もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

とうろう

吉舎ふれあい祭り

お盆の3日間は祭りの準備に始まって片付けで終わってしまいました(笑)

と、言っても”名もない作業員”ですけど(笑)

祭りは”8/14の地区内祭り” と ”8/15の町内祭り”の2種類でしたが本日
紹介するのは町内祭りの 「吉舎ふれあい祭り」です。

場所はこちら

             ふれあい祭り

この祭りの特徴は、 灯篭(とうろう)を川に並べ、灯すことで幻想的な光景を
作ることです。 非常に大がかりな アート ですね。

ではどのようになるか見ていきましょう。

昼灯篭.jpg   夜灯篭.jpg
     (昼の灯篭)                    (夜の灯篭)

河川約700mの区間に、5000個の小灯篭を並べて、ろうそくの明かりで夜になると
灯篭が浮かび上がってきます。

    夜灯篭1.jpg

小灯篭の中にとうろうコンテストで各社・個人で作った大灯篭が並んでします。

今年はどんなものができているか見てみましょう。

s-0808150116.jpg  s-0808150119.jpg

北京スタジアム.jpg  s-0808150127.jpg

写真では小さく見えますが高所作業車2台を持ち込んで作業をしていた会社もあり
ました。


ガンダム.jpg  s-0808150114.jpg

なつかしき、ガンダムやスターウォーズの灯篭もお客さんを待ち受けて
います。(笑)

  s-灯篭と花火2.jpg

締めは花火の打ち上げとなりますが、花火の打ち上げ個所と観客は100mぐらい
しかなく、火の粉が頭に落ちてきそうな感じのところで見ることができ、玉サイズは
小さいけど、迫力のある花火です。


今年はとうろうが綺麗に見えるまでには、ひとつの至難がありました。

それは・・・・夕立ちがあったからです。

 灯篭+ろうそく は、雨、風に非常に弱く、ちょうど火を付けて歩くときに雨、風の
夕立ちに会ってしまい、準備していたものがほとんど吹き飛んでしまいました。
開始時間になってもスタッフだけでは直しきれなくなっていたその時、観客の
人たちも川の中に入ってきて灯篭起こしや火つけを手伝ってくれているでは
ありませんか。
「目の前だけを直していたけど、川まで来ちゃった!」と。
楽しみに見に来てくれていた人に、悲惨な状況が見るに見かねたのでしょうね。

このおかげで約30分遅れでスタートすることができました。

とてもうれしいことでしたね。

田舎の祭り

このお盆にわが町では“ふれあい祭“という地方版の

祭りがありました。

神輿が出るわけでなく出店とイベントをする祭りです。

メインとなるモノは“とうろう”です。

 

広島では原爆の日に原爆ドームの横の川で灯篭流しが

行われますが、その灯篭と同じく流さないけれど

河川両脇に50006000個の灯篭を置くものです。

 

灯篭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年はオイラも準備から片付けに参加しましたが

炎天下の2日間でヘロヘロになっていました。

(ビールを飲んでヘロヘロではありません)

 

どこの祭りでも実行委員がいて商工会会員・ボランティア

が機動力となり運営しているものですが、観覧だけですませれば

これほど楽しいものはありません。

エスケープしても良かったのですが、オイラの好きな言葉

 

“とりあえずやってみよう!”

 

今後の仕事にしても実際に経験したことは思い出せます。

本で読んだもの・聞いたことは忘れてしまいます。

 

何事もカラダ全体でぶつかっていく気持ちで盆明けの

仕事をやってみましょう。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ