もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

吉舎ふれあい祭り

お盆がおわりましたね

お盆は何かと地域・家庭行事がありまして、全く更新していませんでしたが、ちょっとまとめて。
今年は祭りには絶好の好天ばかりで開催に当たっては何にも機にする必要が無く、楽でしたね。
いや、連日35度を超え体は悲鳴を上げていましたけれどね。

この地域の盆踊りは13日。町内のお祭りは15日、片付け16日と何かと出ていることが多いのです。

まずは前回書いた無線LANを使ったネット環境作りで行ったカラオケ大会。
事前準備OK 通信OK(12MB出ていました) と順調に見られたのですが・・・・始まる直前、原因不明のネットDOWN。
あわててかき氷屋さんを中断しては本部席にかけり寄ることに。
最悪は有線で・・・と数本LANケーブルを用意していたもののあと数十メートル足らない。
仕方が無く3G回線の携帯電話で何とかスタート。そして原因不明のネット復活。
とまあ、へろへろで初日の祭りを終えました。

15日。朝からカンカン照りの中、灯篭の設置。第26回吉舎ふれあい祭りの準備に参加しました。
image image
この小さな灯篭を今年は5000個並べまして祭りの準備を行いました。
今年は中高校生が多く参加してくれて、「おい、今年は並べるのが早いなー」と常連さんと話をし、「やっぱり若さだなー」と喜んでいました。

image
そして夕方からはこれにロウソクを取り付けて点火。

image image
-hanab

と、無事参加した祭りは完了しました。

この間、家庭でのお盆行事、親戚の訪問。そして今年は工事現場の毎日のパトロールも受けていまして、車で20kmぐらい走って見回りも行っていました。
なのでビール片手にテレビで高校野球を・・・・なんてことはなかったですね。

さて、今週末には講習会が入っていますので、資料のまとめをすることにしましょう。

あるようで無いお盆休み

今年は比較的ばらばらのお盆休みだったのではなかったのでしょうかね?
15日にはUターンラッシュって、”今日がお盆だよ”と言う日に帰省になっていましたからね。
オイラと言えば例年のごとく地域のお祭りを2つこなして、親戚訪問を受けましてお盆が終了しました。
13日は地域内の盆踊り。雨が降るか・・・と予想して体育館での開催でしたが、今年もかき氷職人に。
わりと暑い夜でして良く売れました。汗びっしょりになってひたすらかき氷をすっていました。

さて、この地域のお祭りはそれなりに準備片付けが出来るのですが、大がかりなのは町内の『吉舎ふれあい祭り』。
今年も灯篭を並べ、片づけるお手伝いをしてきました。
201208153836- 201208153837-

川にの朝から小灯篭を5000個並べ企業・個人が作った大灯篭が並べられ、夕方5時半よりろうそくへ火を灯して歩きます。
ボランティアの人へ「今年はちょっと多めに並べてみますか」と言ってしまったが途中で灯篭が足らなくなり、間引いて並べる
一幕も。でも息子いわく「今年は灯篭が多いよ!」と感想をいただきました。

201208153914-

この町特有の花火大会。花火って民家や学校・神社・お寺などが有る場合打ちあげ箇所か数百メートル
離れていないと許可が下りないのですが、民家から50mぐらいしか離れていない高等学校のグランドから
打ちあげ。ほんと、目の前で打ちあげられる迫力が有りますね。しかし大きな花火が上がりません。

昨日の16日は朝から片付けでして、お盆は休むものでなく、オイラは体力作りの休みとなっていますね。(苦笑)

きさふれあい祭り

お盆の行事その2としまして8/15に開催された「きさふれあい祭り」のご報告を。

ここ数年準備人その1として参加していますが、今年も暑かったですね〜。朝スタッフ・ボランティアの人たちが集まり、約5000個の灯籠を川辺に並べていきます。
昼.jpg

川の中に設置するときはちょっと冷たくてちょっと気持ちがいいですね。しかし・・・・深場に行くこともあり、ズボンも濡れてしまい、後々は気持ち悪くなりましたがね。(笑)

さて、今年は風が結構吹いており、灯籠は飛ばされるは、大灯籠は倒れるなど準備には手間取りましたね。

点火1.jpg 点火2.jpg

やっとの事で夕方になり灯籠に火をともしていくのですが、ここでも倒れた灯籠を起こして風が吹く中ライターで火をつけることは大変でした。途中「観客の皆様も一緒にお手伝いして下さい・・・」と放送。するとたくさんの観客のひとも手伝ってくれて無事スタートできました。

パノラマ.jpg

人混み.jpg カタツムリ.jpg

ゴンドラ.jpg ドラゴン.jpg

小さな町なのですが多くの人が来場してくれました。 ここ数年観客数は増えている気がしますね。

最後の締めは花火ですが、この花火は募金や寄付・スポンサーから打ち上げられているのですが、中には「○○先生のベージュを祝って・・」など○○年中学校卒業生一同など同窓会の寄付も多かったですね。

花火.jpg

祭りはここでは終わりません。次の日は会場のお片付けでした。そして・・・・本日は疲労と腰痛が襲っています。(笑)

灯ろうアート

今日から平常勤務の方が多いかもしれませんが、”お盆疲れ”ではないでしょうか?
オイラは少々そのような感じです。
お盆の間はずっと記事を書こうと決めていたんですが連日の祭り準備・片付けで通常勤務より疲れた感じが・・・・(笑)

では今年で22回目となる”吉舎(きさ)ふれあい祭り”の模様を。

灯ろう祭りとも呼ばれるこの祭りの特徴は、道路・河川敷に約5000個の小灯ろうを置き、イベント・花火が行われる近辺では珍しい御祭です。

この町にアートを作る気持ちで灯ろうを置いてください  を合言葉に小灯ろうを並べていきます。

しかし、この灯ろうを飾るには大変です。
もちろん事前に灯ろうを作り、段ボール箱に入れて各場所へ持って行き設置をする。人海戦術のほかにはありませんね。
aDVC00025.jpg  aDVC00028.jpg

そして夕方になると、今度はロウソクを片手にチャッカマンを片手に火を灯して回ります。

aDVC00029.jpg  aDVC00030.jpg

並べおわり、日が暮れかかると灯ろうの色とロウソクの明かりが見え、とてもきれいな光景となります。
今年は”水面にも灯ろうを!”と考えられ、灯ろうを浮かせてありました。

a0908150498.jpg

まだ日が落ちていくと
aふれあい祭り.jpg

今年も準備中に雨に祟られ、ひと問題がありましたが、このように無事開催できました。

ここ数年準備の一部に参加していますが、主の実行委員の人はとても大変でしょう。


設置した灯ろうは回収を。そう次の日は撤収作業が待っているのです。(泣)

けれど、どこの地域のお祭りパワーってすごいものがありますよね。

吉舎ふれあい祭り

お盆の3日間は祭りの準備に始まって片付けで終わってしまいました(笑)

と、言っても”名もない作業員”ですけど(笑)

祭りは”8/14の地区内祭り” と ”8/15の町内祭り”の2種類でしたが本日
紹介するのは町内祭りの 「吉舎ふれあい祭り」です。

場所はこちら

             ふれあい祭り

この祭りの特徴は、 灯篭(とうろう)を川に並べ、灯すことで幻想的な光景を
作ることです。 非常に大がかりな アート ですね。

ではどのようになるか見ていきましょう。

昼灯篭.jpg   夜灯篭.jpg
     (昼の灯篭)                    (夜の灯篭)

河川約700mの区間に、5000個の小灯篭を並べて、ろうそくの明かりで夜になると
灯篭が浮かび上がってきます。

    夜灯篭1.jpg

小灯篭の中にとうろうコンテストで各社・個人で作った大灯篭が並んでします。

今年はどんなものができているか見てみましょう。

s-0808150116.jpg  s-0808150119.jpg

北京スタジアム.jpg  s-0808150127.jpg

写真では小さく見えますが高所作業車2台を持ち込んで作業をしていた会社もあり
ました。


ガンダム.jpg  s-0808150114.jpg

なつかしき、ガンダムやスターウォーズの灯篭もお客さんを待ち受けて
います。(笑)

  s-灯篭と花火2.jpg

締めは花火の打ち上げとなりますが、花火の打ち上げ個所と観客は100mぐらい
しかなく、火の粉が頭に落ちてきそうな感じのところで見ることができ、玉サイズは
小さいけど、迫力のある花火です。


今年はとうろうが綺麗に見えるまでには、ひとつの至難がありました。

それは・・・・夕立ちがあったからです。

 灯篭+ろうそく は、雨、風に非常に弱く、ちょうど火を付けて歩くときに雨、風の
夕立ちに会ってしまい、準備していたものがほとんど吹き飛んでしまいました。
開始時間になってもスタッフだけでは直しきれなくなっていたその時、観客の
人たちも川の中に入ってきて灯篭起こしや火つけを手伝ってくれているでは
ありませんか。
「目の前だけを直していたけど、川まで来ちゃった!」と。
楽しみに見に来てくれていた人に、悲惨な状況が見るに見かねたのでしょうね。

このおかげで約30分遅れでスタートすることができました。

とてもうれしいことでしたね。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
  • ライブドアブログ