前回投稿していた「オープンキャンパス」ですが、送迎を兼ねてこの週末にオイラも参加してみました。息子1号の時は全部かみさんがついていきましたので、オイラは初体験。

学校に到着すると駐車場案内や受付、親切な誘導と特別なお客さん扱いでしたね。ウェルカムイベントや特別講演会などと、何か変わった雰囲気でしたね。でも体験授業などは普通にあってこそれぞれの学校の特色が詳しく教えていただけましたね。
 

で、どの学校も「自分が納得いくまでオープンキャンパスに来ていただいて決めてください」と。オープンキャンパスは何度も開催されているし、毎回授業の中身が違っていたり特別なイベントをするなど、考えてありますね。ある学校では「3回以上参加されますと特別優待・・・」などと書かれたポイントカードを配られるなど、何度も同じ学校に行くのが普通なんですかね?

でも昼ごはんは出してもらえますし、交通費支給・・っていう学校もあり、いたせりつくせりですね。


でも、外部講師による「特別講演会」。良かったですわ〜。1時間の講演でしたがいい話の上に感動もあって、女子学生やおかあさんなどは涙して聞いておられました。お題は進路を決める際の話なのですが、根本的に家族や親子の関係などのお話ですが、一つオイラの悩みを解消してくれるお話もありました。それはこれまでに何度か子育てのお話をした際に

「もぐらさんは子供に関わりすぎですよ、自分の進路や行動は子供自身で考えれば良いのですよ」とか「子供のこと母親に任せておけばいいんですよ、父親は子供の進路にはいちいち口を出さない」などと言われたことがありますが、なぜ親が関わっておかないといけないのか。こんな話も聞けて今のオイラの行動で良いかな・・と少し安心しましたね。


そして新しい言葉も教えてもらいました。


「helicopter parents (ヘリコプターペアレンツ)」


-- もう大人にならなければいけない年頃の大学生の子供に、頭上を旋回するヘリコプターのように寄り添い、トラブルが起きたら”介入”してくる親のこと--
 

「これは無いは」・・・と自分では思っているのですがね。