もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

しまなみ

第12回しまなみ海道ウルトラ遠足

明日はしまなみ海道に出かけようと準備をしています。

「また、もぐらさん自転車で走るんですか〜」

と言われてしまいそうですが、このたびは埼玉のこの方
『しまなみ海道ウルトラ遠足』 に出場されるということで、応援団+撮影隊として行ってきます。
この名前を聞いただけでは、 「ほうほう、しまなみ海道を歩いて渡るのか・・・・」と思われますが
地図を見てもらいますと、遠足の行程は・・・・

urutora-

広島県福山市の福山城 → 愛媛県今治市の今治城 延長100km!!
遠足というのは名ばかり。実際は100kmマラソンなのである。
フルマラソンでも42.195km 。その倍以上の距離を走ることになるのです。
オイラも広島に住んでいながら、この大会のことは知りませんでしたね。
 
スタートは 福山城を朝5:00 。 今治城には夜9:00前に到着者が完走となるようです。
出場要項には 「懐中電灯各自持参」も表記されていますね。

20111008706-    20111008420-
   来島海峡大橋               因島大橋の歩道部(車道の下に歩道)

20111008403-    20111008366-  
    多々羅大橋の歩道              来島海峡大橋部の歩道

応援は2人で自動車と自転車を使用する予定。(結局自転車を出すのかい:笑)
ちと、オイラも楽しみにしていたりして・・・(笑)

ツーリング(その2)

さて、第2回目の投稿が遅くなりましたが、しまなみ自転車ツーリングの続きを。
出発当日は一気に四国今治まで車で送ってもらい、サイクリングターミナル”サンラズ糸山”から9:00に出発。
20111008362-

天気も良く絶好のサイクリング日和。家族連れやどこかの競輪選手?グループも来ていまして、”中間”多くてスポーツというか観光気分でスタートでしたね。
20111008365-
まずは3連橋の来島海峡大橋を。960m、1515m、1570mもあるつり橋を自転車で走るのは爽快ですね。つらい上り坂も橋を走る光景で吹っ飛びますね。
20111008708-
来島海峡大橋を渡りきったところで、送ってもらった車に一度乗り、亀老山展望台に上がってみました。さすがに高さ300mの坂を自転車で上って見る勇気は無く、車で寄り道です。
また元の場所から再スタート。ここからは後方支援部隊無で2人で自宅を目指します。
20111008403- 20111008432-
ところどころ、アイスクリーム屋さんに立ち寄ったり、買い食いしながら1日目の尾道を目指します。
尾道駅に着いたのは4:30。 結構時間がかかりましたがたどり着きました。
オイラ140kmの距離を走るのは・・・・25年ぶり(高校のころ四国500kmを5日間野宿しながら走りました)。
気持ち的には「軽いなー」といつまでも若い気分でいましたが、いきなり手が痛くなりお尻が痛くなり、ボロボロの体になって尾道につきました。

尾道に一泊するものの次の日の自宅までは、息子3号がリタイヤするのでは・・・と考えていましたが次の朝、
「今日は早めに出発しようよ!」 と言ってくれて、”頑張ってるんだな〜”とわかり成長した子どもに嬉しくなりました。
8:00スタート

20111009470-
1日目以上に一般道は起伏が激しく、ギアの一番軽いのでも登るのが苦しいほど。しかし自宅にたどり着くまでに一度も自転車を押して歩くことはありませんでしたね。
「最後まで自転車で走る!」 と、いう意気込みでした。
20111009727- 20111009728-
14:30 自宅ゴール。 二人ともへろへろになっていました。息子3号もこれでまた一つ自分の持つスケールが大きくなったと考えるとこの疲れも程よく気持ちよい。
若い時こそみんなが無理だと思えることにチャレンジをすることで、自分のスケールを大きくする。オイラが子どもたちにしてやれる一つではと思い、これからも続けるでしょう。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ