もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理から建設CALSまで現場の実情を記事にします!!

お堂 を含む記事

三次サイクリングコース

今週で2月が終わり、今年も年度末の月がやってくることになります。毎年年度末は忙しいはずなのですが・・・今年はちょっとゆっくりぎみです。


さて、近年広島県は通常の観光やサイクリングでの観光で訪れてくれる人が増えています。実は我が家の家の前も広島県が指定しているサイクリングコースになっているので、週末など数人のツーリンググループが走っていますね。


そこで昨年オイラも少し足を入れている「やまなみ大学三次キャンパス協議会」で、以前地域の特色としてたくさんある「お堂」を調査され、それを散策する案内書が出ていましたが、このたびはその「お堂」を巡れるサイクリングコースが出来上がりました。
(オイラは何もしていませんけど・・・・)


map


この地図の特徴はトイレや自動車を置いて自転車で走りだせる駐車場の位置も書いてあり、一日で走り切るのではなく、週末に来ては一部分を走り切るということができる地図になっています。正式な地図の印刷・高解像度の地図は今後となるのですが、ここに張り付けている地図でもお分かりいただけるかと思います。


今回は三次を巡るコースとして4コースが設定してあり、地図をもっと詳細にしたものは下記のネットから見ることができます。

 ルートラボ (地図HP)

image

このページを開いて、緑色部分の「ルートを見る」をクリックして右上の「検索」欄に

「三次 サイクリング」で検索すると検索結果が出てきますが、他な地図も検索されますので「三次 やまなみ大学」と検索していただければきっちりとこの4コースが出てきます。


image

このような地図が出て詳細を見ることができます。
この地図で便利なのが下側に ”標高” が出てきますので、気になる標高の部分をクリックすると平面地図にどこなのか印が出てくるところですね。

image

左側には距離や時間数も出てきますので、目安になることでしょう。


気候も良くなり、4月頃からは田んぼの整備も始まり、「田園・里山を走り抜ける」サイクリングコースとなることでしょう。

三次お堂巡り

「中国山地やまなみ大学」という広島の県北を元気にする会?がありますが、オイラもそこに少〜しかかわっていまして、先月新しい試みがスタートしました。


数年前からやまなみ大学の南4町(吉舎・三良坂・三和・甲奴)と広島大学の先生で地域資源の発掘で「お堂」というキーワードが出てきまして、地域を散策する企画が出来ました。


『三次お堂巡り御朱印帳企画』


20160412_1231
吉舎町 敷地一本堂

このようないお地蔵さんを祭ってあるいろんな形のお堂が、このあたりには200か所を超え点在しており、ちょっとした”お宝さがし”をしながら”朱印”を集める企画です。
image  20160412_1233

案内パンフレットは三次市役所や支所、観光協会、観光施設などで無料配布されています。


どんなお堂があるの? という方は参考にこのHPをどうぞ。
三次のお堂群    (google Picasa内でまとめてあります)


季候もよくなりましたので、地域散策にどうでしょうか。

三次・田縁通り地域づくり交流会

先週の土曜日広島県三次市三和町の広島ふるさと村みわの里でやまなみ大学の交流会が有りました。

-201201282664

このたびは地域資源の発掘プロジェクトでもある活動をしているワーキンググループです。
オイラも昨年の春より入って会合に顔を出していましたが、今回は一般の人にも公募して1日交流しようというものでした。
今回は三和町に集結し、この周辺の良き風景・文化資源などを見て回りました。
-201201282637

オイラの地でもこんな建物はよく見かけていました。
時川家の灰屋
灰屋(ハンヤ)
昔はほとんどの農家で灰屋が活用されていました。
(焼土造り)山から雑木、草等灰屋に持ち帰り山積みにして田の土、畑の土など上に被せ火を下から付けて焼土にし、肥料として田畑に広く使われた。
(堆肥作り)牛舎mp式草藁を灰屋に入れて堆肥として熟成させた。また、堆肥の上に焼土を重ね堆肥の醗酵を促進させることもあった。
(灰屋の消滅)農地の基盤整備、農業の機械化、化学肥料の普及とともに灰屋はいつともなく消えていった。二連灰屋は、県内でも唯一ここにしか現存しない。
(説明書きより)

             -201201282642

お地蔵さんや、神様などを祭っているお堂です。(かやぶき屋根ですね)
今は新たなお堂が出来ることは無いのですが、以前は神を祭る文化が多くあったことが見られます。
先祖はこのお堂にどんな意味で建てたのか?どんな言い伝えがあるのか?
親から子供に伝えられていないと何のためにこの地にお堂が有るのか分からなくなってしまいます。
これが伝えられていないとその地の文化がひとつ消えてしまうことにもなります。
言い伝えられる文化こそ地域愛の始まりではと思います。

-201201282654
今回のゲストとして 『 奥野 勝利 』さん
ミュージシャン、作曲家。幼い頃から海外で生活し、古きよき日本を想像し帰国。帰国後は東
京でCMや映画の音楽制作に従事。しかし、日本の良さが分からなくなり、音楽を片手に放浪
の旅に出る。田舎を旅する中で日本のよさを再発見。広島県北広島町に定住を決める。
代表曲に阪神淡路大地震で亡くなった息子が残した母への手紙をベースにつくった「親愛なる
母上様」。その他オリジナル曲、CM曲多数。

今の日本に必要な心を歌や話でつづってくださいました。 近場に住んでいることが分かったので
今度はぜひともわが地で講演をしてもらいたいと思いましたね。何とも私と同じような考えを持たれているようで
終ってから短い間でしたがよい話が出来ました。
-201201282661
広島大学の准教授・国土交通省の方も参加されて、これからの地域づくりなどの話も聞いていただいたり、
地域でっ頑張っている人たちの話を聞き、意見交換と成りました。
オイラも今回の交流会で少しヒントももらえ、とても有意義な一日でした。

自然のササユリ

ここのブログ、土木に関する記事が少なくなったナーと気付かれている方はいるのでしょうか?
オイラも土木系の記事を書こうかなーと思っているものの、周辺の行事が多く、コチラの記事が増大しているのは確かでしょう。
でも、本日も地域行事のお話にさせていただきます。(笑)
先週末にオイラの住んでいる地域で、野生のササユリが数年前に見つかり、それから山の手入れをされだしたら、とてもきれいな自然のササユリが増えてきました。
それを「観光」としたいところなのですが、とりあえず地元の人で見に行こう、と云う企画し
「ササユリ観賞ウォーキング」を地域で催しました。

ウォーキング.jpg   ウォーキング 2.jpg

今回は地域の人限定で、子供から年配のひと30人の参加があり、往復6kmコースと4kmコースを作り目的地まで歩きました。
その間日ごろ車で通り過ぎているだけで見つけられなかったものがいくつも。

「あっ、この溝にはホームセンターで売っている水草がいっぱい!」
「ここには柏餅の葉っぱがいっぱいある・・・」

など、ただ歩くだけでなく”良い物探し”にもなりました。

野いちご.jpg  (野いちごを見つけて食べてみた)

現地説明.jpg 見学会.jpg

目的地について、野生のササユリが群生する経過などを手入れをされている人に聞かせていただきました。
   野生のササユリ.jpg

この地は貴重な自然植物が多くあり、どんどん紹介したいところもあるのですが、ここ数年「盗掘」が増え、昨年もこのササユリの一番きれいどころが荒らされてしまいました。

とりあえず地域で迎え入れれる体制つくりを考える為に試験的ウォーキングでしたかね。

年に数回は地域を見て回るウォーキングを行うことで意見が一致し、第1回目が終了しました。

        集合写真.jpg
まだこの地域には八十八箇所めぐりが行われていた歴史があり、そのお堂、石造の調査は終わりましたが、観光マップはこれから。少〜しずつですね。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ