もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

マクロ

梅雨の楽しみ

むしむしする日が多くなりましたが、”これぞ日本の梅雨!”ということを楽しむことにしましょう。え、楽しくないって? では梅雨の楽しみ方を。(笑)


なんで、こんな浮かれた話で始まったかと申しますと、お付き合いのある写真屋さんから以前「古い機材があるから、部屋のインテリアにするのなら上げるよ!」

と言われたので、他にも撮影の話もあり先日訪問しました。


打合せも終わりごろ箱にいっぱい機材を入れて来られて・・・

「これ持って帰って。いらないのは捨ててね」と。


その箱のなかに入っていた機材とは・・・これだけありました。



image


image    image

 

image    image   

上側にある大判カメラは昔写真屋さんにあった形ですよね。あの黒いマントをかぶって撮っていたやつです。

右側にあるのはデジタルカメラのではじめのころ2004年に発売された富士フィルム製のデジタル一眼レフ。でもレンズマウントはNikonなのでオイラの機材がは使えます。

電池を入れてみますと、とりあえずどれも使えます。


レンズに関ししてはどれも古いのですが、とりあえず使えます。

特にこのレンズ。”マクロレンズ”と呼ばれる被写体を大きく撮れるレンズです。でも壊れて力ずくでピントを回さないといけないので、簡単には使えません。


image


image  image


右のかぼちゃの花に入って遊んでいる?ハチを拡大で撮ってみますとこんな感じに撮れます。


image


image


image


ということで、雨上がりの写真も面白いと。(笑)

CADをもっと便利に!

お知らせ〜

左側のサイドバーにこれまでに書いた”記事の検索”と”ご意見メール”を
取り付けましたので、ご利用ください。(どぼんさんに習いました)



さて記事に入りますが、最近自分で造ったものを公表していませんね。
ExcelやCADの部品でも良いのですが、それを配布するように修正するに
時間が掛かり、横着な写真などで逃げています(笑)

久々に”小物だし”としてAutoCADを行ってみましょうか。

今頃のCADはいろんなコマンドがついて、通常の作図をするにおいては
問題なく使えるものばかりとなっています。
バージョンアップするたびに新たな機能がついて、作図の補助をしてくれますが
それを覚えるのに一苦労・・・・の方が多いかもしれませんね。

でもAutoCADって、最新のものでもあまり特殊な新機能はついていない気が
しませんか?(メーカーさんすみません)

オイラは最新のバージョンも持っていますが、日ごろ使うのは10年前のバージョン。
なぜかって?     

  それは起動・操作が軽いからです(笑)

そして、それでも十分にお仕事が出来てしまうのですよね。
それは、AutoCADは自分でコマンドや機能を造っていく ことが出来るからです。

   s-カスタマイズ.jpg

ここで自分の好きな操作を記録して、コマンドを作ることが出来るのです。

マクロ といいますが、Excelでも同じく、同じ操作を繰り返す場合など一度時間を
かけても作っておいたほうがトータル的に早く作業が終わります。


         s-180.jpg  (マークは編集から自分で作ります)

このようなコマンドを作って下ような言語を登録すれば出来上がります。
ちなみに下のマクロは ”文字などを連続して180度回転” のマクロです。

        *^C^C_rotate;180;

このほかにも、横断図の面積を測り、記録するマクロや、座標値を取得し
引出線を描いてX,Y座標を表示するものも出来ます。


座標値の取得+表示
    s-座標取得.jpg
マクロ
^C^C_point;_erase;L;;_setenv;"X";$M=$(rtos,$(index,0,$(getvar,
LASTPOINT)),2,$(getvar,DIMDEC));_setenv;"Y";$M=$(rtos,
$(index,1,$(getvar,LASTPOINT)),2,$(getvar,DIMDEC));_leader;
@;;"""X=$M=$(getenv,"X");Y=$(getenv,"Y");""";

ちょっと長いけれど測量計算する時には便利です。(コピペしてください)

みなさん、自分の持っているソフトを使いきれば、残業も少なくなりますよ。
がんばりましょう!

便利なExcel

Excelとは非常に便利なものである!

昔オイラはパソコンをよく知らずワープロのカルク計算とか言うものを使っていたが

ちょっと計算内容や行が多くなると計算できなくなっていました。

今のExcelはほとんど無限大な感じで計算をしてくれます。 Excel関数を使っている人で

「関数では計算は限界である!」

と感じたら、マクロの世界に入ってみましょう。

「マクロは難しいから出来ない!」と思っても実は簡単!

Excelのアイコンから出来ます。これをもう少し複雑に計算しようと思われる方は

 VBAに入っていきましょう。

今後Excelの便利な使用方法も掲載していきます。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ