もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

ゆきわりいちげ

ゆきわりいちげ

もう春の陽気ですね。こんなに雪が降らずに、天気の良い冬は珍しかったです。

この地域にも春を告げる花が最盛期となりました。本来は3月になってなのですが、陽気で花が早く咲いたのでしょう。


image


ゆきわりいちげ という花なのです。


image


image


image


しろい花びらに見えていますが、これは”額”というところになります。


image 

通常の ゆきわりいちげ はこのように紫色をしているのですが、ここの花は”白く群生”になっているのが有名です。


image   image


そして、これを撮影しようと、大きな一眼レフカメラを持ってこられる年配の人が多く訪れてくださいます。

昨日は京都ナンバーの車や観光バスも立ち寄り、過疎地域ながら他県からたくさんの人が見に来てくださいます。

もしこの記事を見られてこられる人へのアドバイスですが、この ゆきわりいちげ は、晴れた日でないと、このように額が開きません。晴れた日も午前中はまだ開き切らないので、午後2時頃からが開き切った花を見ることができます。


setubun-    image

セツブンソウも一緒に見れます。


この地域に来てもらっても、飲食するところは無いのですが今年は週末期日限定で、有志の方が喫茶店を開いてくれました。


image   image

image   image


やはり観光場所には食べるものも必要ですが、このように企画してやってくださる人がいるとうれしいですね。(オイラも一緒にやりたいのですが・・・今年は時間の都合で失礼してます)



場所:広島県三次市吉舎町安田


atizu.jpg

春の休日

年度末が終わって第2週目の週末を迎えたものの、なぜか気分だけのんびりと
できないものです(笑)

とはいえ、気候はもう春であり、朝でありながら窓を開けたままでも、そう寒く
ありません。(田舎ながらでも西日本ですから(笑))

オイラのところでは今が桜が満開。昔は地区で”花見”などをやっていた記憶が
有りますが、最近は地域で一緒の行事をやることは減りました。
今朝はあるものを探しに山の中に入ってきましたが、目的のものは見つけることが
出来ず、ウグイスの声だけを聞いてまいりました。
久しぶりにウグイスの連呼?を聞き、何羽いるんだ?とびっくりするほどでした。
田舎に住んでいると、車の音と、常時鳥の声がするぐらいです。

ネタ探しの周辺の写真を撮ってきましたが、いまいちなのでちょっと前の写真ですが
”ゆきわりいちげ”という珍しい花が咲いていますのでご紹介します。
(昨年も掲載したっけ)
   0803100005.jpg
いつも正面ばかりの写真なので、このたびは側面から撮りました。

新聞などに掲載されたときは、遠方からこの花を見に来られる人が多くちょっとした
観光場所になっています。
この写真だけを見ると
「自然の中の花だな〜!」と感じるかもしれませんが、この周辺はと云うと

      0803100002.jpg

こんなところに生息しているわけです。
法枠外からだんだんと枠内に生息するようになり、人工と自然のコラボ?
となっているのです。

さて、来週からは北海道に遠征。
ちゃんとお仕事が出来るかが問題です。(笑)

ゆきわりいちげ

オイラの住んでいる田舎はやっぱり自然が多くなります。

(人口が少なく緑の箇所が多いだけ)

 

この季節には早々と咲く花がありますが、ゆきわりいちげ(雪割一華)という

花が今咲いています。

 ゆきわりいちげ1

ゆきわりいちげ2

 

 

 

 

 

 

 

 

自然に咲いているのは珍しいらしく、新聞に掲載されたら、遠方からも

観光に来る人もいます。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ