もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

偽物

ライセンスの問題

またまた情けないお話になってしまいますが、人の失敗談を話すことが為になれば・・・と思い、恥ずかしいお話を。


昨年春にお客さんからパソコンを注文されMicrosoft Officeが必要となり最初パソコン1台ということでYahoo ショッピングからOfficeを売っているお店で購入していました。後に2台となったのでこのような店頭で売っている『PC2台まで使えるライセンス』Officeを購入して納品していました。


image image


そして1つネットで購入したOfficeを近場の建設会社さんのパソコンを直した際に、譲っていたのですが、

「もぐらさん、年末に作ってくれたパソコンだけどExcelを起動するとライセンス番号を入力してください」

と、表示されるようになったよ、と。


あちゃー、もしかしてネットで購入したものは偽物だったのか・・・
と、すぐに頭をよぎりました。
というのも以前も偽物をつかまされたことが

2014年1月22日の記事  「だまされた人が悪いのか」


以前はダウンロード版ということで、ライセンス番号のみが送られてきたが、今回購入したのはこんなパッケージもの。

image

すぐに購入したお店へ連絡してみましたが・・・・電話もホームページも無くなっているのです。

そこでYahoo Japanに連絡して対応を求めたところ下記のような回答が。



Yahoo! JAPANカスタマーサービス〇〇です。
Yahoo!ショッピング出店ストアの対応において、
お客様へご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。
上記ストアにつきましては、弊社からストアへ様々な方法で
連絡を行っておりますが、ストアとは連絡がつかない状況となっております。
このたびの件につきまして、ストアからお客様へ連絡いただくよう
手配に努めましたが、至らない結果となりましたことをお詫び申し上げます。
なお、Yahoo!ショッピングでのご注文に関する処理は、各ストアの責任において
管理されております。お困りのところ誠に恐れ入りますが、ストアと連絡が
取れない状況では、的確なご案内を行うことができません。
◇Yahoo!ショッピング 免責事項について
http://topics.shopping.yahoo.co.jp/info/notice/security/index.html
お手元に届いた商品につきましては、大変恐れ入りますが、
お近くの警察など公的機関へご相談くださいますようお願いいたします。
今後はこのような事態のないよう、このたびのご指摘を真摯に受け止め、
皆様により快適にお使いいただけるサービスを目指し、Yahoo!ショッピング
出店ストア全体への啓蒙に努めてまいります。
このたびは弊社サービスにおいてご迷惑をおかけしておりますことを
Yahoo!ショッピングからも深くお詫び申し上げます。




とほほ、なことでした。みなさん気を付けてください。


ちなみにオイラの事務所では2年前からこれを使っています。

Office 365 Bisiness  (一人でPC タブレットなど5台分のライセンスが使えます)


しかしMicrosoft さんは偽物や違法などのソフトをネット上からライセンスを使えなくしてくれますが、Aディスクさんは手紙や電話で強制的なライセンス管理をされて巨額な請求書が届くのですからね〜。ある意味Microsoftさんはやさしいね。(笑)

だまされた人が悪い?

今日はお恥ずかしい話なのですが、先日ネットショッピングでだまされた商品を買ってしまいました。

最近「WindowsXPのサポートが終了する」ということで問い合わせがあると言いましたが、そのMicrosoft製品のことです。

さかのぼること昨年の秋。野球もリーグ優勝、日本シリーズと盛り上がっていた時のことです。
「楽○リーグ優勝!おめでとうセール」とHPのトップ画面にMicrosoft製品の特価が表示されており信用有る楽○で有るから大丈夫とOffice2013を買ったのです。確かに安かったのですが、時たまMicrosoft製品もこのぐらいの値段で売っていることもあり(PC付属ソフト)なのでダウンロード版ということで購入しました。
しばらく買ったままPCにインストールもしないで古いものを使っていたのですが、年末にインストールして年明けに久々にそのPCを使うとしますと・・・・・・

「ライセンス認証をしてください」と表示が。

あれ?きちんとしているのにおかしい・・・と番号を入力するなどしたのですが使えない。
そのあと仕事などで問い合わせる時間がなかったのですが、やっと先日購入した会社へ電話しました。
すると・・・・
「○○会社です・・」と日本語を難しそうにしゃべる男が対応。
「Officeが使えなくなった。どうしてかいな?」というと、購入履歴などを話をしてオイラを確認しました。
するとその男は

「すみませんでした。新しい番号を発行しますので・・・・・」
「おまえは偽物を売っていたのか!楽○で!わりゃええかげんにせんかい!」
と思わず日ごろ使うことの少ない広島弁?で怒鳴ってしまいました。

「すみません、クレジット会社を通して返金しますので・・・・」

とすんなり”偽物商品を私は売っていました”と認めて返金をすることに。でも請求明細が来るのが遅いのでまだ返金の確認はできていません。

楽○の優勝セールで割引率表示でニュースになったのは日本シリーズでしたが、オイラはリーグ優勝のとき。つまりこんなのが有名店でも普通に”偽物商品”を売っているのですよね。それも会社が最優先するトップ画面で。(もう信用できない会社になってしまいましたね)
ちなみにその偽物販売の会社HPに行ってみましたが、ほとんどの商品が消されてAdobeAcrobat製品だけになっていました。

教訓その1

名前を知っている有名店でも、お店の紹介だけなので、直接売っている会社次第で品質が決まる。
教訓その2

ダウンロード版というのは簡単・安いということかもしれないが、キチンをCD/DVDの「形あるもの」を買うほうが少し安心。
教訓その3

安いものに飛びつかない・・・・ (この教訓は・・・今後ともやめることは難しいだろう:笑)

みなさん、だまされないようにしてくださいね。(泣笑)

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ