緒についてきますが、別PCに使うのはライセンス違反なのです。


しかしこのようにMicrosoft Officeを別に買えば別なPCにライセンスを使うことが出来ます。Officeが入っていない安いモデルを買って”永続版”を買うほうがお得、とオイラは思っています。
image  image

以前みたいなCD,DVDでの製品ではなく、このような紙切れ一枚なのです。

ネットからプログラムをダウンロードしてきて、この紙切れの裏側に書いてある”番号”を入力して認証です。


そのほかこんな製品もあります。(自分はこれです)

  Office 365 Business
     月 ¥900 (年間契約して)
   (このページにたどり着けずに知らないという方も多いかもしれません。)

  ・ 一人で5ライセンス(タブレット・スマホ・Macなどに使えます)
  ・ そしてOneDrive for Business(クラウドストレージ)が

    1TB(1000GB)ついてきます。
  ・ 電話のサポートも付く。


みなさんあまりこのライセンスを気にされることはないかもしれませんが、常時NETでパソコンが覗かれているわけですのでルールは知っておくほうが良いですね。

ビデオカメラの修理

子供の成長のために買っていたビデオカメラが壊れてしまいました。

1年ぐらい前に「クラブ活動で撮影する」ということで息子に貸していましたが、矢印のところがグラグラになって帰ってきました。それでも何とか使っていたのですが、このたびは電源が入っても操作画面が使えなくなり、中に入ったデータさえ取り出せなくなりました。


image image


と、いうことでオイラのおもちゃが出来てしまいました。(笑)


機種はSONY HDR-CN560 (6年前に購入)
image image 

底のねじを外して蓋を取り外します。


image


外回りのねじを外して外壁カバーを取り外します。結構隠れたところにもネジが止まっており、約20本ぐらいのねじを外しましたね。でもレンズ付近はネジがないので結構苦労しましたね。

やっとのことで液晶画面側のカバーが取り外せて、液晶画面の取付ネジが(赤矢印)が見えました。

image image

 

そして基板同士をつなぐな茶色い配線(名前がわかりません)の差込口をすべて取り外して再度取付。おそらくねじなどのゆるみで接触不良などが起こっている可能性がありますので。


で、通電。  OKじゃありませんか。

そして外壁を組みなおして完了。


image


しかし・・・・なぜかネジが1本余ってしまいました。(汗)

ま、動いていますので”問題なし”ということで。

昔も車のエンジンもばらしていましたが、組み終わっているとなぜかネジが1,2本余ってしまうのですよね〜。


本日は記録用投稿でした。

Windows10のブラウザを間違わないように!

今週は皆勤賞です。(笑)


本日はfacebookなどでも皆さん苦労をしている

『Windows 10 に勝手にアップグレードされてしまう』

問題ですね。


image

Windows 7,8,8.1 を使っている人は画面の右下にwindowsマークが表示されクリックするとwindows10にアップグレードが始まるのですが、先月ごろから画面全体に

「Windows10を予約する」画面が出てきて、右上の × をクリックすると

「予約を設定しました」

となり、 「お前は詐欺師か!!」 と思わず叫んでしまいましたからね。(笑)


とても古いソフトやフリーソフト、入札などで使っている人は要注意ですが、Excelやサポートをされている土木ソフトやCADソフトを使っている人はオイラの見解から見ますとWindows10にアップグレードしても問題ないと思います。


そこで”入札関係で専属に使っているパソコンなのでアップグレードしたくない”ということをよく聞きますが、Windows10が発売になった昨年の夏。当時は

「アップグレードをしないでください」

と、通達が多く来ていましたが、もう発売されて10カ月経っていまして、

「入札・認証システムもWindows10に対応しました」

というころも多くなりました。


そこでWindows10 のブラウザですが、アップグレードした際に大きく ”e” アイコンが出てきていますが、これは”Microsoft Edge”というソフトであり、入札などで指定されている”Internet Explorer”ではありません。


image


Internet Explorer は、『すべてのアプリ』 → 『Windows アクセサリ』の中にあります。


image


いつも使われつのでしたらデスクトップなどにショートカットを作られていると便利でしょう。

ちなみにバージョンは Internet Explorer 11 。これはWindows7を通常通りアップデートしてあったらIE11になっているはずです。


image


その中にもJavaと呼ばれるバージョンが有りますので、Win7 とWin10のIEの中身には違いはありますが、無料でアップグレードできる(されてしまった)人は一度行政のHPで確認してみるのもよいでしょう。
それと認証カードなどはカードリーダーのメーカーによりますので、メーカーのHPの確認も必要です。


ちなみにここのブログに来て頂いている人のOSの割合。

image


まだまだWindows7が多いですね。(笑)

古いパソコンもWindows8なら動く

そろそろ梅雨入りしそうになり、雨の日が増え野外の仕事の調整が難しくなり始めました。

なのですが先週は内業をぼちぼちしていましたので、またつまらないことをしてしまいました。


古〜いノートパソコンをもらってきましたので、ちょいと新しいOSを入れてみることにしました。

機種はNEC PC-LL550 /CD   2005年に発売されたものですね。(13年物です:笑)
Windows XP が全盛期で動いていたものですが、もうセキュリティーや動きがもっさりとして通常の仕事ではつかえないものとなり、その頃のパソコン本体も処分されず事務所に転がっているのをよく見かけています。

今回のミッションは

 『Windows 7 or 8 を入れてWindows10にバージョンアップする』


ナントも無謀というか物好きというか・・・暇人のすることをやってみました。


まずハード面をチェック。メモリーが250MB(DDR)しか入っていなくて、それを以前のPCから取り出していたメモリーを入れて1GBにしてOSの入れ替えをスタート。

Windows7 8ともライセンスを使わなくなっているものを残していますので、それを入れてみました。


まずはWindows7を。
  image  image
OSインストールしましたが、左の写真のように画面標示がうまくいかなくなってしまいました。

ノートパソコンには、使われているマザーボードが特殊でメーカーが提供しているドライバーが無いと画面表示・LAN・音響が動かないのです。しかしこの当時のメーカのドライバーにはWindows7のものなどなく、XPのものを入れても入りませんでした。なのでLANをUSBで使えるようにしてアップデートを試みたものの画面が640×400なので下の方にある”OK”ボタンが押せない・・・ということであきらめました。


次、Windows 8


image

順調にインストール出来て通常に動くようになってしまいました。画面はきちんと表示して、LANも使え音も出ました。

そうWindows 8は、マザーボードのドライバーが無くても動くOSなんです。別なデスクトップPCで試した際にもマザーボードのドライバーを入れなくても動きましたからね。
(3機種しか試していませんので、自己責任でお試しをお願いします)


そして最後の作業。Windows 10に無償アップデート(2016/7/29まで)。

しかし何が問題なのでわかりませんが、アップデートを失敗してしまいます。


結局Windows 8.1 までして終了ということになりました。ミッション失敗です。(笑)

image
1000円程度で無線LANにできるものを売っていますので、これで家の中持ち歩いて使うことが出来るPCになりました。

動きはXP(SP3)のころに比べて軽く感じますね。オープンオフィス(無料のExcel,Word,PowerPoint互換ソフト)を入れてちょいと使えるPCの出来上がり。


最近よく相談を受けるのですが、

 「Windows 10にした方が良いのですか?」

Windows7,8,8.1は 2016/7/29まで無償でアップデートできます。
古い複合機・プリンターや古いソフトを使われている事務所では新しいOSのドライバーが無くて動かなくなることもありますが、それ以外は無料でできるときにアップデートをしていた方が長い目で良いでしょうね。ちなみに我が家ではWindows7,8を10にバージョンアップしたPCはそのまま使えています。
 

パソコンの延命処置

先週からパソコン修繕や事務所のネットワークの設定の相談が来て、趣味のお仕事が続いております。

その中の一つ。「新しい社員が増えたので新しいパソコンを選んでもらいたい」というものでしたが、そこの事務所には使っていないPCが有りました。
 

image


もともとwindows Vista が入っていたころのPCですが、Windows7にアップグレードされていました。

新しい社員さんに話を聞きますと

「Windowsは32bit でないとフリーソフトが動かなくなる」という意見もあり、Windows 7 32bitが入ってCPUも2コア有り、この機械をサクサク仕事ができるようにカスタマイズすることになりました。

まずはHDDの160GBがついていましたが、このHDDを丸ごとコピーできる機械を使いまして250GBのSSDに交換しました。(この機械は元のHDDよりコピー先のHDDの容量が同じか大きくないとできません)

 

image  image

SSDもぐっと安くなり、250GBでも1万円を切っていまして現場写真を取り扱っても十分な要領になりました。ちなみにオイラが初めてSSDを入れたのが2010年。当時80GBでも2万円はしていました。
 

image image

そして2画面で仕事をしていただくようにグラフィックボードをつりつけました。

パソコンケースが細いタイプのものなので、グラボの出力先が2つに分かれる”ロープロファイル”という規格のものを購入です。


土木などでは写真管理をすることが多いのですが、古いパソコンはグラフィック能力が低いのでそのためにでも安いグラボでもつけておく方が良いですね。


最後に7/29まで Windows7、8 のOSは無料にwindows 10 にアップグレードできますのでWindows 10 32bitにして起動時間30秒のサクサクPCが出来上がりました。


メモリーも4GBに増やして、材料費約1.5万円でほぼ最新鋭のPCになりました。日々の書類・CAD作業程度でしたら、5年ぐらい前のPCでもこのようなカスタマイズしますと、十分に使えるようになりますね。(でも体感には個人差がありますので自己責任でお願いします)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ