もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

CIM ・ 情報化施工

災害時の土量計算

”梅雨が明けない〜” と、つぶやいている人は多いでしょうね。なんせ、もう8月が目の前なんですからね。

今年は例年並みの6月初旬に梅雨に入って、もう1か月半も続いていますからね。土工現場からは泣きの声も聞こえています。


そんなオイラは今月中の大雨で災害が起こった個所の測量や通常業務をしておりましたが、あっという間に7月が終わりそうです。なかなか予定通りにいかないものですね。


でもこの災害の測量も3Dを使った測量を行い、早く災害数量を算出することもできました。

鉄道のトンネル入り口が崩壊して、いまだに不通になっています。


おおよそのり面が出てきた段階でオイラに連絡があり、

「残りの土量とのり面の面積を算出してほしい」とのことでした。

image


手順として

 1)GNSSで基準点、UAVの標定点を作成

 2)UAVで3D用撮影

 3)地上型レーザースキャナーで既設線路高計測および草部の地上高計測

 4)点群処理

 5)オルソ写真とスキャナー3Dデータより線路中心線・計画(現況)高を作成

 6)崩壊箇所前後断面を作成して、崩壊箇所の計画(現況)TINデータを作成

 7)3DCADにて計画と崩壊現況断面横断図作成

 8)数量を算出


と、起工測量していることと、マシーンデータを作っている技術の合体で行っています。


image 


 image


  崩壊時の3Dと崩壊前の3Dをそのまま土量計算に使ってもよいのですが、このように横断図にすることにより、土砂のすべり面が見えてくるので、オイラは一度横断図にして、土砂撤去ののり面部の線を作成して、平均断面法で数量を算出します。


昼過ぎから測量を行って、夜には数量を算出することができました。


ここの災害現場は従来の測量でもできますが、これが大きくなると、3D化は安全と多様情報を入れるには、有効な手段だと思われますね。

本日のお仕事

6月も中盤を過ぎましたよ!! と自分に言い聞かせている月曜日です。


内業に集中していますと・・・季節感と、体力減少が気になりつつコツコツとやっています。

前回アップした3D現場は出来上がったのですが、これに似た現場があと2つ作りあり、作成しつつもっと早くマシンコントロール3Dデータが出来ないかと思考を凝らしている週初めです。


最近3Dデータを作成していると、

「これって設計データから3Dで作成しているな」

というのがわかるようになりました。


というのが、土木の3Dデータって横断図を見ていると

「おっ、ここまで詳細に作っているのか・・・」

というところがあります。 これって3Dモデルを横断図にすると、できるのですが、平面図からコツコツと横断図を起こしている図面では、簡単にこんな横断図は出来ないですから昔はお目にかかることが無い図面が増えました。


image 

(横断図と平面図が不整合が多く、施工できるように3Dに直している現場)


発注図を作るCADで道路など条件を入力すると3Dしてくれるのありますが、発注図面にする20mごとの横断図以外は平面図で「マンガ絵」なっているのがおおいと思っているのはオイラだけですかね?

もう少し頑張って20mごとでなく詳細の3Dモデルを描いて発注図にしてくれて、施工会社に貸与してくれると、もっと公共工事の効率化が図れると思いますね。


てな自分なりの効率化を考えていると・・・他人のせいな思考になっていましたとな。(苦笑)

3次元データの作成

6月という言葉もこなれた10日ですが、30度を超える現場に出ると・・・・めげてしまいます。  おかしいでしょう、6月初旬に30度を超えるなんて。 と古い人間にとって怖い夏がやってくることで気分が下がり気味です。 

そう、家の周りでは蛍が出てきていますが、これもおかしい。オイラが小さなころは花火をしている頃に蛍が出ていたんですからね。


と、”昔は良かったなー”という話をしていると”おっさんの証拠”というかおっさんなんですけど、おっさんになっても新しいお仕事はやっていますので、久しぶりにお仕事のお話を。


コロナ騒がしいのですが、3次元データ作成の仕事をいくつかもらっていますので、”家籠り”でも仕事は出来ています。 でも簡単な仕事は来ないですね。一つはこれなんですが、もっと簡単に公共工事の図面が出来ないものですかね。


image

これはこの工事の一部分なのですが、この図面から3次元データを起こします。


image

ワイヤーフレーム表示


image

ジェード 表示


ちっちゃな絵に見えますが、実寸では延長250mあります。段々になっている一つの高さは7mです。

このデータはGNSS(GPS)の取り付けてあるバックホウにインプットし、日々丁張・測量をしなくてもこの形に施工することができるようになります。


image


単純な絵のように見えますが、mm単位でこの3Dは作成されていますので、構造物のおさまり部も細かく作っています。 発注図面だけでは、詳細な数値は書かれていないので、電卓で計算しながら一カ所ずつ仕上げていますが、炎天下で仕事をするぐらいに、めげてしまうことも。(苦笑)


image


これにドローンで撮影した3D点群データを載せると完成予想図みたいなものが出来上がります。


image


で、これだけではパソコンでしか形状が確認できないので、3Dプリンターで印刷してみてエラー箇所を確認します。


image


うちの小さな3Dプリンターではこの品質が限界ですね。


image  image

積層ピッチがこれが限界です。


こんな3Dデータも今後もっと楽に作れるような時代が来るのか?

まずは計画自体3Dを考えた設計方法に変更することをしないで、業務の効率化は出来ないとオイラは考えています。


この3D作り方は今後書いていかないといけないのですが、マニアックすぎるかも。

3Dプリンターの活用

♪ 季節外れの雪が降ってる〜 ♪ というように12月から2月までほとんど雪が降らなかったのですが、ここに来て雪が降りだしましたね。 感じとしては”ほっと”しますね。 あのまま雪が降らなかったら、”異常気象”の気持ちで春を迎えることになりましたからね。


image


先週も夜勤も含みながらお仕事をしていましたが、”朝から寝る”ってもなかなか寝れないものですね。昔は大きな工場や道路工事でないと”夜勤”をする人はいなかったですけど、今頃はコンビニなどで24時間の店で働いている人は、こんな生活をしている人が増えましたよね。


オイラも朝7時に家に帰り寝るのですが・・・1,2時間で目が覚めてしまい、そのまま仕事をしてしまうことに。 

”長い時間働けたので、時間を儲けた”

という気持ちになりますね。(笑) でも週末は体がボロボロになりますけど。


で、夜勤の次の日は基本休みなわけで、自由は時間があると思うと、悪い虫が出てきて、こんなしょうもないものを作ったりと。

プリズムポールの先のキャップ。

”カチッと”止まるように細いところを作りましたが・・・すぐに折れて、これは失敗でした。

image  image


image   


それとネジにチャレンジ 。


image image


AutoCADの”らせん”を使って作ります。


image  


測量のプリズムを取り付けるネジの作成ですが、ちょっとコツがいりますね。特に3Dプリンターで印刷する際は、 「一番精度の高いので印刷」。そうしないと表面がガタガタになって、ネジ山の精度が出ないことが判明しました。


「無いものは作れ」がオイラのポリシーですかな。(笑)

地上型レーザースキャナー

暖かい気候が続き、外仕事がやりやすい今年です。でも今日から西日本では寒気がやってきて、やっとスタッドレスタイヤの効力が出てくるのかと。自部は年末冬用タイヤにしていたのですが、雪が降らないのでもう夏用タイヤにしているんですよね。(笑)


オイラは土木にかかわる仕事をいろいろとしているのですが、周辺の人曰く

「もぐらさんは道具道楽だな〜」と

いわれるぐらい、道具やソフトウェアをそろえているとみられていますね。

ま、確かにCADだけでも12種類持って使っていますからね。でも最近メインに使っているのは7種類ですけど少しずつそろえていっていたら増えてしまいましたね。


で、今回はもう一つ測量器が増えてしまいました。


image


image 


オイラはどう見ても不細工な形だと思っていますね。

トータルステーションとレーザースキャナーがついている測量器です。


これまでの2台のトータルステーション(TS)にもレーザースキャナー(TLS)がついたものを買っていましたが1秒間に20点程度しか計測できなかったので、用途に合わせて使っていました。

実は10年前からレーザースキャナーというものは持っていて、地形や舗装面を観測し、3DCADで横断図等の図面化にはこれで十分だったのですよね。


でもUAV測量を始めて、UAVだけでは測れないところが出だし、色がついた点群と構造物のモデリングが必要な時代に変わり始めていますので、色が付くレーザースキャナーを導入してみました。


地上型レーザースキャナー(TLS)を使っている人たちの話を聞くと、測量方法にもよるのでしょうが、一気に360度スキャンするTLSモデルで、困ることは・・・

「いろんな個所から測量して微妙に構造物の位置がずれる」

でした。後方交会法を使用して機械点を決めるのですが、通常のTSのように”プリズム”を使わないのですよね。


ですので、この機械は通常のTSと同じようにプリズムを使用して機械を設置するタイプなので、先日も5方向から構造物を観測してみましたが、ずれているのが見当たりませんでしたね。


でも近年のTLSは1秒間に200万点に観測できるのに、これは2.6万点。1/10程度なのですが、観測する範囲を決められるので”使い方”ではあまり差が出なくなるのではと考えています。


まだ、TLS用ソフトの方が使い切れていないのでしばらく練習です。

ドコモ 高精度GNSS サービス

今日はちょっと専門的でマニアックな記事になりますが、ま、オイラも一応測量技術者として、ちょっと気になったことの実験をしてみました。


昨年夏より導入したGNSS測量器ですが、ネットワークRTKという使い方で使用しています。

全国に約1300か所に設置されている”電子基準点”(下記の写真)を使用して、観測してから数秒後には「数センチ(2cm程度)」の位置情報・高さ情報を提供してくれます。


image    image


この数センチの補正をしてもらうには、「高精度GNSS補正情報配信サービス会社」と契約して補正情報を受け取る必要があります。 これまではオイラが知っているところで3社しかありません。 そして契約金額は・・・使い放題で20,000〜25,000円/月 と、少々というよりだいぶんお高いです。 しかしオイラもこの1年使ってきましたが、UAVと基準点測量を行う際には大変お世話になり、今更手放すことができないぐらいに使用しています。


で、本日の本題は、この「高精度GNSS補正情報配信サービス」を携帯電話会社の”ドコモとソフトバンク”が始められるということで、ドコモは10月末ごろから始まりました。

まずはドコモへ相談ということなのですが、直接電話をしてみて内容を聞いてみました。


1、申し込みでIDとパスワードをもらう

2、お試し期間で自分の機器で試す

3、良ければ本契約

4、値段 3,000円/月

5、国土交通省の電子基準点1300か所+ドコモの通信アンテナで補正

6、ドコモの通信アンテナは国土交通省の電子基準点より少ない


と、今のところこのような情報です。

そこで自分が問い合わせをしたのですが、知り合いの方が先にお試しでIDとパスワードをもらわれていましたので、昨日実験をしてみました。


image   image


今回は測量機メーカー(PENTAX)のGNSS機と知り合いが数万円で作ったGNSS機2台を使用してみました。使い勝手が良いので操作機器は福井コンピューターのトレンドフィールドを使用。今年の夏から標高計算をしてくれるようになりましたので、便利となりました。


実験内容

 A機:PENTAX GNSS   B機:格安 GNSS

 高精度GNSS補正情報配信サービス会社

  A社:ジェノバ B社:NTTドコモ

  

1)A機をA社で3点観測。そしてA機をB社で3点観測

 

   結果

  image

   

   X,Y座標はGNSS誤差程度ですが、高さが最大で10cm程度誤差が出ている


2)A機とB機をそれぞれB社で2点を観測


  結果

  image


  X,Y座標はGNSS誤差程度。高さはフリーソフトアプリなので、未計測とします。


考察

 1)まだこの地域だけなので、精度を判断するには数字が少ない

 2)NTTドコモの補正サービスは、高さの誤差が大きい

 3)NTTドコモの補正サービスは X,Y はOK

 4)数万円のGNSS機でも X,Y座標はOK


と、第1回目のテスト結果を記載しておきます。


こんなことするぐらいなら、仕事をしろ! とお客さんに怒られそう・・

グレーダーマシンコントロール

気づけば11月最後の週になっていますね。誰もが忙しくなるという12月が来てしまいますね〜。

という誰もがわかっていることを書かなくてもよいのですけど、自分への戒めのつもりです。


先週もいろいろな現場に行ってきましたが、久々にグレーダーのマシンコントロールデータを作成したので、機械のキャリブレーションに立ち会ってきました。


image


image


バックホウと違い、舗装工事ではmm単位の精度が必要であるため、自動追尾トータルステーションを使用します。


image


排土板(ブレード)の端に360度プリズムが取り付けてあり、トータルステーションとグレーダーが連動して排土板の高さを制御し、路盤(砕石)を敷きならす仕組みです。


以前は路盤工事では10mごとに道路左右、中央に丁張りを設置して糸を張りながら高さを見て舗装工事をやっていました。大きな新設工事になると1kmを超える工事となるため、丁張りにしても・・・

1000m/10m×3本=300か所

も丁張りを設置することになるのですが、このシステムを使うと3Dデータを作成して施工日にトータルステーションを設置するだけになります。


「え、これも大変じゃない!」


と思われますが、施工しているときの作業員が減るのです。通常の丁張りで舗装工事をしますと、丁張り間で糸を張り、路盤(砕石)の高低を調べる人がいるのです。つまりグレーダー+3人がセットになるのです。 マシンコントロールでしたらグレーダーのみです。


大型の舗装工事はあまり見ることがないので、この機械もめったに見ることがありませんね。

でも舗装のマシンコントロールデータの作成は比較的楽ですので。

360度プリズム修理

紅葉がきれいな時期となりました。遠方の仕事が多いので、知らぬ間に”紅葉狩り”をしていることになります。(笑)

でも・・・シャッターを一枚も切っていないのが現状で、写真クラブ会員にあらぬ行動ですけどもね。


あれよあれよという間に今週も週末が近づいてきましたが、今夜から夜勤測量が続くのとお客さんに古いほうの自動追尾TSを貸し出すことにしたので、機材のメンテナンスをしました。


知り合いに貸し出した自動追尾用の360度プリズムですが、壊されて帰ってきました。


image


水準器の部分が壊れて気泡が大きくなってまともに使えなくなってしまいました。

この360プリズムも買えば70000円ぐらいしますので、どうにか修理をと思いまして、夜にコチコチと修理をしてみました。


image


よく見られている方はここまでくるとご察しかもしれませんが、壊れた部分を3DCADで作成して3Dプリンターで作ってみました。


image image


こんなものができました。水準器はホームセンターで売っているやつです。


image image


取り付けてみますと・・・・

image image


いいですね。

プリズムポールに取り付けて水準を合わせまして、修理完了。


この前は息子のプレステの台を作ったりしましたし、時たま3Dプリンターが動いてくれます。

便利な代物です。

建設ICTビジネスメッセ

ブログがなかなか更新できていませんでした。先週中から今後の勉強のため山口に行くため仕事を押し詰めていましたが、今週初めから講習会(講師)や打合せで家に帰っておらずブログを書くことになっていませんでした。


最初に話した山口県がこのようなイベントをされていたので2日間見に行ってきました。

image 

image


イベント講演では知っている人が2人おられ、その話も聞きたかったのもあるんですけどもね。

どんな会場だったのか・・・。帰ってみたら一枚も写真を撮っていなかったという失態。

でもいろんなメーカーのブースに行って新しい技術の話をいろいろと聞いてまいりました。

それとお隣の県なので広島のメーカーさんも出店されていたので、知り合いもたくさんいたのは、楽しかったですね。


講演会ではなかなか聞けない話を聞け、土木がどの方向に向かっているのかヒントを頂けました。今回の講演内容をもっと多くの土木会社の社長さんなどに聞いて欲しかったと思いますね。「今後の土木がどのように進むか?」聞いて欲しかったですね。今回の話は”夢”ではなく”実際に建設会社で行われている実話”でしたので、参考にできたものだと思っています。


グランドには各社バックホウを持ち込まれてICT建機を動かしたり、ドローンスクールのイベントがあったりとじっくりと話を聞くこともできました。


しかし・・・知り合い二人の講演は・・・時たま暴言がしまうのが・・・面白いかな。(笑)

i-construction現場見学会

「何か抜けている」と先週思っていましたが、なんと、ブログを書き忘れていました。

記事があったのに・・・??でした。


ということで、先週は某市役所の「 i-construction 現場見学会」に立ち会ってきました。この現場は某市役所初の i-construction 施行の工事現場で起工UAV測量と3次元データを作成しているオイラも参加してきました。


image  image


現場についてみると・・・テントまで張られていました。ちょっと現場に市職員の方が来られてみるだけと思っていましたが違いました。それも人数が増えて30人となっていました。


でも、現場を実際に見られて勉強をされるのは良いことですね。なんといってもこの現場の代理人や社長も、UAV測量やバックホウのマシンコントロールをとても気に入られて、

「今後も i-construction の取り組みを続けていきます。」

と言われていますので。


image image


オイラはUAVを飛ばしたり、撮影の方法。写真が立体データに代わる仕組みを説明しました。のちにこの技術を別なことに応用ができないか?と数人から質問が来ましたので、興味を持ってもらえましたかな。

で、現場についてから発注者の担当者さんから「出来形管理方法について説明をしてください」と言われて、ここで採用している「TSを用いた出来形管理」について説明・実演をしました。


ここでものちに市職員の方より質問が来まして、

「 i-construction の出来形管理は3次元設計データと完成UAV測量3Dデータの対比によるヒートマップではないのですか?」

といわれ、この現場はなぜヒートマップによる出来形管理ではないのか説明をしました。


1)掘削場所の延長が短く、分散しているので3D出来形をやるには計測回数が増すこと

2)全部法面が仕上がる前に、法面保護でシートを張らないといけない。

3)3次元出来形を行うのが、効率化にならない。

ということを説明しました。


すると市職員さんは

「ということは、岩盤や転石が多い現場では3D出来形管理が難しいことですか?」

と質問があり、

「管理できないことはないが、規格が合わないところが出ることを許してもらわないとだめですね」と言わせていただきました。

「ヒートマップで出来形管理することにより、監督職員は何を管理すればよいのですか?」

と聞かれたのですが・・・・

「色を見て判断していただくだけです」

と言わせていただきました。


と、まあ専門と戯言ばかりとなりましたが、現場で実践していて感じたことを話をさせていただきました。


image


このマシンコントロールのシミュレーション機器。面白いですね。(笑)

精度のよい位置表示

ぐっと気温が下がって、昼間の仕事もやりやすくなりましたね。でも町中はまだまだアスファルトの暑さがあるのか、じりじり焼かれている感じがします。


昨日はアスファルトとは全く縁のないところで測量をしていましたが、標高800mのところで原生林内の測量。気温も朝は11度と長袖でないと”寒い”ところでした。


記事のネタが思いつかないので、前回の続きですが、GNSSを使って測量をやってきました。


今回は歩くことすらできない原生林に、延長1.5kmぐらいに用地境界や、施工する場所を示して行く測量です。

前回と同じようにGNSSと平版ソフトを使って随時進行方向を示して測量をするのですが、今回は森林組合さんに、進行方向を示しながら測量をやってきました。


image


image


おそらく地図に自分の位置を表示できることは、カーナビやスマホ地図で見慣れたもので、何も驚くことが無い感じがしますが、このシステムのセットでは2cm以内の精度で、図面(地図)に表示することができるのです。実はこれと同じようにスマホに座標値を入れて測量をしたことがあるのですが、あっという間に10m以上は出てしまいます。カーナビも”道路”を認識して”道路へ補正”してくれるので比較的あっているように見えるだけです。


余談ですが、空港滑走路に自家用車を持ち込んだ際は、滑走路は”道路”と認識してくれなかったので、だんだんとカーナビの自動車の位置は滑走路から飛び出していきました。

image image

  (2007年の写真)


前回も書きましたが、携帯電話会社が精度2cm程度のサービスが年内に始まりますので、どんなものが出るのか楽しみですね。





山林でGNSSでの測量

気候が良くなった! といえど街中ではまだまだ30度近い気温で、仕事をするには暑すぎです。で、先日は標高800m周辺で仕事をしていまして、気温22度。いや〜快適でした。 でも・・・・仕事場所はこんなところでした。


image


原生林の伐採箇所を明記するお仕事でしたが・・・草木が多すぎてトータルステーションでは思うように測量ができませんでした。


そこで、何とか空が見えている部分もあり、GNSS(VRS)での測量に変更しました。


image


これまではこのような”データコレクタ”の端末で、座標値の取得などを行っていましたが、”規定の精度”が出ないと記録できませんでした。


image


そこで今回は伐採の場所を1m弱の精度で求めればよいので、こんなものでやってみました。

(草木がないところでは、2cm以内の精度にはなるんですよ)


image image


image


通常TSで使っている平版ソフト福井PC「トレンドフィールド」ですが、GNSSにも対応しているので、座標系にしている平面図上にGNSSの位置が表示されます。

このような”やぶ”の中でもそれなりにFIX(精度が高い)になるので、信用もあるものでしょう。

目的の箇所に図面を見ながら測量ができるので、便利であるのと、草・枝を刈りながら測量しないところが便利ですね。

ちなみにオイラのGNSSはPENTAX製なのですが、福井PCのトレンドフィールドには、高さがジオイド高でしか対応していなかったのですが、昨年から開発要望をお願いしていましたらこの7月に対応になりまして、”標高計算”ができるようになりましたので大変便利になりました。


ここで自分への覚書ですが、PENTAX GNSS機では、2mのポールを使ってもトレンドフィールドへの機械高は H=2.096m となります。 福井PCの計算式が96mmずれが出ることが開発の人と話しているうちに判明しました。


ちなみに先日は広域現場だったのでGNSSで横断を測量しました。観測するのに1か所10秒と時間はかかるのですが、TSの移動などを考えていると早いですね。


近未来ですが位置情報を補正してくれる”RTK測位方式”のサービスが携帯電話の基地局を使用したサービスをドコモは10月から。ソフトバンクは11月から開始します。

GNSS端末の貸し出しもあるそうで、もっと測量が便利になってきますね。

i-Constructionのアンケート

夏が舞い戻ってきて、「あちぃー」といいながら仕事をしているもぐらです。

なんで、9月になっても気温33度を超える日がつづくのだ!! 

「昔は暑い夏でも30度を超える日は2,3日しかなかったのに・・・」と年寄りみたいな嘆きばかり言っていますが頑張っていくことにしましょう。

先週は寝ていて熱中症になりふらふらが5日ぐらい続いていましたが、ほぼ、復旧した次第でございます。やられましたね。体調管理がなっておりませんでした。みなさん引続きご注意を。


そんななか ” i-Construction “ の現場にいろいろと携わらせていただいていますが、発注者から”アンケート調査”が現場にやってきているようで、あちこちから


「もぐらさん、なにか言いたいことがありますか?」


と現場から聞いてもらい、


「言いたいことがたくさんあるから、オイラに書かせて!」という状態でした。(笑)


土木現場の3次元化にオイラも力を入れているのですが、何もかも3次元化は???です。

オイラの感想として、”施工する”際に3次元化は現場が楽になったり、不整合箇所が見えてきますので良いことが多いのですが、”現場管理”で3次元化にすると、発注者の検査のために3次元化する労力をかけることがあります。もちろん自社で確認する際に3次元化するのでしたら良いのですが、はて、過去の検査方法ではだめだったのか?と疑問にもなります。


特に土工管理において盛土・切土箇所の3次元化による検査は本当に必要なのかが疑問です。

”完成形を3次元化にしておいてほしい”という発注者の要望でしたら、ドローンやレーザーで作るだけなら良いのですが、それを出来形管理に使う資料にするのは大変な労力が必要となるのです。


なんのために3次元化にするのか。 まだマニュアルなどは(案)なので、今のうちにしっかりとi-Constructionをやってみて、メリット・デメリットをおかみにあげて、効率の上がる現場施工・管理にマニュアルを変更してもらいたいですね。

UAVの許可

UAV(ドローン)が爆発的に使われだして5年ぐらい経ちましたね。活用も様々なところで開発されているようで、便利な世の中になりそうな感じです。

そのなかでも許可を取らないと、飛行できない箇所も国内でも決められており、特殊な飛行なども航空局(国土交通省)の許可が必要となっています。


文字で書いていると、とても難しそうでですが、インターネットでいろんなところで飛行できる許可を取ることが出来ます。


ドローン情報基盤 HP


image


2年前は書類等を紙印刷して郵送して許可を取る形でしたが、今はこんなHPが出来ています。


オイラも昨年申請からここを使っていますが・・・時たま意味不明なクリックが出来なくなってしまうなど有りましたが、先日更新・変更申請をするときに使ってみましたが、直っている感じがしました。


でも昨年同じ内容で許可が下りていたものが、今年は ダメ と言われることも有りますのでご注意を。

そんなオイラが指摘を受けた内容を一つ。


image  image

  昨年許可写真                 修正写真


DJIのPhantomですが、左側のプロペラガードでOKだったのですが、純正品ではないと指摘があり、右側のプロペラガードを購入してもう一度申請をしたところです。


何かと批判もあるUAVですが、今後はルールも厳格化となりどんどん生活の中に入ってくるものと思います。

UAV測量

やっと中国地方も梅雨に入ったのですが、もう7月になってしまいましたね。さて、梅雨明けはどうなるか?記録的短期梅雨になるのも面白いですかね。適度に雨が降って水不足にならないことを祈りましょう。

今週末には西日本豪雨災害から1年が来ます。広島では鉄道の橋が流されていまだにJR鉄道が開通していない区間があり先日も測量に行っていました。


image


この近辺では、橋が川に落下したままのところや大型土のうを設置して片側通行している箇所がいくつもあり、完全な再建はまだかかることでしょう。


こんな災害がいつ起こるか分からない時となりましたが、昨年災害が起こってから大変便利な機材が「UAV(ドローン)」でしたね。たまたま災害前からUAV測量を少々やっていたので、すぐに実戦配備であちこちで飛ばしました。まずは周辺の全体把握と平面図作成には5倍近い効率化(オイラの感覚)になったと思います。

こんなこともあり、いろんなところからUAVの導入についての相談があります。メリットとデメリットを話してあげます。

メリットはやはり効率化。しかし目的に合った機材やソフトウェアを使えないと効率化になりません。

デメリットは、金銭面。UAVは比較的に安いものの写真から3次元点群データを作り出すソフト。それを3次元CADで土木図面にするソフトですね。それとそれを使いきれる技術者の育成ですかね。


市役所や警察からも相談を受けましたが、デメリット部分の話で止まってしまいますね。


でも「UAVで何がやりたいのか」をわかっておられない方が多いです。

目的としてこんな感じかな

 1)空からの風景・状況写真

 2)オルソ(歪みのない写真)をつくる

 3) 2)を図面に張り付けて航空写真+CADで活用

 4)3次元で地形のイメージを見る

 5)3次元から横断図を作成する

 6)構造物と地形の関係を3次元で確認する


3)番までは比較的ハードルが低いですので、まずはここまででスタートするだけでも仕事や災害時に助かると思います。


しかし・・・今やっている仕事量と内容で自己責任で進めてくださいね。(笑)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ