今日はちょっとした田舎の話題・・・・いや、我が家の話題。

珍しい花が咲いたよ、と母が持ってきてくれたのがこれ。

   こんにゃくの花.jpg  こんにゃくの葉.jpg

         こんにゃくの花             ふつうはこんな葉

皆さんが食べている”こんにゃく”は、これで言うと球根部分の”こんにゃく芋”からできるのです。
で、こんにゃく芋は1年ではできないのですね。2,3年で食べれるだけの大きさになるのですが、冬の間は収穫して温かい所に置いてまた春に畑に植えるのです。

通常このような花が咲くことはないのですが、古いこんにゃく芋(3,4年もの)を置いておくとこんな花が咲く時があるそうです。

ネットで調べてみると、各地で見ることができるものの、花が咲くまで置いておくことがない(食べてしまいます:笑)我が家では、見ることがなかったわけで、ちょっとしたニュースとなったわけです。

「珍しいから事務所に入れておいておきなさい」と、オイラの部屋に入れてあったものの花がだんだん咲いて行くうちに異様な匂い。
「こゃりやダメだ!」 と、外に放り出しています。

と、まあちょっとした我が家の話題でした。(笑)