新潟の中越地震で被災されている方々が大変であると
連日のニュースで伝えられてきています。

避難生活問題や家屋の調査、そしてライフラインの復旧と
問題は山積み状態です。
こんな状況を少しでも早く復旧するにはどうすればよいかを
考えてみました。

早くライフラインを復旧する為には、どこの道路にどんな規格
の水道・電気が入っているかを確認できるもの。そして現況の
道路がどのような規格で整備されているかをきちんとデータベース
化してあれば確認が早く出来ないであろうか?

そう、施設のデータベース = きちんとした電子納品。

図面一つにとって見ても、既設の縦断・横断が有れば被災現況横断を
記入するだけで積算でき、早く予算化できないであろうか?

電子化してあればその地域のみのコンサルタントで設計しなくても
全国に手分けをして早急に復旧作業に入れないであろうか?

電子納品が役立って欲しい、そして役立てて欲しいという望みです。