もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

原因

デジタル写真データの撮影日付と更新日付が相違 その2

最近年度末工期の現場が分散して、5月や7月末に完成する現場が増えてき感じがします。
オイラ的にはとても良い方向かな。また建設会社としても「職員の有効活用が出来る・・」ということも有るでしょうね。

で、本日は久々に電子納品ネタ。

デジタル写真のデータが撮影日付と更新日付の相違が起こってしまう

以前デジタル写真の更新日付が変わってしまい、写真管理ソフトで”確認・注意”が表示される原因について1つ書きましたが、追加原因をもう一つ。
以前の更新日付が変わる原因その1 記事

本日はデータの受け渡しの時に起こる写真のエラーを書きましょう。 ご参考にどうぞ。

CD−R、DVD−Rに書き込む方法として、
 1,ライディングソフトとを使用する方法
 2,Windowsの機能を使用して書き込む方法    が有ります。
今日は”2”の方法ではデータがどう変化するか見てみましょう。

まずマイコンピューターから DVD-RAM(CD-RAM)ドライブを選択し、写真データをドラッグアンドドロップし、CDに書き込む準備をします。
CD書き込み.jpg

書き込みを開始します。

CD書き込みウィザード.jpg → CD書き込みウィザード(書き込み).jpg

CD書き込みウィザード(完了).jpg

このようにCD−R(DVD-R)に書き込みが終わりました。
さて書き込む前のデータとCD−Rに書き込んだデータを見比べてみましょう。


元の写真データは、写真撮影日付と更新日付が同じななのですが・・・
元データ 写真元データ.jpg

  BlogPaint










CD-Rデータ

このように更新日付が変わってしまいました。
今の写真管理ソフトではこの更新日と撮影日付に相違が有った際に「なぜ相違が有ったのか?理由付けを書いてください」と表示されるものがあります。

特に協力会社から写真データを渡してもらう際にもきちんとパソコン使用方法を説明しておかないと、余計な業務が一つ増えてしまいます。

結論はデジカメからの写真取り込み・CD-Rに書き込みなどWindows のウィザードは使用しない事ですね。

メールが消える!?

みなさんはメールソフト、Outlook Express を使われていますか?
Windowsに当初から装備されているメールソフトですが、オイラはずっとこれを使っています。

しかし、ここ数年おかしな現象が起こっているので疑問・・・というより困っていました。
というのも、オイラは送信・受信したメールは何年も残しているのですが、2年ぐらい前より「送信箱」から送信したデータが数ヶ月分単位で消えてしまっていました。
「これはトロイの木馬系の仕業か・・・」とチェックをよくしていましたが他の原因があったようです。
(そんなこと知っているよ!とみんなに言われそうな・・)

時たま 「メールの最適化をしてください」と表示されるのですが、一つこれが原因のようでした。
原因その1
最適化されている時にパソコンがヒジー状態になったりするとメールファイル(.dbx)が壊れてしまう事があるそうです。
そのため最適化には事前にBackUpデータが作成されて、もしかの時にはゴミ箱から復旧出来るそうです。

原因その2(これは疑問ですが)
送信箱が2GBを超えると、データが消されていく・・・なんて記事もありました。確かにオイラの送信箱には数ヶ月分消されていてもまだ3GB超のファイルが詰まっていますからね。

何にせよ使い方を変えないとまずそうです。

対策その1
メーラーを他社の物にするか、Windows7に付いているLiveMailに変更するか。
対策その2
過去のメールデータを箱から取り除いて保管する。

何にせよ、知らないうちにデータが無くなっているのでびっくりします。
皆さん気をつけてください。

工程が遅れる

昨日は工事現場を訪問し、工事現場内を歩いてきました。

 

雨・雪が多くなるこの時期に盛土はあまり好ましくないものの、西日本

と云うこともあり、盛土作業においてもダンプが走ることが出来ていました。

 

続きを読む
もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ