もぐらくん

田舎に住んで公共工事のお手伝い。現場管理からCIMまで現場の実情を記事にします!!

失敗談

車の営業マンと

歳がある程度行った方は、自動車をこれまでに何度も買った経歴が有ると思います。
新車・中古車・・・と、買うにも大きく2つに分かれますよね。
そんなときに一つの疑問が、オイラの中に浮かんできました。

「自動車のディーラーから電話がいつもかかってくるのは幸せなのか?」

また、もぐらが変な問題を書いている・・・と思われるかもしれませんが、つぶやきですので気にしないでください。(笑)

営業にもいろ~んなパターンがありますがはがきやダイレクトメールは機械的に来ている物として今回は外します。
営業マンからいつも電話がかかって車の調子を聞いてくるのは何故??
もちろん新車を買ったときなど車の調子を聞いてくるのは常識として、3,4年しても電話がよくかかるのは・・・
1,お客を逃がさないため。
2,お客さんと友達感覚となり、話がしたいため。
3、車の調子が心配なだけ(これは無いな)
4,次の車を買って欲しいから。

たぶん1、4番が大部分でしょうね。(笑)

でも「自動車屋さんがよく電話してくれて、本当にいいお店だな~」
と、誰もが感じるでしょうね。オイラのよくつきあいのある自動車屋さんはオイラの土木系の話で話題を持ってきてとてもつきあいやすい+敏腕な営業マンだと思います。
かといって新車を勧める出もなく、今までに買ったメンテナンスのお話が多ですね(12年も経っていますが)(笑)

ある人の話。
「営業の人に勧められて、買っちゃった!」と。それも何度もそんな話で、2年に1回は車を買っているように思います。
”この人のところには営業マンからよく電話がかかっているんだろうな~” と考えてしまいます。

自分がそれで満足いくので有るのであれば問題何のですが、後に後悔するような車の購入は失敗ですよね。
(○菱車の時にオイラも1回ほど有ります)

車1台。年間稼げる給与は決まっていますので、情と欲望に流されるないように、気をつけなければなりませんね~。
(本日は自分への戒め文章かな?:笑)

とりあえずやってみよう

オイラの好きな言葉

 “思い立ったが吉日“

“とりあえずやってみよう”

なんとも土木的??な発想であるかな。仕事でも無難に出来る仕事ばかりしていたら進歩は、無し。新しいことに挑戦して知識・技量・経験・度胸が付くものである。 以前あったお医者さんの無謀なる挑戦。経験が少ないのに、若き医師は難しい手術を行い失敗した。医者の失敗は、すぐに命にかかわる恐ろしいものである。 しかし誰もが初心者のときがあり、 “やってみよう” という意気込みは大切にしなければならないと思う。 それを感じ取って、上司は長年の経験を生かしこの仕事を任せる範囲を決めていかなければならない。オイラの元上司も結構任せてくれた方でしょう。しかし数知れず失敗もしました。

その中のひとつ、深さ10mの建物地下の掘削。5m以下は岩盤で土量も結構あるため発破を使うことにした。しかしこの地帯は泥岩。穿孔を2mしかしていないのに、4回発破して土砂を取り除けば岩盤から4mを超えてもバックホーで簡単に掘れて、計画地盤より70cmも深いところが発生。均しコンクリートを打つと130m3も設計数量より食い込んでしまった。値段にすると 130×12,000=1,560,000円上司はその場は怒ったものの、次の日はいつもと変わらぬ態度で接してくれました

この失敗で得たものは ・泥岩は固形状では硬いが、一度亀裂が入り水分を含むと泥化してしまう。  という理論。 ・サービス工事を無くす変更数量計算の作り方。(確実に変更金額を上げる)・オイラがブログに書ける失敗談のネタ。しかしこのときの上司の器は大きかった。部下についていても、大手を振ってチャレンジをさせてくれました。(お医者でなくて良かった) とりあえずやってみよう!で失敗したことも多いがやってみなければわからないことが多いのも確かです。

もぐらのめ
スマホ・タブレットはこちらから
月別記事
皆さんのコメント
建設ブロガーの会
建設ブロガーの会
自己紹介

もぐらくん

サラリーマンを辞め、田舎に住み、測量・土木一般の図面の出張サポート会社をやっています。
土木の3次元データ作成なども始めまして、まだまだ土木の発展を信じて仕事をしています。

アクセス(一人1日1回)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

もぐらへのメール
カテゴリから検索
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ