もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

事前協議

帰ってくる電子納品物

先週のはじめは電子納品の話でもちきりでした。

と、いうのは年度末に提出した電子納品成果が舞い戻ってきたのです(泣)

ことの発端は6月初旬になりますが、国土交通省に提出していた納品物を発注者
サイドでチェックをされて、おかしなところは修正をして再提出するように指示が
あったそうです。
当初は指摘箇所の修正なわけで、
「なるほど、しっかりと目視もして、周りの業者とまとめ方を合わせるようにしたのだな」

と、やる気のなった発注者を評価していました。

この電子納品という事務業務は、マニュアルをしっかりと読んでも答えが見えない
ところが多々あります。
そんな所をカバーしていくのが 『受発注者間の事前協議』な訳です。

オイラからみると通常発注者の作られている「事前協議書」では、不確定要素をつぶして
いけるもとなっていません。

そこで請負業者も「独自のまとめ方・整理のやり方」が始まり、国総研のチェックソフトで
クリアするだけの電子納品物ができていたのです。
実際に各業者の電子納品をすべてチェックすることができるのは、発注者サイドでないと
できないわけで、このあたりの統一をはかってくれることはよいことだと思います。

で、最後まで問題となったのが   ”CAD製図基準のレイヤについて”でしたね。

”新規レイヤについては受発注者間の協議のもと決めてください”
となっているものの、事前協議でレイヤの協議する欄など無いですからね(笑)

続きを読む

請け負けの図

先日一本の電話がかかって来ました。
内容は
「CADデータを電子納品するときにどこまで修正しておけば
納品できるか教えて欲しい」
 との事でした。

発注図はCAD基準(案)に合格できるものではなかったそうです。
けれど発注者からは、
「電子納品のCDに入るようにしてくれれば良いからね」
と簡単に言われたそうです。

ま、このあたりは通常聞きますので驚かないのですが
オイラはこの相談者に
「事前協議ではどうなっていましたか?」
とたずねると

「ここの役所は何度言っても事前協議を受け付けてくれないのです」

こんな発注者も居るんだ、とオイラはこの度知りました。
確かに業者側でも初めて電子納品を担当する人が居れば判らないことは
有りますが、この業務が始まって3〜4年経つわけですから発注者は
この事前協議の大切さを理解してもらいたいものですよね。

事前協議 = 受発注者との決め事

請負者の人は、”協議”することが唯一発注者と対等の意見が言える
所ではないでしょうか。
この最後の砦を発注者によって無くされてしまえば請け負けの図が
浮かんできます。

「では、工事打合せ簿などの電子納品はどうなるのですか?最近は
 書類の簡潔化が進み指示があったのではないのですか?」
すると現場職員さんは

「発注者からは、簡潔化は無視してください!と言われました」
だそうです。

その上電子化が仇となっている書類の作り方が始まっています。
これは後日発表します。(もったいぶるなって?)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ