もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理から建設CALSまで現場の実情を記事にします!!

写真

写真の展示

先週末から大阪出張や地域の文化祭と通常の仕事で、時間に追われていたここ1週間でした。

特に先週の金曜日の晩から週末に行われる地域の文化祭の展示物や地域の写真コンテストの準備でフル稼働でした。

image

写真クラブという名の”飲み兵衛会”も文化祭に展示する写真を金曜日の晩には、我が家に集まり宴会をしながら写真を印刷しました。毎年恒例ですが、我が家には大判プリンターなど機材もそろっていますので、モニターで色調整や切り抜き方法を個別に聞いて印刷します。

ことの失敗はこの日。パソコンを操作しながらついつい飲みすぎてしまい・・・昨日まで疲れを引きづっていました・・。(苦笑)


さて、今年も行った地域の写真コンテスト。

image (今年の応募ポスター) 


応募してもらった写真も黒い紙などに張り付けて展示していましたが、どうにか良い展示方法はないものかと思案の上こんなものを作ってみました。

A3の厚紙を用意。(1枚20円)。それを黒色をスプレーで片面を塗装します。

2015-10-17 13.54.30   2015-10-13 06.55.19

2015-10-13 07.01.24   2015-10-13 07.01.56

そして額のふちを切る専用のカッターナイフで縁を切り抜いていきます。

このカッター、45°で切れていくのですがちょっとした馴れがないときれいに切れませんね。


2015-10-28 07.50.57  image

しかし、このように写真の縁が白く見えていかにも本物?のような額縁に見えます。


2015-10-28 07.45.57  2015-10-28 07.49.42

その下に段ボール紙を切って裏枠を取り付けると紐を取付け、壁にかけても厚みが出て立体感があるように展示できます。

写真を止めるテープは、車の板金塗装などに使う”マスキングテープ”を使用。張って剥がせる素材なので後で写真を取り外すのに楽です。
(お客様申し訳ありません、週末はこんなことをしていまして仕事が遅れております。<(_"_)>)

20151025_0233  image


今年もたくさんの力作を応募してもらい、来客者に投票してもらって順位を決めました。


今年も高順位の中には携帯電話での写真も入っており、「写真は機材じゃ無いな」と思わされますね。(笑)

でも、年々作品も”地域の人の票が集まる写真の撮り方”になりましたね。(笑)

工事写真

最近ちょっと変わったお仕事を開始しました。
「現場の記録を!」と題して、工事現場の写真を撮りに行っています。

「工事現場の写真なんていつも撮っているし自分でも撮れるじゃん!」

と、思われるでしょうが、撮りたくても撮れない・・・ということもあります。


それは夜間工事など、光が足らなくてフラッシュを使うような写真ですね。

-20140407_832

たとえばこのような現場全体を夜間工事で撮影したいとき。現場で使っているコンパクトカメラではちときびいしいですね。ちなみにこれはフラッシュは全く使わずに撮影していました。

それと工事用の照明。これが一番難しい撮影となります。カメラって明るい方向に向けて撮影すると、人物などは真っ暗となってしまいます。

-20140407_1018 -20140407_986
じゃ、写真屋さんにお願いすれば・・・・となるわけなのですが、おそらく工事現場を知らない人を立ち入らせると・・・とても危険ですね。(危険は誰にでもあるのですが、ところかまわず撮影していたら素人の撮鉄さんになってしまいますね:笑)

-20140202_0421

この現場はJR関係ですが、例の少ない工事方法をされていまして、初回はオイラが提案させていただいて、撮影に行きました。それを施主さんや会社へ見せたところ好評だったということで、先日は第2回目の撮影に行ってきました。


最近のデジタル一眼レフは高感度にも耐えれるようになりだしましたので、こんな写真も撮れるようになりました。ちなみにこの上の写真はコンパクトカメラでは設定できない方法で撮っています。

昔から写真が趣味でしたけど、以前の会社で工事表彰する提出する写真は、自分のカメラを持って行って撮影していましたが、割と入賞していましたね。

まとめますと今日の話は「適正な機材を使いましょう」です。決してオイラの腕という話ではありません。(笑)

でもお仕事のお申し込みはブログHPの右側メールより承ります。(爆)

見上げてごらん!

消防団の年末警戒としての集まりがありまして、消防車の格納庫から歩いて帰っていると・・・・寒い!
氷点下5度ぐらいにはなっているのですが、空を眺めているとすごく星がきれいでした。

久々に星をデジカメで撮影してみました。

orion

 

真ん中に3つ並んで明るい星が冬の象徴の“オリオン座”。

ちょっと露光時間が長くて地球の自転で流れている写真となりましたが夜空にはこんなにたくさんの星があるのですよね〜。
まだフィルム時代でしたが、日食、月食、ハレーすい星なども撮影して、実はお空が好きな少年でした。
中学生のころは親父のカメラを持ち出して、寒いの撮影したりもしていましたね。

白い粒がすべて地球レベルとはいかないでも恒星・惑星の光だと思うと、とても神秘的ですね。

忙しい日々が続くこの頃ですが、空を見て一息ついてみるのも良いかもですね。

レベルアップする現場技術

オイラの仕事は建設現場の”ちょっとしたサポート隊”の仕事をしています。
この仕事を始めた8年前は、それまでに建設会社で培った技術を使っていろんな建設会社へ行って
書類の作り方やパソコンの使い方。メインの変更図面の作成や電子納品と現場の技術者の先生に
なれるように頑張ってきました。
いや、今もそれなりにやっていますが、以前ほど技術の差がなくなったというか、現役を離れていると
現場の問題点にぶつかることが無くなって、当然現役の人みたいに出来なくなっているところが多くなりました。

先日「はっ」と気付いたのが、Excelなどを使って作るプレゼン資料。
「ここまで手の込んだものを作るようになったか〜」と。
Googleアースの写真とCAD図面とExcelの図形・イラストを巧みに使い工事説明書を作られていました。
オイラも現役のころは夜な夜な時間をかけて資料などを、どれだけきれいに作れるかと作っていましたが
最近は仕事のスピードを上げること踏み込んだ資料作りをしていないのが原因だなーと思ってしまいました。

今一度基本に戻って仕事に取り組まないといかんなー

梅雨の使者

もうすぐ梅雨明けかなーと思いきや、天気予報を見ているとまだまだかな?と思ってしまいます。
と云うことで梅雨時期の写真は今のうちにアップしておきましょう。

   あじさい.jpg

この人のためにはもう少し雨が必要のようですね。

そういえばナメクジとカタツムリを間違えていた人がいたっけ。(笑)

もぐら捕獲

畑をこんな風にして、野菜を悪影響をさせるヤツがいます。

トンネル.jpg

そこで捕獲作戦を決行して犯人を捕まえました。

もぐら 1.jpg

もぐらを捕獲。   ・・・・なんか同じ名前なんで親近感がわくのでしばらく飼ってみることに。(笑)

もぐら 2.jpg

飼育ケースに入れたのですが、捕まえるのにも一苦労。あっという間にトンネルを掘りながら右往左往してなかなか捕まえさせません。
コヤツ捕まえるとどこにあるか分からない目をしながら軍手をかみついてきました。
少しネットで生態を調べてみましたら、とても「大食い」らしく、一日3食、ミミズを食べないと死んでしまうようです。
よく「もぐらは日に当たると死んでしまうんだ・・とか、、まぶしいところでは生きれないのだ・・・」と言われていますが、捕獲後の死亡原因は「餓死」が多いとのことです。

ミミズをやると両手で持って食べていました。

しかし・・・この時期ミミズ3食きっちり探すことは至難の業となりそう。(笑)

朝日

朝早く出動したときに、宮島SAで朝日を見ることが出来ました。

a宮島.jpg

とてもきれいだったのですが、瀬戸内海水面が朱く染まる風景は写真では(オイラの腕では)
きれいに表現できないものですね。

でも「早起きは三文の得」の日でした。

イタチくん

自然あふれる??ところに住んでいるオイラの家では、昨日こんな写真が撮れました。

   0904081375-.jpg

花壇を写しているのではないですよ。 ちょっと小さな動物が映っています。

イタチです。最近よく現われていたのですが、昨日は写真を撮ることができました。

0904081377-.jpg  いたち-1-.jpg

0904081378-.jpg  いたち-2-.jpg

2匹いて、庭でじゃれあって遊んでいました。

横から見ると鋭い顔つきなのですが、正面から見るとかわいい顔をしています。

そう、我が家の庭は”けもの道”となっているのです。(笑)

虹です

夏も真っ盛りで昼は暑く、夕方は・・・・局部的な夕立ち!
こんな天気を体感すると、

夏だな〜!

と感じるのはわたしだけ?(笑)

夕立ちのあとはこれですね。

    虹.jpg

この日は、二重の虹が出ていました。

写真では表現できない空一面の虹は、生で見ないとその素晴らしさを
感じることは無理ですね。

日本では一般的に七色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)となっていますが、
なかなかそこまでは確認できませんね。

もうひとつこの写真で気づいたこと。
下のはっきりとした虹は、上側が”赤”ですが、上のうっすらとした虹は
下側が”赤”となっていますね。

こんなにはっきりとした虹を見るのは、何年ぶりでしたでしょうかね?

ほたる

夏が近づいた証を見てまいりました。

それは ほたる

DSC_0015.JPG

夜剣道の稽古のあとそのまま車に乗り近くの小川へ。

ここは以前からほたる祭りを行っているぐらい多くいます。

オイラの近くの川にもいますが、出没はまだ先ですね。

DSC_0020.JPG

星座とかは撮影した事がありましたが、ほたるは初体験。

(ネタつくりの為ですよ)もちろんデジカメでは。

芸術写真ではなく状況写真程度でみてください。


自然環境がよくなっているの?

今朝の一枚の写真、サギです。

sagi.jpg

家の中から撮ったので鮮明ではないのですが、いつも家の周辺を

飛び回っています。

この周辺には平成17年と18年4月の2回ほどコウノトリが飛来して

新聞にも大きく掲載され、過疎の土地が紹介されるのはとても

うれしいものです。

今ニュースとなっている兵庫立コウノトリの郷公園

43年ぶりに自然界で雛がすくすく育っているようです。

田んぼも昔みたいに大掛かりに農薬散布することも少なく

なり、ドジョウやミミズ・おたまじゃくしが多くいるので鳥などが

多く住み着いています。

でも鳥や動物は多いのですが、住んでいる人はどんどん少なくなって

います。困ったものだ(笑)

 

フィルムスキャナー

このたびの年末年始にかけての仕事の準備をしています。

 

毎年何か自由な時間を見つけ自由なことをしていますが、

(家の仕事をしてよ!とかみさんには怒られますが)

このたびは以前からやりたかった、“過去の写真フィルム整理”

です。

実はこの秋ごろから昔の(親父のころからですから昭和35年ごろから)

のフィルムを年別に整理していました。それをすべてデジタル化にする予定です。

 

ここで最新式(?)のフィルムスキャナーの登場です。

以前フラットベットタイプのフィルムスキャナーをもらって来ましたが、

35mmフィルムの読み取りに115分ととてもレースにはなりませんでした。

EPSON F-3200をこのたび購入することに家族会議で決定し、先日届きました。

他社のも候補に上がっていましたが、お値段と読み取りスピードで

決めましたが実際に使ってみると12枚(コマ)読み取りに約15

(フィルム取り付け時間も含め)と以前に比べ非常に早い。

 F-3200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介
アクセス(ユニーク)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ